ロレックスのベルトを自分で交換する方法!店に依頼する際の値段も調査!

お気に入りに追加

体の変化や着ている衣服によってロレックスのベルトサイズが合わないことがあります。ベルトを交換調整したいと思っても時計店の営業時間外だったり、なかなか外出できなっかたりすることもあるでしょう。そのような時役立つロレックスのベルトを自分で交換する方法を紹介します。

ロレックスのベルトを自分で交換する方法!店に依頼する際の値段も調査!

目次

  1. ロレックスのベルトを交換する方法は?店での交換価格と比較
  2. 【動画付き】ロレックスのベルトの交換方法
  3. ロレックスのベルト交換 種類別の価格表
  4. 【お店に依頼】ロレックスのベルト交換の価格は?
  5. ロレックスのベルトを自分で交換する3つのメリット
  6. ロレックスのベルトを自分で交換する3つのデメリット
  7. ロレックスのベルトは慎重に交換しよう

ロレックスのベルトを交換する方法は?店での交換価格と比較

ロレックスのベルトを交換する方法は?店での交換価格と比較
MillenaryWatches

時計のベルトを自分で交換できるけれど、高級時計のロレックスを自分で交換することはできるのか知りたい人もいるでしょう。

ロレックスも一般的な時計のベルトと同様に交換できます。

交換時に必要な工具や外し方、ベルト用のパーツの種類を詳しく解説します。

自分でベルト交換する方法と時計店で交換する費用の違いについても紹介します。

【動画付き】ロレックスのベルトの交換方法

それぞれのベルトによって交換方法が異なります。

ロレックスのベルトには「穴あり」と「穴なし」のタイプに分けられます。

それぞれのロレックスのベルトの種類によって構造が異なるため、外し方などの交換方法も変わってくるのです。

ベルトの外し方のコツと、気を付けるポイントを紹介します。

穴ありベルトの交換

ラグ穴と呼ばれる時計ケースの側面に付いている穴ありの、ベルトの交換方法をみていきましょう。

はじめにベルトの交換方法のベルトの外し方から紹介します。

使用する工具

ばね棒外し
出典: www.amazon.co.jp
ばね棒外し
  • ばね棒外し

ロレックスのベルトを自分で交換するのに必要な工具は、「ばね棒外し」のみです。

時計のベルトを交換するのに必要な工具は、多くの場合にはペンチやドライバーなど多くの種類の工具を使用します。

したがって一つの工具でベルト交換ができるので、はじめてでも取り組みやすい交換方法と言えます。

穴ありベルトの交換のポイント

穴ありベルトの交換のポイント
truthseeker08

ロレックス時計ベルトのケースに穴が開いているタイプのものの外し方は、外す時にばね棒を穴に差し込んで外します。

片方を外したら、そのままの状態で反対側もばね棒外しを穴に差し込んで外します。

新しく交換したベルトを取り付けるときに、使いづらいときはばね棒を爪で抑えるなどの補助をするといいでしょう。

穴なしベルトの交換

ここからは、穴なしベルトの交換方法について説明していきます。

使用する工具

使用する工具
出典: www.amazon.co.jp

ロレックスの穴なしベルトを交換するには、「ばね棒外し」のみあればできます。

これひとつで交換できるのでベルト交換のコツを掴めば、ロレックスの場合でもプロに依頼しないで必要な時に自分ですぐにできるのです。

外し方をマスターすれば、急な時や気分を変えたいときに、すぐに行えるのでいいですね。

穴なしベルトの交換のポイント

AppleWatchと人気ランニングウォッチを比較
出典: pixabay.com

ロレックスの時計にはケースとブレスをつなげる部品があります。

この部品をフラッシュフィットと呼びますが、 これを使用しなくても交換は可能です。

ですが、仕上がりの印象が変わってきます。

 交換方法は、ケース側面にばね棒を差し込む穴を確認し、その穴にばね棒外しを差し込んで外します。

同様に反対側も外したら、新しいベルトを取り付けます。 

ロレックスの新しいベルトを取り付けるときは、フラッシュライトをばね棒に付けます。

しっかり取り付けられたか確認するポイントとして、フラッシュライトを押し込んだときに「カチッ」と音がすれば完成です。

ロレックスのバブルバックとはどんな時計?歴史や魅力、人気の種類も紹介!

あわせて読みたい

ロレックスのバブルバックとはどんな時計?歴史や魅力、人気の種類も紹介!

ロレックスのヴィンテージ時計を探しだすと目にする「バブルバック」というモデルについて解説します。どんな歴史を持つ時計なのか、なぜ「ロレックス バブルバック」という呼称がついたのかなど、簡単に説明します。また、バブルバックの人気のあるモデルも紹介します。

ロレックスのベルト交換 注意点

ロレックスのベルト交換 注意点
Clker-Free-Vector-Images

時計店のプロのように時計のベルト交換に慣れていないので、自分でロレックスのベルトを交換するときにはベルトや時計を傷つけてしまうことがあります。

万が一に備えて、ケースやベルトの作業部分にあらかじめテープを貼ることをおすすめします。

作業を行うときはベルトと時計を安定させられる環境を整えることが大事です。

ロレックスを革ベルトに交換する方法!隙間問題やおすすめの革ベルトも紹介!

あわせて読みたい

ロレックスを革ベルトに交換する方法!隙間問題やおすすめの革ベルトも紹介!

高級腕時計であるロレックスのバンド部分を革ベルトに交換すると、ビジネスなど改まった場所だけでなく、カジュアルファッションや普段使いとしても使いやすくなります。そんなロレックスに合うおすすめの革ベルトをはじめ、隙間問題の解決方法もご紹介します。

ロレックスのオーバーホール・修理の料金や頻度は?おすすめ業者も14選紹介!

あわせて読みたい

ロレックスのオーバーホール・修理の料金や頻度は?おすすめ業者も14選紹介!

ロレックスのオーバーホールや修理はどれほどの料金がかかり、頻度はどれくらいになるのでしょうか?当記事では、ロレックスのオーバーホールと修理について紹介しています。あわせておすすめの業者も紹介していますので、参考にしてみてください。

ロレックスのベルト交換 種類別の価格表

ロレックス時計のベルト交換する際は、新しいベルトや工具を用意する必要があります。

ロレックスのベルトですから、数ある種類の中からお気に入りのものを購入するのではないでしょうか。

ロレックスの交換用ベルトにおすすめの素材を紹介しますので参考にしてください。

またベルト素材の種類の他に値段についても気になりますよね。

自分で交換する場合、かかるのはベルト代のみ

自分で交換する場合、かかるのはベルト代のみ
kschneider2991

時計店でロレクッスのベルトを交換すると、ベルト代金の他に交換代が必要です。

その点、自分で交換すれば、ロレックスのベルトの代金のみの費用で交換できるので安上がりです。

ただし、ベルト代といっても選ぶベルトの素材やメーカーに値段に幅があることを忘れないでください。

ロレックスのベルト交換におすすめな5種類の素材を紹介

ロレックスのベルト交換におすすめな5種類の素材を紹介
Clker-Free-Vector-Images

ロレックスに使用されているベルトの素材の種類は数多くあります。

ロレックスの中でもよくベルトに使用されている素材として、「カーフ」「アリゲーター」「ステンレス」「ナイロン」「ラバー」があります。

時計が好きな人には、使うシーンや季節によってベルトの素材や種類を変えたい人もいるでしょう。

ロレックスのベルトの素材ごとに使用するシーンやファッション、値段などを紹介します。

 平均的な価格 

特徴

カーフ 

5,000円~6,500円

カジュアルからビジネスまで幅広く使用されている

夏は汗に気を付けることがポイント

アリゲイター 

15,000円~25,000円

オンとオフの両方に使える、普段使いに便利な素材

ステンレス  

6,500円~30,000円

カジュアルからフォーマルなシーンまで対応できる

ナイロン 

1,500円~3,000円

スポーツやオフの日に使われることが多い

ラバー  

10,000円~35,000円

ダイバーウォッチなど水を使うシーンにおすすめ

上記の表からベルトの素材ごとに、ベルトの値段が大きく変わることが分かります。

また同じベルト素材でもメーカーや加工方法によっても値段が異なります。

ベルト交換は頻繁に行うものではないので、自分の使用するシーンを考慮して選ぶといいでしょう。

カーフ

カーフ
Pezibear

カーフ(Carf)は生後6か月以内の子牛の革のことです。

特徴としては、革目がきめ細かくて柔らかく肌になじむことです。

革ベルト素材の種類のなかでも最上級の品質と言われています。

スムースな質感のものから型押ししたタイプものがあります。

アリゲイター

アリゲイター
miniformat65

ワニの革の種類の中でもアメリカに生息するのミシシッピワニの革をなめしたものを、「アリゲイター」と呼んでいます。

ワニ革の種類の中でも最上級と呼ばれていて、特に1頭のワニから取れる量が少ない「竹符」は、希少価値の高さから貴重とされ、値段も高めに設定されています。 

マットな質感のものや、裏にラバーを付けて防水性を高めたベルトがあります。 

ステンレス

ステンレス
artbaggage

ロレックスには金属製ベルトのステンレス製ベルトにも、シルバーやゴールドの他に、ピンク、ブラックがあります。

ロレックスの形状や留め具も数多くの種類があるので、自分好みにカスタマイズが可能です。留め具に高い技術を組み込んでいるドイツ製のベルトは人気があります。

ベルト自体に錆びにくい加工を施していることが多いです。

ナイロン

ナイロン
1588877

カジュアルな時計に使用されることが多いナイロンは、スポーツウェアなどに使用される素材が含まれていて防水性や強度が高い合成繊維です。

ベルトの中では比較的、カラーやデザインのバリエーションが豊富な素材です。

値段も手頃なので、ベルトをカジュアルなテイストにしたいときにはおすすめです。 

ラバー

ラバー
Erbs55

ベルト裏に使用されるカウチックラバーと同様に防水性が高い素材です。

ダイバーウォッチによく使われる素材です。

ラバーの質感も幾つもの種類があり、高級感あふれるものがあります。

シリコンラバーを使用したものが多く、肌触りも滑らかです。

汗のべたつき防止加工がベルト部分に溝が施されているベルトの種類があります。 

114060(ロレックスサブマリーナー)の7つの良い所!口コミや特徴も紹介!

あわせて読みたい

114060(ロレックスサブマリーナー)の7つの良い所!口コミや特徴も紹介!

114060(ロレックスサブマリーナー)はシンプルなデザインでありながら高性能と多くの人から支持されています。今回は114060の7つの良い所と特徴、口コミを紹介します。114060の魅力がよく分かる内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

116515LN(ロレックスデイトナ)のラバーベルトと革ベルトの評価を比較!

あわせて読みたい

116515LN(ロレックスデイトナ)のラバーベルトと革ベルトの評価を比較!

116515LN(ロレックスデイトナ)は、ロレックスの中でも唯一のクロノグラフ「コスモグラフ デイトナ」の人気モデルですが、その1番の特徴といえば、2種類のベルトが存在することです。この記事では116515LNのラバーベルトと革ベルトの評価を徹底比較します。

【お店に依頼】ロレックスのベルト交換の価格は?

自分でもロレックスのベルトを交換できますが、時間があるときやしっかり直してもらいたいときに修理店やプロに任せる人もいるでしょう。

ロレックスのベルト交換の修理の工程や方法も幾つか種類があります。

時計店や修理店では、ロレックスのベルトを交換するのに、幾らかかるのか気になります。

ベルト交換を修理店などに依頼したときの費用をみていきましょう。

店舗やベルトの種類により変動

店舗やベルトの種類により変動
stevepb

実は時計ベルトの交換や 時計修理を行う業者の多くは、見積をしないとはっきりとした費用が分かりません

また交換時に新しいベルトの種類によっても費用が変わります。

ロレックスに関してはオーバーホール価格を提示する業者が多いので、高く見積もってオーバーホールでの修理価格を見ておくといいかもしれません。

料金を抑えるなら部分修理

料金を抑えるなら部分修理
stevepb

時計のすべてを修理(交換)することなので、当然費用も掛かります。

特に高級なロレックスの場合は、オーバーホールとなれば修理費用も高くなるケースがあります。

そこでロレックスの時計に不具合がなくベルト交換のみで依頼したい場合には、部分修理をおすすめします。

オーバーホールでの修理よりも費用が掛からないほかに、まだ利用できるものを使えるという利点があります。

さらには、交換した部分だけ新しく、従来のものと色味や雰囲気が合わないという事態を避けられます。

圧倒的に安い

圧倒的に安い
OpenClipart-Vectors

部分修理はベルト代と交換費用で済み、オーバーホールより安く交換が可能です。

ロレックスの時計ベルトをオーバーホールで修理した場合、 ベルト代と修理代で10万円近くかかることもあります。

部分修理なら、費用を最小限に抑えることが可能です。また保証が付くところもあるので、万が一の時でも安心です。

まだ使えるパーツを利用できる

まだ使えるパーツを利用できる
出典: www.amazon.co.jp

時計ベルトを交換するにあたり、部品にまだ使えるものが生じることがあります。

自分で作業すればまだ使えそうなものを再利用することができますが、時計店ではすべて新しく差し替えることが多いです。

そのため交換費用に加えて、交換した部品の代金がかかることがあるという訳です。

したがって自分で交換する方が圧倒的に費用を抑えることができるのです。

ベルト修理価格の一例を紹介

ベルト修理価格の一例を紹介
QuinceMedia

モデル名

料金

期間

サブマリーナ

(ベルト中留溶接修理)

20,000円~25,000円

35日~40日

オイスターパーペチュアル

(フラッシュフィット作成)

25,000円~30,000円

25日~30日

デイトジャスト

(ベルトパイプ1か所作成・溶接修理)

20,000円~25,000円

18日~20日

エクスプローラー

(ベルト溶接修理)

25,000円~30,000円

45日~50日

ロッレクスの時計のベルト交換で溶接修理やフラッシュフィットを作成するなど、作業工程によって値段もかかる日数も変わってきます。

214270(ロレックスエクスプローラー)を使用して気付いた良い点悪い点10個を紹介!

あわせて読みたい

214270(ロレックスエクスプローラー)を使用して気付いた良い点悪い点10個を紹介!

ロレックスを代表するモデルのエクスプローラーにRef.214270があります。シンプルな外観と高性能を備えた、エクスプローラーの時計の中でも人気の高いモデルです。今回は、Ref.214270の良い点と悪い点を10個の項目別にレビューしていきたいと思います。

114060(ロレックスサブマリーナー)を使用してわかった良い点悪い点8個解説!

あわせて読みたい

114060(ロレックスサブマリーナー)を使用してわかった良い点悪い点8個解説!

ロレックス「サブマリーナー(Ref.114060)」は、高い防水性機能が搭載されている耐久性の良い本格的なダイバーズウォッチです。この記事では、「サブマリーナー(Ref.114060)」を使用して気づいたメリットとデメリットを解説してきます。

ロレックスのベルトを自分で交換する3つのメリット

ロレックスのベルトを交換するメリットをご紹介します。

費用が抑えられる

費用が抑えられる
nattanan23

時計店でロレックスのベルトを交換すると「ベルと代+交換費用代+場合によっては部品代」の代金が必要です。

選ぶベルトの種類にもよりますが、自分で交換するならベルト代金のみで済むので、とてもお得です。

交換費用分をワンランク上のベルト代に充てることもできます。

時計をより楽しめる

時計をより楽しめる
MillenaryWatches

革靴を好きな人にとって靴磨きは楽しいように、時計好きにとって時計メンテナンスは楽しいものでしょう。

愛着のあるロレックスを自分の手でメンテナンスすることで、さらに大事にまた時計との時間を楽しめます。

自分好みにカスタマイズできる

自分好みにカスタマイズできる
SNCR_GROUP

長いこと使用していて少し気分を変えたいときに、数多くの種類の中から自分の好きなベルトに一新する人もいます。

自分で交換できれば、カジュアルなテイストから、ラグジュアリーやスポーティなものにすぐに変えられる楽しさがあります。

ひとつの時計を長く楽しみながら使えることは、とても素敵ですよね。

サンエーパールの初めてでも失敗しない時計の磨き方を紹介!ロレックスなど綺麗に保ちたい!

あわせて読みたい

サンエーパールの初めてでも失敗しない時計の磨き方を紹介!ロレックスなど綺麗に保ちたい!

プロも愛用する研磨剤・サンエーパールを使った、時計の手入れの仕方について解説します。風防ガラスの種類ごとに適切な磨き方があります。また、サンエーパールを使うときの注意点やあわせて使いたい革製のクロスも紹介します。お気に入りの時計をきれいに保ちましょう。

フラッシュフィットとは何?ロレックスやオメガの弓管で交換や加工はできる?

あわせて読みたい

フラッシュフィットとは何?ロレックスやオメガの弓管で交換や加工はできる?

フラッシュフィットはロレックスが独自に名付けた時計の部品です。この記事ではフラッシュフィットについての説明と、加工や自分での製作は可能かについて解説します。またフラッシュフィットの交換方法も説明していますので、交換時の参考にしてみてください。

ロレックスのベルトを自分で交換する3つのデメリット

ロレックスのベルトを自分で交換する3つのデメリットについて詳しく紹介していきます。

コストが高くなる可能性

コストが高くなる可能性
geralt

ロレックスを時計店に持ち込んで交換を依頼すると自分で交換するより費用が高くなります。

自分でできれば安上がりと思うでしょうが、レーザー溶接などの修理の場合はベルト交換よりも費用が安いので、自分で行なうベルト交換の必要性を考慮することが大事です。

それから新しくするベルトを選んでいるうちに、多くの種類のベルトを見て気に入ったものが高いことも考えられます。

調整が難しく仕上がりが悪くなるケースも

調整が難しく仕上がりが悪くなるケースも
MillenaryWatches

自分で交換するとなれば、パーツやベルトも自分で購入することになります。

パーツやベルトには幾つものサイズや種類があり、また時計のモデルによってもサイズが異なります。

自分で購入したものが、手持ちの時計と合わないということにもなりかねません。

ロレックスは種類が多いので、しっかりと事前に型番を調べる必要があるのです。

慣れないうちは仕上がりにムラが出ることもあるでしょう。

人目に付かないところであればあまり目立たないでしょうが、場所によっては気になる人もいるかもしれません。

ベルト交換をきれいに仕上げたいときはプロに任せるというのもひとつの方法ではないでしょうか。 

傷付けたり破損するリスクがある

傷付けたり破損するリスクがある
Leovinus

ベルトの交換作業中に手元が不安定になるなどの理由で、工具が時計やベルトに当たることがあります。

工具は金属なので、傷がつくことが十分に考えられます。

作業前にテープを張るなどして万が一、手が滑るなどして工具が当たったときに被害が少なくなるようにしておきましょう。

ロレックスのベルトは慎重に交換しよう

ロレックスのベルトは慎重に交換しよう
mauriciodss

ロレックスを自分でベルトを交換できれば、都合のいいタイミングで行え、また時計店に持ち込む交換費用も工具のみとなるので安く済みます。

さらにベルトを自分の好きな種類にカスタマイズできます。

ただし、自分で交換するときに気を付けることは、交換作業中に時計を傷つける可能性があることです。

やはり不慣れな点や素人では、作業中に行が時計やベルトに当たり、傷がつくことが考えられます。

自分で交換するときは慎重に作業を行いましょう。

rich-watch編集部

この記事のライター

rich-watch編集部

rich-watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「rich-watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ロレックス"プレジション"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

ロレックス

ロレックス"プレジション"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

アンティーク市場で人気が高いロレックスプレシジョンは、製造が中止されてから10年以上が経過したモデルです。今回は10万円台で買取されているロレックスプレシジョンの最新買取相場と、全国から依頼できるおすすめ業者を調べました。

ロレックス"デイトジャスト・レディース"の買取相場は?買取業者5選を比較!

ロレックス

ロレックス"デイトジャスト・レディース"の買取相場は?買取業者5選を比較!

ロレックスデイトジャストのレディースモデルを買い取って欲しいときは、相場の目安と優良買取業者を知っておく必要があります。この記事ではロレックスデイトジャストのレディースの代表的なモデルの買取価格の目安と、当サイトおすすめの買取業者を5つご紹介します。

ロレックス"GMTマスター2"の買取価格の相場は?人気買取業者5選を比較!

ロレックス

ロレックス"GMTマスター2"の買取価格の相場は?人気買取業者5選を比較!

ロレックスGMTマスター2はパイロットウォッチのGMTマスターを継承する腕時計です。GMTマスター2は世界標準時間を表示、ツートンベゼルで午前午後も表示できます。ロレックスGMTマスター2の買取価格相場や、おすすめの買取業者をチェックしました。

ロレックスは買って後悔する?10の成功談と失敗談を紹介!

ロレックス

ロレックスは買って後悔する?10の成功談と失敗談を紹介!

ロレックスは世界中の時計好きに愛されており、高い知名度をもつ腕時計です。ロレックスを買った人の中には買って良かったと感じている方と、後悔している方がいます。買って後悔しないように、成功談と失敗談について5つずつご紹介します。購入前に読んで参考にしてください。

ロレックスはオーバーホールしないとどうなる?3つのリスクを解説!

ロレックス

ロレックスはオーバーホールしないとどうなる?3つのリスクを解説!

大切なロレックスを長く愛用するためにオーバーホールは必要不可欠です。もしロレックスをオーバーホールしないまま使っているとどんなリスクが生じるのか、またおすすめのオーバーホール業者についてご紹介します。

ロレックス"デイトジャスト16233"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

ロレックス

ロレックス"デイトジャスト16233"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

デイトジャスト機能搭載のロレックス 16233の最新の買取価格を解説します。ロレックス デイトジャスト 16233の買取に強い人気買取業者5選も併せて紹介します。最新の買取価格情報を手に入れて、タイミングよく売却しましょう。

ロレックス"デイトナレインボー"の買取相場は?人気買取業者5選を比較!

ロレックス

ロレックス"デイトナレインボー"の買取相場は?人気買取業者5選を比較!

見た目の鮮やかさから見る者を魅了するロレックス デイトナレインボー。今回は最新のロレックス デイトナレインボーの買取相場を徹底解説します。ロレックス デイトナレインボーを高価買取してくれる人気買取業者5選も併せて紹介します。

ロレックス"デイトナピンクゴールド"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

ロレックス

ロレックス"デイトナピンクゴールド"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

大人の魅力が漂うロレックス デイトナピンクゴールドは、独自の配合で他にはない美しい輝きを放つモデルです。今回はロレックス デイトナピンクゴールドの最新買取価格を調べました。またロレックス デイトナピンクゴールドの買取に強い人気業者5選も紹介します。

ロレックス"デイトナ6263"の買取価格は?人気買取業者5選を比較

ロレックス

ロレックス"デイトナ6263"の買取価格は?人気買取業者5選を比較

ロレックス デイトナの歴代モデルの中で最も人気がある、6263の最新買取価格を徹底調査しました。ロレックス デイトナ 6263の買取を強化している人気買取業者5選も併せて紹介していきます。最新の買取価格情報を手に入れて、満足のいく買取をしてもらいましょう。

ロレックス"デイトナプラチナ"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

ロレックス

ロレックス"デイトナプラチナ"の買取価格は?人気買取業者5選を比較!

ロレックス デイトナプラチナは憧れの時計です。今回はロレックス デイトナプラチナの最新の買取価格を徹底解説します。またロレックス デイトナプラチナの買取に強い、人気買取業者5選も併せて紹介します。満足のいく買取を成功させましょう。

ロレックスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード