機械式時計のオーバーホールとは?メンテナンスの頻度・修理費用を解説!

お気に入りに追加

機械式時計をメンテナンスするためにオーバーホールは欠かせません。オーバーホールは、機械式時計を分解し、細部まで手入れをする方法です。その頻度や修理にかかる費用などを詳しく解説しました。日々のお手入れについても紹介したので、参考にしてください

機械式時計のオーバーホールとは?メンテナンスの頻度・修理費用を解説!

目次

  1. 機械式時計のオーバーホール 頻度や費用の疑問を解決!
  2. 機械式時計にオーバーホールが必要な理由と手順
  3. 機械式時計のオーバーホール頻度を解説
  4. 機械式時計のオーバーホール費用
  5. 機械式時計のオーバーホールの注意点
  6. オーバーホールの頻度が減る?機械式時計の手入れ
  7. 機械式時計は定期的なオーバーホールでメンテナンス

機械式時計のオーバーホール 頻度や費用の疑問を解決!

時計の内部

大切な時計を購入してから、時計をどのように手入れしていますか。布で磨くといったデイリーな手入れはしているものの、時計の中身についてはどんな状態になっているか分からないといった人も多いものです。そこで大切なのが、スペシャルケアであるオーバーホールです。大切な時計だからこそ、隅々までキレイにしてあげましょう。

人目を引く腕時計

どんなに大切に使っていても、どんなものでも劣化は訪れます。上手く手入れを続けて入れば、長く使うことができる腕時計だからこそ、定期的にたっぷりとメンテナンスをしてあげましょう。では、どのようなメンテナンスをすればよいのか、費用や受付けているお店などについて解説します。

機械式時計にオーバーホールが必要な理由と手順

時計の内部

どうして機械式時計は、オーバーホールが必要なのでしょう。行うメリット手順について詳しく解説しました。詳しく知って、安心して時計を手入れに出してみましょう。

オーバーホールで劣化を防ぐ

どんな時計も使っているうちに劣化していきます。劣化を防ぐには、オーバーホールを行って、内部の部品をお手入れすることが大切です。

潤滑油の劣化

黒い腕時計

内部に100個以上の細かな部品で成り立っています。部品同士の摩擦を軽減し、スムーズな動きをするために必要不可欠なのが潤滑油です。潤滑油は、乾燥したり、凝固したり、質が変化していったりと様々な劣化が起こってしまいます。潤滑油が劣化すると、部品が動きにくくなり、時計自体の劣化にも繋がるのです。

部品の摩耗

歯車

部品は、日々時計が動いていることで、摩耗し、劣化していきます。部品がすり減ってしまうだけではなく、すり減ったときに出るゴミが機械式時計の内部に落ちることで、部品が動きにくくなる原因にもなるのです。オーバーホールを行って、部品の交換や削れた細かなゴミの除去を行う必要があります。

パッキンの劣化

時計機械

パッキンは、時計の防水性を保つために必要な部品です。パッキンも他の部品と同じように劣化していくため、定期的に交換しなければなりません。メンテナンスをしてもらうときには、パッキンの交換を行い、機械式時計に汚れや水分が入らないようにメンテナンスを行いましょう。

オーバーホールの手順

状態確認

腕時計の状態を確認する

状態確認は、中身だけではなく、機械式時計の外側の傷についても細かくチェックします。針の動き、水を防ぐことはできるのかということや操作はうまくできるのかなど動作確認も重要なチェックポイントです。オーバーホールを行う上で、状態確認をすることは必要不可欠で、どの部分をどのように手入れするのかを決める工程となります。

分解と洗浄

たくさんの時計

バンドなどを外し、内部の部品を取り除き、ばらします。分解後は、部品を除いた機械式時計の本体とバンドをそれぞれ洗浄する工程です。洗浄後に、ガラスの接着面に異常はないか、バンドにゆるみがないかといった点をチェックし、洗浄完了となります。洗浄はかかせない工程です。

分解と洗浄
955169

依頼する業者にもよりますが、洗浄に何段階もの工程を組み、キレイになるまで徹底的に洗浄するところもあります。ブレスは特に汚れが目立つ部品で、細かなすき間もあるため、超音波洗浄機を使ってしっかり汚れを取り除くことが大切です。プロに依頼すると、自分で洗浄するよりも細かな部分までキレイにしてもらえます。

組み立て

時計の内部

部品を一つ一つチェックします。劣化している部品は修理し、必要であれば交換し、機械式時計を組み立てていく工程です。組み立てる際には、新たに潤滑油を注油し、動きをチェックしながら作業を進めます。この時、パッキンの交換も行い、防水性を保つようにするのです。組み立ては、最も慎重に行わなければならない工程となっています。

外観チェックと仕上がり検査

レンズ時計

外観を見て、傷がないかなどをチェックします。外観に傷がある場合、浅い傷であれば削って新品のような輝きを取り戻すことが可能です。そして、針の動きなど動作面で問題はないか、リユーズの動きに問題はないかいった操作性の仕上がりを見て、完了です。オーバーホールが完了した時計は、新品同様の綺麗な仕上がりになっています。

部品交換が必要な箇所

腕時計修理店の選び方
jarmoluk

パッキンは交換が必要となることが多いです。他には、ゼンマイなどの部品が劣化していれば交換となります。交換が必要となると、オーバーホールの費用以外に交換する部品の料金が必要です。交換時には、交換前に費用の確認をされてから交換となることが多いので、予算と照らし合わせながら交換作業を行ってもらいましょう。正規の部品を使うかどうかによっても値段が異なります。

機械式時計のオーバーホール頻度を解説

機械式時計のオーバーホール頻度を解説

機械式時計は、どのぐらいの頻度でオーバーホールをするべきなのでしょうか。気になる頻度について解説しました。行う頻度を知って、機械式時計のメンテナンスを上手に行いましょう。

機械式時計のオーバーホール頻度

たくさんの歯車

潤滑油が劣化するのが約3年から5年といわれています。そのため、機械式時計のオーバーホールは、基本的に3年から5年に一度行うのが適切な頻度です。ただし、防水機能のある機械式時計で、プールなどよく水に濡れる環境で使用している場合など、使い方によっては3年から5年という頻度に関わらず、早めにメンテナンスをするとよいでしょう。

機械式時計のオーバーホール頻度

潤滑油は、内部の部品をスムーズに動かすために必要なオイルです。オイルを自分で管理することは難しいうえ、時間とともに劣化は進んでいきます。そのため、定期的な手入れは必ずしなければいけません。そのために、プロに手入れを依頼することがおすすめです。

古い機械式のオーバーホール頻度

古い機械式のオーバーホール頻度

購入してから最初のオーバーホールまでは、6年から7年空いても問題ありません。まだ劣化がそれほど進んでいなからです。しかし、古くなっていくと、部品が一斉に劣化を始めるのではなく、タイムラグがありながらも、一つ一つが劣化していきます。こまめに手入れする必要があり、早めのオーバーホールがおすすめです。

古い機械式のオーバーホール頻度

古い機械式時計で、長期間使用せずにしまい込んでいた場合は、メンテナンスの頻度に関わらず一度オーバーホールを行うとよいでしょう。使用していない間に潤滑油が固まり、部品が動かなくなっていることが考えられるからです。 そのままの状態ではより劣化を早めることがあるため、一度メンテナンスをしましょう。

オーバーホール頻度が異なるケース

時計

最近では、昔よりもよい素材や作りで作られた機械式時計が多くなり、以前よりもオーバーホールを行う頻度が少なくてもよくなりました。例えば、オメガのコーアクシャル脱進機は、オーバーホールが少なくてもよい仕組みとなっています。全くしなくてもよい訳ではありませんが、大がかりで費用がかかるお手入れを減らすことができるためお財布に優しいです。

こんな状態になったらオーバーホールに出そう

こんな状態になったらオーバーホールに出そう

基本的には、オーバーホールを3年から5年に一度するとよいですが、械式時計の状態によっては早めにオーバーホールするとよいこともあります。どのような場合に早めにするとよいのかについて解説します。自分の持っている腕時計の状態と比較しながら読んでみてください。

刻む時刻に差が出始めたとき

腕時計
emkanicepic

時差が出てきてしまう原因は一つではありません。潤滑油の劣化や、ゼンマイの劣化トラブルなど様々な要因が考えられます。機械式時計の場合、一日に数秒から30秒ほどの時差は許容範囲です。時差を計るには、一日の時差を計って決めるのではなく、1週間計測した後に平均を出してみると時差が分かります。時差が気になるときには試してみて下さい。

電池切れまでの期間が短くなったと感じたとき

電池切れまでの期間が短くなったと感じたとき

電池が備わっていない機械式時計は、ゼンマイを定期的に巻くことで針を動かしています。それがだんだんと上手くいかなくなってきたということは、ゼンマイ関連で何か問題がある可能性が考えられるため、メンテナンスが必要です。一度内部までしっかり見てもらい、原因を特定する必要があります。

巻き上げの重さなど異常を感じたとき

腕時計に異常を感じたとき

使用している間に、歯車の劣化や潤滑油の劣化によって巻き上げに重さを感じることがあります。部品が削れたゴミや、部品の交換、潤滑油を注油するなど、必要なメンテナンスを行って解消しましょう。リユーズの操作に違和感があるときには要注意です。

機械式時計のオーバーホール費用

機械式時計のオーバーホール費用

誰もが気になるのが、費用です。どのぐらい費用がかかるのでしょうか。自分の予算と照らし合わせながら、オーバーホール費用について詳しくを見ていきましょう。

機械時計のオーバーホール費用

かかる費用

費用はメーカーなどによっても異なり、一般的なメーカーの場合は1万円からが相場です。海外ブランドの場合、費用は2万円からとなっています。クロノグラフ(ストップウォッチ機能がついたもの)は、さらに費用がかかり、一般的なメーカーで2万円から、海外ブランドの場合は3万円からです。 クロノグラフは少し高めなので、 購入するときから注意しましょう。

ロレックス

メーカーや、機械式時計の状態によっては10万円を超えることもあり、オーバーホールは決して安いとは言えません。しかし、オーバーホールをすることで、大切な時計を長く使うことができ、親から子へ継ぐこともできます。年間コストを考えながら、必要なメンテナンスを行いましょう。

オーバーホールを受けてくれる場所

オーバーホールを受けてくれる場所
Institut d'Estudis Fotogràfics de Catalunya

どのようなお店でオーバーホールを受け付けているのでしょうか。3つのお店について紹介します。技術力や、費用などを比較して、自分に合ったお店を選びましょう。

正規の購入メーカー

オメガの腕時計

正規メーカーは、技術力が高く、最も安心して機械式時計を預けることができるお店です。部品の交換が必要なときには、正規の部品を準備することができるため、元の状態と同じ状態にすることができます。しかし、費用が高いという点がデメリットです。また、廃盤になっている機械式時計は修理にかなりの時間がかかることがあります。

一般的な時計店

一般的なお店

すぐにオーバーホールに出すことができ、利便性の高い一般的な時計店は、費用も比較的安いです。技術力があるかどうかという点は、疑問があり、技術力のある人がいるところを選んで預ける必要があります。安いという点だけで選ぶと、オーバーホールをしたのに悪くなってしまったということも考えられるため、お店選びは重要です。

オンラインの時計修理店

オンラインの時計修理店

最近ではオンラインでオーバーホールを受付けているお店もあります。お店を維持する費用がかからず、オーバーホール費用を抑えることができるため、高い技術で比較的安くオーバーホールが可能です。しかし、郵送で時計を送るということや、相手と会って交渉することができないという点で不安が残ります。

機械式以外の時計と費用を比較

機械式以外の時計と費用を比較
qimono

機械式時計以外のクオーツ時計やスプリングドライブ式時計のオーバーホールと費用を比較してみました。どのぐらい費用が異なるのでしょうか。早速見ていきましょう。

クオーツ時計のオーバーホール費用

修理依頼の時計

クオーツ時計もメーカーによって費用が異なり、一般的なメーカーの場合は、5千円からです。海外ブランドの場合は、1万円からとなり、クロノグラフの場合は2万円からとなります。機械式時計よりも若干安く可能です。

スプリングドライブ式時計のオーバーホール費用

時計ブレスレット

スプリングドライブ式時計は、機械式時計とクオーツ時計のハイブリットと言われる時計で、オーバーホール費用は少し高めです。機械式時計のオーバーホール費用の10%増しといった場合が多く、クオーツ時計ほど費用はかかりませんが、機械式時計よりも費用がかかると考えておいた方がよいでしょう。

機械式時計のオーバーホールの注意点

機械式時計のオーバーホールの注意点

機械式時計をオーバーホールに出す前に、4つのポイントに注意しましょう。一つ一つ詳しく解説していきます。

修理期間が長くなることも

ピン外し

約1ヶ月かかります。時計の状態やメーカーによっては、2ヶ月ほどかかる場合があり、すぐに時計を使用する予定があるなら、オーバーホールに出さない方がよいでしょう。見積もりをするだけでも3営業日から2週間かかり、部品の交換が必要であれば、発注に2週間ほどかかる場合があるため、時間がかかるのです。

故障する可能性

女性 ジェスチャー

機械式時計をメンテナンスしたつもりが壊れて帰ってくるということもあります。技術力の低いお店に依頼してしまうことで、傷がついていたり、見えない内部で異常がある場合もあるため、安いからといって依頼せずに、技術力の高いお店に依頼することが大切です

部品や本体が摩耗する

時計ベルト

潤滑油が固まることがあるため、部品の汚れを取るために部品を削ることがあります。オーバーホールを行うことで、部品や本体を削り、摩耗する場合があるため、あまり多い頻度で手入れに出すことはおすすめできません。適切な頻度で必要なメンテナンスを行いましょう

本数が多い場合の費用

本数が多い場合の費用
alexkerhead

所有する時計が多いほど、費用がかかるため、コストを考えてオーバーホールに出しましょう。3本の時計を持ち、一回のオーバーホールに15万円かかるなら、5年間隔で出す場合、1年で3万円かかる計算になります。3年で間隔で出すなら、1年で5万円です。1年あたりでコストを計算して、頻度を決めるというのもよいでしょう。

オーバーホールの頻度が減る?機械式時計の手入れ

オーバーホールの頻度が減る?機械式時計の手入れ

オーバーホールは費用が安くないため、できるだけ回数は減らしたいというのが多くの人の本音です。オーバーホールを減らすには、日々のお手入れが重要となります。どのようなお手入れをしたらよいのかについてまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

止めたままにしない

止まったままの腕時計

止めたままにすると、潤滑油が固まり、次に動かすときに内部の部品が劣化してしまうことがあります。止めたままにせず、動かしておくことで、潤滑油が固まりにくくなるため、こまめにチェックして動かしておきましょう。一番は、よく使うことです。置いたままにせず、毎日使いましょう。

ブレスの長さを調整し通気性をよくする

ブレスの長さを調整した腕時計

ブレスはあまり短くしすぎず、少し余裕を持ち、腕との間にすき間ができるようにしましょう。ブレスを長めにとることで、通気性がよくなり、時計への負担が少なくなります腕時計は、湿気に弱く、内部の部品に異常が起こる原因となってしまうため、湿気対策は重要です。すぐにできるので、ぜひ試してみて下さい。

使った後は乾いた布でふく

ピンクの腕時計

腕時計を使うと、気づかないうちに汚れがついてしまうものです。汗などがついてしまうため、使用した後は乾いた布で拭きましょう。水で濡れてもいい腕時計については、水分を含ませた布で拭いたり、すき間は柔らかい歯ブラシで汚れを掻き出すことも可能です。水拭きをしても、最後には乾いた布で拭くようにしましょう。

保管場所に気を付ける

腕時計の保管場所

直射日光に当たらず、湿気が多すぎない場所に保管しましょう。直射日光が当たると、文字盤が紫外線によって日焼けしてしまうことがあります。湿気が多いと、金属の膨張や収縮といった問題が起こり、部品の変化によって時差が起こってしまうことがあるため注意が必要です。また、落下しやすい高所などの場所には保管せず、安全に保管できる場所に置きましょう

磁気から遠ざける

磁気から遠ざける
pithonius

磁気が気になる場所への保管は、クオーツ時計ほどではありませんが、時差を生じる原因となります。スマートフォンやテレビ、パソコンなど磁気を発生させているものは身近に存在するため、それらにはできる限り近づけないようにすることが大切です。特にスマートフォンの近くに置いてしまうことが多いので、注意しましょう。

機械式時計は定期的なオーバーホールでメンテナンス

時計の部品

時計を末永く使うには、定期的なメンテナンスをすることが重要です。オーバーホールは、安いメンテナンスではありませんが、本体から内部、外観まで全てをお手入れする大切な機会です。自分でメンテナンスするにも、精巧な内部までメンテナンスすることは容易ではありません。数年に一度はプロにお願いして、正しいメンテナンスを行いましょう

ウジハラ

この記事のライター

ウジハラ

30代女性ライター。web会社で10年働いた後、フリーwebライターとして独立。時計に興味がありこの度rich-watchでライターとして執筆を行いながら、時計の知識を吸収しております!

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

メンテナンス

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

今回はガーミンのバッテリーの減りが早くなったなと感じた方に向けて、電池交換にかかる費用を調べてきました。他にも普通の腕時計の電池交換よりもやり方は難しいですが、ガーミンのバッテリー交換を自分でやる方法についても動画を交えて紹介しています。

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

メンテナンス

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

ソーラー充電ができる腕時計には、二次電池と呼ばれる「充電して使える」ボタン電池が使われています。その中でも、CTL1616はG-SHOCKなどに使われている比較的メジャーなボタン二次電池です。今回はCTL1616の互換性や交換方法、最安値などを解説します。

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

メンテナンス

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

Knot(ノット)は、ケースとベルトを自分でカスタムできること、手ごろな価格で人気の腕時計ブランドです。ケース&ベルトの組み合わせは、8000通りもあります。Knot(ノット)の腕時計の電池交換は自分でできるのでしょうか。有償交換の価格も合わせてご紹介します。

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

メンテナンス

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

時計がストップしたら電池交換の必要があります。腕時計の裏蓋には3種類あり、ねじ込み式のスクリューバックを開けるには、ダイソーなどで販売されている専用の工具が必要です。この記事では、自分で簡単にスクリューバックを開ける方法を紹介します。

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

メンテナンス

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

ブライトリングは数年に一度オーバーホールをして時計をメンテナンスする事をメーカーが推奨しています。今回はブライトリングのオーバーホールにかかる金額やメンテナンスにおすすめの時計店の価格やサービスの違い、評判について調べてきました。

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

メンテナンス

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

GPS性能に定評があり、様々なスポーツに使用されていることも多いガーミンですが、修理に出すと遅いことや値段が高いといった意見もあります。この記事ではガーミンの修理代や修理期間、よく起こる不具合などを公式サイトや、口コミ、レビューなどから解説しました。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

メンテナンス

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたから金属の物に変えたいなど、腕時計のベルトを交換しようというキッカケは人それぞれでも、いざ自分でやるとなると不安な人もいるでしょう。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

メンテナンス

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

グランドセイコーは日本を代表する有名ブランドですが、クオーツ式は電池交換が必要になります。店頭に持ち込む人やネットで依頼する人もいるでしょう。業者に頼む場合の期間や費用が気になる方は必見です。グランドセイコーの電池交換は自分でできるかを含めて解説します。

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

メンテナンス

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

バネ棒外しは時計のベルトのサイズ調整や交換には無くてはならない必須アイテムですが、100均でお馴染みのダイソーでも販売していると話題になりました。今回は100均・ダイソーのバネ棒外しを実際に試してみて本当に使えるのか、どの商品が一番使えそうか調べてみました。

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

メンテナンス

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

腕時計のケースの下部分に付いている弓カンを外すことで、ラバーベルトやレザーベルトなどに交換することが可能です。この記事では、自分でできる弓カンの簡単な外し方を動画を元に解説していきます。なお、弓カンを外す際の注意点も紹介します。

メンテナンスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード