アンティークロレックスの希少モデル12選!アンティークの4つの良さも解説!

お気に入りに追加

ロレックスは、オイスターデイトナ・サブマリーナなどのアンティークロレックスもメンズ・レディース問わず人気があります。オーバーホールすることで使用できる、アンティークロレックスの希少モデルをご紹介します。またアンティークの良さも解説するので、ご参考にして下さい。

アンティークロレックスの希少モデル12選!アンティークの4つの良さも解説!

目次

  1. アンティークロレックスの希少モデルはどのタイプ?
  2. コスモグラフ|アンティークロレックスの希少モデル3選
  3. バブルバック|アンティークロレックスの希少モデル2選
  4. エクスプローラーⅡ|アンティークロレックスの希少モデル2選
  5. シードゥエラー|アンティークロレックスの希少モデル2選
  6. その他のアンティークロレックスの希少モデル3選
  7. アンティークロレックスの4つの良さとは?
  8. アンティークロレックスで一味違う腕時計に

アンティークロレックスの希少モデルはどのタイプ?

時計文字盤

1905年に創業したロレックスは、高級腕時計ブランドとしてメンズ・レディースとも世界中にファンが多く、オイスターコスモグラフデイトナ・サブマリーナなど人気モデルは、正規店で入手困難にもなっています。

そんなロレックスはマニュファクチュールと言われる、すべての部品を自社で製造しているメーカーなので、時計としての機能も品質もトップクラスです。また、サポートも万全なので、高価ではありますが、一生使える時計として人気です。

ロレックスの腕時計は、機械式腕時計なので職人が手間をかけて作っています。そのため、オーバーホールすることで、いつまでも時を刻んでくれるでしょう。

いつまでも使えるので、ロレックはアンティークの腕時計もとても人気があります。サブマリーナやデイトナ・コスモグラフなど、メンズ・レディースに人気で希少なアンティークロレックスを12選ご紹介します。個性的で魅力ある、アンティークロレックスの世界をお楽しみください。

コスモグラフ|アンティークロレックスの希少モデル3選

コスモグラフデイトナRef.6263

1970年から1988年にかけて製造された、コスモグラフデイトナRef.6263 は「オイスターコスモグラフ」という名で販売されていました。

コスモグラフデイトナRef.6263の特徴

Ref.6263はオイスターコスモグラフとしては三代目で、手巻き式のモデルの最終型番になります。アンティークロレックスの中でもメンズを中心にとても人気が高く、高価で取引されていて入手も困難なモデルです。

Ref.6263は生産された期間が長いため、文字盤に、DAYTONAの文字がないモデル、赤い色で書かれている物があります。特に文字があるモデルは「ビッグレッド」「ビッグロゴ」と言われ人気が高くなっています。

コスモグラフデイトナRef.6263の商品情報

製造年代

1970~1988年

素材

ステンレス

ムーブメント

手巻き

コスモグラフデイトナRef.6263の口コミ

オイスターコスモグラフ!文字盤が美しくてカッコイイ腕時計!

実用性、資産価値のある1本だと思います。

現在販売されているデイトナとは違う魅力ある時計だと思います。ずっと欲しかったので大切にします。

コスモグラフデイトナRef.6240

手巻き式のコスモグラフデイトナは、どのモデルもとても希少で高価となっていますが、中でもRef.6240はアンティークロレックスファン垂涎のレアモデルです。

コスモグラフデイトナRef.6240の特徴

生産期間が5年程度と短く、スクリュー式のボタンを最初に採用したモデルで、プロトタイプではと考えられています。文字盤も「ROLEX」だけの物、「OYSTER」が入った物がありますが、どちらもレア中のレアと言われています。

コスモグラフデイトナRef.6240の商品情報

製造年代

1965~1970年

素材

ステンレス

ムーブメント

手巻き

コスモグラフデイトナRef.6240の口コミ

インダイヤルが茶色になっているのが素晴らしい。

一度でいいから本物を見てみたいくらいキレイな腕時計だと思う。

現在のデイトナもいいけどやっぱりアンティークデイトナがカッコイイ…。高価すぎるけど…。

コスモグラフデイトナポールニューマンエキゾチックダイアルRef.6239

ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.6239は、故ポールニューマンが愛用していたとして人気の高いアンティークロレックスです。 

コスモグラフデイトナポールニューマンエキゾチックダイアルRef.6239の特徴

アンティークロレックスファンの間では、ポールニューマンダイヤルと呼ばれる Ref.6239は、オーバーホール済で700万~1000万円前後で販売されています。2017年にはポールニューマンが所有していたRef.6239 がオークションにかけられ、20億以上の値段で落札されました。

コスモグラフデイトナポールニューマンエキゾチックダイアルRef.6239の商品情報

製造年代

1963~1970年

素材

ステンレス

ムーブメント

手巻き

コスモグラフデイトナポールニューマンエキゾチックダイアルRef.6239の口コミ

プラスチックの風防が味があっていいなと思う。

インダイヤルとセコンドが下がっているから立体的に見える。デザインがかっこいい。

アンティークロレックスはタキメーターの傷さえ渋く見える。

バブルバック|アンティークロレックスの希少モデル2選

ロレックスバブルバックRef.2940

ロレックスバブルバックRef.2940は、1926年に発売されたオイスターの直系「オイスターペチュアル」の中でも一部のモデルの名称です。 

ロレックスバブルバックRef.2940の特徴

ロレックスが手巻きのムーブメントに自動巻きのローターを加え、その分厚くなったため裏蓋が膨らむようになりました。その時計をバブルバックという名称で呼んでいます。レディースにも人気のアンティークロレックスです。

ロレックスバブルバックRef.2940の商品情報

製造年代

1930~1950年

素材

革ベルト

ムーブメント

自動巻き

ロレックスバブルバックRef.2940の口コミ

90年以上昔の腕時計がオーバーホールすると動くのが素晴らしい。

レディースっぽい優しい雰囲気の時計なのでコレクションに欲しい。

ギリシャ文字も数字でも文字盤の文字がかわいい

ヴィンテージビッグバブルRef.6284 PG

アンティークロレックスのヴィンテージビッグバブルRef.6284は、ローターを利用している自動巻きの腕時計オイスターパーペチュアルです。

ヴィンテージビッグバブルRef.6284 PGの特徴

ヴィンテージビッグバブルRef.6284の中でも、ピンクゴールドが使用されているモデルは希少で市場に出ることも稀でしょう。ふっくらとした厚みがありレディースがつけるとおしゃれな腕時計です。

ヴィンテージビッグバブルRef.6284 PGの商品情報

製造年代

1950年代

素材

ピンクゴールド

ムーブメント

自動巻き

ヴィンテージビッグバブルRef.6284 PGの口コミ

今のロレックスにはない裏蓋が膨らんでるのがカッコ可愛い

アンティークロレックスの方が王冠マークがすっきりしている気がする。

見つけたら絶対欲しい腕時計のひとつ。

エクスプローラーⅡ|アンティークロレックスの希少モデル2選

エクスプローラーⅡRef.1655

現行ロレックスでもデイトナ・サブマリーナと並んで、メンズに人気のエクスプローラーⅡのアンティークです。

エクスプローラーⅡRef.1655の特徴

傑作と言われたムーブメントcal.1575に24時間の針がついた、初代エクスプローラーⅡは、王冠マークやベゼルの時間表記が細かく変更されていて、それぞれマークⅠ~マークⅥまで名付けられています。

エクスプローラーⅡRef.1655の商品情報

製造年代

1971~1987年

素材

ステンレス

ムーブメント

自動巻き

Ref.216570を持っていますが、やっぱりRef.1655は、アンティークロレックスの代表と思う。

それぞれちょっとずつ違うのがファンにはたまらない。

ロレックスのロゴや王冠が小さめなのが、悪目立ちしなくておしゃれ。

エクスプローラーⅡRef.1655の口コミ

エクスプローラーⅡRef.16550

2011年から販売されている、メンズ人気のエクスプローラーⅡRef.16570と、とてもよく似ているのですが、アンティークロレックスRef.16550は、ベゼルの24時間表記が少し大きくなっています。 

エクスプローラーⅡRef.16550の特徴

Ref.16550は、黒・アイボリー・白文字盤が発売されました。優しい色合いのアイボリーはアンティークロレックスファンに人気の高いモデルです。Ref.16550はRef.1655に続く二代目のエクスプローラーⅡになります。

エクスプローラーⅡRef.16550の商品情報

製造年代

1988~1990年

素材

ステンレス

ムーブメント

自動巻き

エクスプローラーⅡRef.16550の口コミ

2年ほどしか生産されたなかったモデル。テカテカした現行モデルより渋いと思う。

現行品より角ばって太いフォントがかっこいい。

ゴツくて渋いアンティークロレックスを探していました。アイボリーはレディースがつけてもおしゃれなので嬉しい

シードゥエラー|アンティークロレックスの希少モデル2選

シードゥエラーRef.1665

ロレックスシードゥエラーRef.1665は、フランスの潜水会社の協力で開発された、プロが使用できる防水機能を持ったダイバーズウォッチの第一世代です。防水性は610m、これは当時のサブマリーナの三倍でした。

シードゥエラーRef.1665の特徴

シードゥエラーRef.1665 の中でも、少数しか生産されなかった「赤シード」は人気で、MARKⅡのSUPERLATIVE  CHRONOMETER とOFFICIALLY  CERTIFIEDの間が、上下で繋がっていて、文字盤が綺麗に茶色になっている物は、高価で取引されています。

シードゥエラーRef.1665の商品情報

製造年代

1967~1980年

素材

ステンレス

ムーブメント

自動巻き

シードゥエラーRef.1665の口コミ

ダイヤルがブラウンチェンジ してるのが欲しいけど500万円以上する。

1967年に600mの防水って、ロレックスすごい。

これ裏蓋に【ROLEX PATENT OYSTER GAS ESCAPE VALVE】って刻印されてるフォントも渋いと思う。

シードゥエラーRef.16660

ロレックスシードゥエラーRef.16660は、第二世代のシードゥエラーになります。型番から【トリプルシックス】と呼ばれる、人気の高い、アンティークロレックスです。 

シードゥエラーRef.16660の特徴

第一世代のRef.1665と見た目があまり変わらないのですが、防水は2倍の1220m。また、風防が強化プラスチックだったものがサファイアクリスタルになり、形もふっくらしていたのが、フラットになっています。

シードゥエラーRef.16660の商品情報

製造年代

1978~1990年

素材

ステンレス

ムーブメント

自動巻き

シードゥエラーRef.16660の口コミ

第一世代よりも風防が変わっているから、より洗練されて見える。

オーバーホールされた状態の良い物を購入しました。やっぱりアンティークは風合いがいい。新品だとテカテカしてるから苦手。

キレイな個体を60万円くらいで買ったけど、元々多少の傷がついてるので、気にせず使えてちょうどいい。

その他のアンティークロレックスの希少モデル3選

GMTマスターⅡRef.16760

GMTマスターⅡRef.16760は、わずかな期間しか製造されずに廃盤になったモデルでレア度が高く、価格も高騰しています。 

GMTマスターⅡRef.16760の特徴

通称【ファットレディ】、またイタリアの女優から【ソフィアローレン】と呼ばれています。グラマラスな女性という意味で、 Ref.16760よりも少しケースに厚さがあります。赤黒ベゼルのみが販売されました。

GMTマスターⅡRef.16760の商品情報

製造年代

1983~1988年

素材

ステンレス

ムーブメント

自動巻き

GMTマスターⅡRef.16760の口コミ

分厚くてゴツゴツしてて、アンティークロレックスの中でも一番かっこいいと思う。

市場に出回っているのが少なくなってきてるので、資産価値を考えて購入しました。

レア度と渋さと価格を考えると、Ref.16760が一番だと思います。

サブマリーナRef.6538

Ref.6538は、現在でも人気があるサブマリーナーの第二世代です。007でショーンコネリーがつけていたのと近いモデルになります。

サブマリーナRef.6538の特徴

クロノメーター仕様のモデルですが、文字盤にはクロノメーターと書かれている物と書かれていない物があり、書かれている物の方が高価になっています。ケース径も37mmと少し小さいのも特徴です。

サブマリーナRef.6538の商品情報

製造年代

1950~1960年

素材

ステンレス

ムーブメント

自動巻き

サブマリーナRef.6538の口コミ

ロレックスファンならボンドモデルは憧れるでしょう!

古い時計なのに高級感がすごい

2000万円超える時計、一度本物を見てみたい。

ミルガウスRef.1019

ミルガウスRef.1019は、耐磁性の機能が高いニッチなモデルです。ただ時代に合わず、たった二世代しか生産されませんでした。現在ロレックスにも部品がなくなり、ロレックスではオーバーホールも中止となっているモデルです。

ミルガウスRef.1019の特徴

とてもシンプルですが、文字盤のROLEXの表記が大きいのが特徴です。医者や科学者向けに開発されたモデルで、第一世代の稲妻針を持つ個体は、現在希少価値が高く、市場に出回ることが少なく、幻ともいわれています。

ミルガウスRef.1019の商品情報

製造年代

1959~1991年

素材

ステンレス

ムーブメント

自動巻き

ミルガウスRef.1019の口コミ

シンプルだけど、すべてのデザインが洗練されてるモデルだと思う。

コレクターなら欲しい1本だけど、中々良い個体に巡り合えないのが残念。

ロレックスはアンティークでもデザインが素晴らしい

アンティークロレックスの4つの良さとは?

種類が豊富

ロレックスは歴史ある腕時計メーカーなので、メンズ・レディース問わず、多くのモデルを販売しています。そのため、アンティークモデルの種類が多く、好みのモデルを探すことが出来ます。

また、機械式時計なのでどの個体もオーバーホールすることで、現在においても、時を刻むことが出来るのも魅力でしょう。

雰囲気が良い

アンティークの腕時計は、文字盤が日焼けしたり、あちこち傷がついたりしています。その傷や経年の色の雰囲気を楽しめるのも、魅力のひとつです。

歴史を感じさせる

どんな人がどこで使用していたのか、アンティークだとわかりませんが、人から人へと渡り、自分の手に入った腕時計の歴史にも思いを馳せることができるのも、魅力です。

日本ロレックスのオーバーホール料金の一覧表!修理の出し方も解説!

あわせて読みたい

日本ロレックスのオーバーホール料金の一覧表!修理の出し方も解説!

日本ロレックスで腕時計のオーバーホールをすると、どのくらい料金がかかるのかモデルごとにリサーチしました。長期間愛用するためにも、メンテナンスの予算を確認すると安心です。利用できる日本ロレックスサービスセンターや依頼するときのチェックポイントもご紹介します。

全く同じものはない

新しい時計だとどれも一緒ですが、人から人へと渡った腕時計は、傷・経年劣化がそれぞれ違います。また、オーバーホール時に部品交換があったりするので、オンリーワンの腕時計になるでしょう。

アンティークロレックスで一味違う腕時計に

アンティークロレックスの希少モデルをご紹介しました。アンティークはメンズ向けのモデルが多いのですが、レディースがつけても味があり似合います。

新品のロレックスももちろん素敵ですが、アンティークにはアンティークの良さがあります。毎日使う腕時計もアンティークだと一味違った印象を与えるでしょう。

komako

この記事のライター

komako

30代の主婦です。調べることと書くことが好きで、ライター歴は5年。記事は出来るだけわかりやすいように執筆することを心がけてまいります。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

バーゼルワールド2017のロレックス新作モデル全まとめ!評価や特徴を解説!

ロレックス

バーゼルワールド2017のロレックス新作モデル全まとめ!評価や特徴を解説!

今回はバーゼルワールド2017におけるロレックスの新作モデルをフィーチャーしました。時計・ジュエリーの見本市となるイベントであり、100年を超える歴史の中でロレックスは既に常連です。では早速、バーゼルワールド2017の新作ロレックスをみていきましょう。

デイトナビーチ(ロレックス)の歴史について!買取価格は今いくらかも紹介!

ロレックス

デイトナビーチ(ロレックス)の歴史について!買取価格は今いくらかも紹介!

ロレックスのデイトナビーチはピンク、グリーン、イエロー、ブルーの4種類のカラーが2000年に発売され、製造期間が短かったこともあり今や希少価値の高いモデルの一つとなっています。この記事では、デイトナビーチの買取価格や歴史について紹介します。

116509(ロレックスコスモグラフデイトナ)の買取相場はどれくらい?調査してみた!

ロレックス

116509(ロレックスコスモグラフデイトナ)の買取相場はどれくらい?調査してみた!

ロレックス「コスモグラフデイトナ(Ref.116509)」は、ホワイトやブルー、定番のブラックカラーの文字盤などカラーバリエーションが豊富なモデルです。この記事では、「コスモグラフデイトナ(Ref.116509)」の買取相場を紹介します。

214270(ロレックスエクスプローラー)を使用して気付いた良い点悪い点10個を紹介!

ロレックス

214270(ロレックスエクスプローラー)を使用して気付いた良い点悪い点10個を紹介!

ロレックスを代表するモデルのエクスプローラーにRef.214270があります。シンプルな外観と高性能を備えた、エクスプローラーの時計の中でも人気の高いモデルです。今回は、Ref.214270の良い点と悪い点を10個の項目別にレビューしていきたいと思います。

126600(ロレックス シードゥエラー)をレビュー!口コミから価格動向まで解説!

ロレックス

126600(ロレックス シードゥエラー)をレビュー!口コミから価格動向まで解説!

腕時計とダイバー達はロレクックスと共に1967年ロレックスシードゥエラーの開発以降たゆまない進歩を続けてきました。そしてRef.126600の発表から大きな進化を遂げ、現在もダイバー達の信頼を勝ち得ています。ここではRef.126600の魅力を見てみます。

116400GV(ロレックス ミルガウス)の買取価格はどれくらい?価格推移も解説!

ロレックス

116400GV(ロレックス ミルガウス)の買取価格はどれくらい?価格推移も解説!

116400GV(ロレックス ミルガウス)は、ロレックスの中でも特殊なデザインと機能性が備えられており、時計愛好家からも注目を浴びているモデルの一つです。この記事では、116400GV(ミルガウス)の買取価格を調査して紹介します。

126300(ロレックスデイトジャスト)の定価や買取相場はどれくらい?調査してみた!

ロレックス

126300(ロレックスデイトジャスト)の定価や買取相場はどれくらい?調査してみた!

126300(ロレックスデイトジャスト)は、最新の優れたムーブメントが搭載されており、デザインもシンプルなことから世界中の多くの人が愛用されている時計です。この記事では、126300(ロレックスデイトジャスト)の定価や買取相場を紹介します。

114300(ロレックスオイスターパーペチュアル39)をレビュー!口コミも紹介

ロレックス

114300(ロレックスオイスターパーペチュアル39)をレビュー!口コミも紹介

2018年に発売されたスポーツモデル並みの大きさで話題になった114300(ロレックスオイスターパーペチュアル39)は、上品であり男らしいデザインの時計です。この記事では、Ref.114300をレビューして特徴や魅力を紹介します。

216570(ロレックスエクスプローラー)をレビュー!16570との違いも解説!

ロレックス

216570(ロレックスエクスプローラー)をレビュー!16570との違いも解説!

エクスプローラーRef.216570は、夜光塗料が施されており視認性にも優れているシンプルなデザインの腕時計です。この記事では、エクスプローラーRef.216570をレビューして特徴や魅力を紹介し、「16570」との違いも解説します。

116500LN(ロレックス デイトナ)の相場価値が下がらない6つの理由!

ロレックス

116500LN(ロレックス デイトナ)の相場価値が下がらない6つの理由!

ロレックスのデイトナ116500LNは、中古価格が大幅に定価を上回る大人気モデルで、デザインや機能性の高さが多くの人を魅了しています。この記事では116500LNの相場が下がらない理由について6つ紹介し、評判や買取価格、中古価格についても解説しています。

ロレックスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード