ハミルトンの修理やオーバーホールの費用相場は?安い業者はどこ?

お気に入りに追加

腕時計でも人気のあるハミルトンも修理が必要になる場合があります。また、オーバーホールや修理を出すにしても価格が気になる方も多いでしょう。そこで、今回はハミルトンのオーバーホールや修理について費用や流れなどをまとめてみました。気になる方もぜひ参考にしてください。

ハミルトンの修理やオーバーホールの費用相場は?安い業者はどこ?

目次

  1. ハミルトンの修理やオーバーホールにはいくらかかる?
  2. ハミルトンの修理・オーバーホールにかかる費用相場
  3. ハミルトンの修理・オーバーホールができる安い業者3選
  4. ハミルトンの修理・オーバーホールの時期と頻度
  5. ハミルトンの修理・オーバーホールの注意点
  6. ハミルトン正規店での修理・オーバーホールの流れ
  7. ハミルトンの腕時計を修理・オーバーホールでリフレッシュ

ハミルトンの修理やオーバーホールにはいくらかかる?

ハミルトン

ハミルトンといえば高級腕時計としても有名ですが、高いからこそメンテナンスが必要になります。定期的にオーバーホールに出されている方もいますが、修理が必要になると価格も気になるでしょう。そこで、今回はハミルトンのオーバーホールや修理には、どのくらいの費用がかかるのかを紹介していきます。

ハミルトンの修理・オーバーホールにかかる費用相場

費用

ここからは、ハミルトンの修理やオーバーホールにかかる費用の相場について説明していきます。

正規メーカーでの修理・オーバーホール費用相場

相場

まずは、ハミルトンの正規メーカーでの修理やオーバーホールの費用相場について確認していきましょう。

タイプと仕様名

料金

2-3針クォーツ

18,000円

クロノグラフクォーツ

28,000円

2-3針自動巻き/手巻き

22,000円

クロノグラフ自動巻き

40,000円

ハミルトンの腕時計は本物であれば、オーバーホールや修理費用に関して、料金やサービス内容に差をつけられたりすることはありません。腕時計は仕様やタイプによって内部の構造にも違いがあるため、費用にも違いが出てくるのです。ハミルトンの正規店だからこそしっかりとしたサービスを受けることもできるので、安心してオーバーホールや修理に出しましょう。

ハミルトンの修理ができる業者の費用相場

修理

続いては、ハミルトンの修理やオーバーホールができる業者の費用相場について紹介していきます。

業者別修理料金

2-3針クォーツ

クロノグラフクォーツ

2-3針自動巻き/手巻き

クロノグラフ自動巻き

WATCH COMPANY

15,000円〜

25,000円〜

18,000円〜

28,000円〜

五十君商店

10,000円〜

20,000円〜

15,000円〜

30,000円〜

ウォッチ・ホスピタル

12,000円〜

28,000円〜

16,000円〜

28,000円〜

ハミルトンを修理業者へオーバーホールや修理に出した場合、状態によって価格は変動する可能性があります。ただし、ハミルトンの修理とオーバーホールは、他のブランドに比べてとても安ので、比較的修理やオーバーホールに出しやすいでしょう。

ハミルトンの修理・オーバーホールができる安い業者3選

店

ここからは、ハミルトンの修理やオーバーホールが依頼できる、比較的費用も安い業者を3つ紹介していきます。どこへ出せばいいか迷っていた方も、ぜひ参考にしてください。

WATCH COMPANY

WATCH COMPANYの特徴

特徴

WATCHCOMPANYのオーバーホールではオプションとして、最後の仕上げに新品仕上げ専門職人が仕上げ磨きを行うのが大きな特徴でもあります。時計メーカーと同じ機材を使用しているので、変形の心配もありません。新品同様の状態で手元に戻してくれるので、新しい物を購入したかのような気分を味わうことができるでしょう。また、オーバーホールの最後にはきちんとタイミング調整も行ってくれるため、精度の高い状態で戻してくれます。

WATCH COMPANYのオーバーホール費用

費用

WATCHCOMPANYハミルトンのオーバーホールを依頼した場合の費用についてまとめていますので、参考にしてください。

タイプと仕様名

WATCH COMPANYの修理料金

2-3針クォーツ

15,000円〜

クロノグラフクォーツ

25,000円〜

2-3針自動巻き/手巻き

18,000円〜

クロノグラフ自動巻き

28,000円〜

WATCH COMPANY 公式サイト

五十君商店

五十君商店の特徴

特徴

五十君商店では、修理やオーバーホールの依頼は店舗で受付となっていますが、全国でも対応ができるように無料梱包キットを提供しています。無料梱包キットで修理やオーバーホールの見積もりなども無料で行ってもらえるので、近くに店舗がない場合でも修理やオーバーホールの依頼が可能です。もちろん、ハミルトンの修理やオーバーホールの依頼もできるので、近くに五十君商店がない場合は無料梱包キットで対応してもらいましょう。

五十君商店のオーバーホール費用

費用

五十君商店ハミルトンのオーバーホールを依頼した場合の費用についてまとめていますので、参考にしてください。

タイプと仕様名

五十君商店の修理料金

2-3針クォーツ

10,000円〜

クロノグラフクォーツ

20,000円〜

2-3針自動巻き/手巻き

15,000円〜

クロノグラフ自動巻き

30,000円〜

五十君商店 公式サイト

ウォッチ・ホスピタル

ウォッチ・ホスピタルの特徴

特徴

ウォッチ・ホスピタルでは、オーバーホールや修理の依頼はWEBからも行うことができ、申し込みをすると自宅までキットを届けてくれます。配送キットは専用の機密機器BOXというウォッチ・ホスピタル専用のボックスです。梱包までにかかる時間は数分程度なので、すぐその場で梱包して宅配することができます。また、WEBからの依頼の場合でも見積もりをとってくれるため、価格の変動などを心配する必要はありません。

ウォッチ・ホスピタルのオーバーホール費用

費用

ウォッチ・ホスピタルハミルトンのオーバーホールを依頼した場合の費用についてまとめていますので、参考にしてください。

タイプと仕様名

ウォッチ・ホスピタルの修理料金

2-3針クォーツ

12,000円〜

クロノグラフクォーツ

28,000円〜

2-3針自動巻き/手巻き

16,000円〜

クロノグラフ自動巻き

28,000円〜

ウォッチ・ホスピタル 公式サイト

ハミルトンの修理・オーバーホールの時期と頻度

ハミルトンの修理・オーバーホールの時期

時期

ハミルトンの母体となるスウォッチグループでは、ハミルトンのオーバーホールは4年〜5年が望ましいと目安があります。精密な歯車や部品の芯となる部分は髪の毛よりも細いものもあるため、毎日の振動や回転によって擦り減ってしまう可能性があります。正常で正確にハミルトンを動かすためには定期的にオーバーホールを行い、部品交換などのメンテナンスがとても重要です。

4~5年でオーバーホールが必要な理由

理由

ハミルトンのオーバーホールが4~5年で必要になるのは、部品劣化の他に時計内部の潤滑油が乾いてしまうためです。腕時計には内部の部品がスムーズに動くことができるよう油が差されているのですが、年数が経てば徐々に乾いていきます。ハミルトンももちろん長く愛用していれば、徐々に油が切れていくのでオーバーホールによる給油が必要となるのです。

ハミルトンの修理・オーバーホールの頻度

頻度

ハミルトンのオーバーホールは4年〜5年で定期的に行うのが望ましいのですが、周期とは別に不調があると感じられた場合には早めに行うのが良いでしょう。早めに不調を修理してもらえれば、大きな破損を防ぐことができます。放置してしまうと二度と動かなくなる可能性もあるので、大切なハミルトンを守るためにも定期的な時期や頻度以外にも、おかしいと感じたらオーバーホールに出しましょう。
 

ハミルトンの修理・オーバーホールの注意点

ハミルトンの研磨はできない

研磨

オーバーホールの際に仕上げ磨きをしてくれる修理業者もありますが、スウォッチグループではハミルトンの研磨は行っていません。そのため、オーバーホールに出せばピカピカにしてもらえるわけではなく、そのままの状態で戻ってくるのでクレームなどを出さないよう注意してください。

ハミルトンの傷が気になる時は一般の業者に相談

気になる

スウォッチグループでは研磨は行なっていないので、ハミルトンのケースやベルト部分の傷が気になる場合は、腕時計修理業者へ研磨の相談を行いましょう。一般の腕時計修理業者なら、費用はかかりますがハミルトンを研磨してくれる場合もあります。ただし研磨による変形などが気になる方は、時計メーカーが使用している機材を導入している業者を選び変形がない研磨を行ってもらいましょう。

ハミルトン正規店での修理・オーバーホールの流れ

手順

続いて、ハミルトンの腕時計を、ハミルトン正規店で修理やオーバーホールに出した場合の流れについて説明していきます。

ハミルトン正規店での修理・オーバーホールにかかる期間

期間

ハミルトン正規店での修理やオーバーホールには約3週間の期間が必要になります。また、腕時計の状態によっては部品が必要となる場合があり、3週間以上時間がかかる可能性もあるのです。修理に必要になる部品の種類によってもかかる時間は変わるので、オーバーホールに出した際は長く待つものだと思いましょう。

その他の期間がかかるケース

他

ハミルトン正規店でのオーバーホールは約3週間以上ですが、部品の問題以外に時間がかかる場合もあります。時計のタイプや状態などで見積もりをスイスへ確認しなければならなくなると、返答までに時間がかかる可能性があります。ほかにも、連休などがあれば時間がかかるので、ハミルトンをつける予定や希望がある時期のほか、急いでいる場合はすぐに戻らないことも覚えておきましょう。

ハミルトン正規店での修理・オーバーホールの流れ

番号

ハミルトン正規店へ修理やオーバーホールの依頼をした場合の流れについてまとめました。

  1. ハミルトン正規店へ修理・オーバーホールを依頼
  2. 店頭での依頼ではない場合は宅配でハミルトンを正規店に送る
  3. ハミルトン正規店に時計が到着後に見積もり開始
  4. 依頼主へ見積もり確定の連絡
  5. 見積もりに問題ない場合はそのまま修理・オーバーホール作業へ
  6. 約3週間後に発送連絡
  7. 希望する住所まで配送

ハミルトン正規店から見積もり確定の連絡が来たときに、キャンセルをしても構いません。ただし返送送料のみ負担する必要があるので注意しましょう。

ハミルトンの腕時計を修理・オーバーホールでリフレッシュ

まとめ

ハミルトンの腕時計を長く大切に使いたいのなら、やはり修理やオーバーホールは欠かせません。定期的なメンテナンスを行うことで、腕時計を長持ちさせることができます。また、オーバーホールすることでハミルトンの時計も新しくリフレッシュしたようになります。いつでも美しいハミルトンの状態を守るためにも、定期的なオーバーホールや修理は出来るだけ行うようにしましょう。

fuerry

この記事のライター

fuerry

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

メンテナンス

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

今回はガーミンのバッテリーの減りが早くなったなと感じた方に向けて、電池交換にかかる費用を調べてきました。他にも普通の腕時計の電池交換よりもやり方は難しいですが、ガーミンのバッテリー交換を自分でやる方法についても動画を交えて紹介しています。

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

メンテナンス

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

ソーラー充電ができる腕時計には、二次電池と呼ばれる「充電して使える」ボタン電池が使われています。その中でも、CTL1616はG-SHOCKなどに使われている比較的メジャーなボタン二次電池です。今回はCTL1616の互換性や交換方法、最安値などを解説します。

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

メンテナンス

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

Knot(ノット)は、ケースとベルトを自分でカスタムできること、手ごろな価格で人気の腕時計ブランドです。ケース&ベルトの組み合わせは、8000通りもあります。Knot(ノット)の腕時計の電池交換は自分でできるのでしょうか。有償交換の価格も合わせてご紹介します。

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

メンテナンス

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

時計がストップしたら電池交換の必要があります。腕時計の裏蓋には3種類あり、ねじ込み式のスクリューバックを開けるには、ダイソーなどで販売されている専用の工具が必要です。この記事では、自分で簡単にスクリューバックを開ける方法を紹介します。

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

メンテナンス

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

ブライトリングは数年に一度オーバーホールをして時計をメンテナンスする事をメーカーが推奨しています。今回はブライトリングのオーバーホールにかかる金額やメンテナンスにおすすめの時計店の価格やサービスの違い、評判について調べてきました。

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

メンテナンス

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

GPS性能に定評があり、様々なスポーツに使用されていることも多いガーミンですが、修理に出すと遅いことや値段が高いといった意見もあります。この記事ではガーミンの修理代や修理期間、よく起こる不具合などを公式サイトや、口コミ、レビューなどから解説しました。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

メンテナンス

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたから金属の物に変えたいなど、腕時計のベルトを交換しようというキッカケは人それぞれでも、いざ自分でやるとなると不安な人もいるでしょう。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

メンテナンス

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

グランドセイコーは日本を代表する有名ブランドですが、クオーツ式は電池交換が必要になります。店頭に持ち込む人やネットで依頼する人もいるでしょう。業者に頼む場合の期間や費用が気になる方は必見です。グランドセイコーの電池交換は自分でできるかを含めて解説します。

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

メンテナンス

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

バネ棒外しは時計のベルトのサイズ調整や交換には無くてはならない必須アイテムですが、100均でお馴染みのダイソーでも販売していると話題になりました。今回は100均・ダイソーのバネ棒外しを実際に試してみて本当に使えるのか、どの商品が一番使えそうか調べてみました。

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

メンテナンス

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

腕時計のケースの下部分に付いている弓カンを外すことで、ラバーベルトやレザーベルトなどに交換することが可能です。この記事では、自分でできる弓カンの簡単な外し方を動画を元に解説していきます。なお、弓カンを外す際の注意点も紹介します。

関連するキーワード

メンテナンスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード