グランドセイコーハイビート36000の評価は?歴史や他の限定モデルも紹介!

お気に入りに追加

グランドセイコーは世界的に評価の高いセイコーのフラッグシップとして、日本の最高峰に位置する逸品ですが、グランドセイコーシリーズの中でも特に高い精度を持つハイビート36000というモデルがあります。ここではグランドセイコーハイビート36000について見てみます。

グランドセイコーハイビート36000の評価は?歴史や他の限定モデルも紹介!

目次

  1. グランドセイコー ハイビート36000の魅力を徹底解説!
  2. グランドセイコー ハイビート36000の評価
  3. グランドセイコー ハイビートの歴史は?
  4. グランドセイコーメカニカルハイビート36000「Caliber 9S85」
  5. グランドセイコー メカニカルハイビート搭載モデル
  6. グランドセイコーハイビート以外の限定モデルも紹介
  7. グランドセイコーのロービートとハイビートの違い
  8. グランドセイコー ハイビート36000は機械式とは思えない精度が魅力

グランドセイコー ハイビート36000の魅力を徹底解説!

グランドセイコー ハイビート36000の魅力を徹底解説!
出典: www.grand-seiko.com

腕時計としての安定した高精度を実現するため、毎時36,000回(毎秒10振動)という高速振動で駆動するハイビートムーブメント9S85を搭載したのがグランドセイコーハイビート36000です。

そして歴史的なスプリングドライブの発明があり、高精度化は急速に進みました。

このグランドセイコーハイビート36000の魅力を見てみましょう。

グランドセイコー ハイビート36000の評価

グランドセイコー ハイビート36000の評価
出典: www.grand-seiko.com

腕時計としての高い精度を目指して発表されたグランドセイコーハイビート36000ですが、使ってみた人の評価はどういったものでしょうか。

グランドセイコーハイビート36000の色々な方面からの評価を見てみましょう。

シャープなデザインにまず惹かれて使ってみてから精度の高さを実感する人が多いです。

以前にスプリングドライブのセイコーモデルを使っていて2本目にという人もいました。

良い評価

良い評価
出典: item.rakuten.co.jp

ここでは非常に良い評価だった人の意見を見てみます

念願のグランドセイコー購入

念願のグランドセイコー購入
出典: item.rakuten.co.jp
40代男性
40代男性

念願のグランドセイコー購入

評価:

シンプルですがそれがいいんです。自分は時計に派手さは求めていないので。本当に機械式か?と思うほど精度が良いです。本当に買ってよかったなーと思います。

https://review.kakaku.com/

スプリングドライブからの発展を見ていて、ハイビート36000ムーブメントの精度の高さに驚く人が数多くいました。

うっとりする美しさ

うっとりする美しさ
出典: item.rakuten.co.jp
30代男性
30代男性

うっとりする美しさ

評価:

高級腕時計を初めて持ちましたが、秒針の紺色を含め、日本の美しさを体現するかのようなデザインです。毎日眺めながらうっとり楽しんでいます。

https://review.kakaku.com/

まさにシンプルイズベストといえる普遍的なデザインに惹かれる人が多いです。

凛とした佇まいはさすが

凛とした佇まいはさすが
出典: item.rakuten.co.jp
50代男性
50代男性

凛とした佇まいはさすが

評価:

ビジネスシーンで活躍しそうな3針時計を探していました。総じて満足しています。日本伝統技術の粋を集めた逸品だと感じています。まさしく一生モンですね!

https://review.kakaku.com/

デザインと高度な機械技術に大きな魅力を感じている人が多いです。

そしてスプリングドライブからセイコーのメカニズムのファンになり、メカニカルハイビートを試してみるという意見もありました。

悪い評価

悪い評価
出典: item.rakuten.co.jp

ここでは逆に評価があまり高くなかった人の意見を見てみます

グランドセイコーメカニカルハイビート

グランドセイコーメカニカルハイビート
出典: item.rakuten.co.jp
40代男性
40代男性

グランドセイコーメカニカルハイビート

評価:

これぞセイコーデザインというべきデザインです。ただ、今までグランドセイコーだと気付かれたのは1人だけです。普通の人から見るとただのセイコーです。後述しますがセイコーというメーカーにはガッカリしています。

https://review.kakaku.com/

デザイン的にシンプルなのがあだになって普通の時計にしか見えないという意見もありました。

購入しました

購入しました
出典: item.rakuten.co.jp
50代男性
50代男性

購入しました

評価:

海外のモデルと比較しても1.5倍くらい価格が高いモデルと比較しても遜色のないレベルかと思います。ただし、他の方のレビューでもあるようにオフタイムには向かない感じがします。

https://review.kakaku.com/

シンプルなデザインがフォーマルすぎて、オフタイムには向いていないという意見もありました。

メカニカル最高峰

メカニカル最高峰
出典: item.rakuten.co.jp
40代男性
40代男性

メカニカル最高峰

評価:

残念なのはブレスレットに微調整機能がないことです。半駒外しができるのはいいのですが、季節によってはユルユルに感じる場合もあるので、自分で調整できる部分は欲しいところです。

https://review.kakaku.com/

ブレスレットの細かい部分に気配りが欲しいという意見もありました。

グランドセイコー ハイビートの歴史は?

グランドセイコー ハイビートの歴史は?
出典: www.grand-seiko.com

セイコーがその長い歴史の中で世界トップの腕時計を製造するまでにはさまざまな道のりがあり現在になります。

まず10振動モデルがあり、スプリングドライブの発明から高精度化が進みました。

その歴史の中にグランドセイコーハイビートもあり、特にハイビート36000は歴史に残る発明です

1968年から次々と高精度自動巻きを発売

1968年から次々と高精度自動巻きを発売
出典: piazo.jp
  • 1967年に初の自動巻き腕時計を発表
  • 1968年以降は次々と高性能自動巻きを発売
  • 10振動モデルが世界で高い評価

セイコーは1967年に初の自動巻きムーブメント搭載モデルを発表してから、翌年の1968年以降には次々と高性能な自動巻き腕時計を発売しています。

1968年に61GS、45GS、19GSと矢継ぎ早に10振動モデルを発売、高精度モデルとして評価が高い製品を送り出してきました。

2009年「メカニカルハイビート36000」を発売

2009年「メカニカルハイビート36000」を発売
出典: www.jw-oomiya.co.jp
  • 1996年にグランドセイコーの機械式ムーブメントが復活
  • 新機構スプリングドライブの開発から高精度化が加速
  • 2007年に10振動ムーブメント搭載、メカニカルハイビート36000が誕生

1996年にグランドセイコーの歴史的機械ムーブメントがついに復活し、以前のムーブメントをさらに進化させたものに生まれ変わります。

そして新機構スプリングドライブの開発で高精度化がさらに進み、2009年、メカニカルハイビート36000が誕生しました。

2014年「メカニカルハイビート36000GMT」を発売

2014年「メカニカルハイビート36000GMT」を発売
出典: www.gressive.jp
  • キャリバー9S85をさらに進化させたキャリバー9S86
  • 別時刻が表示可能なGMT機能を搭載
  • 2014年度ジュネーブ時計グランプリ「プティット・エギュィーヌ」受賞

2009年のメカニカルハイビート36000からわずか5年でさらに進化したハイビート36000は、GMT機能を追加したメカニカルハイビート36000GMTを2014年に発表します

キャリバー9S85をさらに進化させたキャリバー9S86を搭載し、実用性がさらに向上しました。

グランドセイコーメカニカルハイビート36000「Caliber 9S85」

グランドセイコーメカニカルハイビート36000「Caliber 9S85」
出典: www.grand-seiko.com

このグランドセイコーメカニカルハイビート36000の心臓部となるムーブメントには、新開発のCaliber 9S85の存在が欠かせません。

Caliber 9S85は過去に発表されたスプリングドライブとは、別の考え方で腕時計の精度とパワーリザーブを実現しようとしたものであり、緻密なマニュファクチュールの技術があってこそのムーブメントと言えます。

Caliber 9S85の特徴

Caliber 9S85の特徴
出典: www.pen-online.jp

スプリングドライブの発明から高精度化を加速させたセイコーは、再び10振動の復活へ動き出します。

ゼンマイの動力が多く必要になる部品テンプの能力を高めるために、巻き上げられたゼンマイを十分な時間持続させる大きなトルクが必要です。

そのために基本性能を向上させる新素材が必要でした。

41年ぶりの10振動ムーブメント

41年ぶりの10振動ムーブメント
出典: www.pen-online.jp

過去にもセイコーは10振動ムーブメントの開発に成功していますが、1968年のことであり、クォーツ全盛になってからは実に41年の月日が経っています。

その間にスプリングドライブの発明がありますが、41年ぶりにセイコーが取り組んだ10振動ムーブメントの復活は、単純に復活するだけではありませんでした。

持続力と耐久性が高い

持続力と耐久性が高い
出典: www.pen-online.jp

そして10振動のムーブメントを長寿命にするためには、輪列を規則正しい制御できる脱進機の徹底した耐久性の向上が不可欠です。

そしてひげゼンマイの素材に新素材スプロンを発見し、持続力と耐久性を得ることに成功しました。

「スプロン530」を採用

「スプロン530」を採用
出典: www.seikowatches.com

最も重要になるひげゼンマイの素材は何度かの試行錯誤を繰り返し、スプロン530という素材に落ち着きます。

それまでのスプロン510に新たな素材を加えることで、耐久性、耐磁性を保ったまま、バネ力を約6%、持続時間を5時間延ばすことに成功しました。

Caliber 9S85の仕様

Caliber 9S85の仕様
出典: www.pen-online.jp

ではここでCaliber 9S85の仕様をみてみましょう。

巻き上げ方式

自動巻き(手巻き付)

振動数

36,000振動/時(10振動/秒)

石数

37石

静的精度

平均日差+5秒~-3秒

携帯精度

日差+8~ー1秒

機能

日付表示機能

グランドセイコー メカニカルハイビート搭載モデル

グランドセイコー メカニカルハイビート搭載モデル
出典: www.seikowatches.com

この画期的な10振動ムーブメントを実現したグランドセイコー メカニカルハイビートですが、数種類モデルがあり、それぞれが魅力的な個性を持っています。

グランドセイコー メカニカルハイビートを搭載したモデルを5種類に絞って紹介していきましょう。

SBGH243

SBGH243
出典: www.grand-seiko.com
SBGH243

セイコーのデザイン理念を象徴するセイコースタイルに準じてデザインされたこのSBGH243は、名モデル44GSのデザインを基本にして構成されています。

価格

792,000円

ケース素材

ブライトチタン

ベルト素材

ブライトチタン

ムーブメント

メカニカル自動巻きCal.9S85

重さ

105g

振動数

36,000振動/時(10振動/秒)

精度

平均日差+5秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+8秒~-1秒)

SBGH243はステンレスに比べて約30%も軽量なブライトチタンをケース素材に採用し、歪みのない広いザラツ鏡面と多面形状を実現しています。

さらに外乱に強く、携帯時の高精度を実現した10振動キャリバーCal.9S85を搭載し、今までにはない高い精度が最大の魅力です。

SBGH243公式

SBGH201

SBGH201
出典: www.grand-seiko.com
SBGH201

1968年、国産初の10振動自動巻きを世に送り出してから、41年のときを経てさらに進化を遂げたムーブメントを搭載したのがSBGH201です。

価格

682,000円

ケース素材

ステンレススチール

ベルト素材

ステンレススチール

ムーブメント

メカニカル自動巻きCal.9S85

重さ

151g

振動数

36,000振動/時(10振動/秒)

精度

平均日差+5秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+8秒~-1秒)

名モデル44GSのデザインを継承し現代に再現した美しい外装は、ホワイトダイヤルとのコントラストがブルースチール秒針と見事に調和しました。

さらに高精度キャリバーCal.9S85が見事な精度で時を刻みます。

SBGH201公式

SBGH213

SBGH213
出典: www.grand-seiko.com
SBGH213

かつてセイコーを代表した歴史的腕時計クラウン、クロノスで培われたアンティークでやさしいフォルムを現代に再現したモデルがSBGH213です。

価格

715,000円

ケース素材

ステンレススチール

ベルト素材

クロコダイル皮ベルト

ムーブメント

メカニカル自動巻きCal.9S85

重さ

85g

振動数

36,000振動/時(10振動/秒)

精度

平均日差+5秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+8秒~-1秒)

アンティーク調で柔らかな色彩のダイヤルと視認性の高いアラビア数字のインデックスを採用し、こげ茶色のレザーストラップと調和して上品なクラシックスタイルを演出しています。

そしてメカニカルハイビートCal.9S85が高精度で時を刻みます。

SBGH213公式

SBGH205

SBGH205
出典: www.grand-seiko.com
SBGH205

日本の腕時計の技術革新の中で歴史に残る技術となった10振動ムーブメントの開発で革命を起こしたセイコーが、現代に再び10振動ムーブメントメカニカルハイビート36000として復活しました。

価格

682,000円

ケース素材

ステンレススチール

ベルト素材

ステンレススチール

ムーブメント

メカニカル自動巻きCal.9S85

重さ

151g

振動数

36,000振動/時(10振動/秒)

精度

平均日差+5秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+8秒~-1秒)

グランドセイコーの機械式時計を担う工房から見える、雄大な岩手山の山肌を表現した岩手山パターンを採用したブラックダイヤルがシャープな印象を作り出しています。

そして裏蓋はシースルーになっており、新開発ムーブメントCal.9S85が時を刻む様子を見ることが可能です。

SBGH205公式

SBGH255

SBGH255
出典: www.grand-seiko.com
SBGH255

セイコーはダイビングの世界でも優秀な腕時計を作り続けていますが、このメカニカルハイビート36000を搭載した本格潜水用ダイバーズウォッチがSBGH255です。

価格

1,100,000円

ケース素材

ブライトチタン

ベルト素材

ブライトチタン

ムーブメント

メカニカル自動巻きCal.9S85

重さ

174g

振動数

36,000振動/時(10振動/秒)

精度

平均日差+5秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+8秒~-1秒)

深度600mまでの深海で作業が可能な潜水に対応したプロフェッショナルダイバーズウォッチです。

外装には軽量で傷に強いブライトチタンを採用し、さらに純鉄製のダイヤルを使用して耐磁性も確保しています。

SBGH255公式

グランドセイコーハイビート以外の限定モデルも紹介

グランドセイコーハイビート以外の限定モデルも紹介
出典: www.grand-seiko.com

グランドセイコーハイビート以外にもカニカル振動ムーブメントを搭載した限定モデルが存在します。

ここでは3種類に絞ってメカニカル振動ムーブメント搭載限定モデルを見てみます。

STGK015

STGK015
出典: www.grand-seiko.com
STGK015

1960年、日本で初めてのスイス規格の水準を超えた腕時計として発表されたグランドセイコーが60周年を迎え、記念限定モデルとして発表されたのがSTGK015です。

レディースウォッチのサイズとしては驚愕の8振動/秒を誇る高精度ムーブメントCal.9S27を搭載し、ドレスウォッチと高精度の両立を実現しています。

価格

1,100,000円

ケース素材

ステンレススチール

ベルト素材

ステンレススチール

ムーブメント

メカニカル自動巻きCal.9S27

重さ

74g

振動数

28,800振動/時(8振動/秒)

精度

平均日差+8秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+10秒~-5秒)

STGK015の特徴・機能

STGK015の特徴・機能
出典: www.grand-seiko.com

STGK015はグランドセイコーの高精度はもちろん、フォーマルなドレスウォッチとしての美しさを両立させるコレクションです。

ダイヤルはグランドセイコーのブランドカラーの紺色を採用、ダイアモンドがガラスの淵を取り巻く45石、インデックスに11石セットされており、ビジネスはもちろん、パーティーシーンにも似合います。

STGK015公式

SBGK004

SBGK004
出典: www.grand-seiko.com
SBGK004

グランドセイコーらしいメリハリと柔らかな質感が調和するケース形状を持つ宝珠のような輝きが特徴のモデルがSBGK004です。

価格

3,520,000円

ケース素材

18Kピンクゴールド

ベルト素材

クロコダイル皮ベルト

ムーブメント

メカニカル手巻きCal.9S63

重さ

85g

振動数

28,800振動/時(8振動/秒)

精度

平均日差+5秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+10秒~-1秒)

SBGK004の特徴・機能

SBGK004の特徴・機能
出典: www.grand-seiko.com

18Kピンクゴールドをケース素材に採用し、熟練した研磨技術で美しい曲線と鏡面を実現したSBGK004はブランド初となる漆芸をダイヤルに採用、深い艶を発する黒漆が施され豪奢な印象を与えます。

さらに手巻き式ムーブメントとしては新開発のキャリバーCal.9S63が高精度で駆動、文字盤には秒針とパワーリザーブ表示針が配置されています。

SBGK004公式

SBGK005

SBGK005
出典: www.grand-seiko.com
SBGK005

ダイヤルに岩手山を模したランドカラーのグランドセイコーブルーが、見事な研磨技術で磨かれたケースと調和している見事な仕上がりの腕時計がSBGK005です。

価格

825,000円

ケース素材

ステンレススチール

ベルト素材

クロコダイル皮ベルト

ムーブメント

メカニカル手巻きCal.9S63

重さ

70g

振動数

28,800振動/時(8振動/秒)

精度

平均日差+5秒~ー3秒(携帯精度:平均日差+10秒~-1秒)

SBGK005の特徴・機能

SBGK005の特徴・機能
出典: www.grand-seiko.com

素晴らしい完成度のケースやダイヤルを保護する風防にはデュアルカーブサファイアガラスを採用しており、両面から徹底的に磨きこまれることで歪みのない美しいドーム形状を成立させています。

さらに新開発の手巻きムーブメントCal.9S63が高精度で正確な時を刻みます。

SBGK005公式
グランドセイコーの自動巻きのおすすめ8選を紹介!男女別で価格も紹介!

あわせて読みたい

グランドセイコーの自動巻きのおすすめ8選を紹介!男女別で価格も紹介!

多くの人を魅了しているグランドセイコー自動巻き腕時計のおすすめを8選紹介します。グランドセイコーの自動巻きモデルの中でも特に人気のある物を厳選しました。男女別に特徴・価格・口コミなども紹介していますので、ぜひ最後までご覧下さい。

グランドセイコーのロービートとハイビートの違い

グランドセイコーのロービートとハイビートの違い
出典: www.amazon.co.jp

グランドセイコーにもハイビートムーブメントを使用したモデルや逆ににロースピードと呼ばれるモデルも存在していますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは機械式時計のロービートとハイビートの違いについてみてみます。

ロービート

ロービート
出典: watchnavi.getnavi.jp

ロービートとは腕時計の心臓部であり、動力を駆動させる部品のテンプが振動する回数を振動数といいますが、この振動数が少ないものをロービートと呼びます。

これにはメリットとデメリットがありますので、ロービートのメリット、デメリットを見ていきましょう。

28,800(1秒間に8回)振動未満の振動数

28,800(1秒間に8回)振動未満の振動数
出典: sundaylife.jp

現在の機械式ムーブメントには28,000振動が主流になっていますので、それ未満の振動数の機械のことをロービートと呼びます。

機械技術の発展や素材の選定で一概にメリット、デメリットは言えなくなりましたがロービートを採用する理由は確かにあります。

振動数が少ないので部品が長持ちする

振動数が少ないので部品が長持ちする
出典: www.grand-seiko.com

ゼンマイが巻き戻るときにテンプなどの部品が振動駆動をする場合、振動数が少なければそれだけ部品の消耗が少なく済むので部品が磨耗しにくいという長所があります。

つまりムーブメントが平均して長持ちであるということになります。

調整が大変である

調整が大変である
出典: watchnavi.getnavi.jp

しかし振動数が少ないと長期間精度を保つことが難しくなるので、製造段階での精度調整が大変になり、調整に技術力を要します。

どちらかというとハードな使用を前提とした場合やコストパフォーマンス重視の機械にはロースピードが良く使われます。

ハイビート

ハイビート
出典: watchnavi.getnavi.jp

ハイビートの特徴は振動数が多い分、非常に安定した動作で駆動し高い精度が得られるところが大きなメリットです。

しかし振動数が早く多い分、部品の磨耗は早くなり耐久性が短くなるなどのデメリットもあります。

28,800(1秒間に8回)振動以上の振動数

28,800(1秒間に8回)振動以上の振動数
出典: www.komehyo.co.jp

ハイビートの基準としては振動数が28,800振動以上の能力を持ったムーブメントになり、現在多くの高級腕時計に使用されています。

また、耐久性が短いといったデメリットもケースの素材強化や対振動性などの能力が進歩しているので現在は高性能のムーブメントが多いです。

振動数が多いので部品が摩耗しやすい

振動数が多いので部品が摩耗しやすい
出典: www.komehyo.co.jp

各部品の振動数が早く多いので部品にかかる負荷が大きいため、部品が磨耗しやすくオーバーホールの期間が短いなどのデメリットがハイビートにはあります。

しかし現在はそれを補うケース素材や歯車などの部品が進化して強化されていますので、耐久性も十分なムーブメントがほとんどです。

高い精度を出せる

高い精度を出せる
出典: sundaylife.jp

ハイビートの一番のメリットになるところはとにかく高い精度が出せることで、これには振動数を早く多くする事ができるところが大きいです。

そしてゼンマイの巻き戻し数を制御する事が簡単にできるので、長時間のパワーリザーブが可能なこともハイビートのメリットになります。

グランドセイコー ハイビート36000は機械式とは思えない精度が魅力

グランドセイコー ハイビート3600は機械式とは思えない精度が魅力
出典: www.grand-seiko.com

グランドセイコー ハイビート36000は、41年の時を経て10振動ムーブメントを新しい切り口で復活させ、単なる復活に終わらせずにさらに進化した高い精度とパワーリザーブを獲得したところが革命的です。

とても機械式とは思えないこの高精度は腕時計好きなら、ぜひ手元においておきたい腕時計になるでしょう。

kosinec

この記事のライター

kosinec

3年前からライターを始め、幅広い分野で執筆させていただいてます。 好きな分野は音楽、時計、文学、釣りなどです。 また食べ歩きも好きなので、少しメタボなのが心配事です。 そんな私なのでよろしくお願いします。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

グランドセイコーが海外セレブに注目されてる?人気の4つの理由を紹介!

グランドセイコー

グランドセイコーが海外セレブに注目されてる?人気の4つの理由を紹介!

グランドセイコーは日本を代表する高級時計ブランドですが、日本だけでなく、海外でも人気を集めています。特に海外セレブから注目を集めており、他のハイブランドに負けない人気を誇っています。グランドセイコーが海外セレブから人気の理由や、評価・評判を解説します。

グランドセイコーってどんな腕時計?知っておくべき情報と最新人気10選のモデル!

グランドセイコー

グランドセイコーってどんな腕時計?知っておくべき情報と最新人気10選のモデル!

グランドセイコーは日本を代表する腕時計のハイブランドになります。高い技術が詰まっている腕時計が多く、技術の高さは世界中から注目を集めています。グランドセイコーはどのような腕時計があるのか、知っておくべき情報やおすすめモデルを解説します。

グランドセイコーのペアウォッチのおすすめモデル3選!クォーツが人気?

グランドセイコー

グランドセイコーのペアウォッチのおすすめモデル3選!クォーツが人気?

大切な人との記念日や誕生日には、グランドセイコーのクォーツ式ペアウォッチを贈ってみてはいかがでしょうか。この記事では、グランドセイコーのペアウォッチのおすすめを3つご紹介します。クォーツ式腕時計をおすすめする理由についても解説しました。

グランドセイコーの中古品はどう?10万以下の人気腕時計モデル5選も紹介!

グランドセイコー

グランドセイコーの中古品はどう?10万以下の人気腕時計モデル5選も紹介!

グランドセイコーは海外からも絶賛されている日本のハイブランドです。数多くの腕時計を生み出していますが、中古品も質がいいものが多く、人気が高いです。10万円以下の腕時計もあるので、グランドセイコーの中古品はどうなのか、おすすめモデルを含めて解説していきます。

SBGR073(グランドセイコー)をレビュー!評価・評判や中古価格の相場も紹介!

グランドセイコー

SBGR073(グランドセイコー)をレビュー!評価・評判や中古価格の相場も紹介!

グランドセイコーは日本だけでなく海外でも人気がある腕時計ブランドですが、中でも上品で落ち着きのある印象が良いと好評なのが「SBGR073」です。SBGR073はおしゃれなだけでなく、実用性にも優れている腕時計なので、どのような魅力があるかレビューしていきます。

グランドセイコーは人気ない?評判も悪いし後悔する?口コミから徹底解説!

グランドセイコー

グランドセイコーは人気ない?評判も悪いし後悔する?口コミから徹底解説!

日本の高い技術が光るグランドセイコーは、質は良いのに人気ないと言われています。そこで、グランドセイコーが人気ない理由と若者におすすめの理由を解説していきます。ぜひ、グランドセイコーのおすすめモデルとともにグランドセイコーの魅力を感じてみましょう。

SBGX291(グランドセイコー)をレビュー!評価や生産終了についても調査!

グランドセイコー

SBGX291(グランドセイコー)をレビュー!評価や生産終了についても調査!

セイコーを代表する最高級モデルがグランドセイコーでコレクションの数も多数でさまざまなモデルが存在します。その中でも希少モデルといわれるのが、一年ほどの生産のみだったSBGX291というモデルがレアアイテムとして人気です。SBGX291の魅力を見てみましょう。

SBGX321 (グランドセイコー)をレビュー!評価・評判や価格も紹介!

グランドセイコー

SBGX321 (グランドセイコー)をレビュー!評価・評判や価格も紹介!

「SBGX321」はグランドセイコーの中でもアンティーク調のデザインが魅力的と人気の腕時計になります。使い込むほど味わい深くておしゃれな雰囲気になりますが、多くの魅力がある腕時計なので、SBGX321の魅力についてレビューしていきます。

SBGR261 (グランドセイコー)をレビュー!評価やSBGW231との違いは?

グランドセイコー

SBGR261 (グランドセイコー)をレビュー!評価やSBGW231との違いは?

グランドセイコーの「SBGR261」はアイボリーダイヤルが印象的で、クラシックデザインが高級感を作ってくれる腕時計になります。多くの魅力が詰まっている腕時計ですが、SBGR261はSBGW231との違いを調べる人も多いため、違いを含めて魅力をレビューします。

SBGW235 (グランドセイコー)をレビュー!評価や中古価格の相場は?

グランドセイコー

SBGW235 (グランドセイコー)をレビュー!評価や中古価格の相場は?

グランドセイコーの中でもエレガントな姿がいいと絶賛されているのが「SBGW235」です。高級感溢れる姿は多くの人が一目惚れをしますが、見た目が美しいだけではありません。SBGW235はどのような魅力があるのか中古価格を含めてレビューします。

グランドセイコーの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード