Gショックのベルト・バンドの交換方法は?店舗での料金も紹介!

お気に入りに追加

CASIO(カシオ)から発売されているGショックは、優れた耐久性と高いデザイン性で若者を中心に大人気です。バンド・ベルトを交換したい方もいるでしょう。この記事ではGショックのバンド・ベルトの交換方法、そして店舗での料金を紹介します。

Gショックのベルト・バンドの交換方法は?店舗での料金も紹介!

目次

  1. Gショックのベルト(バンド)はどのように交換する?
  2. Gショックのベルト(バンド)を交換する3つの方法
  3. Gショックのベルト(バンド)を自分で交換する
  4. Gショックのベルト(バンド)を交換する前にベルトを選ぶ
  5. Gショックのベルト(バンド)の汚れ・破損・劣化を確認して交換しよう

Gショックのベルト(バンド)はどのように交換する?

バネ棒を調整する方法 How to
geralt

CASIO(カシオ)から発売されているGショックは、非常に優れた耐久性を備えていて腕時計の「壊れる」というイメージを覆しました。 レベルの高いデザイン性のモデルも多く発売されていて、価格設定も低いことから若者を中心に大人気です。そのGショックのバンド・ベルトを交換する方法はあるのか、これからその交換方法を解説します。

Gショックのベルト(バンド)を交換する3つの方法

修理
wir_sind_klein

これからGショックのベルト・バンドを交換する3つの方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

メーカー(カシオ)正規店に依頼する

CASIO カシオ
Pexels

もし自分で交換するのが心配という方は、CASIO(カシオ)の正規店で交換してもらいましょう。正規店なのでベルト代が高いかもしれませんが、ベルト代や交換代金などはメーカーに問い合わせて確認しだくさい。

時計専門店・量販店に依頼する

店

時計修理専門店でベルト・バンド交換をお願いする手段もあります。その場合は、ベルトは必ず持参してください。正規店ではベルトは店頭にありますが、時計修理店ではない場合もあるので自分で用意しましょう。ベルト交換代金は、安くて1,000円から、通常であれば3,000円から5,000円で対応してくれます。

Gショックのベルト(バンド)を自分で交換する

正規店や時計修理店に行く時間がない方や、少しでも節約したい方は自分で自宅でベルト・バンド交換をオススメします。個人差にもよりますが、約10分でできる作業です。これからGショックのベルト交換について具体的に説明していきます。

準備するもの

おすすめ、案内する男性

まず、ベルト・バンド交換に必要な工具やベルトを用意しましょう。以下で詳しく説明します。

工具

道具
lppicture

通常のドライバーでもできますが、できれば専用の工具の方を用意してください。専用の工具であれば、より簡単に作業ができます。Amazonなどでベルトを購入する際に、専用の工具がセットになって販売されている商品も多くあります。今後もベルト交換をすることがあるのであれば、セットになっているものを選ぶとようでしょう。

新しいバンド

ベルト 金具
Couleur

Gショックの型番(品番)に合うベルト・バンドを購入してください。Amazonなどで型番とベルトと検索したら、様々な種類のベルトが出てきます。

交換の手順

鉛筆を持った女性

それでは実際に、どのようにしてベルト・バンドを交換するのか、その手順を説明していきます。

バネ棒を外す

修理屋さん

まず始めに、バネ棒の頭部分を工具で押し下げながら丁寧に外していきます。この時にバネ棒が壊れないように注意しましょう。反対側も同じ手順で取り外していきます。外したバネ棒は失くさないように、色のついた紙か何かの上に置いておくとよいでしょう。

古いベルトを取る

修理 ベテラン
Capri23auto

バネ棒が外れたら、もともとついていたベルト・バンドを外してください。バネ棒が外れればバンドは簡単に取れます

新しいベルトを装着する

修理

バネ棒を新しいベルト・バンドに通します。この時、ベルトにバネ棒を完全に通さず、片方が出る状態まで通すようにしてください。続いて、バネ棒の片側をケースの穴に装着します。バネ棒を穴に押し込むと、自然と反対側のバネ棒も出てきます。反対側のバネ棒をもう片方の穴に工具を利用して埋め込みます。もう一方のベルトも同じ要領で行なってください。

交換する際のポイント

ポイントメモ

バネ棒は細くて小さいので紛失しがちです。失くさないように色のついた紙(付箋ポストイットなど)の上に置いてくるむか、小さな袋に入れて保管しておくかしてください。

工具

なお、バネ棒を外す際に工具で力を入れて外そうとすると時計を傷つける恐れがあります。力を加えなくても簡単に外れるので、優しく丁寧に工具を使ってバネ棒を取り外してください。もし、バネ棒が壊れてしまったり紛失してしまった場合は、Amazonなどのネットショッピングで販売しているので安心してください。

Gショックのベルト(バンド)を交換する前にベルトを選ぶ

【ごつい腕時計】シーン別選び方のポイント
geralt

Gショックのベルト・バンドを交換する前に、自分が持っている型番とあうベルトを購入する必要があります。正規店でも販売していますが、Amazonや楽天などのオンラインショッピングの方が安い価格で手に入れられます。

カシオ純正品と他社の製品のちがい

比較
qimono

ベルト・バンドはCASIO(カシオ)の製品でも他のメーカーのものでも、型番さえ合えば取り付けることは可能です。CASIO(カシオ)の純正品と他社製品のベルトの違いは、バックルとベルトループです。純正品のベルトは、バックルとベルトループともに丸いデザインになっているのに対して、他社製品は角張っているデザインになっています。

ベルトの素材(メタル、ナイロンなど)

ベルト交換

ベルトの素材は様々です。革のベルトは、色の種類も豊富で腕時計につければより一層オシャレになります。しかし、汗をかきやすい夏場は1ヶ月で劣化してしまうことがあります。もしお気に入りの革ベルトがあれば、メーカーに在庫確認をしたり、もしくは何本かストックしておくことをオススメします。

ラバーベルト

ウレタンやラバーベルトは、汗や水にも強いので汗っかきの方やスポーツを頻繁にされる方は、こちらのタイプのベルトを選ぶとよいでしょう。ただ、生産されてから年月がだいぶ経っていたり、使用頻度が多い場合はベルトが劣化して突然切れてしまうこともあります。限定モデルのベルトであれば、念の為にもう1本ストックで用意しておくといいでしょう。

ナイロンベルトの腕時計
tookapic

ナイロンベルト(NATOベルト)は、色の種類も豊富で値段も安いので何本か色違いのものを買っておいてもいいかもしれません。汚れたら洗うこともできて丈夫なので重宝します。

Gショックのベルト(バンド)の汚れ・破損・劣化を確認して交換しよう

時計を見る男性

Gショックのベルト・バンドは、工具さえあれば自分でも簡単に交換が可能です。バンドが突然切れて腕時計が落下してしまわないように、逐一劣化状態を確認して交換するようにしましょう。

Chamaemon

この記事のライター

Chamaemon

30代の女性フリーWEBライター。都内のテレビ局で10年働いたあと、バルセロナに猫2匹と移住。気に入った新作の腕時計があれば、必ず店頭で試します。時計のマメ知識や役立つ情報を執筆してお届けします。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

GW-M5610B-1JF(カシオG-SHOCK)をレビュー!評価・評判や特徴も解説!

G-SHOCK

GW-M5610B-1JF(カシオG-SHOCK)をレビュー!評価・評判や特徴も解説!

G-SHOCK「GW-M5610B-1JF」は、タフ構造でソーラー電波を採用しており実用的なだけでなく、グリーンカラーの美しい文字盤が特徴的な腕時計です。この記事では、「GW-M5610B-1JF」をレビューして特徴や魅力を紹介します。

G-SHOCK"トランスフォーマー"の限定コラボモデルをレビュー!評判や評価を解説

G-SHOCK

G-SHOCK"トランスフォーマー"の限定コラボモデルをレビュー!評判や評価を解説

G-SHOCKとタカラトミーによるトランスフォーマー限定コラボ「DW-6900TF-4」は、付属のフィギュアと時計を合体させることができて世界中の多くの人を魅了しています。この記事では、G-SHOCKトランスフォーマーをレビューします。

G-SHOCKの迷彩の人気おすすめランキング8選!評価・評判や特徴まで解説!

G-SHOCK

G-SHOCKの迷彩の人気おすすめランキング8選!評価・評判や特徴まで解説!

G-SHOCKが海外モデルとして販売している迷彩モデルを紹介します。G-SHOCKの迷彩モデルはデザインだけでなく、機能も充実しているものばかりです。そしてミリタリーな気分を味わえるだけでなく、おしゃれのポイントとしても使えるのでおすすめです。

GWX-5700CS-1JF(カシオ G-SHOCK)をレビュー!評価・評判や魅力を解説!

G-SHOCK

GWX-5700CS-1JF(カシオ G-SHOCK)をレビュー!評価・評判や魅力を解説!

G-SHOCK「GWX-5700CS-1JF」は、ショックレジスト構造が施されているタフなソーラー電波時計で、多くの男性が愛用しています。この記事では、G-SHOCK「GWX-5700CS-1JF」をレビューして魅力を解説します。

G-SHOCKのG-STEELをレビュー!人気の理由やおすすめランキング4選も紹介!

G-SHOCK

G-SHOCKのG-STEELをレビュー!人気の理由やおすすめランキング4選も紹介!

G-SHOCKのG-STEELの機能性高いうえに安く購入できるカシオの腕時計です。G-SHOCKのG-STEELが人気を博している理由と、おすすめのモデルをランキング形式で紹介します。ぜひ好みに合うG-SHOCKのG-STEELを見つけてみてください。

AWG-M100-1A(カシオ G-SHOCK)をレビュー!評価・評判や魅力を解説!

G-SHOCK

AWG-M100-1A(カシオ G-SHOCK)をレビュー!評価・評判や魅力を解説!

カシオ G-SHOCK「AWG-M100-1A」は、太陽光などを利用して駆動するタフソーラー電波時計で、コスパが良いことから多くの人が愛用しています。この記事では、G-SHOCK「AWG-M100-1A」をレビューして魅力を紹介します。

G-SHOCKのチタンの人気おすすめランキング10選!評価・評判や特徴まで解説!

G-SHOCK

G-SHOCKのチタンの人気おすすめランキング10選!評価・評判や特徴まで解説!

強度が高く壊れにくさでは腕時計業界の中でも随一のG-SHOCK。メタリックな見た目で高級感のあるチタン製モデルも根強い人気があります。この記事では、G-SHOCKのチタン腕時計のおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。

DW-5600BB-1JF(G-SHOCK)をレビュー!3つのかっこいい所とDW-5600BB-1との違いも解説!

G-SHOCK

DW-5600BB-1JF(G-SHOCK)をレビュー!3つのかっこいい所とDW-5600BB-1との違いも解説!

カシオのG-SHOCKは世界中からも人気が高い腕時計ですが、中でもDW-5600BB-1JFは大人向けのG-SHOCKとして評判を得ています。DW-5600BB-1JFは魅力的な点が3つ存在するので、DW-5600BB-1との違いを含めてレビューしていきます。

G-SHOCK"スケルトン"の新作モデル紹介!黄ばみなどの汚れは漂白剤で取れるかも解説!

G-SHOCK

G-SHOCK"スケルトン"の新作モデル紹介!黄ばみなどの汚れは漂白剤で取れるかも解説!

G-SHOCKのスケルトンはカシオが開発した記念モデルです。透明度の高いクリアなデザインとなっていますが、黄ばみが起きるというデメリットもあります。G-SHOCK「スケルトン」の新作モデルの紹介と、黄ばみ対策について紹介していきます。

GA-2000E-4JR(カシオ G-SHOCK)をレビュー!評価・評判や特徴を解説!

G-SHOCK

GA-2000E-4JR(カシオ G-SHOCK)をレビュー!評価・評判や特徴を解説!

タフな時計をコンセプトに、これまで様々な名作を生み出してきたカシオのG-SHOCKに、新たな素材を使用したGA-2000E-4JRが存在します。カーボン素材をボディに採用し、軽量かつ強度と耐久性を手に入れたGA-2000E-4JRを詳しくレビューしていきます。

G-SHOCKの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード