自動巻き時計が止まる・動かない原因は?対処法や修理費用を紹介!

お気に入りに追加

着けていればゼンマイを自動で巻いてくれる特長をもつため、自動巻き時計が突然動かなくなると不安になることでしょう。しかし自動巻き時計も精密機械ですから、ちょっとしたことで止まることもあるのです。こちらでは自動巻き時計が動かなくなる・止まる原因などを詳しく紹介しています。

自動巻き時計が止まる・動かない原因は?対処法や修理費用を紹介!

目次

  1. 自動巻き時計が動かないのはなぜ?対処法は?
  2. 自動巻き時計がすぐ止まる・動かない内部の原因
  3. 自動巻き時計がすぐ止まる・動かない外部の原因
  4. 自動巻き時計がすぐ止まる場合の対処法
  5. 自動巻き時計の修理費用の目安
  6. 自動巻き時計の修理が可能なお店2選 
  7. 自動巻き時計はどんな仕組みで動く?
  8. 原因がわからない時はお店に持って行こう

自動巻き時計が動かないのはなぜ?対処法は?

悩む
RobinHiggins

自動巻き時計が動かなくなった時、「ゼンマイを自動で巻いてくれるはずなのに」と不思議に思う方は多いでしょう。しかし名称に「自動」と付くとはいえ自動巻き時計も精密機械ですから、ちょっとした原因で動かなくなることがあるのです。

動かなくなる原因やメンテナンスにおすすめの店舗など、万が一に備え自動巻き時計が止まってしまった時に知っておきたい事柄をこちらで確認していきましょう。

自動巻き時計がすぐ止まる・動かない内部の原因

チェックリスト
TeroVesalainen

ゼンマイの巻き上げ不足

名前に「自動」と付いているため誤解されがちなのですが、自動巻き時計もゼンマイの巻きが足りていなければ針が止まることはあります。自動巻き時計であっても着けない日がしばらく続いたような場合には、手動でゼンマイを巻き上げる必要があるのです。

なお、手動で巻く場合は30~40回程度がベストといわれています。巻き上げに適切な回数は時計によって異なりますので、手動で巻く場合は説明書などをよく読んでから取り組むようにしてください。

内部にゴミが詰まっている

ゴミ
Bru-nO

意外かもしれませんが、時計内部にホコリが入ってしまうことは多いです。滑車がかみ合って動かす機構が多いため、内部にゴミが入り込んでしまった場合にも時計は止まることがあります。ゴミが詰まった状態で時計が無理に動こうとすると故障の原因にもなりますので、定期的なメンテナンスでホコリなどを取り除くことが大切です。

潤滑油が切れた・固まった

サビ
susannp4

金属同士をかみ合わせて動かす仕組みであるため、お互いが傷つけないように時計のパーツには潤滑油が塗られています。しかし長年使用すれば油が切れてしまうこともありますし、また気温が低い場所に放置したり内部で油が寄ってしまうと潤滑油が固まってしまうこともあるのです。

このように、時計を動かすための潤滑油が原因で滑車が止まるということもあります

ゼンマイが切れる

ゼンマイ
3D_Maennchen

時計に動力を伝達するゼンマイが切れれば時計は動かなくなってしまいます。経年劣化のケースもありますが、無理な力が加わることでもゼンマイが切れる可能性があるのです。必要以上に巻くとゼンマイの寿命を縮めることになるため、手動で巻き上げる場合は適正な回数(30~40回程度)巻くようにしましょう。

ゼンマイが劣化している

劣化
OctavY

針を動かす動力であるため、時計が動くためにはゼンマイの巻きが不可欠です。つまり時計が動くごとにゼンマイには負荷がかかっているわけですから、長年メンテナンスしなければ経年劣化を防ぐことはできません。劣化によってゼンマイがすり減ればうまく動力が伝わらず、時計は止まってしまうでしょう。

ローター芯の摩耗

巻き時計
A_Different_Perspective

自動巻き時計に欠かせないローターは、芯と円盤が組み合わさった形状をしています。長年使用することでローターの芯が摩耗すると、芯と円盤部分が擦れ合い金属粉をまき散らしてしまうのです。これが他のパーツの動きを妨げ、時計が止まる原因となる可能性があります。通常通り使っていてもローターの芯は摩耗してしまうものなので、メンテナンス時に確認してもらうことが肝心です。

リバーシングの摩耗

巻き時計
1150199

自動巻き時計はローターが動くことでゼンマイに動力を伝える仕組みですが、この二つの間を取り持つリバーシングという滑車があります。リバーシングを介して時計を動かしているため、ここが摩耗することで動力がうまく伝わらなくなり、時計が止まることもあるのです。自動巻き時計には欠かせないパーツとなりますので、メンテナンスでしっかりチェックしてもらう必要があります。

自動巻き時計がすぐ止まる・動かない外部の原因

チェックリスト
TeroVesalainen

磁気を帯びてしまった

磁石
pithonius

自動巻き時計は細かな部品でできた精密機械ですから、磁気に当てられると正常に動かなくなったり止まる可能性があるのです。現代社会には普段接する中にも磁気を発しているものがたくさんあります。時計が磁気帯びになる主な原因を以下に挙げておきますので、長時間時計を近づけないように注意しましょう。

磁気帯びの原因になるもの

磁石
dapple-designers
  • スマートフォン
  • パソコン
  • バッグや財布の留め金部分
  • メモ用紙を止めるマグネット
  • 肩こり解消用マグネット

海水が侵入してしまった

海
Pexels

時計内部は鉄も多く使用されていますから、海水が入ってしまうとパーツがサビ、それにより時計が動かなくなることがあります。海水浴をはじめアサリの塩抜きでも塩水が時計にかかる恐れがあるので、海水・塩水に触れる機会には腕時計を外しておくと安心でしょう。

防水であっても油断禁物

雨
ChristopherPluta

時計が防水機能付きであれば安心、と油断されるかもしれませんが、過信しすぎてはいけません。メンテナンスを行わずにいれば水の侵入を防ぐ機構が劣化している恐れがあり、その場合防水機能が十分果たせないためです。また購入したての時計であっても防水ロックやリューズの仕舞い忘れがあるかもしれませんので、水が手元にかかる前に確認しておくと安心でしょう。

自動巻き時計がすぐ止まる場合の対処法

壊れかけの腕時計
Foto-Rabe

巻き上げ不足を解消する

ポジティブ
sweetlouise

ゼンマイの巻きが足りないと時計が止まってしまいますので、自動巻き時計を着けている時は意識して身体を動かしたり、腕を振るようにすると良いでしょう。こうすれば装着時の振動がローターに適度に伝わるため、巻き上げ不足になりにくくなるのです。ただしスポーツなどで力強い動きを何度もするのは逆に故障の原因となりますので注意してください。

オーバーホールしてもらう

修理
ThePixelman

巻き上げが不足しないよう着けていても時計が止まるという場合には、時計店やメーカーにオーバーホールを依頼してみましょう。オーバーホールとは時計を解体して内部の点検をしてもらうことで、パーツの状態チェックやメンテナンスが可能です。

腕時計は精密機械ですから、自分では分からない細かなパーツの状態を見るにはプロの技術が不可欠といえます。本来定期的に行うものですが、何か異常を感じた時はすぐにオーバーホールを検討してください。

自動巻き時計の修理費用の目安

貯金箱
QuinceMedia

国内の自動巻き時計

日本時計
JordyMeow

国内産の自動巻き時計の修理費・部品交換は5,000円~、さらにパーツによって値段はかなり変わってきます。例えばバンド調整のみであれば1,000円を切ることもありますが、ガラス部分の交換であれば8,000円前後といった具合です。ガラス部分などは修理でもかなり費用がかかりますが、多くの場合交換の方が高額となる傾向にあります。

海外の自動巻き時計

時計
USA-Reiseblogger

海外産の 自動巻き時計の修理費は8,000円~、部品交換費は1万円~が相場です。造りが日本製と異なっていたり部品を取り寄せる必要があるため、国内産時計よりも修理・部品交換ともに料金はやや高くなっています。また部品を輸入するケースではお金の他に時間もかかる可能性があると覚えておきましょう。

自動巻き時計の修理が可能なお店2選 

修理用工具
Free-Photos

時計修理工房 なんぼや

時計修理工房 なんぼやの特徴

経験豊富な時計技師により、最新の設備のもと愛用の時計を修理してくれます。修理後の状態を1年間保証、さらに見積もり・修理後の送料を負担してくれる嬉しいサービスも魅力です。また全国各地に店舗があるため、利用しやすい場所を見つけることができるでしょう。

時計修理工房 なんぼやの店舗情報

※関東・中部・関西地方の店舗は抜粋してあります。

時計修理工房 なんぼや

夢仕立

夢仕立の特徴

装飾品関連全般を扱う夢仕立は、ハイブランド商品の扱いにも長けています。ロレックスやIWCなど、特に繊細に扱ってほしい時計を依頼するにも安心です。都内のショッピングエリアを中心に店舗展開をしているため、お買い物ついでに立ち寄りやすいというメリットもあります。

夢仕立の店舗情報

夢仕立

自動巻き時計はどんな仕組みで動く?

歯車
qimono

装着した人の動きが動力源

腕時計
imedias

自動巻き時計はその名のとおり、自動でゼンマイを巻く仕組みが備わっています。装着した人の動きが時計内部のローターに伝わり、滑車が回転することでゼンマイを巻き上げてくれるのです。直接リューズを動かさずとも時計が動くので、毎日のように時計を着ける方にとっては便利な機能といえるでしょう。ただしスポーツなどをしていて激しい動きが伝わってしまうと故障の原因となることがあります。

手動巻き上げができるものも

時計
mirceaianc

動きを伝導させるだけでなく、手動でゼンマイを巻くことができるタイプの自動巻き時計も販売されています。手動巻き上げ対応の自動巻き時計なら、しばらく置いたままにしていた場合でもリューズを使ってすぐに時計を動かすことができるというわけです。手動で巻く場合には30~40回が適切とされていることも併せて覚えておきましょう。

巻きすぎで破損しない仕組み

破損
ivanacoi

自動巻き時計には、巻き上げ過ぎてゼンマイが壊れないようスリッピング・アタッチメントという部品が内蔵されています。スリッピング・アタッチメントにより過度な負担を分散してくれるので、自動巻き時計を着けている最中ゼンマイがいつの間にか巻き過ぎ状態になるということはありません。このことから、外回りが多く忙しい営業マンにも自動巻き時計は最適といえるでしょう。

原因がわからない時はお店に持って行こう

ポジティブ
MMckein

自動巻き時計が止まってしまったら、まずは通常どおり着けてみる、また軽く振ってみて動くかどうか確認してみると良いでしょう。それでも時計が止まったままであれば、無理にゼンマイを巻こうとはせず速やかに時計店やメーカーに持ち込むようにしてください。

時計に無理な衝撃を与えると原因を悪化させてしまうことも考えられますし、内部の状況は自分では判断できない部分ですから専門家に任せた方が安心です。お気に入りの自動巻き時計を長く愛用するために、急に動かなくなった時以外にも何かあればすぐにお店に相談するようにしましょう。

ウジハラ

この記事のライター

ウジハラ

30代女性ライター。web会社で10年働いた後、フリーwebライターとして独立。時計に興味がありこの度rich-watchでライターとして執筆を行いながら、時計の知識を吸収しております!

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

自動巻き腕時計の正しい使い方と注意点は?仕組みや特徴も紹介!

自動巻時計

自動巻き腕時計の正しい使い方と注意点は?仕組みや特徴も紹介!

腕時計には手巻き・クォーツと種類がありますが、初めて購入する方にも人気なのが自動巻き腕時計です。しかし「自動」と付くとはいえ、実は全て全自動でこなしてくれるわけではなく使い方が存在します。こちらでは自動巻き腕時計の使い方や長期愛用のコツをご紹介しています。

自動巻時計の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード