×

ウォルサム"バキューム"の電池交換の方法は?人気業者3選も調査!

お気に入りに追加

中が真空になった構造で有名なウォルサムのバキューム。ケース構造が特殊なので、電池交換をするには高い技術力と道具が必要です。今回はウォルサムのバキュームの電池交換について、自分でやる方法と全国対応の郵送修理業者をご紹介します。

ウォルサム"バキューム"の電池交換の方法は?人気業者3選も調査!

目次

  1. ウォルサム”バキューム”の電池交換のやり方を紹介
  2. ウォルサム”バキューム”の電池交換方法
  3. 【2021最新】腕時計編集部が厳選!ウォルサムの電池交換店ランキング
  4. ウォルサム”バキューム”電池交換は真空のため難しい
  5. ウォルサム”バキューム”電池交換は実績のある修理店で

ウォルサム”バキューム”の電池交換のやり方を紹介

ウォルサム”バキューム”の電池交換のやり方を紹介
出典: store.shopping.yahoo.co.jp

ウォルサムは1980年代頃以前に真空時計や超硬質素材の時計を開発したことで、高い人気があったブランド。

空気の対流や熱伝導による誤差を抑え、硬度の高い素材を使ったバキュームは長く愛用することが可能です。

現在ではほとんど見かけることはありませんが、アンティークウォッチ市場で出回ることが多々あります。

この記事ではウォルサムのバキュームの電池交換方法をご紹介します

全国に対応している修理業者と合わせて紹介するので、ウォルサムバキュームの電位交換をしたい方はぜひ一読してみましょう。

ウォルサム”バキューム”の電池交換方法

ウォルサムのバキュームは一般的な腕時計とは構造が違うため、電池交換をするときは技術が必要です。

なお裏蓋を開けると空気が入るため、真空状態ではなくなります。

ウォルサムのバキュームBELEXXを例に紹介していますが、電池交換はあくまで自己責任で行ってください。

モデルによってはネジ式でないものもあるため、そういったモデルの電池交換は修理店へ依頼しましょう。

ウォルサム”バキューム”の電池交換のときに用意するもの

ウォルサム”バキューム”の電池交換のときに用意するもの
出典: www.amazon.co.jp

ウォルサムのバキュームの電池交換を行うときは、蓋を開けて分解するヤットコやドライバー、ピンセットが必要です。

また内部に入ったホコリや汚れを取るには。チリ吹きがあると便利です。

上記画像のような腕時計修理用の工具セットがあれば、一式揃います。

交換作業の途中でパーツが無くなった、蓋が閉まらなくなった場合は早急に時計修理店に相談しましょう。

腕時計の電池交換を100均のダイソーでやってみた!やり方や工具を解説!

あわせて読みたい

腕時計の電池交換を100均のダイソーでやってみた!やり方や工具を解説!

腕時計の電池交換は、100均のダイソー商品を使えば、手軽に済ませることができます。ダイソーは腕時計の電池交換に必要な電池も工具も揃っているため、数百円で電池交換が可能です。不器用な人でもできる動画も紹介しているので参考にしてみてください。

蓋を開ける

蓋を開ける
出典: muramatsu.eshizuoka.jp

まずはウォルサムバキュームの蓋を開けましょう

蓋はモデルによっては、上画像のようにネジ止めが施されています。

ネジをドライバーで開けて、表側の部品が外れたら次にリューズを外します。

風防、ケース、パッキンを外して文字盤を剥がし、ムーブメントを取り出したら電池交換の準備完了です。

電池交換

電池交換
出典: www.amazon.co.jp

次に電池を交換します。

電池は必ず使われていた電池と同じサイズのものを使用しましょう

交換するときは、ショート防止にゴム製の指サックがあると安全です。

裏蓋を閉じ元に戻す

裏蓋を閉じ元に戻す
出典: antiwatchman.com

電池交換作業が終わったら、ケースを分解する作業と同じように組み立てましょう

リューズを取り付けるときは、ぐっと押し込んで回すと凹凸が噛み合います。

指先の感覚を駆使して取り付けましょう。

ウォルサムはどんな腕時計?歴史・特徴から定番人気モデル3選も紹介!

あわせて読みたい

ウォルサムはどんな腕時計?歴史・特徴から定番人気モデル3選も紹介!

ウォルサムはアメリカ最古の腕時計メーカーで、現在でもアンティーク物として高く評価されている製品が数多くあります。この記事ではウォルサムの歩んできた歴史やウォルサム製の腕時計について、さらに人気モデルや長年使うためのオーバーホールなどについてまとめています。

【2021最新】腕時計編集部が厳選!ウォルサムの電池交換店ランキング

高級クォーツウォッチは電池交換だけでなく、定期的な修理やオーバーホールなどのメンテナンスが必要です。

電池交換だけでなく防水・電子回路の検査や研磨などを割引価格で提供する店も多く、大事な時計が見違えるほど美しく生まれ変わります。

そこで今回はRichWatch編集部がおすすめする、腕時計の電池交換店をランキング形式で3選ご紹介します。

それぞれの店舗の特徴や評判、交換の料金をチェックして納得のいくメンテナンス業者を選びましょう。

ウォルサムの電池交換おすすめ店比較表

1位:千年堂

2位:リペスタ

3位:シエン

画像

おすすめの人

リーズナブルにオーバーホール&電池交換!

国産・クォーツの電池交換が得意!

3週間からの短い納期が魅力!

見積もり

見積もり&査定無料

送料無料

(梱包キットあり)

見積もり無料

送料無料

(梱包キットあり)

見積もり無料

1万円以上の場合送料無料

(梱包キットあり)

一番人気のセット 

オーバーホール&電池交換

(超音波洗浄&クリーニング無料)

オーバーホール&電池交換

オーバーホール&電池交換

公式リンク

千年堂 リペスタ シエン

腕時計の電池交換のおすすめ店を比較表にしてまとめました。

なお、お店によって料金やメニュー内容が異なるため、腕時計の状態に合わせてチョイスするのがポイントです。

リーズナブルに電池交換&オーバーホール【千年堂】

メーカーより2万円以上安い「千年堂」
出典: www.sennendo.jp

千年堂は累計45,000件以上の実績を持つ、宅配に特化した修理専門店です。

買取を一切行わない修理一筋の千年堂は、時計メーカー出身の時計技師や1級時計技師などのベテランだけがメンテナンス・電池交換を担当します。

千年堂は電池交換のみの依頼は受け付けていないため、オーバーホールと一緒に依頼するのがおすすめです。

千年堂の電池交換料金目安

時計の種類

オーバーホール込み電池交換料金

(部品代別途)

高級クォーツ

要問合せ

クォーツクロノグラフ

要問合せ

クォーツ時計を長く使うには5~6年おきのオーバーホールが必要なため、一緒に電池交換をしておくと計画的なメンテナンスができます。

さらに千年堂のオーバーホールは、メーカーより2万円以上安い上に無料クリーニングサービスを提供中です。

見た目、使い心地ともに新品同様に仕上げてくれます。

千年堂の口コミ

40代 男性
40代 男性

安くて驚きました

評価:

今回電池交換とオーバーホールを依頼しましたが3万円以上安くて驚きです。

定期的なメンテナンスが必要な高級クォーツ時計は、維持費の安さが重要です。

正規店より2万円以上安く済んだ、無料でクリーニングしてくれたなど、価格・サービス面での評価が目立ちました。

千年堂の基本情報

無料梱包セット

あり

保証

1年間(オーバーホール注文時に限る)

送料

無料

修理対応地域

日本全国

千年堂は郵送受付のみのお店です。

店舗運営にかかるコストをカットしているため、低価格で高品質なオーバーホールや電池交換を実現しています。

公式サイトの専用フォームから無料宅配キットを申し込むと、梱包用時計ケース・エアーキャップ・梱包材一式が自宅に送られてきます。

千年堂の無料見積もりはこちら
千年堂の無料宅配キットはこちら

国産ブランドを”安く”電池交換【リぺスタ】

国産ブランドを”安く”電池交換【リぺスタ】
出典: repesta.com

追加料金なしの安心見積もりが魅力のリぺスタは、ロレックス・オメガなど外国産だけでなくセイコー・シチズンなどの国産ブランドが得意なお店です。

豊富な修理経験を誇るリぺスタは、ホームページに掲載のないブランドや他店で断られたメーカーの見積もりにも対応しています。

腕の良い職人が手掛けるオーバーホール&電池交換なら、思い出の古い腕時計が新品同様に蘇ります。

リぺスタの電池交換料金目安

時計の種類

オーバーホール込み電池交換料金

(部品代別途)

カルティエ

20,900円(税込)~

電池交換のみ

4,180円(税込)

リぺスタでは見積もり時に内部をくまなく調査し、湿気や回路の不良を丁寧に見極めてくれます。

クォーツ時計は電池交換だけを行っても、時間が遅れるなどの不具合が現れやすいため、数年に一度の定期的なオーバーホールが必要になります。

国産ブランドやカルティエなどのクォーツモデルは、オーバーホールと電池交換で2万円台からと良心的な価格が魅力です。

リぺスタの口コミ

雄太齋藤
雄太齋藤

ブルガリが復活しました!

評価:

BVLGARIアショーマの修理、オーバーホールをお願いしました。仕上がりも綺麗に仕上がり満足しています。また料金も安いと思います。

https://goo.gl/maps/9Tuz568iUFuN65JN6

リぺスタは50万円を超えるような、高級クォーツモデルの修理例が豊富です。

国家資格である1級時計修理技能資格をもつ職人が多数在籍し、各職人が得意なブランドやメーカーの修理を担当します。

リぺスタの得意分野に特化した分業体制は、顧客満足度の高さにつながっています。

リぺスタの基本情報

無料梱包セット

あり

保証

1年間(オーバーホール注文時に限る)

送料

無料

修理対応地域

日本全国

修理・電池交換の見積もり依頼は、リぺスタ公式サイトからスマホだけで完結します。

申し込みフォームは非常にわかりやすく、スマホ操作が苦手な方でもスムーズにできるでしょう。

もう動かないとあきらめているクォーツウォッチをお持ちなら、一度リぺスタで無料見積もりを依頼してはいかがでしょうか?

リペスタの無料見積もりはこちら
リペスタの無料宅配キットはこちら

最短3週間の短い納期が評判【シエン】

最短3週間の短い納期が評判【シエン】
出典: www.cien-watch.com

外国ブランド修理のプロフェッショナルのシエンは、最短で3週間という業界屈指のスピーディーな納期が特徴のお店です。

”新品仕上げ”に自信があるシエンは修理とは別の職人がポリッシュを担当、別料金ながら電池交換と一緒に依頼する方が多いです。

気になる修理体制は元ロレックスの技術者や有名メーカー出身者など、腕時計に精通した職人が揃っています。

シエンの電池交換料金目安

時計の種類

オーバーホール込み電池交換料金

(部品代別途)

シャネル

17,600円(税込)~

カルティエ

要問合せ

海外ブランドの電池交換を数多く手掛けるシエンでは、オーバーホールと電池交換のセットが一番人気です。

シャネルやカルティエなどの人気ブランドに代表される、舶来クォーツの修理に定評があります。

見積もり時に腕時計の状態をきちんと説明してくれるため、納得して電池交換を依頼できます。

シエンの口コミ

ペーペー
ペーペー

安くて丁寧なお店!

評価:

CHANELのJ12をオーバーホールしてもらいました。正規より半額以下でできたので大満足です。お店の店員さんもすごく丁寧な接客でした。

https://goo.gl/maps/q1wf2LS4EdQD6doL6

シエンの得意ブランドはどちらかというと舶来ブランドです。

修理を手掛けるメーカーの幅を広げずに、海外製のブランドなど普遍的な価値をもつ腕時計に特化することで、より高い精度での修理・電池交換を目指しています。

シエンの基本情報

無料梱包セット

あり

保証

1年間(オーバーホール注文時に限る)

送料

無料(修理代1万円以上)

修理対応地域

日本全国

サイトの使いやすさにこだわるシエンでは、修理依頼時の手順を写真付きで解説しています。

宅配修理が初めての方にもわかりやすいと評判です。

大切な腕時計を腕の良い職人に頼みたい、レベルの高い新品仕上げを依頼したい方は、ぜひシエンの無料見積もりを利用してみましょう。

シエンの無料見積もりはこちら
シエンの無料宅配キットはこちら
ウォルサムはどんな腕時計?歴史・特徴から定番人気モデル3選も紹介!

あわせて読みたい

ウォルサムはどんな腕時計?歴史・特徴から定番人気モデル3選も紹介!

ウォルサムはアメリカ最古の腕時計メーカーで、現在でもアンティーク物として高く評価されている製品が数多くあります。この記事ではウォルサムの歩んできた歴史やウォルサム製の腕時計について、さらに人気モデルや長年使うためのオーバーホールなどについてまとめています。

ウォルサム”バキューム”電池交換は真空のため難しい

ウォルサム”バキューム”電池交換は真空のため難しい
出典: muramatsu.eshizuoka.jp

ウォルサムのバキュームは、真空状態にすることでケース内の空気による対流や熱伝導を抑えて誤差が生じにくいメリットがあります。

しかし電池交換後も真空状態を維持するためには専用のポンプが必要なので、道具や知識のある時計店へ依頼するのがおすすめです。

真空状態でなくなっても使用できますが、通常のクォーツ同様の誤差が生じやすくなります。

ウォルサムの修理ができる人気業者3選!料金と口コミも!【2022年最新】

あわせて読みたい

ウォルサムの修理ができる人気業者3選!料金と口コミも!【2022年最新】

アンティークウォッチとして絶大な人気を誇るウォルサム(WALTHAM)の腕時計が修理できるお店を紹介します。大切なウォルサム(WALTHAM)の腕時計だからこそ、信頼できるお店に修理を依頼したいものです。口コミや料金を比較してお店を選んでみましょう。

ウォルサム”バキューム”電池交換は実績のある修理店で

ウォルサム”バキューム”電池交換は実績のある修理店で
出典: muramatsu.eshizuoka.jp

ウォルサムのバキュームはケース内が真空状態で組み立てられるため、一般的なクォーツウォッチとは違う方法でケースを分解する必要があります。

特殊な道具や高い技術力が必要になるうえ、自分で電池交換をすると真空状態が失われるので修理業者への依頼がおすすめです。

ウォルサムは現在生産量が少ないため、時計修理店であっても修理実績があるお店は希少です。

まずは修理店へ電話やメール等で問い合わせてみましょう。

この記事で紹介した修理店であれば、見積もりや相談は無料です。

2021年3月31日調査

Rich-Watch編集部

この記事のライター

Rich-Watch編集部

Rich-Watch編集部では、男性向けアイテムを中心にアイテム・ファッション情報を発信しております。 「Rich-Watchを読んだおかげで、自分の求めた情報に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ウォルサムの電池交換ができる人気業者3選!料金と口コミも!【2022年最新】

ウォルサム

ウォルサムの電池交換ができる人気業者3選!料金と口コミも!【2022年最新】

今回はウォルサムの電池交換におすすめしたい腕時計修理業者を紹介します。お気に入りの腕時計だからこそ、評判の良いお店に依頼して欲しいと願いを込めました。また自分でウォルサムの電池交換をする方法も解説しています。自分で行うメリットとデメリットも知っておきましょう。

ウォルサムの修理ができる人気業者3選!料金と口コミも!【2022年最新】

ウォルサム

ウォルサムの修理ができる人気業者3選!料金と口コミも!【2022年最新】

アンティークウォッチとして絶大な人気を誇るウォルサム(WALTHAM)の腕時計が修理できるお店を紹介します。大切なウォルサム(WALTHAM)の腕時計だからこそ、信頼できるお店に修理を依頼したいものです。口コミや料金を比較してお店を選んでみましょう。

ウォルサムはどんな腕時計?歴史・特徴から定番人気モデル3選も紹介!

ウォルサム

ウォルサムはどんな腕時計?歴史・特徴から定番人気モデル3選も紹介!

ウォルサムはアメリカ最古の腕時計メーカーで、現在でもアンティーク物として高く評価されている製品が数多くあります。この記事ではウォルサムの歩んできた歴史やウォルサム製の腕時計について、さらに人気モデルや長年使うためのオーバーホールなどについてまとめています。

ウォルサムの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード