腕時計の電池交換を100均のダイソーでやってみた!やり方や工具を解説!

お気に入りに追加

腕時計の電池交換は、100均のダイソー商品を使えば、手軽に済ませることができます。ダイソーは腕時計の電池交換に必要な電池も工具も揃っているため、数百円で電池交換が可能です。不器用な人でもできる動画も紹介しているので参考にしてみてください。

腕時計の電池交換を100均のダイソーでやってみた!やり方や工具を解説!

目次

  1. 腕時計の電池交換をダイソー商品を使って自分でやろう
  2. 【腕時計の電池をダイソー商品で交換】裏蓋の固定方法の確認
  3. 【腕時計の電池をダイソー商品で交換】電池の型番の確認
  4. 【腕時計の電池をダイソー商品で交換】ねじ式裏蓋の電池交換
  5. 【腕時計の電池をダイソー商品で交換】はめ込み式裏蓋の電池交換
  6. 【腕時計の電池をダイソー商品で交換】ねじ込み式裏蓋の電池交換
  7. 電池交換可能なダイソーの人気500円腕時計3選
  8. 腕時計の電池交換は100均ダイソーで安く簡単に済まそう

腕時計の電池交換をダイソー商品を使って自分でやろう

腕時計を付けている男性

腕時計を付けていると、いつの間にか電池が切れていたという経験をしたことはありませんか。腕時計の電池が切れたとき、お店に電池交換をお願いして、電池交換をしてもらう人が多いものです。 お店で電池交換をお願いすると、腕時計の種類にもよりますが、1,000円から2,000円ほどかかります。ブランドものとなると、6,000円かかることもあり、電池交換費用は高めです。 

腕時計

電池交換は難しそうに思いますが、ダイソー商品を使えば、意外と簡単に電池交換ができます。ダイソーは、全国どこにでもあるというほど店舗数の多い100均ショップです。ダイソー商品なら、安く、すぐに腕時計の電池交換に必要なものを手に入れることができます。手軽に腕時計の電池を交換したい人必見の記事です。ぜひ最後まで読んでみてください。

【腕時計の電池をダイソー商品で交換】裏蓋の固定方法の確認

ゼンマイで動く時計

どの腕時計も同じ構造でできているような気がしますが、実は腕時計によって裏蓋の作りが違います。電池交換をするときには、必ず裏蓋を外さなければならないので、裏蓋の作りを確認することが必要です。3種類の裏蓋の作りがあります。ダイソー商品で腕時計の電池を交換する前に、自分の持っている腕時計はどの作りに当てはまるのかチェックしてみましょう。

ねじ式裏蓋

黒い時計

ねじ式の腕時計は、最もシンプルなタイプの裏蓋です。裏蓋の四隅を小さなねじで留めてあるだけなので、電池交換をするときに裏蓋を開ける際には、ドライバーでねじを外すだけで済みます。裏蓋を見てみると、四隅にねじが付いていることがすぐに分かるため、迷うことがありません。

はめ込み式裏蓋

アナログの腕時計

はめ込み式の腕時計は、その名の通り、裏蓋が腕時計本体にはめ込んであるだけとなっています。指で取ることはできず、電池交換をするときに裏蓋を外す際には、必ず工具が必要です。はめ込んであるため、裏蓋と腕時計本体の間に工具を入れて、ぐいっとこじ開ける形で裏蓋を取ります。裏蓋にねじなどがなく、ツルツルとしているということが特徴です。

ねじ込み式裏蓋(スクリューバック)

腕時計を付ける男性

スクリューバックの場合、裏蓋自体がねじのような役割を果たしていて、裏蓋をねじを開けるようにくるっと回すことで開けることができます。腕時計の裏蓋には、いくつかの溝があり、その部分に専用の工具を引っかけて回すことで開けるという仕組みです。腕時計の裏側にいくつかの溝があるときには、スクリューバックと思ってよいでしょう。

【腕時計の電池をダイソー商品で交換】電池の型番の確認

ダイソー商品で腕時計の電池を交換する前に、必ず使う電池について確認しましょう。次に、必要な電池を確認し、100均のダイソーで売っている電池なのかどうかをチェックします。自分で腕時計の電池を交換する前の大切な下準備となるので、怠らないようにしましょう。

電池の型番の確認方法

電池交換中の腕時計

ボタン電池を見ると、アルファベットや数字が書いてあります。それが型番です。SR626SWという型番はよく目にする型番で、時計の電池によく利用されています。ボタン電池には、国産と外国産があり、形が同じでも型番が異なっているため注意が必要です。ダイソーで販売されている電池にも型番がついています。

ボタン電池

国産の電池は「アルファベット+数字+アルファベット」または「アルファベット+数字」という組み合わせの型番です。 ボタン電池は、SONY、Maxell、Panasonicから販売され、ダイソーでも販売されています。国産であれば、どのメーカーが発売しているものでも同じ型番なので、分かりやすいです。

革ベルト

外国産の場合、RENATA(レナータ) の場合は、型番は数字のみです。国産と同じように使用することができますが、型番は全く異なるので、わかりにくいと感じるでしょう。例えば、国産の電池にSR626SWという型番が書いてある場合は、外国産のレナータが販売する電池には377が対応しています。

SR・LR・CRの違い

ボタン電池

国産のボタン電池の型番は「アルファベット+数字(+アルファベット)」となっています。型番の最初のアルファベットは、SR、LR、CRの3種類です。それぞれに意味があり、型番の意味が分かると、腕時計の電池交換をするときに電池選びを上手にすることができます。ダイソーで電池を選ぶときの参考にしてください。

大きな文字盤

SRは、酸化銀電池を意味しています。価格は少し高めですが、電池が切れるまで電圧が一定なので、電池が少なくなってきて、腕時計がだんだんと遅くなるということがありません。電池が切れるときまで、ずっと変わらない働きをしてくれるため、腕時計に最適な電池です。

控えめな色合い
Hermann

LRは、アルカリボタン電池を意味しています。アルカリボタン電池は、酸化銀電池とは異なり、二酸化マンガンを使用しています。二酸化マンガンは、学校で理科の実験の一環として使われることもあるもので、安価です。安価ではありますが、アルカリボタン電池よりも寿命が短く、すぐに電池交換が必要となってしまいます。

ウレタンベルト

安いおもちゃなどにはLRのボタン電池が入っていることが多く、自分で電池を交換するときには、持ちの良いSRのボタン電池に交換してあげると、電池交換の機会を減らすことが可能です。CRは、リチウム電池を意味しています。この3種類の中で寿命が長く、薄型という点が特徴的です。デジタル時計によく使用されるボタン電池となっています。

ダイソーで購入できる腕時計用電池

100均のダイソーには、様々なボタン電池が販売されています。ダイソーに販売されているボタン電池は、種類豊富で、100均とは思えないほどの品揃えです。ダイソーで販売されている電池で、自分の腕時計に使えるものがあるかどうかをチェックしてみて下さい。

型番

大きさ(直径)

個数

値段

CR2016

20㎜

マクセル製1個入り

三菱製2個入り

ノーブランド3個入り

100円

CR2025

20㎜

マクセル製1個入り

三菱製2個入り

ノーブランド3個入り

100円 

CR2032

20㎜

マクセル製1個入り

三菱製2個入り

ノーブランド3個入り

100円 

CR1616 

16㎜

マクセル製1個入り

100円 

CR1220

12.5㎜

三菱製2個入り

100円 

CR1632

16㎜

三菱製1個入り

100円

LR41

7.9㎜

三菱製2個入り

ノーブランド2個入り

100円

LR43

11.6㎜

三菱製2個入り

ノーブランド2個入り

100円

LR1130

11.6㎜

三菱製2個入り

ノーブランド2個入り

100円

LR44

11.6㎜ 

3個入り

300円

SR621SW 

6.8㎜

1個入り

100円

SR44SW

11.6㎜ 

1個入り 

100円

SR626SW 

6.8㎜ 

1個入り 

100円

現在100均のダイソーで販売されていることが確認できた腕時計に使用できるボタン電池は、上記の通りです。ブランドによって、入っている個数が異なります。必要な個数と比較して、購入を検討しましょう。ダイソーには様々な電池が販売されているので、間違えないようにすることが大切です。

【腕時計の電池をダイソー商品で交換】ねじ式裏蓋の電池交換

腕時計の裏蓋がねじで4点止められているタイプの腕時計の電池交換について解説します。100均のダイソーで購入することができる工具や、使い方について詳しく紹介するので参考にして下さい。

用意するダイソー工具

精密ドライバー

ねじ式裏蓋の腕時計の場合、要な工具はダイソーで販売されている精密ドライバーのみです。精密ドライバーは、腕時計の電池交換以外にも使用することができるため、一家に1セットあっても損はありません。お子さんがいる家庭では、おもちゃの電池交換にも便利です。ぜひダイソーで購入してみて下さい。

100均のダイソーで取り扱っているだけあって、100円で購入することができます。5種類のドライバーと、ピンセットが入ってる便利なセットです。 他にも30本セットで200円という商品もダイソーで販売されています。精密ドライバーを使う機会がよくある人は、ダイソーで販売されている30本セットがおすすめです。

電池交換のやり方

ねじ式裏蓋の腕時計の電池交換は、簡単です。腕時計を裏返して、裏蓋を見ると、四隅がねじで止められていることがわかります。そのねじを一つずつ外していくのですが、ポイントは対角上のねじから外していくということです。まず、右上のねじを外したとしたら、その次は、左下のねじを外しましょう。対角のねじを外すことで、蓋が浮かずに済むため、ねじを取りやすくなります。

腕時計

ダイソーで購入したドライバーでねじが取れたら、あとは、古い電池を取って、新しい電池に交換するのみです。電池を外すときに、腕時計本体の内部パーツを触らないように気をつけましょう。一度損傷すると、腕時計として機能しなくなってしまうことが考えられるので、慎重に電池交換を行いましょう。

金属ベルト

かかる費用としては、ダイソーで購入した精密ドライバーの100円と電池の100円のみです。100均のダイソーだからこそできる価格となっています。 

【腕時計の電池をダイソー商品で交換】はめ込み式裏蓋の電池交換

はめ込み式は、一見すると、どこをどうやって電池交換できるのかよく分からないものです。しかし、必要な工具を使えば、すぐに電池を交換することができます。100均のダイソーの力でお手軽に腕時計の電池交換をしてみましょう。

用意するダイソー工具

腕時計用電池交換工具

はめ込み式の裏蓋を簡単に開けることができるのが、100均のダイソーで購入できる電池交換工具です。腕時計専用の工具で、はめ込み式の腕時計の電池交換に必要不可欠な工具となっています。ダイソーで販売していますが、この商品はダイソーの200円商品です。このダイソーで購入できる電池交換工具を使って、こじ開ける要領で裏蓋を開けることができます。

電池交換のやり方

はめ込み式の場合、裏蓋に100均のダイソーで購入できる腕時計用電池交換工具を差し込んで、こじ開けることが可能です。はめ込み式の腕時計で、裏蓋を開けるときに、ダイソーの精密ドライバーのマイナスドライバーを差し込んで開ける人がいます。確かに開けることはできますが、腕時計を傷つける可能性があるので注意しましょう。

コツ⑤ケースの形状でアクセントをつける
zizome

開け方は簡単です。まず、腕時計を押さえます。押さえるときには、布などを使って押さえると滑らないのでおすすめです。しっかりと押さえたら、ダイソーで購入した腕時計用電池交換工具を差し込み口に入れて、てこの原理を使うように開けてみましょう。傷が付かないか心配な人は、保護のために差し込み口にテープなどを貼ると安心です。テープもダイソーで購入できます。

【腕時計の電池をダイソー商品で交換】ねじ込み式裏蓋の電池交換

用意するダイソー工具

腕時計電池交換工具 ネジ式フタ・はめ込み式フタ両対応

ねじ込み式裏蓋を開けるときには、2点式のオープナーが必要です。100均のダイソーで販売されている腕時計用電池交換工具は、2点式のオープナーとはめ込み式の腕時計の電池交換ができる工具の2種類がついています。いろいろな種類の腕時計を持っている人は、このダイソー商品はお得で便利です。

1933年
ErikaWittlieb

ダイソーで販売されている工具は、2種類の工具に加えて、ルーペ付きです。ルーペは、ボタン電池の型番を確認するときに使用します。値段は、100均ではありますが、3つの工具がついているということもあり、ダイソーの400円商品です。

電池交換のやり方

裏蓋の溝に、ダイソーで購入した2点オープナーをはめ込んで、ねじを回す要領で回します。腕時計をしっかり押さえて、作業すると、裏蓋が回しやすくなるので、ぎゅっと押さえましょう。裏蓋を開けると、電池があるので、型番を確認します。型番が小さくて確認しにくいときには、ダイソーで購入した工具に付属されていたルーペを使用しましょう。

1931年
ernie

あとは、ダイソーで購入した電池を入れましょう。ダイソーには種類豊富な腕時計用の電池が販売されているので、最適な電池を見つけることができます。家電量販店だと数百円かかるところが、100均のダイソーなら安く購入できるのも嬉しいポイントです。100均だからと侮らず、ダイソーの商品を使って、手軽に腕時計の電池交換をしてみましょう。

ダイソーのゴムボールでも蓋が開く

ダイソーの2点式オープナーを使わなくても、ダイソーのゴムボールで開ける方法もあります。ダイソーのゴムボールの摩擦を使って、裏蓋をボールで押さえつつ、ねじを回る要領で回せばすぐに開けることが可能です。予想以上に簡単なので、ねじ込み式の腕時計の電池交換をするときには、ダイソーのゴムボールでトライしてみてください!

ゴムボール

ダイソーで購入できる2点式オープナーは、はめ込み式の腕時計に使用できる腕時計の電池交換用工具もついているため、400円商品となっています。ゴムボールは、ダイソーなら100円で購入でき、使用後は通常の使い方通り遊ぶこともできるためお得です。あまり電池交換をする機会がない人や、お子さんがいる人はダイソーのゴムボールで試してみるのもよいでしょう。

電池交換可能なダイソーの人気500円腕時計3選

1.大理石柄腕時計

大理石柄腕時計の特徴

大理石のような文字盤が、100均のダイソー商品とは思えないほどの高級感を感じる商品です。色は、3色で、白、黒、ベージュで展開しています。ベルト部分もしっかりとした作りで、本当にダイソーで売られている腕時計なのか疑問に思ってしまうほどです。価格は、100均ですが500円と少し高めの腕時計です。

大理石柄腕時計のおすすめポイント

インスタグラムやツイッターでも話題で、人気ブランドのChristian Paul(クリスチャンポール)に似ているといった口コミもあります。100均ですが、500円商品となっていて、少し高めの腕時計です。これだけ高級感のある腕時計が500円というのは、かなりお得な腕時計となっています。 

2.ミッキー腕時計

ミッキー腕時計の特徴

腕時計の文字盤にシンプルなミッキー柄が入っているのが特徴的なデザインです。腕時計の文字盤は、直径3.5cmと大きめで、人気のダニエルウェリントンのような存在感があります。腕時計の色の種類は3種類で、ブラック、ホワイト、ブラウンです。どの色を選んでもミッキーの可愛さが際立つ腕時計となっています。

ミッキー腕時計のおすすめポイント

ミッキーデザインなのに、シンプルさも兼ね備えているため、大人が使っても違和感のない腕時計となっています。 親子で腕時計を使うにも最適です。ダイソー商品なので、2つ買っても1,000円と安く、全色揃えても1,500円と安く済みます。ミッキー腕時計を鞄に付けるというのも人気の使い方です。

3.メンズ腕時計キャンバスバンド

メンズ腕時計キャンバスバンドの特徴

直径約4㎝の大きめの文字盤で、メンズライクにつけることができる腕時計です。カラーはマット系で、カジュアルなコーディネートのときに重宝する腕時計となっています。 腕時計のベルトは、NATOベルトで、夏場に使うにも汗が気になりません

メンズ腕時計キャンバスバンドのおすすめポイント

他の腕時計にありがちな、文字盤などのロゴや絵柄がありません。シンプルに使いたい人にぴったりな腕時計となっています。このデザインの腕時計なら、男女問わず使用でき、カップルや夫婦で使うのもおすすめです。

腕時計の電池交換は100均ダイソーで安く簡単に済まそう

たくさんの腕時計

腕時計の電池交換には、意外と費用がかかりますが、ダイソーで工具や電池を揃えれば、安く済ませることができます。腕時計の電池交換は、難しくてプロでないとできないイメージがある人もいますが、実は簡単です。コツさえつかんでしまえば、何度電池が切れてしまっても、ダイソー商品を使って自分で手軽に交換できます。ぜひダイソーの電池と工具を試してみて下さい。

ウジハラ

この記事のライター

ウジハラ

30代女性ライター。web会社で10年働いた後、フリーwebライターとして独立。時計に興味がありこの度rich-watchでライターとして執筆を行いながら、時計の知識を吸収しております!

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

SKAGEN(スカーゲン)の電池交換は一人でやると危険?メリットデメリットを調査!

電池交換

SKAGEN(スカーゲン)の電池交換は一人でやると危険?メリットデメリットを調査!

普段使いしやすいミニマルデザインで知られるスカーゲンの時計が電池切れを起こした場合、自分で電池交換できる方法を知っておくと便利です。この記事では、スカーゲンの電池交換方法やメリット・デメリット、リスクや注意点について詳しく解説しています。

腕時計のこじ開けて行う電池交換での代用は?100均等のおすすめ工具も紹介!

電池交換

腕時計のこじ開けて行う電池交換での代用は?100均等のおすすめ工具も紹介!

腕時計の電池交換の費用を節約したい方は、自分でも簡単に電池交換ができます。この記事では、こじ開け式腕時計の電池交換を代用工具を使って電池交換をする方法を説明します。また、こじ開けタイプの腕時計の電池交換をする際の代用工具も紹介します。

ルミノックスの電池交換のやり方や方法は?店舗に頼む場合の価格も調査!

電池交換

ルミノックスの電池交換のやり方や方法は?店舗に頼む場合の価格も調査!

ルミノックスの腕時計はミリタリーウォッチ愛好家を中心に支持を集めています。こちらの記事ではルミノックスの電池交換の方法や、正規店をはじめとした各修理店における電池交換費用の紹介、電池交換の際に防水検査はすべきなのかといった点を解説します。

スウォッチの電池交換の仕方動画で解説!料金や無料期間はいつまでかも調査!

電池交換

スウォッチの電池交換の仕方動画で解説!料金や無料期間はいつまでかも調査!

愛用しているスウォッチの電池が切れて止まってしまったと悩んでいる方や、捨てるのはもったいないから電池を自分で交換したいと思っているがやり方がわからないという人の為に今回はとても簡単に出来るスウォッチの電池交換のやり方を動画付きで紹介したいと思います。

グッチの時計の電池交換を自分でやる方法は?店舗に頼む場合の値段はどれくらい?

電池交換

グッチの時計の電池交換を自分でやる方法は?店舗に頼む場合の値段はどれくらい?

グッチの時計を電池交換したい時、セルフでも行えます。セルフで時計の電池交換を行う方法と、その時に必要な道具や料金についても紹介します。そしてお店にグッチ時計の電池交換を依頼した際には、大体どれくらいの料金になるかについても記載しています。

Gショックの電池が切れて交換したい!自分でやる方法や業者の費用も紹介!

電池交換

Gショックの電池が切れて交換したい!自分でやる方法や業者の費用も紹介!

Gショックは衝撃耐性や防水機能に優れた腕時計です。そんなGショックの電池が切れたときは、自分で交換するか業者に依頼するという2つの方法があります。自分で電池交換する方法や業者に依頼する際のメリットやデメリットをご紹介します。

腕時計のボタン電池はどんな種類を使用すればよい?

電池交換

腕時計のボタン電池はどんな種類を使用すればよい?

基本的に腕時計の動力はボタン電池による電力で動いています。腕時計電池交換のボタン電池は時計によって異なりますので電地の大きさが違い、型番が付けられていて直径と厚み、電圧の判別ができるようになっています。これらの区別で腕時計電池交換の電池が決まります。

タグ・ホイヤーの電池交換を自分でやる方法を紹介!動画解説あり!

電池交換

タグ・ホイヤーの電池交換を自分でやる方法を紹介!動画解説あり!

高級腕時計ブランド、タグ・ホイヤーの腕時計の電池が切れてしまった。今すぐ自分で交換したいけど、交換方法が分からない……。そんな方のために、この記事ではタグ・ホイヤーの電池を交換する方法を紹介します。動画での解説も、ぜひ参考にしてください。

腕時計の電池交換にかかる料金は?相場と専門店と専門店外の料金比較

電池交換

腕時計の電池交換にかかる料金は?相場と専門店と専門店外の料金比較

この記事では、腕時計の電池交換にかかる料金相場を専門店に頼む場合、それ以外の店舗に依頼する場合に分けて紹介します。専門店に関しては店舗情報や料金相場をまとめました。腕時計の電池交換のタイミングについても説明しますので参考にしてください。

腕時計の電池交換が安いお店ランキング!セルフ交換の際の注意点も解説!

電池交換

腕時計の電池交換が安いお店ランキング!セルフ交換の際の注意点も解説!

腕時計の電池交換はセルフでも行えますが、リスクがあります。安い値段で腕時計の電池交換を行ってくれるお店はたくさんあるので、そちらで依頼をするとリスクを回避できます。こちらの記事では安い値段で電池交換を行うお店を紹介していますので、参考にしてください。

電池交換の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード