ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

お気に入りに追加

今回はガーミンのバッテリーの減りが早くなったなと感じた方に向けて、電池交換にかかる費用を調べてきました。他にも普通の腕時計の電池交換よりもやり方は難しいですが、ガーミンのバッテリー交換を自分でやる方法についても動画を交えて紹介しています。

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

目次

  1. ガーミンの電池・バッテリー交換の費用は?
  2. ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ【公式】
  3. ガーミンの電池・バッテリー交換 修理に出すタイミング
  4. ガーミンの電池・バッテリー交換は延長保証に入っておくと安心
  5. ガーミンの電池・バッテリー交換は自己責任で行おう

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用は?

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用は?
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチは健康管理や運動量の計測が行え、日常からスポーツシーンまで活躍してくれる、様々な機能を搭載した人気のウェアラブル端末です。

しかしガーミンを日常的に使っていると数年で劣化が始まり、ガーミンウォッチを愛用している人ほど、バッテリーが劣化した時に頭を抱えてしまうと思います。

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用は?
出典: www.photo-ac.com

今回はガーミンのバッテリー交換にかかる費用をまとめてみましたので、「最近ガーミンのバッテリーの持ちが悪い」と感じる人は御覧下さい。

また、記事の後半でバッテリー交換を自身でやる方法も紹介していますが、そちらは推奨していませんので、やる際は自己責任でお願いします。

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ【公式】

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ【公式】
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチはモデル別に修理などの金額が決まっていて、バッテリーの交換も修理対応という事になっています。

中にはモデル別一律の修理料金プラス送料という金額で、新品が購入できる程高額になる物もありました。

修理費用をわかりやすく一覧にしましたのでご覧ください。   

ガーミン ランニングモデル修理費用

ガーミン ランニングモデル修理費用
出典: www.photo-ac.com

モデル名

税抜き価格

ForeAthlete945

19,500円

ForeAthlete935XTJ

14,100円

ForeAthlete920XTJ

14,100円

・2020/07/31修理サポート終了予定 

ForeAthlete735XTJ

15,600円

ForeAthlete645 Music

15,600円

ForeAthlete645

15,600円

ForeAthlete630J

15,600円

ForeAthlete620J

14,100円

・2020/06/30修理サポート終了予定 

ForeAthlete245 Music

16,900円

ForeAthlete245

15,600円

ForeAthlete235J

15,600円

ForeAthlete230J

14,100円

ForeAthlete225J

14,100円

・2020/06/30修理サポート終了予定

ForeAthlete220J

12,800円

ForeAthlete35J (各色同一)

11,500円

ForeAthlete15J (各色同一)

11,500円

・2020/06/30修理サポート終了予定

ForeAthlete10J (各色同一)

9,800円

修理サービス終了

・ForeAthlete910XTJ ・ForeAthlete610 ・ForeAthlete410

・ForeAthlete210 ・ForeAthlete110 ・ForeAthlete405  

・ForeAthlete305 ・ForeAthlete205 ・ForeAthlete301

・ForeAthlete201 ・ForeAthlete101 ・ForeAthlete50  

ガーミンフォアアスリートの修理・バッテリー交換費用はこのようになっています。

Athlete945のAmazon販売価格は66,436円(記事作成時)で修理費が19,500円。

ベストセラーの230Jは販売価格が15,673円、修理費用は14,100円となり、バッテリー交換や修理費用が高額な事がわかります。

ガーミン ランニングモデル修理費用
出典: www.photo-ac.com

修理のサービスが終了予定のモデルや、終了してしまったモデルもありますので、自分のガーミンウォッチは期間内かどうかを確認しておきましょう。   

また、別のモデルが見たい場合は以下のリンクから、ガーミン公式サイトに行き、「製品カテゴリー」から使っているガーミンウォッチのカテゴリーを選ぶと、使っているモデル名と料金が出て来ます。 

ガーミン 修理料金 モデル別 公式

修理には保証書が必要

修理には保証書が必要
出典: www.photo-ac.com

通常使用していたガーミンウォッチが壊れ、本体修理を申し込む際は保証書が必要になります。

故障部品の交換は無償で行われる保障期間は1年間ですが、保障期間が切れていたり、保証書がない場合は一律の料金がかかりますので注意しましょう。

修理にかかる発送料は顧客負担

修理にかかる発送料は顧客負担
出典: www.photo-ac.com

バッテリー交換や修理、点検の際などに発生するガーミンウォッチの発送料金は保証書の有無に関わらずこちら負担になりますので注意が必要です。

また、保証書がないと全て有償での対応となります。

修理費用は一律価格

修理費用は一律価格
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチはモデルによって修理料金が定められています。

金額もモデルによって1万円以下から3万円以上までと幅があり、修理不可の場合は新品との交換という事になります。

また、バッテリー交換にもこの修理料金と同額負担となります。

ガーミンの電池・バッテリー交換 修理に出すタイミング

今回、電池交換のやり方を紹介していますが、ガーミンウォッチの電池交換を自身でやるのはおすすめしません。

ガーミンの電池交換は普通の時計に比べ難易度が高く、用意しなければならない道具が多い上に、交換を終えられても防水性が殆ど失われます。

ガーミンの電池・バッテリー交換 修理に出すタイミング
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチの電池交換は間違えると最悪、発煙や発火をする場合もあるので、電池交換をやる際は自己責任で行って下さい。 

電池の入手

電池の入手
出典: www.photo-ac.com
  • 海外サイトから購入
  • リチウムイオン電池を扱っている会社へ問い合わせてみる

バッテリーにリチウムイオン電池を使用しているガーミンウォッチは、新品の電池を手に入れるのも簡単ではありません。

ガーミンウォッチに使われている電池型番を調べ、海外サイトから購入するか、個別にリチウムイオン電池を販売している会社に問い合わせてみましょう。

用意する道具

用意する道具
出典: www.amazon.co.jp
  • ガーミンウォッチ(壊れてもいい前提)
  • 新品の電池
  • 半田ごて
  • ビニールテープ(絶縁用なので絶縁性が高い物)
  • T型トルクスドライバー(動画では恐らくT-5サイズ使用)
  • 配線皮むき用の道具(※配線で圧着する場合必要・今回は使用していません)

以上が必要な物となり、中でもトルクスドライバーと半田ごては必須になります。

配線剥きに使う道具はワイヤーストリッパーやニッパーではなく、カッターでも可能ですが怪我をする恐れもありますので、注意しましょう。

電気周りを弄るので、静電気対策の道具などもあると良いですよ。

バンドを外す

バンドを外す
出典: www.amazon.co.jp

まずはガーミンウォッチからバンドを外しましょう。

外さなくてもバッテリー交換可能ですが、無い方がやりやすさが上がります。

ガーミンウォッチはバンド交換する際にも、トルクスドライバーを2本使用するモデルがあります。

(※例:ForeAthlete935の場合)トルクスドライバー(T6)を使用して、1本で片側のネジを固定して、もう片方でネジを回せば外せます。

裏蓋を外す

裏蓋を外す
jarmoluk

トルクスドライバーを使い、ビスを外し裏蓋を取り外します。

ビスを外した際、モデルによってはOリング、ワッシャー(座金)のような物もありますので、しっかりと管理しておきましょう。

他にも裏蓋を外した時、不安ならスマホで写真を撮っておくと便利かもしれません。

裏蓋を外し、中にある配線を慎重に外しましょう。

電池交換

電池交換
出典: www.photo-ac.com

動画のように取り付けられているバッテリーから、半田ごてを使い新しいバッテリーに交換をします。

半田ごての熱で基板をダメにしないよう、新たな電池を取り付けましょう。

絶縁してから元に戻す

絶縁してから元に戻す
出典: www.photo-ac.com

バッテリーの交換が終わったら、使われていたテープか新しい絶縁用テープを使用して絶縁処理を施して配線を元に戻しましょう。

蓋を外した時に写真を撮っていれば、元通りにしやすいので慣れない作業をする際におすすめです。

電池交換の注意点

電池交換の注意点
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチのバッテリー交換は、普通の時計の電池交換と違いリスクも大きいです。

ここからはガーミンウォッチのバッテリー交換に関するリスクをいくつか紹介しますので、自分で交換してみようか悩んでいる人は一度目を通して考えてみて下さい。

メーカーはセルフ交換不可としている

メーカーはセルフ交換不可としている
出典: www.photo-ac.com

ガーミンはこの電池交換をセルフで行う事を不可としています。

ガーミンウォッチの保証は当然無効になってしまいますし、電池交換しようとした際の何かが原因で壊れたとしてもそれ以降サポートを受ける事はできないでしょう。

傷や故障の原因にも

傷や故障の原因にも
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチの電池交換にはリスクが多くあります。

作業が不慣れな人なら力が入りすぎ、勢い余って怪我をしたり、基盤を傷つけて故障を指せてしまう事もあります。

他にも配線処理をミスしてしまうと最悪発火する事もあり、リスクは多く様々です。

傷や故障の原因にも
出典: www.photo-ac.com

そういったリスクを回避できたとしても、電池交換前と同じ様な防水性は期待しない方が良いでしょう。 

水が浸水すれば今度は漏電の恐れもありますので、電池交換を行うのは自己責任の範囲で行いましょう。

ガーミンの電池・バッテリー交換は延長保証に入っておくと安心

ガーミンの電池・バッテリー交換は延長保証に入っておくと安心
出典: www.photo-ac.com

ガーミンにはランニングウォッチを始め、様々なスポーツ向けに多種多様なモデルがあります。

どのモデルも便利な機能が増えると共に値段も上がり、最近では10万円を超えるモデルもあったりと、ウェアラブル端末として高価な物も増えてきました。

ガーミンの電池・バッテリー交換は延長保証に入っておくと安心
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチは身に着けて生活を共にする端末なので、長く愛用する為にもここでは延長保証をおすすめしています。

ここからは、延長保証のお得さについて説明をしていますので、ガーミンウォッチを新たに購入する人は一度目を通しておく事をおすすめします。

保証がないと修理費用が高くつく

保証がないと修理費用が高くつく
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチの修理料金は高く、ガーミンアスリートはモデル別に送料+1万円から3万円となっています。

購入時の価格が高い物でも安い物でも、モデル別にかかる費用は決められていて非常に高額な料金が発生してしまいます。

保証がないと修理費用が高くつく
出典: www.photo-ac.com

金額が安いモデルなら、新しい奴に買い替えるという選択肢も出てくるでしょう。

ですがForeAthlete945やFenixモデルのような高価なモデルは買い替えるというのも簡単ではありません。

そこでおすすめなのは延長保証です。

延長保証とは?

延長保証とは?
出典: www.photo-ac.com

ガーミンの保証期間は1年、ですがこれは延長する事ができます。

ガーミンのバッテリー寿命などを調べてみましたが、明確な記載されてはいなくとも大体2年を迎える頃になると劣化している人が多いです。

不具合が起きても1年が過ぎていたら高い修理費を出す事になりますが、延長保証は期間が5年となっています。

延長保証とは?
出典: www.photo-ac.com

延長保証は購入時の金額が高ければ高いモデルほど有効です。

購入してから5年の間は使っている内に壊れたり、不具合で使えなくなったりしても、割安で修理や新品への交換対応なども行ってくれるのでお得になります。

時計の購入時に5年の延長保証が選べる

時計の購入時に5年の延長保証が選べる
出典: www.photo-ac.com

ガーミンウォッチの商品を見ていると、「5年延長保証購入可能」という文字を目にした事があると思いますが、延長保証は選択できます。

欲しいモデル名と5年延長保証を検索して、保証を選択できるサイトで購入した方が安心して、長い間を気兼ねなくガーミンウォッチを使えるでしょう。

ガーミンの電池・バッテリー交換は自己責任で行おう

ガーミンの電池・バッテリー交換は自己責任で行おう
出典: www.photo-ac.com

今回紹介したガーミンウォッチのバッテリーの交換は必要な道具、知識、技術が多く、リスクが多すぎるというのが理由で推奨しません。

うまく出来たとしても防水性は著しく低下するので、今までのような使い方をする事も難しいでしょう。

ガーミンの電池・バッテリー交換は自己責任で行おう
出典: www.photo-ac.com

技術や知識があり、道具も揃っているという人以外はガーミンサポートに連絡をして、通常の修理対応をしてもらった方が時間の節約にもなります。

ガーミンウォッチのバッテリー交換をする際は、あくまで自己責任で行って下さい。

たまたち

この記事のライター

たまたち

30代男性ライター。過去に時計店に勤めたりと時計好き、この度rich-watchでライターとして執筆を行いながら勉強中です。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

メンテナンス

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

ソーラー充電ができる腕時計には、二次電池と呼ばれる「充電して使える」ボタン電池が使われています。その中でも、CTL1616はG-SHOCKなどに使われている比較的メジャーなボタン二次電池です。今回はCTL1616の互換性や交換方法、最安値などを解説します。

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

メンテナンス

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

Knot(ノット)は、ケースとベルトを自分でカスタムできること、手ごろな価格で人気の腕時計ブランドです。ケース&ベルトの組み合わせは、8000通りもあります。Knot(ノット)の腕時計の電池交換は自分でできるのでしょうか。有償交換の価格も合わせてご紹介します。

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

メンテナンス

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

時計がストップしたら電池交換の必要があります。腕時計の裏蓋には3種類あり、ねじ込み式のスクリューバックを開けるには、ダイソーなどで販売されている専用の工具が必要です。この記事では、自分で簡単にスクリューバックを開ける方法を紹介します。

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

メンテナンス

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

ブライトリングは数年に一度オーバーホールをして時計をメンテナンスする事をメーカーが推奨しています。今回はブライトリングのオーバーホールにかかる金額やメンテナンスにおすすめの時計店の価格やサービスの違い、評判について調べてきました。

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

メンテナンス

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

GPS性能に定評があり、様々なスポーツに使用されていることも多いガーミンですが、修理に出すと遅いことや値段が高いといった意見もあります。この記事ではガーミンの修理代や修理期間、よく起こる不具合などを公式サイトや、口コミ、レビューなどから解説しました。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

メンテナンス

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたから金属の物に変えたいなど、腕時計のベルトを交換しようというキッカケは人それぞれでも、いざ自分でやるとなると不安な人もいるでしょう。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

メンテナンス

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

グランドセイコーは日本を代表する有名ブランドですが、クオーツ式は電池交換が必要になります。店頭に持ち込む人やネットで依頼する人もいるでしょう。業者に頼む場合の期間や費用が気になる方は必見です。グランドセイコーの電池交換は自分でできるかを含めて解説します。

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

メンテナンス

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

バネ棒外しは時計のベルトのサイズ調整や交換には無くてはならない必須アイテムですが、100均でお馴染みのダイソーでも販売していると話題になりました。今回は100均・ダイソーのバネ棒外しを実際に試してみて本当に使えるのか、どの商品が一番使えそうか調べてみました。

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

メンテナンス

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

腕時計のケースの下部分に付いている弓カンを外すことで、ラバーベルトやレザーベルトなどに交換することが可能です。この記事では、自分でできる弓カンの簡単な外し方を動画を元に解説していきます。なお、弓カンを外す際の注意点も紹介します。

スウォッチのベルト・バンド交換の方法を動画で解説!店舗に頼む場合の料金も調査!

メンテナンス

スウォッチのベルト・バンド交換の方法を動画で解説!店舗に頼む場合の料金も調査!

スウォッチは個性的な時計ですが、ベルトやバンドは気分によって変えたくなるのではないでしょうか?ベルト交換は難しそうと思いがちですが、動画を見ながらであればバンド交換も可能です。また、店舗でスウォッチのベルトを交換を頼むときの費用についても解説していきます。

メンテナンスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード