スウォッチのベルト・バンド交換の方法を動画で解説!店舗に頼む場合の料金も調査!

お気に入りに追加

スウォッチは個性的な時計ですが、ベルトやバンドは気分によって変えたくなるのではないでしょうか?ベルト交換は難しそうと思いがちですが、動画を見ながらであればバンド交換も可能です。また、店舗でスウォッチのベルトを交換を頼むときの費用についても解説していきます。

スウォッチのベルト・バンド交換の方法を動画で解説!店舗に頼む場合の料金も調査!

目次

  1. 【動画】スウォッチのベルト・バンド交換を自分でやってみよう!
  2. スウォッチのベルト・バンド交換を動画で解説!
  3. スウォッチのベルト・バンド交換を店舗に頼むといくらかかる?
  4. スウォッチのベルト・バンド交換用のおすすめ商品
  5. スウォッチのベルト・バンド交換は心配ならお店に頼もう

【動画】スウォッチのベルト・バンド交換を自分でやってみよう!

【動画】スウォッチのベルト・バンド交換を自分でやってみよう!
Jasentaja

気に入ってスウォッチを買ったのはいいけれど、飽きてしてしまったから新しいベルトやバンドに交換してみたいと思う人もきっと多い筈。

この記事では動画を見ながら自分で交換する方法や交換用のおすすめベルトを紹介しますので、新しいバンドで雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。

また、店でスウォッチのベルト(バンド)交換時にかかる費用も調査してみました。

スウォッチのベルト・バンド交換を動画で解説!

1人でスウォッチのベルトやベルトの交換をするなんて難しい!と思いがちですが、動画を見ながらであればできるのではないでしょうか。

必要な工具もスウォッチを購入したときの付属品があれば、バッチリ交換できます。

では次項からスウォッチのベルト、バンドを交換する方法の手順を説明していきます。

1.スウォッチのベルトのピンを押し出す

スウォッチのベルト・バンド交換を動画で解説!
Nuscreen

はじめにスウォッチのベルト部分のピンを外します。その際に必要になるものがスウォッチを購入した際に付属としてついてくるピンです。

付属のピンを失くしてしまった!という人も後で代わりになるものを紹介するので安心してください。

ピンを使ってスウォッチのケースとベルトを繋げているピンを押し出して抜きます。

スウォッチのベルトのピンを押し出す
France1978

そのとき注意したいのが、できるだけ真っ直ぐに付属のピンを通すことです。

スウォッチのケースとベルトを繋いでいるところには溝があるので、真っ直ぐにピンを通さないとスウォッチとベルトを傷つける原因にもなります。

また、ピンを抜いたら落として失くさないようにきちんと机の上に置いておきます。

2.新しい交換用のベルトにピンを通す

新しい交換用のベルトにピンを通す
LLCrowley

スウォッチに新しいベルトをつけるときですが、最初にベルトにピンをさす訳ではありません。

スウォッチのケースの部分に溝があるので、ピンをさしたままではスウォッチに取り付けることはできないのです。

新しい交換用のベルトにピンを通す
出典: www.amazon.co.jp

交換時はスウォッチ本体を持ち、溝に沿ってしっかり新しいベルトと合わせます。

外すときと同じように慎重にピンを差し込みます。

交換する際にはスウォッチやベルトを傷つけないようにしましょう。

持っているスウォッチが限定品の場合、傷つけることで価値を下げてしまう原因にもなります。

3.スウォッチに汚れがあるときは掃除する

スウォッチに汚れがあるときは掃除する
el cajon yacht club

新しいベルトに交換したのはいいけれど、スウォッチ本体が汚れていてはせっかく交換したベルトが台無しになってしまいます。

スウォッチの表面は傷つかないように布で優しく吹いてください。眼鏡用のクリーナークロスがあれば十分にキレイになります。

スウォッチの表面だけでなく裏面もキレイにしましょう。

スウォッチのベルト・バンド交換に必要な工具

スウォッチのベルト・バンド交換に必要な工具
出典: www.amazon.co.jp

新しいベルトに交換するときの工具はスウォッチを購入したときについてくる付属品で十分なのですが、失くしてしまったり、スウォッチを買ったけれどなかった!という人もいるかもしれません。

スウォッチのベルト交換に必要なバネ棒外し
出典: www.amazon.co.jp

クリップを伸ばしたものでも代用できるのですが、やはりきちんとした道具があったほうが安心です。

時計用のバネ棒外しがAmazonで400円程度で買えるので利用しましょう。

これ1本で金属用にも対応するので便利ですし、スウォッチ以外の時計のベルト交換にも役立ちます。

OYANTEN バネ棒外し Amazon

スウォッチのベルト・バンド交換に必要な費用

スウォッチのベルト・バンド交換に必要な費用
  • スウォッチベルト購入費用:980円〜4,000円程度
  • スウォッチベルトを交換するバネ棒:400円程度

スウォッチの交換用ベルトの種類はレザーやメタル、シリコンラバーなど様々です。

しかし、スウォッチ本体の色やデザインに合わせることも大切なので、あまり異質な素材のものは避けたほうがいいでしょう。

また、スウォッチのベルトを交換する際のバネ棒は意外に安いので、これを機会に揃えておくのもいいかもしれません。

スウォッチのベルト・バンド交換を店舗に頼むといくらかかる?

スウォッチのベルト・バンド交換を店舗に頼むといくらかかる?
Open Grid Scheduler / Grid Engine

スウォッチのベルトを交換したいけれど工具がない、自分でできる自信もない。

また、限定品のスウォッチの場合、ベルトの交換で傷つけてしまっては価値が下がってしまいます。

そういうときは店舗に依頼するのが1番でしょう。

では店舗でスウォッチのベルトの交換はどのくらい費用がかかるのでしょうか?

スウォッチのベルト・バンド交換の店舗別費用

スウォッチのベルト・バンド交換を店舗に頼むといくらかかる?
Tim Green aka atoach

五十嵐商店

ウォッチ工房

交換費用

1,430円

2,000円(参考価格)

五十嵐商店は神奈川県に2店あり、スウォッチのベルト交換にも応じてくれます。ただ、関東近辺以外に住んでいる人にとっては不便です。

ウォッチ工房は郵送でもベルト交換に応じてくれるのですが、2,000円というのはあくまでも参考価格なので依頼するときには問い合わせることが大切です。

また、近くの時計屋でスウォッチのベルト交換ができるか確かめてみては

スウォッチのベルト・バンド交換の費用の口コミ

スウォッチのベルト・バンド交換を店舗に頼むといくらかかる?
mkhmarketing

実際に店舗でスウォッチのベルトを交換してもらった人の料金は気になりますね。

しかし、スウォッチのベルト交換を自分でしている人が多いのか、店舗で替えてもらったという口コミはとても少なかったです。

スウォッチはベルトも含めてのデザイン性もあるので、交換の前に違うスウォッチを買ってしまうのかもしれません。

スウォッチのベルト交換を1,000円程度でできた

スウォッチのベルト交換を1,000円程度でできた
Got Credit
30代 男性
30代 男性

スウォッチのベルト交換でこの料金は安いと思った

評価:

自分でスウォッチのベルト交換をするのは不安だったので、近くの時計店で交換してもらった。時短で料金も安くてよかった。

店舗でスウォッチのベルト交換にはいくらかかるのか分からないのは不安ですよね。

しかし、1,000円で交換してもらえたそうです。

とはいっても全ての店でこういった値段でできるとは限らないので、必ずスウォッチのベルト交換にはいくらくらいかかるのか依頼する前に確認するようにしましょう。

工賃は無料で交換してくれた

スウォッチのベルト交換を1,000円程度でできた
biscuitus
20代 女性
20代 女性

無料でスウォッチのベルトを交換してもらった

評価:

自分がスウォッチを買った店だったかもしれませんが、新しいベルトを買ったら無料で交換してもらえてラッキーでした。

無料でスウォッチのベルトを交換できたのは、ベルトを購入したからかもしれません。

しかし、ベルトを購入したからといって、全ての店舗で無料になる訳ではありません。

購入したときの店舗へレシートや保証書を持っていけば無料になる可能性はあります。

いずれも行く前に電話などで確認が必要です。

スウォッチのベルト・バンド交換用のおすすめ商品

スウォッチのベルト・バンド交換用のおすすめ商品
CallMeWhatEver

いつも新鮮な気持ちでスウォッチを身に着けていたい。

そんな人にぴったりなスウォッチ用交換ベルトを紹介します。

K&K SWATCH スウォッチ 交換用ベルト シリコンラバー

 スウォッチ 交換用ベルト シリコンラバー
出典: www.amazon.co.jp

価格

1,100円(税込)

素材

シリコンラバー

ベルトの長さ

親側(12時側):約80mm 

剣先側(6時側):約120mm

工具の有無

ベルト取り外し用工具

尾錠取替え用工具

この交換ベルトはスウォッチの正規品ではないので価格が抑えられています。

また、ケースの取り付け部分によってベルトの幅を17mm、19mm、20mmと選ぶことができます。

ベルト取り外し用工具もついているので、スウォッチのベルト交換は自分で楽にできます。

K&K SWATCH スウォッチ 交換用ベルト Amazon

Choco&Man スウォッチ ベルト 本革時計バンド

スウォッチの交換用ベルト
出典: www.amazon.co.jp

価格

2,600円(税込)

素材

防水本革(牛革)

ベルトの長さ

時計取付幅: 19mm

剣先側長さ約120mm

親側長さ約75mm

合計の長さは125-170mm

工具の有無

三本バネ棒

バネ棒外し

牛革を使用し、高級感があるスウォッチの交換用ベルトです。

ベルトの幅は19mmなので、ケース幅が20mmの場合は利用できません。

幅はきっちりと測ることが大切です。

何にでも合う茶系、その他10色展開なので、女性用のスウォッチにも合う色のベルトが必ず見つかるのも嬉しいですね。

Choco&Man スウォッチ ベルト Amazon

Choco&Man スウォッチベルト ステンレス メタル

スウォッチの交換用ベルト
出典: www.amazon.co.jp

価格

2,980円(税込)

素材

316Lステンレススチール

ベルトの長さ

19mmのスプリングバーを使用したスウォッチ対応

工具の有無

1個のリンク取り外しツール

1個のスプリングピンツール

3個のスプリングピン

デザイン性が感じられるスウォッチの交換用ベルトです。

幅19mmのものなので、スウォッチのケースの幅が20mmの場合は利用できません。

スティール製のベルトなのでスーツと合うスウォッチにピッタリです

Choco&Man ステンレス メタルベルト Amazon

スウォッチのベルト・バンド交換は心配ならお店に頼もう

スウォッチのベルト・バンド交換は心配ならお店に頼もう
1lenore

自分でスウォッチのベルトの交換ができればいいのに越したことはありませんが、傷つけてしまう不安もあります。

そういうときにはやはりスウォッチを購入した店舗、またはスウォッチを扱っている店舗にベルトの交換を依頼するのが1番です。

気に入ったスウォッチだからこそ、ベルトを交換しながら長く使いたいですね。

erie

この記事のライター

erie

福島県在住の主婦です。ライティングや構成を担当しています。時計の世界は奥が深く、自分で記事を書いていて素敵な時計に触れているので欲しくなってしまうこともしばしば。興味を持っていただけるような記事を書いていくのが目標です。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

メンテナンス

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

今回はガーミンのバッテリーの減りが早くなったなと感じた方に向けて、電池交換にかかる費用を調べてきました。他にも普通の腕時計の電池交換よりもやり方は難しいですが、ガーミンのバッテリー交換を自分でやる方法についても動画を交えて紹介しています。

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

メンテナンス

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

ソーラー充電ができる腕時計には、二次電池と呼ばれる「充電して使える」ボタン電池が使われています。その中でも、CTL1616はG-SHOCKなどに使われている比較的メジャーなボタン二次電池です。今回はCTL1616の互換性や交換方法、最安値などを解説します。

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

メンテナンス

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

Knot(ノット)は、ケースとベルトを自分でカスタムできること、手ごろな価格で人気の腕時計ブランドです。ケース&ベルトの組み合わせは、8000通りもあります。Knot(ノット)の腕時計の電池交換は自分でできるのでしょうか。有償交換の価格も合わせてご紹介します。

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

メンテナンス

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

時計がストップしたら電池交換の必要があります。腕時計の裏蓋には3種類あり、ねじ込み式のスクリューバックを開けるには、ダイソーなどで販売されている専用の工具が必要です。この記事では、自分で簡単にスクリューバックを開ける方法を紹介します。

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

メンテナンス

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

ブライトリングは数年に一度オーバーホールをして時計をメンテナンスする事をメーカーが推奨しています。今回はブライトリングのオーバーホールにかかる金額やメンテナンスにおすすめの時計店の価格やサービスの違い、評判について調べてきました。

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

メンテナンス

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

GPS性能に定評があり、様々なスポーツに使用されていることも多いガーミンですが、修理に出すと遅いことや値段が高いといった意見もあります。この記事ではガーミンの修理代や修理期間、よく起こる不具合などを公式サイトや、口コミ、レビューなどから解説しました。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

メンテナンス

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたから金属の物に変えたいなど、腕時計のベルトを交換しようというキッカケは人それぞれでも、いざ自分でやるとなると不安な人もいるでしょう。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

メンテナンス

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

グランドセイコーは日本を代表する有名ブランドですが、クオーツ式は電池交換が必要になります。店頭に持ち込む人やネットで依頼する人もいるでしょう。業者に頼む場合の期間や費用が気になる方は必見です。グランドセイコーの電池交換は自分でできるかを含めて解説します。

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

メンテナンス

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

バネ棒外しは時計のベルトのサイズ調整や交換には無くてはならない必須アイテムですが、100均でお馴染みのダイソーでも販売していると話題になりました。今回は100均・ダイソーのバネ棒外しを実際に試してみて本当に使えるのか、どの商品が一番使えそうか調べてみました。

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

メンテナンス

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

腕時計のケースの下部分に付いている弓カンを外すことで、ラバーベルトやレザーベルトなどに交換することが可能です。この記事では、自分でできる弓カンの簡単な外し方を動画を元に解説していきます。なお、弓カンを外す際の注意点も紹介します。

メンテナンスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード