ロレックスエクスプローラーll(2)の選び方を解説!価格や特徴についても!

お気に入りに追加

ロレックスエクスプローラーⅡの選び方を詳しく解説します。エクスプローラーⅡの特徴や魅力、価格帯なども詳しく紹介しています。ロレックスの腕時計の中でも愛用者が多いと言われるエクスプローラーⅡの魅力が、よく分かる内容になっています。ぜひ最後までご覧下さい。

ロレックスエクスプローラーll(2)の選び方を解説!価格や特徴についても!

目次

  1. ロレックスエクスプローラーⅡ(2)はどうやって選ぶの?
  2. ロレックスエクスプローラーⅡ(2)の選び方
  3. ロレックスエクスプローラーⅡ(2) 現行モデルの価格
  4. ロレックスエクスプローラーⅡ(2)の特徴
  5. ロレックスエクスプローラーⅡ(2)の使い方
  6. ロレックスエクスプローラーⅡ(2)とⅠ(1)の違い
  7. ロレックスエクスプローラーⅡ(2)旧モデル
  8. 自分の好みのエクスプローラーⅡ(2)を選ぼう!

ロレックスエクスプローラーⅡ(2)はどうやって選ぶの?

芸能人や、スポーツ選手、著名人にも愛用者が多いと言われるエクスプローラーⅡですが、どうやって選べば良いのか分からないと悩んでいる方も多いです。今回はエクスプローラーⅡの選び方や価格、購入者の口コミなど詳しく紹介します。エクスプローラーⅡの購入を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ロレックスエクスプローラーⅡ(2)の選び方

腕時計を付けた手を重ねる男性
SNCR_GROUP

ロレックスエクスプローラーⅡの選び方を徹底的に解説します。どこを重視して選ぶか、どこに魅力を感じるかがよく分かる内容になっています。購入の参考にじっくりご覧下さい。

ムーブメントで選ぶ

ムーブメントは腕時計の駆動部分で旧モデルと現行モデルによって変わっています。製造期間が2011年までのRef.16570は、 自動巻きムーブメントがCal.3186でロレックス社製の中でも高い評価を得ており精度、安定性が抜群です。現行モデルRef.216570はCal.3187搭載でパラフレックス耐震装置が備わっていますので、耐磁性、耐久性、耐衝撃性がさらにアップしています。

サイズ感で選ぶ

ロレックスエクスプローラーⅡのケースサイズは40mm~42mmです。また、現行モデルRef.216570のみケースサイズが42mmになっています。カラーは白・黒の2色があり、42mmはスポーツロレックスの腕時計の中でも比較的大きいサイズに入ります。腕時計の存在感や迫力を感じたい人には42mmの腕時計がおすすめです。

デザインで選ぶ

ロレックスの腕時計を購入するなら、価格よりも見た目を重視したいと言う方はデザインで選ぶといいでしょう。エクスプローラーⅡRef.216570は、オレンジ色の24時間針がとっても可愛い、オシャレと大人気です。旧モデルのエクスプローラーⅡRef.16570は、赤い針で又違う魅力を発信しています。ファッショナブルなデザインに注目して選ぶのもいいかもしれません。

文字盤で選ぶ

ロレックスエクスプローラーⅡは、白と黒の文字盤(希少ですがアイボリー盤もあり)があります。洋服に合わせるために白、ビジネスシーンで使いたいので黒というように使用目的で選ぶといいでしょう。Ref.16550モデルは、陶器の様な質感の「ポーセリンダイヤル調」の文字盤が使われています。陶器のようなツヤ感が人気になっています。

ベゼル文字で選ぶ

腕時計のガラスの周り(風防)に取り付けられているドーナツ型の部分を「ベゼル」と言います。ベゼルは、風防を固定する役目ですが、腕時計の見た目を大幅に変えるデザインの一部になっていて、ロレックスの腕時計はベゼルのデザインに定評があります。エクスプローラーⅡは、モデルによってベゼルに印字された数字の大きさが違います。ベゼル文字の大きさの違いで選ぶのも面白いかもしれません。

バックルで選ぶ

ロレックスエクスプローラーⅡは、モデルによってバックルに違いがあります。現行モデルのエクスプローラーⅡRef.216570は、着用感にこだわった新型バックルが使われています。強度も上がり、約5mmの延長操作も可能になりました。モデルによってシングルバックル、ダブルバックルと違いがありますので、自分に合ったバックルを選ぶと良いでしょう。

値段で選ぶ

ロレクッスの腕時計を選ぶ際に気になるのが、やはり値段だと思っている方は多いようです。予算の範囲内で気に入ったエクスプローラーⅡを選びたいものです。相場は日々変わって来ますが、初代モデルのRef.1655は、ヴィンテージ価値があり200万越えとも言われています。現行モデルのRef.216570は、新品で約65万~75万程のようです。自分の予算に合ったエクスプローラーⅡを購入しましょう。

ロレックスエクスプローラーⅡ(2) 現行モデルの価格

ここでは、ロレックスエクスプローラーⅡ現行モデルRef.216570の特徴や、その魅力を紹介します。エクスプローラーⅡの中では手に入りやすい現行モデルとなっていますので、買ってみようと思っている方や少しでも気になっている方はぜひ購入の参考にご覧下さい。

4代目Ref.216570が現行モデル

ロレックスエクスプローラーⅡの4代目Ref.216570は、2011年に登場しました。エクスプローラーⅡ生誕40年を祝しブラッシュアップされた新型です。一番の魅力はオレンジ色の24時間針で存在感のあるデザインに一目惚れして購入する方も多いです。他にもベゼル文字、ケースサイズなど3代目Ref.16570より、ボリューム感がアップしています。ひときわ目立つ存在感で腕時計好きの方に人気を得ています。

4代目Ref.216570商品情報

製造期間

2011年 ~ 現在 

ケースサイズ

42mm

ムーブメント

Cal.3187 

4代目Ref.216570の口コミ

ラバーのオレンジ色がおしゃれなデザインです。ロレックスエクスプローラーⅡ4代目Ref.216570を購入した方の口コミでは「腕時計の存在感がすごい」「オレンジ色の針が可愛い」「オレンジ色の針に合わせて、ストラップをオレンジにした」などの口コミがありました。やはりボリュームがアップしたことでの存在感や、オレンジ色の24時間針が魅力的のようです。

ロレックスエクスプローラーⅡ(2)の特徴

ロレックスエクスプローラーⅡのサイズや文字盤、ベゼル文字などの特徴を詳しく解説していきます。実際に使ってみる際に最適なシチュエーションなどもご紹介します。エクスプローラーⅡの魅力がより一層分かる内容ですので、エクスプローラーⅡを選ぶ参考にしてみてください。

サイズ感の特徴

ロレックスエクスプローラーⅡのケースサイズは、旧モデルは40mmですが現行モデルは42mmとアップしています。ロレックスのスポーツタイプでも40mmサイズが通常ですが、エクスプローラーⅡ現行モデルは、差別化されて作られたようです。ロレックスの中でも珍しい42mmサイズは、腕時計の存在感を出したい方にピッタリです。

文字盤の特徴

初代モデルRef.1655は、黒文字盤のみでしたが2代目のRef.16550は、黒文字盤と白文字盤以外にアイボリー盤があります。しかし アイボリー盤は、登場して2年程で販売が終了していますので希少性の高いプレミアモデルとも言えます 。文字盤の色はエクスプローラーⅡを選ぶ際に重視する方が多く、ビジネスシーンで使いたい、プライベートで使いたいなど使用目的の違いで文字盤の色が変わってくるようです。

ベゼルの特徴

ロレックスエクスプローラーⅡのベゼルは、ステンレスベゼルなのでスポーティーでクールな印象があります。エクスプローラーⅡRef.16550は、ベゼルに彫り込まれた数字が太めでインパクト大なフォントですので数字が目にパッと入ってくるほど存在感があります。迫力がありはっきりとした印象が好きな方や、スポーツ、アウトドアで使用したい方にはおすすめのモデルとなっています。

ロレックスエクスプローラーⅡ(2)の使い方

ここからは、ロレックスエクスプローラーⅡの正しい使い方を紹介します。エクスプローラーⅡの良さを活かすためにも、正しい使い方を知っておきましょう。

時間の合わせ方

エクスプローラーⅡは、短針と24時間針を単独で操作できます。海外へ旅行・出張など行く人にはとても便利な機能ですので正しく使うようにしましょう。時差が8時間遅れの地域に向かう場合は、短針を逆方向に8時間回します。現地に到着し文字盤の長短針が示す時間が現地時間で、24時間針が指すベゼルの数字が日本時間になります。 分針、秒針は時差による影響はありません。

合わせる際の注意点

短針と24時間針を同調させたい時は、24時間針と長短針を全て12時の位置に合わせます。その後短針だけを動かし日付を早送りで合わせて、午前・午後を確かめ長短針を現在時刻に合わせるようにしましょう。短針を単独で操作する場合には、日付が半分変わった状態になります。その際は日付が完全にかわるまで針を回し続けて、希望の時間に針をセットするようにしましょう。

想定される使用シチュエーション

エクスプローラーⅡは極地や洞窟内を探検する探検家に向けて作られた腕時計です。そのため探検家に特化した便利な機能が付いています。洞窟内や極地では暗く太陽の光がないため時間の概念が無くなります。エクスプローラーⅡは24時間針と24時間表示ベゼルがあるので、暗闇でも時間が確認可能です。24時間針には夜光塗料が使われています。探検家に想定されるシチュエーションを考えて作られた腕時計です。

ロレックスエクスプローラーⅡ(2)とⅠ(1)の違い

ロレックスエクスプローラーⅡとよく比較されるロレックスエクスプローラーⅠですが、違いがよく分からないと思っている人も多いようです。ここではロレックスエクスプローラーⅠとの違いを、いつ・どうやって誕生したのかについて解説しながら紹介していきます。

エクスプローラーⅠからの派生

エクスプローラーⅡは、エクスプローラーⅠから派生したモデルです。エクスプローラーⅠは1953年に誕生し、エクスプローラーⅡは1972年に誕生しました。エクスプローラーⅡは、エクスプローラーⅠを更にグレードアップしプロ仕様にした腕時計です。洞窟探検家モデルに発展した日付機能やリューズガードを装備した新たなエクスプローラーとして登場しました。

文字盤の色

ロレックス・エクスプローラーl の文字盤は白はなく黒のみとなっています。エクスプローラーⅡは、黒と白の2種類ですので選択肢が増えます。エクスプローラーⅠは、黒の文字盤で見た目がシンプルなデザインです。このシンプルなデザインが、ビジネス・プライベートと様々なシーンを選ばずに使いやすくて便利ということもあり人気のモデルになりました。 

ケースの大きさ

ロレックス・エクスプローラーⅠのケースサイズは、36mmから39mmです。エクスプローラーⅡのケースサイズは、40mmから42mmですのでエクスプローラーⅡの方がサイズが大きく存在感があります。エクスプローラーⅠのケースサイズは主張し過ぎないサイズ感で、冠婚葬祭やビジネスでも使いやすいとの声も上がっています。

ロレックスエクスプローラーⅡ(2)旧モデル

ロレックスエクスプローラーⅡの旧モデルの特徴や価格、口コミなどを詳しく紹介します。エクスプローラーⅡを選ぶ際に参考となる内容になっていますので、じっくりご覧になり気に入ったエクスプローラーⅡを見つけて下さい。

初代Ref.1655

特徴

ロレックスエクスプローラーⅠのプロ仕様として改良され最初に登場した初代モデルです。大きな三角形のオレンジ色24時間針が特徴的です。24時間表記のベゼル、日付機能を備え、昼夜の区別がつかない状況下で使用できる機能性の高さに注目されました。ロレックスエクスプローラーⅡRef.1655は希少性が高いため高価格で取引されているようです。

商品情報

製造期間

1971年~1987年 

ケースサイズ

40mm

ムーブメント

Cal.1570

口コミ

購入された方は道路標識を自分のものにしたような、ある種のプロフェッショナル感に満足したようです。他にも「年が経つごとに劣化するが、かえっていい味を出している」「長年愛用していて、とても愛着がある」などの口コミがありました。初代モデルとあって、経年が出す独特の風合いを楽しんでいる方が多いようです。

2代目Ref.16550

特徴

2代目のエクスプローラーⅡRef.16550は、2年という僅かな期間に製造された希少性の高いモデルです。この2年の間にアイボリー文字盤も登場しました。Ref.16550のベゼル文字の数字は角ばった文字でフォントも太く迫力があり、目立つ存在になっています。さらにムーブメントがCal.3085になって短針単独駆動が可能になっています。

商品情報

製造期間

1988年 ~ 1990年 

ケースサイズ

40mm

ムーブメント

Cal.3085 

口コミ

迫力のあるベゼル文字に武骨で男らしい印象を受けられたようです。他には「生産期間が短く生産数が少ない希少モデル・Ref.16550は最近は見かけることが少なくなってしまった」「 3代目16570と、とてもよく似ているからべゼルで見分けようと思う」 などの口コミがありました。生産数が少ないため希少性が高いこと、太字でかっこいいベゼル文字が魅力的のようです。

3代目Ref.16570

特徴

3代目のエクスプローラーⅡRef.16570は、2代目のRef.16550とよく似たモデルで見分けがつかないかも知れません。2代目との違いはベゼル上の文字が少し細くなりスマートな印象になりました。文字盤もアイボリーが無くなり白・黒の2色展開となっています。Ref.16570は、ムーブメントがCal.3185からCal.3186と変遷を遂げています。特にCal.3186は、耐磁性・耐震性・精度が向上し安定性がアップしました。 

商品情報

製造期間

1991年 ~ 2011年  

ケースサイズ

40mm

ムーブメント

Cal.3185・Cal.3186

口コミ

他には「価格がだんだんと上がってきているとは言え、他モデルと比べるとまだまだ狙い目です」「現行モデルより2ミリ小さい40ミリ径ケースはシャープな印象を受けた」 などの口コミがありました。エクスプローラーⅡRef.16570は、シャープ・スマートなどの印象を残す人が多くビジネスシーンや冠婚葬祭など場所を選ばず使えると言う人が多いモデルのようです。

自分の好みのエクスプローラーⅡ(2)を選ぼう!

ロレックスエクスプローラーll(2)の選び方や特徴などを詳しく解説しました。エクスプローラーⅡは、ロレックスの中でも著名人に愛用者が多い人気のモデルとなっています。探検家に対応したプロ仕様がファンの心を掴んだのかも知れません。自分に合ったエクスプローラーⅡを見つけて、オシャレで快適な生活を送りましょう。

aikoin

この記事のライター

aikoin

30代女性ライター。一般企業で総務・経理事務を担当していたが、web会社に転職した後ライターに転身。現在は独立しフリーwebライターで活動中。以前から時計に興味がありrich-watchで時計の魅力を発信できればと猛勉強中です。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

116509(ロレックスコスモグラフデイトナ)の買取相場はどれくらい?調査してみた!

ロレックス

116509(ロレックスコスモグラフデイトナ)の買取相場はどれくらい?調査してみた!

ロレックス「コスモグラフデイトナ(Ref.116509)」は、ホワイトやブルー、定番のブラックカラーの文字盤などカラーバリエーションが豊富なモデルです。この記事では、「コスモグラフデイトナ(Ref.116509)」の買取相場を紹介します。

214270(ロレックスエクスプローラー)を使用して気付いた良い点悪い点10個を紹介!

ロレックス

214270(ロレックスエクスプローラー)を使用して気付いた良い点悪い点10個を紹介!

ロレックスを代表するモデルのエクスプローラーにRef.214270があります。シンプルな外観と高性能を備えた、エクスプローラーの時計の中でも人気の高いモデルです。今回は、Ref.214270の良い点と悪い点を10個の項目別にレビューしていきたいと思います。

126600(ロレックス シードゥエラー)をレビュー!口コミから価格動向まで解説!

ロレックス

126600(ロレックス シードゥエラー)をレビュー!口コミから価格動向まで解説!

腕時計とダイバー達はロレクックスと共に1967年ロレックスシードゥエラーの開発以降たゆまない進歩を続けてきました。そしてRef.126600の発表から大きな進化を遂げ、現在もダイバー達の信頼を勝ち得ています。ここではRef.126600の魅力を見てみます。

116400GV(ロレックス ミルガウス)の買取価格はどれくらい?価格推移も解説!

ロレックス

116400GV(ロレックス ミルガウス)の買取価格はどれくらい?価格推移も解説!

116400GV(ロレックス ミルガウス)は、ロレックスの中でも特殊なデザインと機能性が備えられており、時計愛好家からも注目を浴びているモデルの一つです。この記事では、116400GV(ミルガウス)の買取価格を調査して紹介します。

126300(ロレックスデイトジャスト)の定価や買取相場はどれくらい?調査してみた!

ロレックス

126300(ロレックスデイトジャスト)の定価や買取相場はどれくらい?調査してみた!

126300(ロレックスデイトジャスト)は、最新の優れたムーブメントが搭載されており、デザインもシンプルなことから世界中の多くの人が愛用されている時計です。この記事では、126300(ロレックスデイトジャスト)の定価や買取相場を紹介します。

114300(ロレックスオイスターパーペチュアル39)をレビュー!口コミも紹介

ロレックス

114300(ロレックスオイスターパーペチュアル39)をレビュー!口コミも紹介

2018年に発売されたスポーツモデル並みの大きさで話題になった114300(ロレックスオイスターパーペチュアル39)は、上品であり男らしいデザインの時計です。この記事では、Ref.114300をレビューして特徴や魅力を紹介します。

216570(ロレックスエクスプローラー)をレビュー!16570との違いも解説!

ロレックス

216570(ロレックスエクスプローラー)をレビュー!16570との違いも解説!

エクスプローラーRef.216570は、夜光塗料が施されており視認性にも優れているシンプルなデザインの腕時計です。この記事では、エクスプローラーRef.216570をレビューして特徴や魅力を紹介し、「16570」との違いも解説します。

116500LN(ロレックス デイトナ)の相場価値が下がらない6つの理由!

ロレックス

116500LN(ロレックス デイトナ)の相場価値が下がらない6つの理由!

ロレックスのデイトナ116500LNは、中古価格が大幅に定価を上回る大人気モデルで、デザインや機能性の高さが多くの人を魅了しています。この記事では116500LNの相場が下がらない理由について6つ紹介し、評判や買取価格、中古価格についても解説しています。

デイトジャスト41(ロレックス)の人気おすすめモデル6選!評価・口コミも一緒に紹介!

ロレックス

デイトジャスト41(ロレックス)の人気おすすめモデル6選!評価・口コミも一緒に紹介!

ロレックスのクラシックシリーズとして知られるデイトジャスト41は、日付が変わると同時にデイト表記が瞬時に変わる、ロレックスの代表的な機構で有名なモデルです。そんなデイトジャスト41のおすすめモデルを口コミとともにご紹介していきます。

16610(ロレックスサブマリーナ)と116610の8つの違い!買取価格や相場も調査!

ロレックス

16610(ロレックスサブマリーナ)と116610の8つの違い!買取価格や相場も調査!

ロレックスのダイバーズといえばサブマリーナで、特にプロダイバーからの信頼は絶大です。中でも1989年のRef.16610と2010年のRef.116610は見分けが付きにくいモデルです。新旧モデルにはどう違うのか、16610と116610の違いを見てみます。

ロレックスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード