MIL-SHOCKのベルトに変更する方法!G-SHOCKを元にカスタム手順を紹介!

お気に入りに追加

発売してから不動の人気を確立し、マニアも存在するほどのG-SHOCKですが、海外モデルのMIL-SHOCK仕様のベルトに変更するのが現在の流行です。今回はG-SHOCKからMIL-SHOCKのベルトに変更する方法を見ていきます。

MIL-SHOCKのベルトに変更する方法!G-SHOCKを元にカスタム手順を紹介!

目次

  1. MIL-SHOCKのベルトに変更する方法!G-SHOCKを元に変更のカスタム手順を紹介!
  2. G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更する方法!
  3. G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更するメリットは?
  4. G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更する注意点は?
  5. MIL-SHOCKのベルトに合うおすすめのG-SHOCKは?おすすめモデルを解説!
  6. MIL-SHOCKはどんなモデル?背景を調査
  7. MIL-SHOCKのベルトに変更してカジュアルさを演出しよう!

MIL-SHOCKのベルトに変更する方法!G-SHOCKを元に変更のカスタム手順を紹介!

MIL-SHOCKのベルトに変更する方法!GSHOCKを元にカスタム手順を紹介!
出典: products.g-shock.jp

発売以来、不動の人気を誇っているスーパーな腕時計のカシオG-SHOCKですが、そのアウトドア・スポーツに向けた性能の高さやデザインの良さでマニアもいるほどの支持があります。

それで最近流行っているのがG-SHOCKのベルトをミニタリー仕様に変更してベルト交換を楽しもうというのが注目されています。

G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更する方法!

ではミニタリー仕様通称MIL-SHOCKのベルトにベルト交換する方法を見ていきます。

実はMIL-SHOCK専用のベルトアダプターというのが出ていて、ベルトアダプターとちょっとした道具を用意すれば意外とカンタンにベルト交換できてしまいます。

実際のベルト交換の流れは上記の動画も参考にしてください。

使用するもの

使用するもの
出典: products.g-shock.jp

ベルト交換の際に使用するものですが、G-SHOCK本体、先環カバー(ベルトアダプター)、 MIL-SHOCK 仕様のナイロンベルト、バネ棒外し、万一の怪我をしないように保護メガネ 、ゴム手袋があれば大丈夫です。

では必要なものについて一つ一つ見ていきましょう。

本体

本体
出典: products.g-shock.jp

これは当然ですがG-SHOCK 本体がないと何も始まりませんので、真っ先に必要なものになりますが、すでに持っている人はベルトアダプターがOKか確認しておくと良いです。

あと交換するためのベルト径やベルトアダプターが使えるかどうかと、ナイロンベルトのデザインや幅も考えなくてはいけないので購入する人は良く吟味しましょう。

先環カバー

先環カバー
出典: item.rakuten.co.jp

いわゆるG-SHOCK純正ベルトを、ナイロンベルトに交換できるようにするためのアダプターになります。

カラーも種類がメーカーによって豊富にあるので、好みのデザインにできるように選んでから用意しましょう。

ナイロンベルト

ナイロンベルト
出典: item.rakuten.co.jp

これが一番の目的といえる大切なアイテムで、ベルトアダプターとセットで販売されている場合や別売りの場合もあります。

幅やサイズについてですが、ベルトアダプターにジャストフィットなのがnatoの幅が24mm、厚みが1.4mmのベルトがおすすめです。

バネ棒外し

バネ棒外し
出典: item.rakuten.co.jp

時計屋さんには必ず常備されているベルト交換用の器具で、ベルトを外すとき、アダプターを取り付けるときに必要になります。

マイナスドライバーでも代用は可能ですが、時計のサイズによっては役に立たなかったり、汚れがバネ棒に詰まっていると取り出しにくくなるのでやはり専用のほうが良いです。

保護メガネ

保護メガネ
出典: xn--kckb0b8923bek2a25k.biz

純正ベルトと取り外す際に、時計用バネ棒のバネは非常に強力なので、飛んでしまったりする場合があります。

そのときに目に当たったりすると大変な怪我に繋がりますので、用心のために付けておいたほうが良いです。

ゴム手袋

ゴム手袋
出典: xn--kckb0b8923bek2a25k.biz

意外と使用している腕時計のベルトは汚れているもので、素手で触るのは良くないですし、あと作業の際の手汗対策になります。

さらにすべり止めにもなるので、器具や時計本体などをしっかり抑えることができるのであると安心できます。

①ベルトを外す

①ベルトを外す
出典: xn--kckb0b8923bek2a25k.biz

まずG-SHOCKを裏返しにしてベルトの結合部分を確認し、バネ棒の突起が見えたら突起にバネ棒外しの二股になっているところを差し込みます。

そしてバネ棒外しを下に押し込んでバネ棒のバネを押さえつけながらベルトを外していきます。

②先環カバーを取り付け

②先環カバーを取り付け
出典: xn--kckb0b8923bek2a25k.biz

純正ベルトの取り外しが済んだら、バネ棒を先環カバー(ベルトアダプター)の方へ差し替えてバネ棒の先を時計本体の穴に差し込みます。

先環カバー(ベルトアダプター)を時計本体に押し込んで時計本体と合致させます。

そしてバネ棒を先環カバー(ベルトアダプター)が外れないように注意しながらバネ棒外しでバネ棒を時計の穴に押し込みます。

③ナイロンベルトを取り付け

③ナイロンベルトを取り付け
出典: xn--kckb0b8923bek2a25k.biz

時計本体と先環カバー(ベルトアダプター)がしっかり止まっていることを確認してから、ナイロンベルトを取り付けていきます。

ベルトアダプターの時計本体上面からナイロンベルトを差込み、ベルトを引っ張って時計下部側の輪に引き通します。

腕につけられる状態にベルトの幅を調節すれば完了です。

G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更するメリットは?

G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更するメリットは?
出典: products.g-shock.jp

そもそもG-SHOCKはスポーツやアウトドア仕様になっているので純正ベルトもタフに作られており、しっかりした性能を持っています。

わざわざMIL-SHOCKのベルトに変更するにはどんなメリットがあるのでしょうか。

カンタンに3つの魅力に分けてベルト交換するメリットを見てみましょう。

G-SHOCKだと簡単にベルトを変えられる

G-SHOCKだと簡単にベルトを変えられる
出典: www.amazon.co.jp

腕時計のスタイルにも色々ありますが、G-SHOCKほど機能的、またシンプルに作られている腕時計も珍しいでしょう。

G-SHOCKは他の腕時計と比較するとカンタンにベルト交換ができるので、カスタマイズしやすいといったメリットがあります。

夏らしさを演出できる

夏らしさを演出できる
出典: www.amazon.co.jp

あとG-SHOCKはスポーツウォッチとしてとても完成された腕時計といえ、とくにタフな防水性能は世界中で有名です。

そのタフネスさと未来的なデザインが夏を連想させ、さらにMIL-SHOCKのベルトに変更すると腕につけるだけで夏らしさを演出できます。

手首にきちんとフィットする

夏らしさを演出できる
出典: www.amazon.co.jp

G-SHOCKについている付属の純正ベルトは非常にタフに作られているのが大きな魅力なのですが、素材が硬く腕にピッタリとフィットというわけにはいきません 。

ですのでMIL-SHOCKのベルトに変更する事でナイロン素材のベルトが手に良くなじむようになり、手首にしっかりとフィットします。 

G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更する注意点は?

G-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更する注意点は?
出典: item.rakuten.co.jp

自分でG-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更する場合、作業上気をつけなくてはいけないところはどういったところでしょうか。

実際にG-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更して注意しなくてはならないところを見てみましょう。

完璧を求めるのならヤスリが必要

完璧を求めるのならヤスリが必要
出典: ossan-kazi.com

注意すべきところはMIL-SHOCKのベルト専用アダプターが、購入したそのままの状態では取り付けがかなり難しいところがあります。

結果、カッターなど工具を使ってジャストサイズに削っていかないとならず、かなりの苦労を強いられます。

また削った箇所の仕上がりが粗くなるので完璧を求めるならヤスリが必要です。 

取り付けにくい先環カバーもある

取り付けにくい先環カバーもある
Free-Photos

またMIL-SHOCKのベルト専用アダプターがメーカーによってサイズが均一ではないので、取り付けがものすごく難しい機種もありますので注意が必要です。

かなり先環カバーの取り付けがキツくて、結果として加工をしないと取り付けできないものが多いので、注意して作業しなくてはなりません。

タイトに作られていると完成まで時間がかかる

タイトに作られていると完成まで時間がかかる
Free-Photos

ものによってはMIL-SHOCKのベルト専用アダプターが、かなり本体の取り付け幅に対してタイトに作られているものが多いです。

ですので完成させるためにはかなりの加工作業が必要になり、これが結構時間を取られるものなので、完成させるまでにかなりの時間を要します。

MIL-SHOCKのベルトに合うおすすめのG-SHOCKは?おすすめモデルを解説!

MIL-SHOCKのベルトに合うおすすめのG-SHOCKは?おすすめモデルを解説!
出典: www.amazon.co.jp

このようにG-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに変更するとイメージがものすごく変化して、非常に使いやすくなることもメリットになります。

そんなMIL-SHOCKのベルトに変更するとしっくり来るおすすめモデルを、3種類紹介してみましょう。

GW-6900-1JF

GW-6900-1JF
出典: www.amazon.co.jp
GW-6900-1JF

ケース径/厚 

53.20mm/17.7mm

バンド幅 

ラグ幅16mm

防水 

20気圧防水

重さ 

63g

ムーブメント 

タフソーラークォーツ

参考価格 

17,600円

GW-6900-1JFはストリートファッションで人気だったDW-6900がワールドタイム電波時計としてリニューアル、電池交換不要のタフネスモデルに生まれ変わりました。

パワーセーブで26ヶ月の充電をソーラーで可能にした、MIL-SHOCKのベルト がしっくり来るタフなモデルです。

GW-6900-1JFの特徴

GW-6900-1JFの特徴
出典: www.amazon.co.jp

GW-6900-1JFの特徴はソーラーシステムを採用したタフなモデルに留まらず、さらに拡張された機能が詰まっているモデルになります。

従来のDW-6900よりも液晶サイズを一回り大きくし視認性を強化、さらに姉妹品としてメタルコアバンドを採用したGW-6900BCをラインアップに加えました。

GW-6900-1JF Amazon

DW-5600E-1

DW-5600E-1
出典: www.amazon.co.jp
DW-5600E-1

ケース径/厚 

48.90mm/13.40mm

バンド幅 

ラグ幅16mm

防水 

20気圧防水

重さ 

63g

ムーブメント 

クォーツムーブメント

参考価格 

17,600円

DW-5600E-1は1983年に発売されたG-SHOCKの原点とされるスクエアモデルで、G-SHOCKの歴史を身につけているかのような感覚にさせてくれます。

MIL-SHOCKのベルトに交換するとベーシックなデザインがとても映えてミニタリータイプに変身します。

DW-5600E-1の特徴

DW-5600E-1の特徴
出典: www.amazon.co.jp

このDW-5600E-1の特徴はなんといってもG-SHOCKの顔とも言えるスクエアデザインが、G-SHOCKの華々しい歴史を物語ります。

さらにDW-5600E-1には新機能としてELバックライトを採用し、夜間での視認性をより高めています。

DW-5600E-1 Amazon

GXW-56-1AJ

GXW-56-1AJ
出典: www.amazon.co.jp
GXW-56-1AJ

ケース径/厚 

55.50mm/17.50mm

バンド幅 

ラグ幅20mm

防水 

20気圧防水

重さ 

63g

ムーブメント 

タフソーラークォーツ

参考価格 

20,390円

新たにG-SHOCKのタフシリーズとして誕生したGXW-56-1AJは、2層ウレタンベゼルとインナープロテクターを搭載した新しい耐衝撃を実現しました。

さらにワールドタイムタフソーラーを採用し、過酷な使用条件でも電池交換知らずでタフに働き続けます。

GXW-56-1AJの特徴

GXW-56-1AJの特徴
出典: www.amazon.co.jp

GXW-56-1AJはG-SHOCKのポイントといえる防塵防滴をさらに強化し、防泥構造も採用、軍用にまで耐えられるクォリティを実現しています。

そして従来以上の新しい耐衝撃性能を確保、タフを徹底的に追及したモデルに仕上がっているのが特徴です。

MIL-SHOCKはどんなモデル?背景を調査

MIL-SHOCKはどんなモデル?背景を調査
出典: www.american-classics.net

ケース径/厚 

48.90mm/13.40mm

バンド幅 

ラグ幅20mm

防水 

200m防水

重さ 

ムーブメント 

クォーツムーブメント

参考価格 

30,250円

最近、G-SHOCKのカスタムとしてミニタリーベルトが注目されてきたMIL-SHOCKですが、一体実際はどんなモデルなのでしょうか。

このMIL-SHOCKの実態と開発にいたった背景も見ながら、MIL-SHOCKの正体を見てみましょう。

米国防総省が制定したテストをクリアした時計

米国防総省が制定したテストをクリアした時計
出典: www.american-classics.net

MIL-SHOCKとは軍用時計としてカシオが納品するために、MIL-SPECという特別規格をクリアさせた、アメリカ軍政府が発注をかけて誕生したモデルです。

MIL-SPECとは米国防総省が制定した12項目に及ぶ過酷なテストを全てクリアしたものに認定される規格になります。

世界の特殊部隊が使用

世界の特殊部隊が使用
出典: www.american-classics.net

特に軍用としてのMIL-SHOCKを始めとしたカシオの信頼は高く、軍用では特殊部隊にG-SHOCKとMIL-SHOCKが採用されて多くの兵士が着用しています。

また他にもG-SHOCKの人気は高く、パイロットやアメリカ警察特殊部隊SWATにも採用されています。

MIL SPECをクリアするためのミッション

MIL SPECをクリアするためのミッション
出典: milirepo.sabatech.jp

このアメリカ国防総省が依頼したMIL-SHOCKを実現するための厳しい企画MILSPECをクリアするためには過酷なミッションをやり遂げなくてはなりません。

その規格の厳しさを見ていきましょう。

ケースの削り出し

ケースの削り出し
出典: www.american-classics.net

カシオがMILSPECの規格をクリアするためには、いくつかの果たさなくてはいけない改良点がありました。

まずベルト部分に関してはナイロンストラップを引き出すために、ケースを従来のサイズから削りだす必要があり、ラグ幅20mmへの変更が施されています。

バネ棒の強度

バネ棒の強度
出典: www.american-classics.net

さらにベルトを止めるバネ棒の強度も一から見直す必要がありました。

素材そのものを検討しなおす必要があったので、316Lステンレススチールが候補に挙がり、サビに強いので最高の素材となりました。

ステンレスバーを完全に固定

ステンレスバーを完全に固定
出典: www.american-classics.net

仕上げにもう一つ重大な加工を施さなくてはならなくなりました。

316Lステンレススチールを完全に固定するためにラグの四隅に穴を開け、はまったままバーを固定し、ベルトを軍用ナイロンベルトにする加工が完成しました。

MIL-SHOCKのベルトに変更してカジュアルさを演出しよう!

MIL-SHOCKのベルトに変更してカジュアルさを演出しよう!
出典: www.american-classics.net

MIL-SHOCKでの成功例を見るように、G-SHOCKは衝撃や汚れ、水中での使用に如何に優れた腕時計であるかを見事にカシオは証明しました。

お手持ちのG-SHOCKやこれから購入予定のG-SHOCKをMIL-SHOCKのベルトに交換してこのタフで優れた腕時計をカジュアルに楽しみましょう。

kosinec

この記事のライター

kosinec

3年前からライターを始め、幅広い分野で執筆させていただいてます。 好きな分野は音楽、時計、文学、釣りなどです。 また食べ歩きも好きなので、少しメタボなのが心配事です。 そんな私なのでよろしくお願いします。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

ベルト調整・交換

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

腕時計のベルト交換は、バネ棒外しという専用器具があれば簡単に自分でできます。バネ棒外しはホームセンターをはじめ、ヨドバシカメラやビッグカメラなどでも購入できる便利な工具です。専用のものを使わなければ傷や故障の原因にもなるため、おすすめ品や使い方をご紹介します。

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

ベルト調整・交換

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

腕時計のバックルには主に、Dバックルとピンバックルの2種類があります。この記事では、折りたたみ式の留め具であるDバックルの種類や特徴をピンバックルと比較しながら説明していきます。自分の腕時計にあったバックルを見つける参考にしてください。

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

時刻を知る目的の他に装身具の要素も高い腕時計ですが素材や形状、デザインも優れたタイプが出回っており美術品のような素晴らしい時計も存在します。普通のものはベルト交換できますがベルト交換できない時計もありデザインによってベルト交換できないタイプの腕時計もあります。

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

ベルト調整・交換

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

腕時計に使われているバネ棒はベルトをつなぐための大切な部品ですが、壊れたときの対処法などが分からないという方もいるでしょう。そこで今回は、腕時計のバネ棒について、役割とサイズや壊れたときの対処法について紹介していきます。

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

ベルト調整・交換

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

腕時計のベルトの外し方は仕組みさえ知ってしまえば以外と簡単にできます。しかし自分で時計を微調整したことがない人だと壊したり傷をつけそうで怖いと感じる人も多いと思います。今回は腕時計のベルトの外し方や仕組みなどを解説していきます。

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

長年使用していると、腕時計のベルト・バンドが傷んでしまうことがあるでしょう。お店に依頼するのも一つの手ですが、実はベルトはセルフ交換もできるものなのです。こちらでは動画付きでの腕時計のベルト・バンド交換方法や、お店に頼むメリットもご紹介しています。

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

ベルト調整・交換

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

新しく時計を購入したときなどに、自分でベルトを調整したいと思うことはありませんか。ただ自分でベルトを調整するのは、難しそうなので挑戦できないと考える人もいるでしょう。今回は初めての人でもできる、時計のベルトを自分で調整する方法を紹介します。

腕時計ベルト(バンド)を工具で調整する方法は?プロで任せるのもあり?

ベルト調整・交換

腕時計ベルト(バンド)を工具で調整する方法は?プロで任せるのもあり?

この記事は腕時計のベルトを調整する方法について記載しています。腕時計のベルトのタイプやコマの詰め方、必要な工具や目安となる料金などをご紹介しています。ベルト調整の初心者の方でも簡単に工具を使ってできる方法もありますので、ぜひ、参考にしてみてください。

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

ベルト調整・交換

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

メンズ・レディース問わず、腕時計はベルトの素材や質感によって見た目やつけ心地が変わってきます。この記事では、素材別に腕時計のベルトの種類や特徴、ぴったりの長さに調整するやり方まで徹底解説。それぞれの種類のメリットやデメリットについても紹介しています。

腕時計のベルト(バンド)の修理はいくら?修理店とメーカーの料金も比較!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト(バンド)の修理はいくら?修理店とメーカーの料金も比較!

腕時計のベルトを修理するのにはどのくらい値段がかかるのでしょうか?毎日使っているお気に入りの腕時計は、どうしてもベルトが劣化します。この記事では、腕時計の革ベルトの交換方法や金属ベルトのピン値段、おすすめの修理店などを紹介します。

ベルト調整・交換の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード