手巻き時計のおすすめ人気6選!魅力や使用時の注意点を徹底解説!

お気に入りに追加

毎日の生活に欠かせない腕時計の購入を考えている方はどんなものが欲しいでしょうか。近年手に入れることが難しくなってきた手巻き時計は、毎日決めた時間に自らねじを回すことで時刻が正確に表示されているのです。今回は、幅広い層の方に人気の手巻き時計について紹介します。

手巻き時計のおすすめ人気6選!魅力や使用時の注意点を徹底解説!

目次

  1. 手巻き腕時計のおすすめは?魅力や注意点も紹介
  2. 手巻き腕時計のおすすめ人気6選
  3. 手巻き腕時計のおすすめブランド
  4. こだわり派におすすめ!手巻き腕時計の魅力
  5. 手巻き腕時計の使用時の注意点
  6. 人気がある手巻き腕時計の仕組みと特徴
  7. おすすめの手巻き時計でオシャレ度を上げる

手巻き腕時計のおすすめは?魅力や注意点も紹介

シチズン腕時計

18世紀から親しまれている手巻き時計はファッションやコレクションとしても未だに人気があります。

手巻き時計は機械式腕時計、おすすめのポイントは毎日定時になると竜頭と呼ばれるねじを回せることです。

手巻き時計では自動巻きの時計のように、腕に巻いているだけで自動でゼンマイを巻いてくれることはないので注意してください。

さてここからは、おすすめ手巻き時計の人気ランキングやいろんなブランドの歴史、手巻き時計の仕組みなども探ってみていきましょう。

手巻き腕時計のおすすめ人気6選

オリエントスター クラシックスケルトン

オリエントスター クラシックスケルトン
出典: www.amazon.co.jp

オリエントは時計の老舗メーカーで創業から40年以上の歴史があります。

そのオリエントのおしゃれなメンズに注目されているWZ0041DX。

見た目はダイヤモンドカットされたブルーの針や、機構がよく見えるスケルトンで男心をくすぐるおすすめのデザインです

オリエントスター クラシックスケルトン
出典: www.amazon.co.jp

古くから親しまれているオリエントはおしゃれさだけではなく、実用性にも優れてい

手巻き機構周辺部の肉抜きをあえて残して耐久性を向上させていたり、防水機能が備わっています。

また、WZ0041DXは竜頭1つにもこだわっており、操作性に優れた設計です。

駆動時間は50時間以上あり、約40時間ほど巻き上げができるので心に余裕が持てるでしょう。

オリエントのこだわりぬいたおすすめの手巻き時計はレベルの高い仕上がりです。

公式サイト
Amazon

値段

240,000円

メーカー

オリエントスター

テキスト

50時間以上

PANERAI LUMINOR DUE

PANERAI LUMINOR DUE
出典: item.rakuten.co.jp

ブルーのカラーが鮮やかで美しいルミノール ドゥエは、従来のモデルから進化した手巻き時計です。

ルミノールドゥエのブルーダイヤルが魅力でサテンソレイユで仕上がっており、シルバーとのコントラストが大人っぽさを演出してくれるでしょう。

また、ダイヤルの文字はアラビア数字を使用、薄い42mmのスクエア型のケースのカーブなど独自のデザインになっており、こだわり派におすすめです。

PANERAI LUMINOR DUE
出典: item.rakuten.co.jp

従来のパネライの腕時計は太いものがありましたが、史上最も薄くて小さいルミノールドゥエは装着しやすさも人気があります

手巻き時計の愛好家にもコレクションする際にはケースが薄く設計されているのが嬉しいポイントです。

パネライの高いレベルの技術が生んだP.900キャリバーが約3日間のパワーリザーブを支えたり、日付を表示してくれます。

創業当時からの技術を踏襲しつつ、新たな時代へも前向きに挑戦し続けるパネライで人気の腕時計です

公式サイト

値段

880,000円

メーカー

PANERAI

駆動時間

約3日間

IWC ポートフィノ

IWC ポートフィノ
出典: www.amazon.co.jp

IWCの手巻き時計はたくさんのアイテムがありますが、ポートフィノはその中でもエントリーモデルに位置しています。

エントリーモデルなので価格帯は約40万円からと高級時計メーカーですが、お手軽に購入できるのがおすすめです

しかし、シンプルなデザインですがエレガントな見た目は上級者も注目する高級感漂う仕上がりになっている点もおすすめします。

ここで紹介するのはポートフィノでもスタンダードで人気モデルのオートマティックです。

それぞれの時代に合わせたチェンジを少しずつ変更していますが、上品な手巻き時計であることは変わりありません

革ベルトは落ち着きのある見た目と腕への装着感が心地いいのがおすすめです。

ビジネスやパーティーなど場所を選ばない腕時計をぜひチェックしてみてください。

値段

555,000円

メーカー

IWC

駆動時間

42時間

OMEGA スピードマスタームーンウォッチプロフェッショナル

OMEGA スピードマスタームーンウォッチプロフェッショナル
出典: www.amazon.co.jp

スピードマスターと呼ばれる人気商品の手巻き時計は、人類未踏の地であった月へ1969年に宇宙飛行士たちが携帯し到達に成功しました

それから6回の月面着陸計画へ人類と共にスピードマスターは常に行動を共にしており、宇宙飛行士からの信頼を得ています。

 スピードマスターにはクロノグラフ針が備わっていますが、キャリバーには月面着陸時と同様のシステムを踏襲した後続機が使用されています。 

ブラックカラーのダイヤルにスーパールミノバが施工してある長針や短針、インデックスなどが夜間でも美しく見栄えがいいのもおすすめです。

メンズが1つあれば重宝する人気のスピードマスターを装着して冒険に出かけてみませんか。

値段

605,000円

メーカー

OMEGA

駆動時間

48時間

公式サイト

TISSOT シュマン・デ・トゥレル スケレッテ

スイスで古くからある老舗のティソ社はスイスでも国旗をロゴマークとして施すことを許されている会社です。

ティソ社は国内外で人気の腕時計メーカーで、手巻き時計の中でもおすすめのシュマン・デ・トゥレル スケレッテは注目を集めています。

同社で古くからポケットウォッチに使用されていたETA6497-1という機械式のムーブメントによって動作しているのです。

時計愛好家が憧れるスケルトンな設計で、パーツそれぞれが醸し出す古き良き雰囲気が趣向を凝らした仕上がりになっています。

1つのパーツ事にこだわった作りがうっかり時が流れるのを忘れてしまいそうな美しいデザインを楽しめるでしょう。

大きめのケースが搭載された手巻き時計は視認性がよく、装着性にも優れているのがおすすめです。

値段

220,000円

メーカー

TISSO

駆動時間

約46時間

公式サイト
Amazon

EPOS OEUVRE-DART

スイスの時計作りが盛んなピエンヌで機械式時計会社モントレ・エポス社が1970年代に設立され、長年時計愛好家やコレクターによって親しまれています。

本数限定モデルが数多くありますが、手巻き時計のVestoro 3435hskも世界で888本しか発売されていません。

ダイヤル部分は半スケルトンになっており、長針と短針部分は右側に移動させた見事にアーティスティックな作品になっています

EPOSが魅せる技術はそれだけでなく、裏側にスモールセコンドを設置してあります。EPOSの手巻き時計は機械式時計専門会社の情熱によって作成されており、 細かな手巻き時計作りに活かされているのです。

シリアルナンバー付きの世界に1つだけの手巻き時計を手にしてみませんか。

値段

195,000円

メーカー

EPOS

駆動時間

公式サイト

手巻き腕時計のおすすめブランド

パネライ

パネライ
出典: www.amazon.co.jp

パネライは1860年にイタリアはフィレンツェにて創業者ジョバンニ・パネライの手によって創業します。

会社の経緯としては精密機器をメインに製造していましたが、1993年頃から市販で時計を販売するようなり、1997年からは時計専門ブランドになったことにより、翌年の1998年には徐々に世界進出を果たしていくのです。

パネライの手巻き時計は戦争でイタリア軍が使用したラジオミールや人気のルミノール ドゥエがおすすめ商品でしょう。

パネライの手巻き時計は独特のフォルムが個性的でファンには堪りません。

古くは大きくて厚めのデザインがデカ厚腕時計と称され、人気を博しました

レディース向けルミノールドゥエの38mmは人気でペアでもおすすめです。

オリエント

オリエント
出典: www.amazon.co.jp

1950年に始業した会社を1951年に会社名を改めてオリエント時計株式会社になりました。

1951年には他にはない独自のデザインや装飾を施した手巻き時計のオリエントスターが生まれるのです。

人気商品であるオリエントスターは輝ける星をモチーフにしており、会社名の由来にもなっています。

1970年や1980年ころの時計市場はクオーツ時計が隆盛を誇っていました。

したがって、手巻き時計を含む機械式時計の生産はさほどされていませんでしたが、作ることを止めることはありませんでした

長い間培ってきたオリエント時計の高いレベルの技術は機械式時計が見直された1980年代以降に評価を得るのです。

さらにオリエントスターを復活させ、新たにスケルトン時計などの製造にも成功しています。

ロレックス

さまざまな分野で多岐にわたって活躍する時計を作るロレックスは1905年に創業しました。

創始者のハンス・ウィンドルフは腕時計の先々のことを想い、人々が頼れるものを開発していきます

腕時計に世界初の防水機能を搭載したり、世界的に高い山や深海などでも実用できるものを製造していきました。

そのどれもが世界で初めての試みが多く、信用のおけるブランドづくりに成功したのです。

まさに時計業界の王と呼んでも過言ではないでしょう。

ロレックスは海や山などさまざまな分野で活躍できるシリーズがあります。

海へ潜水できるシードゥエラーは深海部3,900mまで潜ったとしても防水機能が十分に機能が発揮するでしょう。

ケースに約3トンの水圧がかかっても問題なく使用できます。

ロレックスは耐久性に優れているので普段使いでもパートナーとして長い間使用できるのでおすすめです。

パテックフィリップ

パテックフィリップの研究熱心な姿勢はさまざまな時計のシリーズを生み出しています。

パテックフィリップはポーランドで1812年に産声を上げて以来、4度も社名を変更しながら革新的な技術で時計を生産しながら成長してきました。

世界に視野を向けてロンドンの博覧会に出展することで、当時の指導者たちに認められ人気を獲得し成功を収めてきたのです。

パテックフィリップは1932年にカラトラバが発売され、当時としては斬新なデザインが好評になります。

人気を博したカラトラバは現在でも代表モデルとして定着しており、初めて購入する方にもおすすめです。

手巻き時計のカラトラバは丸型でシンプルですがその姿は高級時計の風格を漂わせています。

カラトラバは、ドレッシーなレディースもあるので大切な方とお揃いでお出かけするのも思い出になりそうです。

オーデマ・ピゲ

高度な精密機械を製造することに力を入れているオーデマ・ピゲは1875年創業当初はムーブメント専門の会社でした。

しかし途中からはオーデマ・ピゲオリジナルの時計を生産することになるのをきっかけに、創業者のジュール=ルイ・オーデマが専門的に機構を制作するようになります。

彼は世界で初めてのミニッツリピーターを備えた腕時計を製造するなどの偉業を成し遂げているのです。

もう1人の創業者エドワール=オーギュスト・ピゲは営業として各地に赴いて世界進出をすることに成功しています。

2人の子孫は現在も技術を受け継ぎ、更に新たなムーブメントの開発に携わっているのです。

オーデマ・ピゲはスポーツウォッチでおすすめのロイヤル・ウォークが代表モデルで、人気があります。

高級な手巻き時計でありながらスポーティーなロイヤル・ウォークは発売当初、業界ではデザインが新しく、目を引くものでした

ヴァシュロン・コンスタンタン

1755年から約260年以上の歴史を誇るヴァシュロン・コンスタンタンは世界三大時計の1つに数えられる世界で最も古いブランドです。

ジュネーブ地方には古くから多くの時計の技術者がおり、キャビノティエと呼ばれていました。

創業者ジャン=マルク・ヴァシュロンはそのキャビノティエであり、熟練した技術で時計を作り見習いを雇用して現在の人気ブランドである、ヴァシュロン・コンスタンタンを立ち上げたのです。

ヴァシュロン・コンスタンタンの看板アイテムであるパトリモニーは愛好家やコレクターに人気があります。

クラシカルで伝統的な印象ですが実は2004年に発売されたもので比較的新しい手巻き時計です。

1950年代後半に製造されていたモデルをモチーフにしたデザインが美し一品です。

こだわり派におすすめ!手巻き腕時計の魅力

電池交換が不要

時計電池交換

手巻き時計は電池を入れて駆動させるクオーツ式とは異なり、手動で竜頭を回してゼンマイを巻くことで正確な時刻を表示します。

手巻き時計は電池を本体に入れる必要がないので市販店に行く手間が省けるでしょう。

手巻き時計は1日に1回定時に回すことで時刻がずれることなく動いてくれるのでしょう

ゼンマイを自分で巻く楽しさがある

時刻を確認する

手巻き時計には毎日ゼンマイを巻く作業が日課としてあります。

このゼンマイを巻くことが楽しさであり、または喜びである方は多いでしょう。

特に高級な手巻き時計ならば特段に竜頭の手触りや音などを1人だけで堪能できるのは至高の時間になります

手巻き時計を購入するおすすめの1つは手で巻くという玄人志向が実は人気の秘密なのです。

軽くて着け心地が良い

手巻き時計は時計の中のムーブメントに必要なパーツが少なくて済むのでなるべく軽くて薄く設計することが可能になります

手巻き時計がおすすめのポイントとしてケース部分が薄いので装着した時の着け心地が良いのです。

軽量で着け心地が良ければ長時間の外出でも苦にならずに、腕時計を装着して仕事やレジャーが楽しめるでしょう。

小まめなメンテナンスが必要ない

時計メンテナンス

高価な手巻き時計は数年に1度メンテナンスをしていれば長持ちしてくれます

ショップなどに足を運んで小まめにメンテナンスする必要はありません。

手巻き時計のムーブメントの潤滑油が足りずパーツが摩耗を起こすことがありますが、頻繁に摩耗を起こすわけではないので安心してください。

時計メンテナンス

手巻き時計は本体内部にさまざまなパーツが組み込まれており、いくつかの種類の油が使用されています。

手巻き時計は油がきれた状態になると機械が磨り切れて劣化してしまいます。

手巻き時計のムーブメントを分解して清掃や部品交換、潤滑油注入などのオーバーホールのことです。

3年~5年に1度のオーバーホールで時刻の遅れなどを防いでくれるのでやったほうが断然おすすめのメンテナンスでしょう。

手巻き腕時計の使用時の注意点

注意点
Clker-Free-Vector-Images

毎日ゼンマイを巻く必要がある

モノクロ時計

 憧れの手巻き時計を手に入れても注意することがあります。

定時に竜頭を回してゼンマイを巻かなくてはなりません

ゼンマイを巻くことが楽しみのはずがつい忘れてしまう方や面倒になってしまう方もいるでしょう。

手巻き時計によっては2日や3日といったパワーリザーブできるものもあるのでおすすめです。 

時計自体が高値

高価な腕時計

手巻き時計は1万円ほどで買える比較的安価なものもありますが、世界三大時計や高級ブランドでは簡単に手にできるものではありません

著名なブランドであればエントリーモデルでさえ何十万円ほどしますし、高級なものは何百万円~何千万円という高価な費用がかかるものです。

手が出しにくい値段はどんな理由があってこんなにも高額なのでしょうか。

高級ブランドというネームバリューだけではないようです。

机上の高級時計

手巻き時計が高価な理由はブランドそれぞれがこだわる精密機械のムーブメントにあるでしょう。

多くの小さなパーツを時間をかけて熟練した時計職人が、手作業で丹念に組み上げるので良質ですが、生産性が高いものではありません

また、それぞれのパーツは特別なステンレスやゴールドを採用するためにどうしても高価な手巻き時計になってしまいます。

質の高い手巻き時計を作るには高コストが理由のほとんどを占めているのです。

人気がある手巻き腕時計の仕組みと特徴

手巻き時計の仕組み

時計の内部

手巻き時計は機械式時計で時計内部にはぜんまい仕掛けがある仕組みになっており、竜頭を手動で回して力を伝えることで長針や短針などが駆動します

竜頭を回すと香箱車と言われる1番車という歯車の中にあるぜんまいが強く巻かれます。

竜頭を回し終えれば香箱車内部にあるぜんまいがほどかれるように回ると、噛み合っている2番車が回るのです。

さらに隣の3番車を回し4番車を回しながら最終的にはガンギ車へと力は到達します。

歯車

ガンギ車は手巻き時計に採用されているパーツでも重要で、ぜんまいから伝達されるパワーを制御する脱進機のパーツの1つです。

脱進機の構造はガンギ車が回る力がアンクルを作動させて、てんぷを動かします。

脱進機の心臓部であるてんぷとひげぜんまいは時計の精度や進みすぎたり遅すぎたりするのを制御するパーツです。

これらのパーツはすべて竜頭を回すことで力を得ることで駆動して時計として情報を知らせてくれます

竜頭(りゅうず)の特徴

時計の機械

手巻き時計には竜頭と呼称されるツマミが搭載されています。

それぞれの腕時計の機能に合わせて、定期的に竜頭を回して時計としての情報がなるべく正確であるようにしておくことがおすすめです。

竜頭は手巻き時計の装飾としても美しいものもあるので魅了されますが、時刻の調整をすることもでき、手巻き時計によっては日付もあわせることができるのがおすすめです

竜頭の使い方をマスターしてお気に入りの時計を使いこなしてみましょう。

りゅうずの巻く位置の違い

時計ケース

手巻き時計本体に搭載されている竜頭にはとても重要な役割が備わっています。

愛好家ならご存知の本体ケースの横部分にあるツマミが竜頭です。

多くの手巻き時計の3時の位置にあるので見たことがある方も多いでしょう。

竜頭は3つのことをこなす機能が備わっていますが、それぞれ竜頭の位置を変える設定をしてください。

竜頭は通常時・1段階・2段階と手でつまんで引き出すことで3段階に分けて使い分けることができます

一番浅い位置

時間

手巻き時計で時間を見た際に実際の時間と異なっていた場合は竜頭を引きだして調節してみましょう。

時刻を合わせる場合は竜頭をいちばん引き出した状態で右方向に進めて調整していきます

微調整も効くので多少の時刻のずれも合わせやすいでしょう。

また、左へ回すことはあまりおすすめできません。

本来右方向へ回す仕組みなので左回りで調整することは手巻き時計へ負荷がかかるので、やめたほうが無難です。

真ん中の位置

日付

手巻き時計を購入したらカレンダー機能で日付などを設定しましょう。

竜頭を1段階引き出すとカレンダーを設定できます。

感覚的に竜頭を少し引き出せばカレンダーを調整できるので、日付を合わせましょう

曜日が設定できる手巻き時計ならば曜日もカレンダー通り竜頭で設定してください。

設定

カレンダー機能で日付や曜日を設定する際に注意することがあります。

約午後8時ころ~午前4時ころは日付車や曜日車が時間をかけて動作しているからです。

この時間帯は明日のために日付や曜日を変更させるために実は歯車が働いています。

歯車が動いている時に竜頭で日付を変更させれば負荷が倍増するのでおすすめできません。

故障を避けるには設定する時間帯を確認してください。

一番奥の位置

竜頭

手巻き時計の竜頭が購入時のままであればゼンマイを巻くことができる状態になっています。

手巻き時計の醍醐味である竜頭を回すことで時計の機能がフルに活用できるようになるのでやらない手はありません。

竜頭は巻き止まりまで巻くことで終了になりますが、その感覚は手巻き時計によっては止まって動かないものや跳ね返してくるようなものまであります。

いち早く巻き終わりの感覚を覚えて巻きすぎを避けることをおすすめします。

高級時計

感覚がわからないからといっていつまでも巻いていると破損してしまうことがあるので注意してください。

手巻き時計だからとはいえ、頻繁に竜頭を巻きすぎるとゼンマイに過度な負荷がかかりやすくなります

高級で人気のある手巻き時計をせっかく購入しても粗雑に扱わないように気を付けてください。

おすすめの手巻き時計でオシャレ度を上げる

手巻き時計 おしゃれ
MillenaryWatches

ここまで手巻き時計についておすすめのブランドや人気ランキング、魅力などの情報をお届けしてきました。

自動巻きの時計と比較しても手巻き時計はさまざまブランドの長きにわたる熟練の技術を踏襲し、さらに新しさを取り入れている優れものです。

性能はさることながらおしゃれでかっこいいいおすすめ手巻き時計もたくさんあります。

気になる手巻き時計を手にしてお好きなシーンで時を刻んでください

さすけん

この記事のライター

さすけん

30代/男性 営業職を10年ほど経験した後、以前から興味のあったWEBを習得するために勉学に励む。現在はWEB系の仕事とRichWatchにて時計関連のライターを兼業しています。時計に関して興味がありいくつかのコレクションもあります。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連するキーワード

手巻き時計の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード