クォーツショックとは?年代別での歴史や海外の反応まで徹底解説!

お気に入りに追加

腕時計の歴史で一番驚きの出来事が日本から起こりました。クォーツショックと呼ばれる出来事です。機械式腕時計が全盛の1969年に日本のセイコーが世界初のクオーツ式腕時計を発表しました。セイコーのクォーツショックから機械式腕時計の歴史は大きく変わっていきます。

クォーツショックとは?年代別での歴史や海外の反応まで徹底解説!

目次

  1. クォーツショックとは?年代別の歴史から海外の反応まで
  2. クォーツショックとは?セイコーが成し遂げた偉業
  3. クォーツショックはどのようにして起こった?年代別で歴史を徹底解説
  4. クォーツショックの海外の反応は?
  5. セイコーのクォーツショック 3つのメリット
  6. クォーツショックで敗れたスイスの復活
  7. クォーツショックは機械式時計の発展に必要だった

クォーツショックとは?年代別の歴史から海外の反応まで

クォーツショックとは?年代別の歴史から海外の反応まで
出典: item.rakuten.co.jp

腕時計の歴史で最も画期的な出来事が1969年にわが国日本から起こりました。

クォーツショックという出来事で今まで腕時計の主流であった機械式ムーブメントに取って代わる水晶クォーツ式高精度腕時計を日本のメーカー、セイコーが世界で始めて開発しました。

これによって腕時計の世界は劇的に変化していきます。

クォーツショックとは?セイコーが成し遂げた偉業

クォーツショックとは?セイコーが成し遂げた偉業
出典: item.rakuten.co.jp

クォーツショックとはどのような出来事だったのかというと、今までは腕時計のムーブメントは手巻き式か機械式自動巻きが全てで全ての腕時計に採用されて来ました。

しかし日本の時計メーカー、セイコーが世界で始めての水晶発振式で電池を動力とする高精度水晶クォーツ式高精度腕時計を発売したことで、時計製造の歴史に革命的なことが起こりました。

1969年セイコーが起こした時計界の革命

1969年セイコーが起こした時計界の革命
出典: item.rakuten.co.jp

1969年日本の腕時計メーカー、セイコーは水面下で開発を進めていた水晶発振を原理として電池で駆動する特徴を持った水晶クォーツ式高精度ムーブメントの発売に踏み切り、世界初のアストロンという腕時計を発表しました。

高価な腕時計でしたがセイコーがその後特許を公開すると海外の反応が変わり、瞬く間に全世界で採用されるようになって腕時計の歴史は変わってしまいました。

セイコーアストロンのスペック

アストロンのスペック
出典: www.seikowatches.com

発表当時、自動車一台分より高価だったアストロンですが、その特徴とクオリティは全世界が驚愕するようなハイスペックでした。

その当時の機械式時計の誤差は日差-5秒~+8秒でしたが、アストロンは銀電池で一年以上駆動し、月差で誤差が±3秒以内という前代未聞の水晶発振を使った高精度、ものすごいスペックでした。

機械式時計をしのぐ精度で世界を席巻

機械式時計をしのぐ精度で世界を席巻
出典: ja.wikipedia.org

この当時のことを考えるとセイコーアストロンが実現したハイスペックは特徴的で、機械式ムーブメントでは日差 -5秒~+8秒 といったところが限界でした。

しかし機械時計を大幅にしのぐ高精度をアストロンは実現し 月差±3秒以内という快挙を成し遂げ、それからクォーツムーブメントは世界を席捲する事になります。

東京オリンピックの成功でさらに加速

東京オリンピックの成功でさらに加速
出典: www.google.com

さらにセイコーの名前を世界に知らしめたのが、アストロン発表のの5年前に行われた東京オリンピックでセイコーが公式計測時計を任されたことです。

この大事業をセイコーは一つのミスもなく見事にやり遂げ、セイコーのクォーツ開発への大きな足がかりとなりました。

デジタル化で価格競争が激化

デジタル化で価格競争が激化
出典: www.amazon.co.jp

そして腕時計がクォーツ主流になってくるとセイコーは腕時計のデジタル化に取り組み始め、1973年に機械部品を一切持たない特徴的な6桁表示の液晶デジタルウォッチをこれも世界で始めて発表します。

それから時計ムーブメントが他社へも外販されるようになり、量産が増えた事によるコストダウンが進み、世界的に腕時計の価格競争が激しくなります。

SNKE01(セイコー5)のレビュー!価格や特徴、評価まで調査してみた!

あわせて読みたい

SNKE01(セイコー5)のレビュー!価格や特徴、評価まで調査してみた!

SEIKOの機械式時計の中でも、コストパフォーマンスに優れていて、高性能で人気のセイコー5シリーズ。今回はそのセイコー5 「SNKE01」の人気の秘密を調査してみました。「SNKE01」シリーズの価格や特徴もご紹介していきたいと思います。

クォーツショックはどのようにして起こった?年代別で歴史を徹底解説

クォーツショックはどのようにして起こった?年代別で歴史を徹底解説
出典: www.seikowatches.com

ここでクォーツショックが起こるまでの腕時計の進化の歴史はどういったものだったのかを腕時計のムーブメントの歴史で見てみましょう。

年代

出来事

1927年

アメリカのマリソンがクォーツムーブメントの開発に成功
 

1937年

日本の古賀逸策が国産第一号のクォーツ時計を開発

1958年

セイコーが放送局用水晶時計を開発

1964年

セイコーが東京オリンピックの公式計測時計を担当

1967年

コンクールにセイコーとスイスのCEHがクォーツ時計のプロトタイプを出展

クォーツムーブメントの開発は1927年に成功

クォーツムーブメントの開発は1927年に成功
出典: www.goodspress.jp

クォーツ時計のムーブメント自体は1927年にアメリカのメーカー、マリソンが始めて開発に成功していましたが、特徴的な問題で一般に製品化はできませんでした。

一方、日本も1937年に古賀逸策が日本で初のクォーツムーブメントを開発、水晶振動子を使った時計のクォーツ化が始まっていきます。

クォーツショック以前の時計業界

クォーツショック以前の時計業界
出典: www.amazon.co.jp

クォーツショックが1969年に起こる以前の腕時計業界は手巻き・自動巻きの機械式ムーブメントが全盛を誇り、特徴的な腕時計が数々と発表されていました。

ロレックスやオメガなどスイス、ドイツの時計職人が常に機械式ムーブメントの研究に取り組んでいた時代でした。

CEH社との競争に勝ちセイコーがアストロンを発表

CEH社との競争に勝ちセイコーがアストロンを発表
出典: www.seikowatches.com

1967年のニューシャテル天文台コンクールに日本のセイコーとスイスの時計メーカーCHE社がクォーツ時計のプロトタイプを出品し、その後世界初のクォーツウォッチの製品化をめぐってこの2社は熾烈な競争を繰り広げることになります。

しかし1969年にセイコーが先んじて世界初のクォーツ時計アストロンを発表、CHE社との競争に勝利します。

1970年ラドー・オメガなどがセイコーに続きクォーツウォッチを発表

1970年ラドー・オメガなどがクォーツウォッチを発表
出典: www.amazon.co.jp

もちろん他のメーカーの反応も黙って指をくわえて見ていたわけではなく、翌1970年のバーゼルフェアにはスイスのラドー、オメガなどがアナログクォーツウォッチを出品しています。

こういった動きは世界中に広まり、機械式腕時計からクォーツ式腕時計に世界の相関図が変わって行き、クォーツ腕時計量産の波が機械式時計を凌駕していきます。

1980年代前半スイス・アメリカの時計業界が大打撃

1980年代前半スイス・アメリカの時計業界が大打撃
出典: yoshida.gressive.jp

1980年に腕時計の全体生産台数で日本がスイスを抜いて世界1位になり、これらの台数の多くが輸出に当てられました。

結果、伝統に重きを置いていたスイス・アメリカの時計産業はクォーツ化への対応が遅れて壊滅的な打撃を受けてしまいます。

1980年代中盤に機械式時計の人気が復活

1980年代中盤に機械式時計の人気が復活
出典: www.alange-soehne.com

しかし1980年代後半から徐々にですが、いったんはクォーツ式に駆逐された感のある機械式腕時計が人気を盛り返し、機械式ならではの趣味性を生かした工芸品として復活を遂げます。

趣味性の高い富裕層の購買意欲を刺激するラグジュアリー時計ブランドとして、機械式時計はビジネスとしても再び成功を収めます

クォーツショックの海外の反応は?

クォーツショックの海外の反応は?
出典: www.seikowatches.com

こうして腕時計の歴史を劇的に塗り替えることになったクォーツショックですが、海外とりわけスイス・アメリカへの打撃は相当なものでした。

クォーツショック以後、腕時計はクォーツ化がどんどん進み、日本がスイスに変わって世界の時計王国になっていきます。

クォーツショクに対する海外の反応を見てみます。

1980年、時計王国スイスが2位に

1980年、時計王国スイスが2位に
出典: www.amazon.co.jp

クォーツ化の波で象徴的な出来事が1980年、それまで腕時計製造数では世界一の座を譲ったことがなかったスイスが、日本に製造台数で抜かれて2位に甘んじる結果となりました。

世界一の座を獲得した日本はやはり腕時計のクォーツ化で一歩も二歩も先を走っており、起こるべくして交代は起こったものと言えます。

アメリカのウォルサムが日本企業に買収

アメリカのウォルサムが日本企業に買収
出典: www.gressive.jp

アメリカの老舗時計メーカーのウォルサムが1958年に一般腕時計からの撤退を決め、それ以後は会社再編生後に小規模ながら腕時計の製造を手がけていました。

そのウォルサムが日本の商社に買収され、一時は傘下になりましたが、現在は日本の平和堂貿易の子会社として独立経営しています。

スイス・アメリカの大衆メカ時計産業が壊滅

スイス・アメリカの大衆メカ時計産業が壊滅
出典: sundaylife.jp

セイコーが水晶クォーツ式ムーブメントの量産を始めて、腕時計の大量生産ができるようになると、セイコーは腕時計の輸出に力を入れ始めます。

アジア圏やヨーロッパなどの商圏は日本製ムーブメントに席巻される事になります。

その結果、特にスイスとアメリカの大衆メカ時計産業がまったく売れなくなり、壊滅的打撃を受けることになります。

先端技術や戦略が遅れたことも痛手に

先端技術や戦略が遅れたことも痛手に
出典: item.rakuten.co.jp

またスイスとアメリカの時計産業の大きな誤算としては、例えばセイコーは世界初のクォーツ式腕時計を発表すると、すぐにデジタル式の機械式ではない腕時計の研究に入りデジタル腕時計をこれも世界初で発表しました。

しかしスイス・アメリカは伝統にこだわるあまりデジタル化への対応が大幅に後れを取り、先端技術と戦略で出遅れたことが痛手になっています。

セイコーのクォーツショック 3つのメリット

クォーツショック 3つのメリット
出典: www.seikowatches.com

腕時計の歴史の中で最も大きな革命といわれるクォーツショックですが、クォーツショックが起こったことで腕時計の歴史にはどのようなメリットがあったのでしょうか。

クオーツショックが起こったことで変化した腕時計の歴史に対するメリットを大きく3つに捉えてみてみましょう。

誤差が少ない時計が量産

誤差が少ない時計が量産
出典: www.seikowatches.com

今までの腕時計は機械式ムーブメントが主流で多少の狂いが出るが、動力源が不要でゼンマイを巻き上げるだけで駆動するため安定した動作が特徴でした。

しかしクォーツ式ムーブメントの登場で機械式よりも誤差の救いない腕時計が製造され、しかも量産が可能になったことは大きな進歩と言えます。

機械式時計の良さに注目が集まる

機械式時計の良さに注目が集まる
出典: www.amazon.co.jp

またクォーツ腕時計の登場で機械式腕時計よりも正確な時計が主流になると同時に、機械式腕時計の良さを見直す動きも出てきたことは事実です。

ただ単に時を刻むだけではなく、所有する者を引き付ける魅力にあふれた時計です。

時計職人に技術の粋を凝らしたモノとしての魅力にあふれた機械式腕時計は、モノを所有する魅力に溢れた趣味的な工芸品として再び脚光を浴びることになります。

安価で時計を手にすることができる

安価で時計を手にすることができる
出典: www.amazon.co.jp

そしてクォーツ式ムーブメントをセイコーが特許を開放したことによって全世界のメーカーがクォーツ時計を製造できるようになり、ムーブメントの低価格化で機械式腕時計の時代よりも安価に腕時計を手にする事ができます。

以前は階層の高い人たちの持ち物だった腕時計に市民権を与え、誰でも手に取ることができる時計に腕時計を導いたのはクォーツショックの大きな功績と言えます。

クォーツショックで敗れたスイスの復活

クォーツショックで敗れたスイスの復活
出典: ja.wikipedia.org

クォーツショックで一番の影響を受け、時計事業そのものが危機に陥った国はスイスといえるでしょう。

以前は世界一の時計王国だったスイスが日本にその座を取って代わられ、時計事業の存続が難しくなったスイスが再び復活を遂げたのにはどういった理由があるのでしょう。

1983年にSMHを設立

1983年にSMHを設立
出典: www.swatchgroup.jp

この逆境に対してスイスは業界の統合を図り、オメガ・ティソを主体としたSSIHとロンジン・ラドーを主体としたASUAGを合併させて新組織SMHを設立します。

生産・マーケティングの両面での合理化を図るもので早急な取り組みが必要でした。

生産システムを合理的に再構築するのと、新規マーケティング戦略が合併の大きな狙いでスイスは新たな戦略で復活を目指します。

スウォッチの大ヒット

スウォッチの大ヒット
出典: www.swatchgroup.jp

そして新組織の新たなマーケティング戦略の第一弾として1983年に新たな新風を吹き込むスウォッチをマーケットに投入します。

スウォッチのメインとする大きなテーマは、低価格でオシャレでスマート、しかも付加価値が高い腕時計という新たなビジネスモデルを作り出し、このテーマは皆に受け入れられ世界中で大ヒットしました。

ETAムーブメントの活用

ETAムーブメントの活用
出典: www.amazon.co.jp

さらにSMHはこれまで各ブランドは独自にムーブメントを製造していましたが、SMHはこれを集約し、全てのブランドのムーブメント製造をETA社1本に統一する事で、ETAムーブメントの徹底活用を行いました。

これで大幅なコスト削減が実現し、逆にオメガなどには機械式腕時計の充実を指示するなど、付加価値を刷新する事に成功し、スイスの時計工業を復活に導くのです。

機械式はラグジュアリー時計として復活

機械式はラグジュアリー時計として復活
出典: www.amazon.co.jp

そしてスイスの時計業界はクォーツ全盛になって地味でしたが逆に人気を取り戻していた機械式腕時計の復活にも目を向けており、機械式腕時計の生産にも決して手を抜きませんでした。

腕時計職人が作り出す精巧な機械の美しさや、彫金やケースの装飾などに目立つ芸術的加工でラグジュアリー時計ブランドビジネスとして機械式腕時計は復活しました。

クォーツショックは機械式時計の発展に必要だった

クォーツショックは機械式時計の発展に必要だった
出典: www.amazon.co.jp

1969年に日本の時計メーカー、セイコーが起こした腕時計にとっての革命的な出来事クォーツショックはこれまでの腕時計の常識を覆し、世界中の腕時計の歴史を大きく塗り替える革命として刻まれています。

さらにクォーツ腕時計は時計の量産化を生み、今までの機械式時計の衰退も生みはしましたが、結果的に機械式時計は独自の発展を遂げ、新しく蘇っています。

クォーツショックは機械式時計の発展に必要だった
出典: www.seikowatches.com

しかし、結果としてはクォーツ腕時計の歴史的誕生は、腕時計の普及につながり今や一般的なものとしてほとんどの人たちが所有しています。

さらに独特な文化として工芸品的な進化を遂げた機械式腕時計は更なるブームとして復興を遂げています。

クォーツショックは機械式腕時計の発展に必要な出来事だったと言えます。

kosinec

この記事のライター

kosinec

3年前からライターを始め、幅広い分野で執筆させていただいてます。 好きな分野は音楽、時計、文学、釣りなどです。 また食べ歩きも好きなので、少しメタボなのが心配事です。 そんな私なのでよろしくお願いします。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ステンレススチールの時計が高い4つの理由!ステンレスとスチールの違いも解説!

時計の基礎知識

ステンレススチールの時計が高い4つの理由!ステンレスとスチールの違いも解説!

時計の材質に使われているステンレススチールとはどのような素材なのでしょうか。ステンレススチールとスチールの成分や加工のしやすさ、硬さなどの特徴と時計に使用するメリットを解説するとともに、自宅でできるステンレススチール製時計のお手入れ方法も一緒に紹介します。

フラッシュフィットとは何?ロレックスやオメガの弓管で交換や加工はできる?

時計の基礎知識

フラッシュフィットとは何?ロレックスやオメガの弓管で交換や加工はできる?

フラッシュフィットはロレックスが独自に名付けた時計の部品です。この記事ではフラッシュフィットについての説明と、加工や自分での製作は可能かについて解説します。またフラッシュフィットの交換方法も説明していますので、交換時の参考にしてみてください。

1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは?答えを解説

時計の基礎知識

1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは?答えを解説

ポイ活で出題された「1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは?」という問題と、その答えを解説します。1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは4択の問題でした。答えのメーカーについて、その歴史も説明します。

浅岡 肇(独立時計師)の時計全まとめ!本やFacebookまで調査してみた!

時計の基礎知識

浅岡 肇(独立時計師)の時計全まとめ!本やFacebookまで調査してみた!

浅岡 肇氏は世界でも数少ない独立時計技師です。企業には属さず個人で腕時計を製作し、最高難度のトゥールビヨンを日本で初めて、しかも独学で制作に成功した人でもあります。代表的な作品や著書だけでなくFacebookも通して浅岡 肇氏の世界を調査してみました。

アンティークウォッチマン(アンティーウオッチマン)に偽物時計があるって本当?評価・口コミから調査!

時計の基礎知識

アンティークウォッチマン(アンティーウオッチマン)に偽物時計があるって本当?評価・口コミから調査!

アンティーウオッチマン(アンティークウォッチマン)は時計専門の委託通販マーケットです。今回は売買の仲介や価格交渉、修理受付などに対応するアンティーウオッチマン(アンティークウォッチマン)を特集しました。偽物があるの?との口コミもあるため徹底調査しています。

フライングトゥールビヨンの他モデルとの違いは?安い値段のモデル4選も紹介!

時計の基礎知識

フライングトゥールビヨンの他モデルとの違いは?安い値段のモデル4選も紹介!

腕時計のゼンマイ維持と脱進機に、一定した動きを与える事で精度を維持する機構があり、それをトゥールビヨンと呼びます。トゥールビヨンに視覚的な効果を与えるために考案されたのがフライングトゥールビヨンといいます。ここではフライングトゥールビヨンについて紹介します。

並行輸入品とは何?偽物?正規輸入品との違いやメリットデメリット、違法性まで解説!

時計の基礎知識

並行輸入品とは何?偽物?正規輸入品との違いやメリットデメリット、違法性まで解説!

ネットショップなどでよく見かける並行輸入品とは価格が安いのでコピー商品ではないかと思われがちですが実際は本物であることの方が多いです。この記事では、並行輸入品とは?についての解説やメリットデメリット、並行輸入品で購入するのがおすすめのモデルまでご紹介します。

ドンキホーテの時計が安い理由は偽物だから?ドンキで買うメリットデメリットを解説!

時計の基礎知識

ドンキホーテの時計が安い理由は偽物だから?ドンキで買うメリットデメリットを解説!

日本で有名なディスカウントショップ「ドンキホーテ」では、安い値段で時計を購入できます。安いからといって偽物ではありません。ドンキホーテは本物を販売し、アフターサービスも行っています。ドンキホーテで買える時計について、メリットやデメリットと共に解説します。

フィリップ デュフォーとはどんな人?時計のブランドや歴史を徹底解説!

時計の基礎知識

フィリップ デュフォーとはどんな人?時計のブランドや歴史を徹底解説!

フィリップ デュフォー氏は独立時計師として数々の精巧で複雑な腕時計を生み出してきました。そんな時計界の神ともいえる一流職人はどんな生い立ちを経てその地位を手に入れたのでしょうか?今回はフィリップ デュフォーの経歴や生み出した時計についてまとめました。

時の記念日(6月10日)とはどんな日?由来や意味、子供への伝え方も解説!

時計の基礎知識

時の記念日(6月10日)とはどんな日?由来や意味、子供への伝え方も解説!

6月10日は時の記念日です。時の記念日はどういった由来や意味がある日なのか、また、子供への伝え方や過ごし方、おすすめの本などもご紹介します。普段当たり前になっていて、あまり意識しない「時」の大切さについて考えてみましょう。

時計の基礎知識の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード