14060M(ロレックス サブマリーナー)をレビュー!評価や14060との違いも解説!

お気に入りに追加

ロレックスのサブマリーナー14060Mは2000年から2012年に製造されていたダイバーウォッチです。シンプルな14060M(ロレックス サブマリーナー)は今でも人気があり、1953年に製造された特徴を継いでいます。今回は14060との違いも解説します。

14060M(ロレックス サブマリーナー)をレビュー!評価や14060との違いも解説!

目次

  1. 14060M(ロレックス サブマリーナー)の魅力を徹底紹介
  2. 14060M(ロレックス サブマリーナー)をレビュー
  3. 14060M(ロレックス サブマリーナー)の評価まとめ
  4. 14060M(ロレックス サブマリーナー)と14060との違い
  5. 14060M(ロレックス サブマリーナー)の買取・販売価格の動向
  6. 14060M(ロレックス サブマリーナー)K・V・G番の違いは?
  7. 14060M(ロレックス サブマリーナー)は価格高騰中のおすすめモデル

14060M(ロレックス サブマリーナー)の魅力を徹底紹介

14060M(ロレックス サブマリーナー)の魅力を徹底紹介
出典: www.google.com

ロレックスのサブマリーナーの歴史は古く、1953年に初登場してから人気のある機種になります。

また、ダイバーウォッチとして多くのリファレンス(型番)モデルが存在します。

しかし、この記事では14060Mに絞って解説していきます。

”30日間無料”で高級腕時計をレンタル

ロレックス
30日間無料でレンタル
0円 (税込)
KARITOKEで詳細を見る
会員数3万人突破記念!初月無料キャンペーン

✓新規登録で30日間レンタル料が無料

✓2か月目は料金が20%オフ

✓品揃え・支持率・満足度は業界NO.1

 

【腕時計レンタルサービスKARITOKEとは?】

1. 国内最大の50ブランド×1,300種類以上をレンタル

2. 無期限レンタル・月1回の交換の両方が可能

3. 「安心キズ保証」などのサポートが充実

 

◆通常価格21,780円(税込)のEXECTIVE PLANも初月無料・2ケ月目20%オフ

    \登録から解約までのレビュー/ 

カリトケ(KARITOKE)の評判は?実体験レビューと口コミを紹介

あわせて読みたい

カリトケ(KARITOKE)の評判は?実体験レビューと口コミを紹介

高級腕時計をレンタルできるカリトケ(KARITOKE)は、業界最安値でロレックスやオメガを借りられると評判のサービスです。今回はカリトケ(KARITOKE)の評判と実際に使ってみたレビュー、気になる口コミも調べました。カリトケの評判を知りたい方必見です!

14060M(ロレックス サブマリーナー)をレビュー

ダイバーウォッチとして人気の14060M(ロレックス サブマリーナー)は、2007年にクロノメーター仕様になりました。

クロノメーターというのは高品質、精度の高さを表します。

変化しつつも人気の14060M(ロレックス サブマリーナー)を紹介していきます。

14060Mの特徴

14060Mの特徴
出典: www.amazon.co.jp

ロレックスの人気機種サブマリーナー14060Mについてシンプルなデザインが好きだという人が多く、新型サブマリーナーより愛されています。

どんな特徴があるのかを紹介しましょう。

テンプを2つで支えるので安定性が向上

テンプを2つで支えるので安定性が向上
出典: cocoon-watch.at.webry.info

ロレックスのサブマリーナー14060Mはクォーツで動いているわけではなくテンプで動いています。

それまではこのテンプを1つの柱で動かしていたのですが、2つの柱の支えになったことで巻き上げ効率がよくなり、安定性も増しました

6時位置の王冠の透かしが絶妙

6時位置の王冠の透かしが絶妙
出典: www.google.com

ロレックス サブマリーナー14060M以前は14060という型番で、外見にそれほど差はなかったのですが、14060にはなかった王冠の透かしが入りました。

14060Mになり、風防の6時位置にロレックスの王冠マークがレーザーで彫られています

6時位置の王冠の透かしが絶妙
出典: www.google.com

かなり小さいので肉眼では確認することは難しいですが、ルーペなどで見ることができます。

王冠の透かしマークは偽造防止の一環として取り入れられました

14060Mの実機レビュー

14060Mの実機レビュー
出典: www.google.com

2020年現在でも高騰している14060Mですが、実際に愛用している人の声はどのようなものか気になりますね。

14060Mとはどんな機種なのかをレビューしていきます。

機能性や視認性は申し分なし

機能性や視認性は申し分なし
eda.c

ロレックスのサブマリーナー14060Mは、シンプルな外見ももちろんのこと、その評価を押し上げているのは機能性です。

視認性にも優れ、ダイバーウォッチらしく防水性も抜群

シンプルさが好きというユーザーが多い時計です。

ビジネスシーンでも使用可能

ビジネスシーンでも使用可能
出典: www.google.com

14060M(ロレックス サブマリーナー)はカジュアルな時計だと言えますが、ビジネスでも使える機種でもあります。

ノンデイトでシンプルなところも愛されている理由です。

アンティークになるのが楽しみなダイバーウォッチでしょう。

旧型ブレスだが装着感は上々

旧型ブレスだが装着感は上々
出典: www.google.com

14060M(ロレックスサブマリーナ)は旧型ですが、装着感がとてもよく、寝ているときにつけていても違和感がありません。

軽くて丈夫なので、どんなときでも着けていられるのが特徴です。

14060Mの基本情報

ムーブメント

自動巻き クロノメーター

キャリバー

Cal.3130

振動数 

28,800振動

パワーリザーブ

48時間

風防

サファイアクリスタル

重量

約125g

ロレックス サブマリーナー14060Mは2007〜2011年と、それ以前では少し違いがあります。

2007年以前はノンクロノメーターでしたが、それ以前はクロノメーター化されています。

クロノメーターは規格のことであり、品質の保証のことです。

さらに、インナーリング(ケースの内側)に刻印されるようになったため、2007〜2011年までの14060Mがより人気になっています。

※画像の左側のほうに刻印がうっすらとですが見えます。

ロレックスサブマリーナデイトはどんな時計?評価や人気モデルの選び方も紹介!

あわせて読みたい

ロレックスサブマリーナデイトはどんな時計?評価や人気モデルの選び方も紹介!

ロレックスサブマリーナデイトの特徴、そして、人気モデルや歴代モデルを徹底解説します。また、ロレックスサブマリーナデイトの選び方や中古の相場についても詳しく紹介します。さらに、ロレックスサブマリーナデイトを愛用している芸能人も紹介します。

14060M(ロレックス サブマリーナー)の評価まとめ

14060M(ロレックス サブマリーナー)は薄くて軽い

ゴツいイメージの14060Mですが、ケースの厚みは12.5mm、重量は約125gと腕にフィットするサイズです。

見た目だけではなく、高品質であるというクロノメーターの規格により、日差の精度も上がっています。

シンプルで日本人の腕にはぴったり

40代 男性
40代 男性

大きさも丁度いい

評価:

旧型なので丈夫さは折り紙付きだし、ブレスレット部分が旧型のせいか、なぜかぴったりで腕に隙間が出ないのがいい。アンティークさも気に入っているので、新しい時計を購入しても、結局14060Mに戻ってしまう。

30代 男性
30代 男性

素晴らしいのひとこと

評価:

ロレックスの原点と思える1本。今後のロレックスはむやみに豪華になっていくように思うので、これが最後のロレックスらしさと思います。伝統的なデザインに惹かれているので、大切にしたいと思います。

1950年代に登場したサブマリーナーは70年を経ても人気があるのは、はじめから完成度の高い機種だったからではないでしょうか?

そして、今も高騰している価格を考えると古くても素晴らしいロレックスなのだと言えるでしょう。

オンオフで使える

50代 男性
50代 男性

美しい

評価:

現行のサブマリーナーに比べ、14060Mはシンプルなデザインが気に入っています。機能性、操作性も何も問題なく使えます。また、スーツにも普段着にも合うのでいつでも身につけています。

20代 男性
20代 男性

新型より旧型

評価:

新しいサブマリーナー114060のラグ幅がどうしても気に入ることができず、14060Mを購入しました。田舎の正規店にあったのですぐに購入しました。サブマリーナーはこれしかないと思っています。

口コミを見ると14060Mの人気が高いことが伺えます。

価格.comでは43人のレビューのうち、93パーセントが星5つ、あとの7パーセントは星4つですから、満足度も高いですね。

14060Mの高騰

14060Mは2017年頃から急に高騰しています。

中古でも欲しい人に対して、買取の本数が少ないということもあるのでしょうが、購入した人が手放さないということでもあるのでは。

デザイン性、機能性とともに優れた14060Mの実力というところでしょうか。

16610(ロレックスサブマリーナ)と116610の8つの違い!買取価格や相場も調査!

あわせて読みたい

16610(ロレックスサブマリーナ)と116610の8つの違い!買取価格や相場も調査!

ロレックスのダイバーズといえばサブマリーナで、特にプロダイバーからの信頼は絶大です。中でも1989年のRef.16610と2010年のRef.116610は見分けが付きにくいモデルです。新旧モデルにはどう違うのか、16610と116610の違いを見てみます。

14060M(ロレックス サブマリーナー)と14060との違い

14060M

14060

モデル

14060M(ロレックスサブマリーナ) 14060(ロレックスサブマリーナ)

ムーブメント

Cal.3130

Cal.3000

竜頭(リューズ)

右回りで針が進む

左回りで針が進む

王冠の透かし

外見上では14060Mと14060はまったく見分けがつきません

しかし、機能面での違い、また見た目の違いがあるので、解説していきます。

ムーブメントがCal.3000から3130へ

ムーブメントがCal.3000から3130へ
出典: www.google.com

14060に使用されていたCal.3000は1990当時、ロレックスの最高技術で生産されたものですが、10年ほどで短命なキャリバーになりました。

しかし、Cal.3000はペルラージュ装飾(うろこ状の模様)が施されており、見た目が美しいキャリバーでした。

それに対して14060Mのキャリバーは3130となり、テンプの支えが2本となり安定性が増しました。

精度やメンテナンス性もアップしたのです。

竜頭(リューズ)を回す方向が違う

竜頭(リューズ)を回す方向が違う
出典: www.google.com

ロレックス サブマリーナー14060Mと14060の違いは、竜頭(リューズ)を回す方向が変わっています。

14060は左に回すことによって針が進み、14060Mは右に回すことによって針が進むのです。

王冠の透かしマークの違い

王冠の透かしマークの違い
出典: www.google.com

14060Mと14060の差として、風防にロレックスのロゴである王冠マークが風防の6時位置にレーザーで彫られたという変化があります。

これは偽造防止のためであり、2004年以降、ミルガウスの116400GV以外のすべてに王冠の透かしマークが入っています。

116613LB(ロレックスサブマリーナ)をレビュー!買取相場なども解説!

あわせて読みたい

116613LB(ロレックスサブマリーナ)をレビュー!買取相場なども解説!

ロレックスの中でも大人気モデルのサブマリーナのブルー文字盤「116613LB」は、美しい文字盤の色合いなので世界的に絶大な人気を博しています。この記事では、サブマリーナ 「116613LB」をレビューして買取相場などを解説します。

14060M(ロレックス サブマリーナー)の買取・販売価格の動向

14060M(ロレックス サブマリーナー)の買取・販売価格の動向
HutchRock

14060Mは魅力的な機種なので、中古の買取や販売の価格が気になります

現在14060Mを所持している人は買取の際にどのくらいの価値があるのか、中古の14060Mを購入したい人にとってどのくらいの価格なのかを調べてみました。

14060Mの買取額動向

最安値

最高値

平均額

2015年

420,000円

490,000円

455,000円

2016年

440,000円

500,000円

470,000円

2017年

396,000円

468,000円

432,000円

2018年

420,000円

750,000円

585,000円

2019年

440,000円

800,000円

620,000円

2020年

ロレックスの旧型のサブマリーナー14060Mの中古の買取価格の推移を見ると、2015年、2016年は最安値と最高値の買取の価格差は6〜7万円程度になっていますが、2017年以降は価格差が大きくなっています。

売却を考えたときは、店舗をひとつに決めずに、何店舗か査定をしてもらい、高額値のところで売却するのがいいでしょう。

また、絶対ではありませんが地方よりも激戦区の東京近郊のほうが、中古の買取価格が高くなる可能性があります。

少しでも高く買取ってもらうために、売却を考えている場合の参考にしてください。

14060Mの販売額動向

かめ吉

869,850円

TheWatchCompany

932,801円

銀座NJタイム

948,000円

セブンアワーズ

998,000円

楽天

878,000円〜

ジャックロード

698,000円

クロノ24

740,000円〜

14060Mは中古といっても人気の型番なので、軒並み高値という印象です。

60万円台のものはほとんど売り切れですし、安くても70万円台から、高いものだと100万円を超すものもあります。

年代や状態によって金額が変わりますが、中古で14060Mを購入する場合は実際店舗を訪れて自分の目で確認したほうが間違いないでしょう。

ロレックスサブマリーナの偽物の値段(価格)と販売先は?見分け方も解説!

あわせて読みたい

ロレックスサブマリーナの偽物の値段(価格)と販売先は?見分け方も解説!

ロレックスサブマリーナはロレックスの中でも人気の高いモデルです。そのため偽物も多く出回っており、残念ながら購入してしまう危険もあります。ロレックスサブマリーナの偽物の値段や販売先などの情報、本物と偽物の見分け方について、詳しくご紹介します。

14060M(ロレックス サブマリーナー)K・V・G番の違いは?

ロレックス サブマリーナーの14060Mを調べているとG番、V番などの数字が出てきます。

一体なんなのかというと最終品番(シリアルナンバー)のことです。

まず、ロレックスのサブマリーナー14060Mの製造された時期というのがあります。

14060M(ロレックス サブマリーナー)K・V・G番の違いは?
出典: www.google.com

サブマリーナーがモデルチェンジをしたとします。

すると普通は新しいサブマリーナーが欲しいとなり、それまでの機種は旧型になるので、人気が落ちそうですが、ロレックスなどブランド力があるものは、逆に旧型が人気になる傾向があります

しかし、人気の旧型といってもあまり古いものだと、買ってすぐに修理を必要とする可能性が出てきます。

それゆえ、中古でもできるだけ新しいものが欲しいという心理が働き、旧型の最終品番(シリアルナンバー)を気にするのです。

ただ、公式からはシリアルナンバーの情報は出ていません。

製造開始はP番台

製造開始はP番台
出典: www.google.com

どのように最終品番(シリアルナンバー)を確認するのかというと、ロレックスはケース部分のサイドに刻印されています。

12時位置にはリファレンスナンバー、6時位置にシリアルナンバーが刻印されているので、そこを見ればいつ製造されたのかが分かります。

ではP番はいつ頃なのかというと、2000年、ちょうど製造が始まったときということになり型番(リファレンスナンバー)は14060になります。

画像はサブマリーナーではないですが、こんな風にシリアルナンバーが刻印されており、普段はブレスレットに隠れていて見えません。

14060MのK番

14060MのK番
出典: www.google.com

ロレックス サブマリーナー14060は2001年から14060Mになり最終品番(シリアルナンバー)はK番に変わりました

K番の14060Mは、個体差はありますが、中古でも約93万円という高値で販売されています。

14060MのV番

14060MのV番
出典: www.google.com

14060MのV番は年数にすると2009年頃になります。

楽天を参考にするとV番も約95万円と、やはりかなり高値がついています。

14060MのG番

14060MのG番
出典: www.google.com

G番は2010年頃になります。

2010年は14060Mの生産終了年でした。

そして、ロレックスのどの時計にも最終品番(シリアルナンバー)がついていましたが、G番以降(2010年〜)はランダムの数字に変更されました

ですから、P番、K番という数字があっても、製造時期は不明になります。

ただ、14060Mが製造されたのは2000年から2011年までの間だけなので、いつ頃のものなのかは判別できるはずです。

30日間無料キャンペーン中のKARITOKE(カリトケ)とは?

30日間無料キャンペーン中のKARITOKE(カリトケ)とは?
出典: prtimes.jp

業界NO.1のKARITOKE(カリトケ)は、腕時計に合わせた5種類のプランを用意していますが、2021年5月31日まで全プラン「初回30日間無料」キャンペーン中です。

初めての腕時計や2本目のモデル、購入前のお試しなど、無料で憧れの腕時計を所有できます。

 \KARITOKEでブランド・モデルを探す/

KARITOKE 公式サイト

2本目の高級時計は「維持費0」のレンタルがお得

2本目の高級時計は「維持費0」のレンタルがお得
出典: karitoke.jp

登録者数3万人を突破したKARITOKE(カリトケ)は、50ブランド1,300種類の腕時計を月額で楽しめるサービスです。

【KARITOKEおすすめシチュエーション】

✓はじめての高級腕時計に

✓2本目、3本目の高級腕時計に

✓購入前のお試しに

◆2021年2月25日~5月31日まで新規登録30日間無料キャンペーン中◆

 \高級腕時計を30日間無料でレンタル/

KARITOKE 公式サイト

登録は1分!レンタルは3ステップ

無料会員登録は2つの項目だけを入力すれば1分で完了します。無料登録だけで初月無料と2か月目20%オフのポイントをもらえます。

【新規登録の手順】

①メールアドレス

②パスワード

登録は1分!レンタルは3ステップ
出典: karitoke.jp

【レンタルまでの手順】

①本人確認書類などをアップロード

②本人確認用の電話を受ける

③好きな腕時計を選ぶ

KARITOKE(カリトケ)は確認書類を提出すれば、審査落ちの心配はほぼありません。

登録は1分!レンタルは3ステップ
出典: karitoke.jp

解約と返却も1分!梱包&コンビニ返送でOK

解約と返却も1分!梱包&コンビニ返送でOK
出典: karitoke.jp

1分で終わる解約手続きは腕時計を返却するだけで完了!

時計を梱包して集荷依頼かコンビニへ持ち込み、着払いで郵送すれば終了です。時計を返却→自動解約できるシステムのおかげで、気軽にロレックスを試せます。

ロレックスは人気ブランドのため、気になるモデルがある人はKARITOKE公式サイトでチェックしましょう。

KARITOKEでロレックスを借りる
グリーンサブマリーナ(ロレックス)のレビュー!定価や愛用芸能人まで調査!

あわせて読みたい

グリーンサブマリーナ(ロレックス)のレビュー!定価や愛用芸能人まで調査!

ロレックスが1953年に製造を開始した大人気モデルであるサブマリーナの中でも印象的なグリーンダイヤルで注目を集めるのがグリーンサブマリーナです。今回はそんなグリーンサブマリーナの魅力や価格といった基本的な情報を調査し、まとめました。是非参考にしてみてください。

14060M(ロレックス サブマリーナー)は価格高騰中のおすすめモデル

14060M(ロレックス サブマリーナー)は価格高騰中のおすすめモデル
出典: shop.r10s.jp

ロレックスの代表的な位置にいるサブマリーナーは、今でも最新モデルとして114060が出ています。

素材もオイスタースチールに代わり、丈夫さを極めています。

しかし、14060Mを愛する人は多く、価格も高騰しているので、そういう点でもおすすめの機種です。

2021年2月6日調査

Rich-Watch編集部

この記事のライター

Rich-Watch編集部

Rich-Watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「Rich-Watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ルノータスの修理が安くて人気な業者3選!口コミも!【2021年最新】

ブランド

ルノータスの修理が安くて人気な業者3選!口コミも!【2021年最新】

ルノータスの時計修理が得意な修理業者を紹介します。またルノータスの修理を公式店に依頼した場合の基本サービスやメンテナンス内容、修理費用についてもまとめました。公式店と修理業者を比較しながら、ルノータスの時計修理に適したお店を選びましょう。

腕時計から始まるサスティナブル!地球に優しいBotanica Watchの魅力

ブランド

腕時計から始まるサスティナブル!地球に優しいBotanica Watchの魅力

今回はクラファン初日で目標金額を達成した”Botanica Watch”を紹介します。腕時計1本に対して1本の植林を行うサスティナブルなブランド”Botanica Watch”の魅力を実機レビュー、優れた装着感と機能の魅力を解説します。

パリ発のモダンなペアウォッチ!アントニオ・ボガティの魅力

ブランド

パリ発のモダンなペアウォッチ!アントニオ・ボガティの魅力

パリ発の「アントニオ・ボガティ」からラグジュアリーなデザインのペアウォッチが日本に上陸しました。「アントニオ・ボガティ」の最新作は男性モデルと女性モデルで針の回り方の違いに特徴があり、2つで1つの時計を描いているようなロマンティックな仕上がりです。

目を見張る美しさ!日本の伝統が生んだ”ドリームウォッチ 漆”の魅力

ブランド

目を見張る美しさ!日本の伝統が生んだ”ドリームウォッチ 漆”の魅力

日本の伝統文化・漆塗りを全世界に発信するプロジェクトとしてWANCHERから漆時計が登場しました。一つ一つ手作業で作り上げていく「ドリームウォッチ 漆」は世界にたった1本のスペシャルな腕時計です。「ドリームウォッチ 漆」の魅力やスペックを存分に楽しみましょう。

フルチタンのダイバーズ!日本初上陸のEndeavour(エンデバー)

ブランド

フルチタンのダイバーズ!日本初上陸のEndeavour(エンデバー)

夏らしいカラーが魅力的なRZEのダイバーズウォッチ・Endeavourが日本に初上陸しました。フルチタンケースで見事な耐久性と軽量さを併せ持つEndeavourは話題沸騰中のダイバーズウォッチです。気分が上がる時計でこの夏に素敵な日々を刻みましょう。

400通りのカスタマイズが可能!スイスブランド”SBW”が日本上陸

ブランド

400通りのカスタマイズが可能!スイスブランド”SBW”が日本上陸

服装や気分に合わせた自在なカスタマイズが魅力的な「SBW」が日本に上陸しました。今回は「SBW」の魅力を存分にお伝えしていきます。細部の加工や素材選びにこだわり抜いたスイスの優れたクオリティとイタリアのデザイン性を紹介します。

ガジェット好き必見!スマートウォッチの常識を変える”Wearbuds Pro”の魅力を紹介

ブランド

ガジェット好き必見!スマートウォッチの常識を変える”Wearbuds Pro”の魅力を紹介

今回紹介するWearbuds Proはより便利でプロフェッショナルなアコースティックワイヤレスウェアラブルとして注目を浴びています。特にWearbuds Proの優れたサウンドと比類なきデザインは他ブランドを圧倒。次世代のスマートウォッチの魅力を味わえます。

スタイリッシュさ抜群!ペアで着けたい”パースペクティブウォッチ”を紹介

ブランド

スタイリッシュさ抜群!ペアで着けたい”パースペクティブウォッチ”を紹介

今回はマレーシア初のデザイナーズ腕時計「パースペクティブウォッチ」を紹介します。ミニマリスト目線で作られたシンプルなデザインは、あらゆるシーンやスタイルにマッチ。パースペクティブウォッチはカスタムできるアイテムなのでプレゼントとしても注目を浴びています。

ペアで楽しむ!職人の技が生み出した”Azusa”の魅力

ブランド

ペアで楽しむ!職人の技が生み出した”Azusa”の魅力

今回は日本製にこだわりクオリティーの高い機械式腕時計を生み出し続ける南安精工から「Azusa」を紹介します。「Azusa」はこだわりの機械式時計を製作しているMade in Japanのウォッチブランドです。その「Azusa」から今回、ブランド初のレディースウォッチ「Marble-W」が誕生。同ブランドの男性用腕時計ORTHODOXYとペアとしてもお使いいただけます。「Azusa」のペアウォッチで大切な時間を共に刻みましょう。

昨対比850%の売上を記録!タフなクロノグラフ”ANGEL CLOVER”の魅力

ブランド

昨対比850%の売上を記録!タフなクロノグラフ”ANGEL CLOVER”の魅力

遊び心をコンセプトに腕時計を発信する「ANGEL CLOVER」から最新モデル「TIME CRAFT SOLAR」が発売されました。昨対比850%の脅威的な売り上げを誇る「ANGEL CLOVER」の新作とあって、ファンから注目が集まっている腕時計です。

ブランドの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード