腕時計の革ベルトを長持ちさせるお手入れ方法!コツとアイテムを解説!

お気に入りに追加

腕時計の革ベルトはすぐに劣化すると思っていませんか?革ベルトはお手入れをきちんとすれば、長持ちさせることができます。せっかくパートナーとなった革ベルトです。大事に使い長持ちさせましょう。当記事では、腕時計の革ベルトの正しいお手入れ方法などを紹介しています。

腕時計の革ベルトを長持ちさせるお手入れ方法!コツとアイテムを解説!

目次

  1. 腕時計の革ベルトはお手入れ次第!長持ちのコツを紹介
  2. 腕時計の革ベルト 5つの正しいお手入れ方法
  3. 革ベルトの腕時計 お手入れアイテムを紹介
  4. 革ベルトの腕時計を長持ちさせるコツ
  5. 汗や湿気に強い腕時計の革ベルト3選
  6. 腕時計の革ベルトを長持ちさせるには日々のお手入れが大切

腕時計の革ベルトはお手入れ次第!長持ちのコツを紹介

革ベルト お手入れ
出典: pixabay.com
革ベルト お手入れ

腕時計購入時、時計本体のみでなく一緒に付いている革ベルトも気に入ってその腕時計に決めたという人は少なくないでしょう。

あるいは腕時計を購入して、自分好みの革ベルトに交換する人もいると思われます。

気に入った革ベルトは長く使いたいものです。

革ベルトを長持ちさせるためにはどうすればよいか、コツを紹介します。

腕時計の革ベルト 5つの正しいお手入れ方法

腕時計の革ベルト 5つの正しいお手入れ方法
出典: pixabay.com

腕時計の革ベルトは、ひと手間の手入れで清潔に長持ちさせられます。

以下のお手入れ方法で、腕時計と一緒に革ベルトも大事に可愛がってあげてください。

1.乾いた布で汗を拭きとる

1.乾いた布で汗を拭きとる
出典: www.beiz.jp

革ベルトは水分がしみこみやすい性質があり、水分がしみこむと悪臭や痛みの原因になります。

弊害を避けるため、腕時計を外した時は乾いた布で革ベルトについた汗を拭き取ってお手入れしましょう。

汗をかきやすい時期は、特に意識して革ベルト周辺が湿ったと感じたら都度拭くようにすると腕時計の革ベルトを一層長持ちさせられます。

2.濡れたら陰干しする

2.濡れたら陰干しする
出典: pixabay.com

濡れたら干すことも大切なお手入れ方法です。

しかし直射日光に当てるお手入れ方法はやめましょう。

革は熱に弱いので、直射日光に当てると色が変わったり縮んだりする可能性があります。

お手入れするつもりが、革ベルトに悪影響を与えたという事態が起きないよう、干す時は陰干しをしてください。

3.市販の保湿クリームやオイルを塗る

3.市販の保湿クリームやオイルを塗る
出典: pixabay.com

革ベルト用の市販の保湿クリームやオイルを使うと、効果的にお手入れができます。

クリームやオイルをお手入れに使うことで、革ベルトにとって適切な水分と油分が保たれるようになります。

また革ベルトを汚れからの保護でき、艶出しや傷の保護にも繋がります。

4.消臭スプレーを使用する

4.消臭スプレーを使用する
出典: www.pakutaso.com

消臭スプレーを使ったお手入れ方法は、革ベルトがニオイ始めた時の対処法として使えます。

どんなに普段の手入れに気を使っていても、革ベルトは長く使っていると悪臭が起きることがあります。

消臭スプレーは市販されており、香りもさまざまな種類があります。

無香料の消臭スプレーもあるので、合成香料の香りが苦手という人でも安心してお手入れができます。

5.革ベルトを洗う

5.革ベルトを洗う
出典: pixabay.com

革ベルトの汚れがひどい場合は、水洗いというお手入れ方法があります。

革ベルトを水洗いする時は、水で薄めた中性洗剤を使います。

洗い終わったら洗剤をきちんと洗い流し、タオルや布で革ベルトの水分を吸収します。

その後革ベルトを乾かしますが、ドライヤーは絶対に使わないでください。

2日ほど陰干ししましょう。

保湿クリーム
出典: pixabay.com

革ベルトを乾かした後で保湿クリームやオイルを塗って手入れしておくと、より清潔さが保たれます。

なお洗う時は、革ベルトを本体から外しましょう。

革ベルトの腕時計 お手入れアイテムを紹介

革ベルトの腕時計 お手入れアイテムを紹介
出典: pixabay.com

腕時計の革ベルトに使えるお手入れアイテム5種類を以下に紹介します。

M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)デリケートクリーム 1,100円

腕時計革ベルトお手入れ M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)デリケートクリーム
出典: www.amazon.co.jp
腕時計革ベルトお手入れ M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)デリケートクリーム

原産国

イタリア

カラー

ニュートラル

種類

乳化性

内容量

60ml

M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)デリケートクリームは、皮革製品用栄養クリームです。

当然、腕時計の革ベルトの手入れにも利用できます。

革のお手入れ用保湿クリームで、伸びの良いゼリー状のクリームが革バンド内部に浸透して潤いと柔軟性を与えてくれます。

革のひび割れを防ぎ、無色なのでどのような色の革ベルトであっても安心してお手入れできます。

M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)デリケートクリーム Amazon

Renapur(ラナパー)レザートリートメント 3,240円

腕時計革ベルトお手入れ Renapur(ラナパー)レザートリートメント
出典: www.amazon.co.jp
腕時計革ベルトお手入れ Renapur(ラナパー)レザートリートメント

原産国

ドイツ

カラー

クリア

種類

オイル

内容量

281g

腕時計の革ベルトなど、革製品のお手入れに使えるオイルです。

ビーズワックスやホホバオイルなどの天然素材から作られているので、手入れ中や手入れ後に嫌なニオイを感じることはありません。

無色なのでどのような色の革ベルトの手入れにも使用でき、ベルトに撥水性と防カビにも効果を期待できます。

使用時は付属のスポンジに少量つけるだけでよく、製品は281gと大容量なので長くお手入れ用品として使えます。

Renapur(ラナパー)レザートリートメント Amazon

CASSIS(カシス) 革バンド用消臭剤 990円

腕時計革ベルトお手入れ CASSIS(カシス) 革バンド用消臭剤
出典: www.amazon.co.jp
腕時計革ベルトお手入れ CASSIS(カシス) 革バンド用消臭剤

原産国

日本

カラー

無色

種類

スプレー

内容量

50ml

腕時計の革ベルトお手入れ専用の消臭剤です。

皮膚に触れても安全な100%天然素材製で、柿から抽出されたタンニンからできています。

この商品でお手入れをすればにおいを分解して菌の繁殖を阻害し、抗菌と防カビへの効果も同時に期待できます。

スプレーなので拭きかけるだけで、簡単にお手入れができます。

CASSIS(カシス) 革バンド用消臭剤 Amazon

レザーウォッシュ プレミアム スプレー 2,808円

腕時計革ベルトお手入れ レザーウォッシュ プレミアム スプレー
出典: www.amazon.co.jp
腕時計革ベルトお手入れ レザーウォッシュ プレミアム スプレー

原産国

日本

カラー

無色

種類

スプレー

内容量

300ml

革製品の汚れを落とす皮革用栄養洗浄液で、腕時計の革ベルトのお手入れにも重宝します。

弱酸性なので、小さい子どもやペットがいても安心してお手入れに使えます。

洗浄液を革ベルトにスプレーして拭き取れば汚れを落とすことができ、除菌と消臭ケアも行えます。

レザーウォッシュ プレミアム スプレー Amazon

松下庵 革バンド クリーニングセット 2,750円

腕時計革ベルトお手入れ 松下庵 革バンド クリーニングセット
出典: www.amazon.co.jp
腕時計革ベルトお手入れ 松下庵 革バンド クリーニングセット

原産国

日本

カラー

不明

種類

乳化性

内容量

5ml

革バンドのクリーニングセットで、腕時計の革ベルトお手入れ時にも使用できます。

クリームの他に「馬毛ブラシ」「ふき取りクロス」「巾着袋」がついているので、商品入手後すぐにお手入れができ、巾着袋に片づけられるので散らかりません。

牛革やワニ革など、デリケートな革製品に適したお手入れ用品です。

松下庵 革バンド クリーニングセット Amazon

革ベルトの腕時計を長持ちさせるコツ

革ベルトの手入れ以外にも、長持ちさせられるコツがあります。

正しい保存方法や普段の使い方が大切です。

ベルトを伸ばして保管する

ベルトを伸ばして保管する
出典: pixabay.com

革ベルトを保管する時は、ベルトを伸ばしておきましょう。

腕時計の革ベルトを折り曲げて保管しておくと、クセがつく危険があります。

またうまく乾燥できず、革ベルトの劣化に繋がる場合もあるので注意してください。

しばらく使用しないときの保管

しばらく使用しないときの保管
出典: pixabay.com

腕時計または腕時計のベルトを変えて革ベルトをしばらく使用しない場合、保管の仕方が悪いと革ベルトが傷むなどの劣化が起きていることがあります。

革ベルトの劣化を防ぐために、長期間使用しないのであれば腕時計から革ベルトを外してから数日陰干しして乾燥させておきます。

その後湿気を防ぐために、防カビ剤と一緒に引き出しなどに保管します。

なお、水分を吸収しやすい布や紙で革ベルトを包んでおくと防水効果が上がります。

保管時はベルトを丸めず、伸ばして保管しておきましょう。

また保管中も革ベルトを定期的に拭いて手入れしておけば、革ベルトの長持ちに貢献します。

ベルトを折り曲げない

ベルトを折り曲げない
出典: pixabay.com

腕時計装着時に革ベルトを折り曲げてしまうと、ベルトに強い負担がかかります。

負担が革ベルトの劣化を促進させてしまうので、無理な力を加えないよう注意しましょう。

Dバックルがおすすめ

Dバックルがおすすめ
出典: pixabay.com

Dバックルは革ベルトの劣化防止に期待できます。

Dバックルは金属ベルトのように、革ベルトをワンタッチで留める道具です。

尾錠を通さないので革を傷める心配がありません。

また時計が移動し辛いのでゆるく締められるため、革ベルトと腕の間に余裕ができます。

余裕があれば革ベルトと腕の間から汗が逃げやすいので、使用後のお手入れも楽になります。

ベルトをきつく締めない

ベルトをきつく締めない
出典: pixabay.com

腕時計装着時に革ベルトをきつく締めると、劣化の原因となります。

きつく締めることで、常に革が引っ張られた状態になるためです。

腕時計を着ける時は、革ベルトに余裕を持たせておきましょう。

何本かローテーションで使う

何本かローテーションで使う
出典: pixabay.com

同じ革ベルトをずっと使い続けると、劣化速度が増します。

何本か腕時計用の革ベルトを用意し、ローテーションさせることで劣化速度を落とすことができます。

汗や湿気に強い腕時計の革ベルト3選

汗や湿気に強い腕時計の革ベルト3選
出典: pixabay.com

正しい手入れや保管方法の他に、汗や湿気に対抗できる革ベルトを使うことでベルトを長持ちさせることができます。

汗や湿気に強い革ベルトには以下の種類があります。

完全防水革ベルト

完全防水革ベルト
出典: pixabay.com

完全防水革ベルトは、マリンレジャーやマリンスポーツに適した革ベルトです。

防水レベルがとても高いので、劣化を気にせずにレジャーやスポーツを楽しめます。

少々手入れをさぼっても傷みにくいので、マリンスポーツ等を良く行う人以外にも、都度都度の手入れが面倒と感じる人にもおすすめです。

日常生活用防水革ベルト

日常生活用防水革ベルト
出典: pixabay.com

日常生活用防水革ベルトは水泳などには向かないタイプですが、少量の汗や水であれば問題ありません。

多少汗がついても簡単なお手入れですみますが、夏のように大量に汗をかく時期は注意して、こまめに拭き取るようにしておきましょう。

裏面防水革ベルト

裏面防水革ベルト
出典: www.pakutaso.com

裏面防水革ベルトは文字通り、革ベルトの裏側に防水加工がされているベルトです。

裏面防水革ベルトはステッチがあるものと、ないものがあります。

ステッチありは汚れにくいという利点があり、ステッチ無しは革ベルト表面に汗が染みださないという利点があります。

汗かきで悩む人は、ステッチありの革ベルトがおすすめです。

【腕時計初心者】ベルトは金属(メタル)か革か?おすすめの選び方を解説!

あわせて読みたい

【腕時計初心者】ベルトは金属(メタル)か革か?おすすめの選び方を解説!

腕時計のベルトは金属(メタル)タイプと革タイプが人気ですが、いずれも種類が多くて腕時計選びでも迷うポイントです。金属ベルトと革ベルトはそれぞれメリットとデメリットがあり、保管もお手入れ方法も異なります。各素材の利点や長く楽しむコツを口コミを交えてご紹介します。

腕時計の革ベルトを長持ちさせるには日々のお手入れが大切

腕時計の革ベルトを長持ちさせるには日々のお手入れが大切
Satoshi Kobayashi

腕時計の革ベルトを長持ちさせるためには、日々のお手入れは当然ながら保管や使い方にも気を配る必要があります。

せっかく縁があってパートナーとなった腕時計の革ベルトなので、お手入れや保管方法や使用方法に注意し、長持ちさせましょう。

湖林真衣

この記事のライター

湖林真衣

己の知識欲と知りたがり屋の子どもの好奇心を満たすため、ライターをしながら知識を蓄え中の30代半ばの主婦です。読み手にとって、分かりやすく読みやすい記事を書くことを目標としています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

メンテナンス

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

今回はガーミンのバッテリーの減りが早くなったなと感じた方に向けて、電池交換にかかる費用を調べてきました。他にも普通の腕時計の電池交換よりもやり方は難しいですが、ガーミンのバッテリー交換を自分でやる方法についても動画を交えて紹介しています。

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

メンテナンス

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

ソーラー充電ができる腕時計には、二次電池と呼ばれる「充電して使える」ボタン電池が使われています。その中でも、CTL1616はG-SHOCKなどに使われている比較的メジャーなボタン二次電池です。今回はCTL1616の互換性や交換方法、最安値などを解説します。

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

メンテナンス

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

Knot(ノット)は、ケースとベルトを自分でカスタムできること、手ごろな価格で人気の腕時計ブランドです。ケース&ベルトの組み合わせは、8000通りもあります。Knot(ノット)の腕時計の電池交換は自分でできるのでしょうか。有償交換の価格も合わせてご紹介します。

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

メンテナンス

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

時計がストップしたら電池交換の必要があります。腕時計の裏蓋には3種類あり、ねじ込み式のスクリューバックを開けるには、ダイソーなどで販売されている専用の工具が必要です。この記事では、自分で簡単にスクリューバックを開ける方法を紹介します。

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

メンテナンス

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

ブライトリングは数年に一度オーバーホールをして時計をメンテナンスする事をメーカーが推奨しています。今回はブライトリングのオーバーホールにかかる金額やメンテナンスにおすすめの時計店の価格やサービスの違い、評判について調べてきました。

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

メンテナンス

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

GPS性能に定評があり、様々なスポーツに使用されていることも多いガーミンですが、修理に出すと遅いことや値段が高いといった意見もあります。この記事ではガーミンの修理代や修理期間、よく起こる不具合などを公式サイトや、口コミ、レビューなどから解説しました。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

メンテナンス

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたから金属の物に変えたいなど、腕時計のベルトを交換しようというキッカケは人それぞれでも、いざ自分でやるとなると不安な人もいるでしょう。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

メンテナンス

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

グランドセイコーは日本を代表する有名ブランドですが、クオーツ式は電池交換が必要になります。店頭に持ち込む人やネットで依頼する人もいるでしょう。業者に頼む場合の期間や費用が気になる方は必見です。グランドセイコーの電池交換は自分でできるかを含めて解説します。

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

メンテナンス

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

バネ棒外しは時計のベルトのサイズ調整や交換には無くてはならない必須アイテムですが、100均でお馴染みのダイソーでも販売していると話題になりました。今回は100均・ダイソーのバネ棒外しを実際に試してみて本当に使えるのか、どの商品が一番使えそうか調べてみました。

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

メンテナンス

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

腕時計のケースの下部分に付いている弓カンを外すことで、ラバーベルトやレザーベルトなどに交換することが可能です。この記事では、自分でできる弓カンの簡単な外し方を動画を元に解説していきます。なお、弓カンを外す際の注意点も紹介します。

メンテナンスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード