腕時計のベルトが臭い匂いの原因や対処方法は?臭い消しの効果が凄い?

お気に入りに追加

腕時計のベルトの臭いで困っている方はいませんか?毎日つけるほど、臭いというものは蓄積されていきます。そこで今回は、腕時計のベルトの匂いについて対処方法や原因をまとめました。腕時計のベルトの種類別で匂い対策も異なりますので参考にしてみてください。

腕時計のベルトが臭い匂いの原因や対処方法は?臭い消しの効果が凄い?

目次

  1. 腕時計のベルトが臭い!原因や効果的な匂い消し方法を紹介
  2. 腕時計のベルトが臭い(匂い)原因
  3. 腕時計のベルトの臭い(匂い) 効果的な対処方法
  4. 腕時計のベルトを臭くしない6つの対策
  5. 腕時計の匂い消しに役立つアイテム5選
  6. 腕時計のベルトの匂いは日頃の対策で防げる

腕時計のベルトが臭い!原因や効果的な匂い消し方法を紹介

臭い

普段から何気なく愛用している腕時計ですが、少し臭うと感じている方もいるのではないでしょうか。腕時計は肌に密着するので汗などを吸い、使う頻度が高いほど臭くなる場合があります。ですがきちんとお手入れすれば、臭いは消え快適に使用することができるのです。今回は腕時計の匂いに関するお手入れ方法や原因についてまとめましたので、腕時計を快適につけられるようにするためにも参考にしてください。

腕時計のベルトが臭い(匂い)原因

原因

まずは腕時計がなぜ臭くなってしまうのか、その原因についてまとめてみました。

汗や皮脂

汗皮脂

季節によってはたくさん汗をかくので、腕時計のベルトが汗を吸って嫌な臭いが発生することがあります。また、腕の皮膚から分泌される皮脂も、腕時計ベルトに付着すると臭いを発するようになります。特に皮脂と汗は混ざると雑菌が繁殖しやすい状態になり、雑菌が繁殖すれば腕時計は臭くなります。夏場などに汗をかいたTシャツが臭うのと同じ感覚で、腕時計のベルトも汗や皮脂で臭うようになるのです。

ホコリなどの汚れ

埃

日頃から身に付ける腕時計は、基本外気にさらされているのでホコリなどが付着します。また、仕事などで作業した際に汚れが腕時計に付着することもあるでしょう。そういった汚れは金具の隙間、ベルトの凹凸部分などに少しずつ溜まっていきます。こうした日常の少量の汚れでも、溜まると独特の嫌な臭いを発生させるようになるのです。

カビ・雑菌

カビ

腕時計もベルトの素材によっては汗や湿気によってカビが繁殖してしまいます。また汗や湿度で雑菌も同じく繁殖してしまうため、腕時計のベルトから臭いがするようになるのです。湿度が高い日が続いたり、雨に濡れたり水に濡れてしまったりすると、カビや雑菌のリスクが上がり腕時計の臭いの原因となるので気をつけましょう。

腕時計のベルトの臭い(匂い) 効果的な対処方法

対処方法

腕時計のベルトの匂いについて、効果的な対処法を紹介していきます。腕時計のベルトの素材によって対処法が違うので、自分の腕時計のベルトを確認してから行いましょう。また、方法を実践する前には必ず腕時計からベルトを外してから行うよう気をつけてください。外せない場合は、文字盤に影響しないように腕時計のベルトの部分だけお手入れができるようにしましょう。

革ベルトの場合

革ベルト

まずは腕時計のベルトが革の場合の臭い(匂い)対策について確認しましょう。ちなみに革ベルトは水に弱いため、お手入れすることで革が傷む可能性があることも考慮して行なってください。そして必ず水洗い系の方法を行なった後は、革用のクリームなどを使ってお手入れも欠かさず行ないましょう。

ぬるま湯につけて臭い消し

ぬるま湯
  • 用意するもの
  • コップなどの容器
  • ぬるま湯
  • 水分を拭き取る布
  • 革のお手入れ用クリーム

コップなどの容器にぬるま湯を入れ、文字盤から外した腕時計のベルトをぬるま湯につけます。腕時計のベルトは全てぬるま湯に浸かるようにしてください。また、腕時計の文字盤からベルトが外せない場合は、割り箸2本を容器の上部分に置いて文字盤を決して濡らさないようにしましょう

専用クリーム

箸の間に文字盤を置いたら、ベルトを垂れ下げてベルトだけが浸かるようにします。時間は約30分、その後はしっかりと布で水分を拭き取り、日陰でおよそ2日間乾燥させましょう。 また、使用するのはぬるま湯ですが、革は水に弱く傷む可能性があることも承知で行ないましょう。腕時計のベルトがしっかり乾いた後は、必ず専用クリームなどでのお手入れも忘れないようにしてください。

中性洗剤を使用した臭い消し

洗剤
  • 用意するもの
  • コップなどの容器
  • 水(200ml程度)
  • 中性洗剤(大さじ1杯)
  • 拭き取り用の布やコットン2枚
  • 革のお手入れ用クリーム

まずコップに水を入れ中性洗剤を加えます。よく混ぜたら布やコットンを染み込ませて腕時計のベルトを拭きます。強くこすらず優しくなでるように拭きましょう。汚れが布やコットンに付いたら、汚れ移りしないように新しいものに変えてください。ある程度拭き取れたら、その後は水に濡らした布やコットンで再度拭き取ります。最後に水分を拭き取って日陰で1日しっかり乾燥させましょう。

水

また水を使用するため革が傷む可能性があります。しっかりと乾かした後には、必ずクリームでお手入れを忘れないようにしてください。

亜麻仁油を使用した臭い消し

亜麻仁油
  • 用意するもの
  • 亜麻仁油(大さじ1杯)
  • 酢(小さじ1杯)
  • 拭き取り用の布やコットン2〜3枚
  • 最後の拭き取り用の柔らかい布1枚
  • コップなどの容器

亜麻仁油と酢をコップなどの容器に入れ混ぜます。混ぜた液体を布またはコットンに染み込ませ、そのコットンで腕時計のベルトを優しく拭きます。汚れが付着するようであれば、布やコットンを新しいものに変えて汚れ写りしないようにしてください。拭き終えたときにベルトに液体が残って気になる方は、再度優しく綺麗な柔らかい布で余分な液体を拭き取り、こすらないよう気をつけましょう。

消臭スプレーで臭い消し

消臭スプレー
  • 用意するもの
  • 専用消臭スプレー
  • 汚れ拭き取り用の柔らかい布またはコットン

革ベルト専用の消臭スプレーを用意します。そして、消臭スプレーを使用する前にベルトの汚れを柔らかい布で軽く拭き取ってください。腕時計のベルトの汚れがある程度拭き取れたら、腕時計のベルト部分のみに直接消臭スプレーをかけます。かける量は消臭スプレーにより違いがあるので、必ず取扱説明書を読んでください。消臭スプレーをかけたら乾くまで放置します。時々様子を見て乾いたか確認してください。

金属(ステンレス・チタン)ベルトの場合

金属ベルト

続いては、腕時計のベルトがステンレスやチタンなどの金属の場合の臭い(匂い)を消す方法について紹介していきます。

中性洗剤を使用した臭い消し

中性洗剤
  • 用意するもの
  • コップなどの容器
  • 水(200ml)
  • 中性洗剤(小さじ1杯程度)
  • 歯ブラシまたは小さめのブラシ
  • 柔らかい布(拭き取り用)
  • 防水のためのサランラップなど

腕時計の文字盤部分とベルトが外せないタイプは、まず最初に文字盤に防水のためサランラップを巻いてください。続いて水と中性洗剤をコップなどの容器に入れ混ぜます。そして歯ブラシまたは小さめのブラシを溶液につけて、ベルトを優しく磨いてください。力を入れると傷がつく恐れがあるので注意しましょう。磨き終わったら水で洗い流し、水分をしっかり拭き取って日陰で数時間乾燥させましょう。

重曹を使用した臭い消し

重曹
  • 用意するもの
  • コップなどの容器
  • 重曹(大さじ1杯)
  • 酢(小さじ1杯)
  • 水(300ml)
  • 柔らかい布(拭き取り用)
  • 防水でない場合割り箸か棒2本

まず用意した水と重曹、酢をコップなどの容器に入れて混ぜ合わせ、外した腕時計のベルトをそのまま容器に入れて漬け込みます。防水加工がない腕時計やベルトが取り外せない場合は、棒を2本か割り箸を用意し、容器の上に少し離して並べてください。文字盤部分を引っ掛けベルトを下に垂らすようにして液に漬け込みましょう。15分漬け込み、その後水で洗い流します。水分を拭き取り自然乾燥させたら完了です。

超音波洗浄機を使用した臭い消し

超音波
  • 用意するもの
  • 超音波洗浄機
  • 水(洗浄に必要な量)
  • 柔らかい布(拭き取り用)
  • 防水加工でない場合はサランラップなど

防水加工されていない場合はサランラップを腕時計の文字盤に巻きつけてください。続いて、洗浄に必要な量の水を超音波洗浄機に入れます。超音波洗浄機に腕時計を入れて蓋を閉めたらスイッチを入れて、終わるまで待ちます。終わったら腕時計を取り出し水分を拭き取り、乾燥させたら完了です。ただし、超音波洗浄機の種類によって方法も多少変わるので、取扱説明書を読んでから行いましょう。

入れ歯洗浄剤を使用した臭い消し

入れ歯洗浄剤
  • 用意するもの
  • コップなどの容器
  • 入れ歯洗浄剤(1錠)
  • ぬるま湯(洗浄剤に必要な量)
  • 柔らかい布(拭き取り用)
  • 防水でない場合はサランラップと割り箸または棒2本

コップなどの容器にぬるま湯と入れ歯洗浄剤を入れます。湯量は入れ歯洗浄剤の説明書どおり用意してください。泡が立ってきたら腕時計のベルトを容器に入れ漬け込みます。防水加工ではなく腕時計のベルトが外せない場合は文字盤部分をサランラップで巻き、割り箸や棒2本で文字盤を支え、腕時計のベルトだけ浸かるようにします。

水洗い

15分ほど経過したら腕時計またはベルトを取り出し、水でよく洗います。洗い終わったらしっかりと布で水分を拭き取り、少し自然乾燥させたら終わりです。

ナイロンベルトの場合

ナイロンベルト

腕時計のベルトがナイロンベルトの場合も消臭対策する方法があります確認していきましょう。

洗濯機で洗って臭い消し

洗濯機
  • 用意するもの
  • 洗濯機
  • 洗濯用のネット(小サイズ)
  • ベルトを外すための工具

洗濯機を使用する場合は、必ず腕時計のベルトを外してから行います。外せないタイプではできません。腕時計のベルトを工具などで外し、洗濯用の小さなネットに入れて洗濯機に投入します。ベルトについている金具は洗濯機を傷める可能性もあるので、ネットは必ず使用しましょう。洗濯機は手洗いモードで洗い8分、すすぎ1回の脱水3分で行いましょう。終わったら風通しの良い日陰になる場所で平置き状態で干します。

消臭スプレーで臭い消し

消臭スプレー
  • 用意するもの
  • 専用消臭スプレー

ナイロンにも使用できる専用消臭スプレーを用意します。特に腕時計のベルトを外す必要はないので、腕時計の文字盤にかからないように消臭スプレーをかけましょう。消臭スプレーをかけた後は拭き取る必要はありません。そのまま日陰で自然乾燥させてください。乾燥後に臭い(匂い)が取れていれば完了です。

ウレタンベルトの場合

ウレタンベルト

続いては、Gショックにも使用されているゴムのような感触のウレタンベルトの消臭方法を紹介していきます。

消毒用アルコールを使用した臭い消し

消毒用アルコール
  • 用意するもの
  • 消毒用アルコール
  • コットンまたは布
  • 柔らかい布(拭き取り用)
  • 防水加工ではない場合はサランラップ

腕時計のベルトを外す、または外せない場合や防水加工されていない場合は腕時計の文字盤をサランラップで巻きます。ベルト部分を軽く水洗いし、洗い終えたら水分を布で拭き取ってください。拭き終えたらコットンに消毒用アルコールを染み込ませ、腕時計のベルト部分を少し強めの力で拭きます。終わったら日陰で自然乾燥させ、臭いが取れていれば完了です。ゴムの匂いと混同しないよう注意してください。

中性洗剤を使用した臭い消し

中性洗剤
  • 用意するもの
  • コップなどの容器
  • 水(200ml)
  • 中性洗剤(小さじ1杯程度)
  • 歯ブラシまたは小さめのブラシ
  • 柔らかい布(拭き取り用)
  • 防水のためのサランラップなど

腕時計のベルトが外せないタイプや防水加工でない場合は、サランラップで文字盤部分を巻きます。コップなどの容器に水と中性洗剤を入れ混ぜ合わせ、歯ブラシを溶液につけてください。溶液をつけたブラシでベルトを優しく磨きます。磨き終わったら水で洗い流してください。水分をしっかり拭き取ったら、日陰で数時間乾燥させてください。臭いが消えていたら完了です。

臭い(匂い)がなかなか取れない場合

臭いが取れない

どんな方法を試してみても、腕時計のベルトから漂う臭い(匂い)が取れない場合もあります。そんな時の処置方法についても確認しておきましょう。

ベルトを交換する

交換

残念ですが、腕時計のベルトを交換してください。臭い(匂い)が消えない原因として腕時計のベルトが限界を迎えているか、あまりにも汚れがひどいためにお手入れでは間に合わないことが考えられます。何度も自分でお手入れをするとベルトが傷み、結果的に交換しなければならなくなるので、臭い(匂い)が消えないと判断したらベルトの交換をしましょう。

プロにお任せする

プロにお任せする

自分でお手入れしただけでは十分に腕時計の臭い(匂い)が消えない場合もあるので、そのときはプロに依頼しましょう。プロであれば臭い(匂い)もしっかり落としてくれる可能性もありますし、ベルトを傷めずに消臭することができます。ただし、プロでも臭い(匂い)が消えない場合があるので、まだ臭うと感じたときは腕時計のベルトの交換も検討してください。

腕時計のベルトを臭くしない6つの対策

対策

ここからは、腕時計のベルトが臭くならないようにするための、6つの対策方法を紹介していきます。日頃のお手入れはとても大切なので、ベルトを臭い(匂い)から守るために是非実践してください。

1.時計をはずしたらベルト部分を拭く

拭き取る

腕時計のベルト部分はつけた後、汚れや汗などが付着しています。汗や汚れは臭いの原因となるので、腕時計を使用した後は、はずして拭き取り綺麗な状態を保つようにしてください。

2.革ベルトの時計は毎日使用しない

毎日使用しない

季節に関係なく革ベルトの腕時計は毎日使用しないでください。使用したら一日休ませることが大切です。使用した後拭き取ってから休ませるようにしましょう。

3.革ベルトの裏側を日光浴させる

日光浴

日光をあてると除菌することができます。日光には紫外線が含まれていて、除菌効果も期待することができるのです。革ベルトの裏側を日光浴させれば雑菌の繁殖も抑えられるので、週に1度15分ほどあててください。あまり当てすぎると革が傷むので注意しましょう。また、表側を直射日光にあてるとやける可能性があるので、絶対にあてないよう気をつけてください。

4.使用した日は毎回消臭スプレーをする

腕時計を使用した日は消臭スプレーで臭いのお手入れをしましょう。日頃から使用するたびに消臭スプレーをかけておけば、臭い(匂い)が蓄積されることもありません。ただし、消臭スプレーが使用できないタイプの革もあるので、必ず確認して使用するか専用スプレーを使ってください。

5.暑い日は金属ベルトの腕時計を使用する

金属べると

暑い日は気温が高くなり汗をかきやすくなるので、革ベルトに汗が染み込み臭い(匂い)の原因となります。暑い日は革ベルトではなく金属ベルトの腕時計を使用してください。

6.消臭剤を手作りして対策

手作り

消臭スプレーを購入しなくても、簡易の消臭剤を手作りしてお手入れすることもできます。手作りの消臭剤は自宅にあるもので作ることが可能です。簡単で毎日の臭い(匂い)対策に使用できるので、ぜひ作ってみてください。

使用済みドリップバッグコーヒーで消臭

ドリップ

使用済みのドリップバックコーヒーで、手作りの消臭剤を作ってみましょう。用意するものと手順をご紹介します。

  • 用意するもの
  • 使用済みドリップバックコーヒー3つ
  • 中身の入っていない紙製のお茶パック
  • コップなどの容器
  • 皿1枚
  1. 少し乾燥させた使用済みドリップバックコーヒーから豆を皿に取り出す
  2. 皿に移した豆をしっかり天日で乾燥させる
  3. 乾いたらお茶の紙パックに入れる
  4. コップなどの容器に入れる
  5. 時計のベルトを洗うか拭き取る
  6. 時計のベルトをパックが入った容器に入れておく
コーヒー乾燥

ドリップバックコーヒーの中の豆は、カラカラになるまでしっかりと乾燥させてください。腕時計は洗えない場合は拭き取って、そのまま作った消臭剤の入った容器へ入れて大丈夫です。ドリップバックコーヒーがない場合は、使用済みのコーヒー豆を使用しましょう。

腕時計の匂い消しに役立つアイテム5選

アイテム

続いては、腕時計の臭い(匂い)消しに役立つアイテムを5つ紹介していきます。とても便利なので、ぜひ一つは手元に置いておきましょう。

1.HELI マイクロファイバークロス

1.HELI マイクロファイバークロス
出典: www.amazon.co.jp

HELI マイクロファイバークロスの特徴

化学薬品を使用しなくても柔らかな繊維がベルトを傷つけずに汚れをしっかりと落とします。臭いの原因となる皮脂はもちろん油汚れやクリーム、埃も細かな繊維が絡め取ってくれるのです。また、繊維が柔らかいので磨き傷もつけることなく使用できます。手軽に毎日使えてしっかり汚れも落ちるので、お手入れには欠かせないアイテムとなるでしょう。革ベルトにも使用でき、ツヤ出しにも使うことができます

HELI マイクロファイバークロスの使い方

使い方はとても簡単で、そのまま腕時計のベルト部分をクロスで磨くだけです。繊維が柔らかいので、力を加減する必要もありません。洗剤などを使用する必要もないので、腕時計を使用した後にクロスでベルト部分を拭きましょう。

HELI マイクロファイバークロス Amazon

HELI 革ベルト消臭スプレー

HELI 革ベルト消臭スプレー
出典: www.amazon.co.jp

HELI 革ベルト消臭スプレーの特徴

吹きかけるだけで簡単に腕時計の革ベルトの消臭ができ、ベタつきもないので使いやすい消臭スプレーです。環境問題に関しての取り組みに熱心なため、一部の成分はバイオを使用するなど環境に優しい成分を使用しています。かけるだけのお手入れなので、時間がないときでも使いやすいアイテムです。

HELI 革ベルト消臭スプレーの使い方

腕時計の革ベルトの裏部分に消臭スプレーを吹きかけ、そのまま自然乾燥させれば完了です。汚れが気になるときはスプレーの後、布で汚れを引き取ってください。その後またスプレーして乾燥させれば消臭することができます。また、お手入れは季節によっても変わりますが、最低でも週2回は使用するようにしてください。

HELI 革ベルト消臭スプレー 楽天

3.HELI メタルブレススプレー

3.HELI メタルブレススプレー
出典: www.amazon.co.jp

HELI メタルブレススプレーの特徴

腕時計のベルトの汚れている部分にスプレーしてふき取ればスッキリ汚れを落とすことができる汚れ落としスプレーです。臭いの原因となる皮脂汚れや埃、汗もスプレーをかければ拭くだけよりも落とすことができます。研磨剤はもちろん強い洗浄成分が配合されていないため、K18やプラチナに使用しても安心です。金属専用なので革ベルトには使用しないでください

HELI メタルブレススプレーの使い方

ベルト部分にスプレーを数回吹きかければ汚れが自然と流れ落ちます。腕時計の下が汚れる可能性があるので、下に何か敷いてから使用しましょう。また、クロスや柔らかい布、コットンや綿棒なのでふき取るとより一層汚れが落ちます。最後に水分を綺麗にふき取れば完了です。

HELI メタルブレススプレー Amazon

4.シチズン 超音波洗浄器 SWT710

シチズン 超音波洗浄器  SWT710
出典: www.amazon.co.jp

シチズン 超音波洗浄器 SWT710の特徴

大型の洗浄槽にはメガネを入れられるほど、比較的大きなタイプの腕時計も洗浄することが可能です。また振動子を2つ搭載したことにより洗浄力が高くなって、腕時計のベルトの細かい部分に入り込んだ小さな汚れも超音波の振動でしっかり落とすことができます。タッチパネルで簡単に操作できる部分も大きな特徴でしょう。またタイマーは5段階になっているため、時計によって変えることも可能です。

シチズン 超音波洗浄器 SWT710の使い方

洗浄槽に腕時計、またはベルトを入れます。次に水を洗浄槽に基準線まで注いでください。蓋を閉めて電源を入れたら、洗浄時間を設定してスタートボタンを押します。終わったら水道ですすぎ洗いをしてから水分を拭き取り、腕時計またはベルトが乾くまで日陰で自然乾燥させてください。ベルトが外せないタイプで防水加工でもない腕時計には使用しないでください。また使用後は洗浄器のお手入れも行いましょう。

シチズン 超音波洗浄器 SWT710 公式サイト
シチズン 超音波洗浄器 SWT710 Amazon

5.AWHAO 滅菌ライト 除菌ランプ

AWHAO 滅菌ライト 除菌ランプ

AWHAO 滅菌ライト 除菌ランプの特徴

UV光線が空気中の酸素と反応することで、オゾンやイオンが生成されます。また、オゾンには強い酸化力があり、臭い(匂い)を分解することができるのです。この作用を利用した滅菌ライトを腕時計のベルトに当てることで消臭効果が期待できます。コンパクトでコードレス設計なのでどこでも使用することが可能です。最大で5㎡の範囲を3分で滅菌することができる強力な脱臭機なら、しつこい臭い(匂い)も消臭できるでしょう。

AWHAO 滅菌ライト 除菌ランプの使い方

滅菌ライトと腕時計の置き場所を決めたら5秒間ほど電源ボタンを長押しすれば、指示灯の色がブルーに変わります。約10秒後に紫外線のライトが点灯すれば起動となります。自動停止するので、10分から15分ほど待ちましょう。ライトが消えたら脱臭完了です。

AWHAO 滅菌ライト 除菌ランプ

腕時計のベルトの匂いは日頃の対策で防げる

まとめ

腕時計のベルトの臭い(匂い)は日頃の対策で防ぐことができます。せっかく身なりを綺麗にしても、付けたい腕時計が臭ってしまうのは残念です。お気に入りの腕時計ならなおさら気になります。だからこそ、腕時計を付けた後は毎回匂いのお手入れで嫌な臭い(匂い)を防ぐことが大切です。毎回のお手入れもアイテムを使用すればとても簡単にできるので、まずは日頃の対策で腕時計の匂いを爽やかに保ちましょう。

fuerry

この記事のライター

fuerry

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

メンテナンス

ガーミンの電池・バッテリー交換の費用全まとめ!自分で交換する方法も解説!

今回はガーミンのバッテリーの減りが早くなったなと感じた方に向けて、電池交換にかかる費用を調べてきました。他にも普通の腕時計の電池交換よりもやり方は難しいですが、ガーミンのバッテリー交換を自分でやる方法についても動画を交えて紹介しています。

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

メンテナンス

CTL1616(ボタン電池)の互換性や交換について紹介!寿命や価格も解説!

ソーラー充電ができる腕時計には、二次電池と呼ばれる「充電して使える」ボタン電池が使われています。その中でも、CTL1616はG-SHOCKなどに使われている比較的メジャーなボタン二次電池です。今回はCTL1616の互換性や交換方法、最安値などを解説します。

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

メンテナンス

Knotノットの電池交換を自分でやる方法!店舗や業者に頼む際の料金は?

Knot(ノット)は、ケースとベルトを自分でカスタムできること、手ごろな価格で人気の腕時計ブランドです。ケース&ベルトの組み合わせは、8000通りもあります。Knot(ノット)の腕時計の電池交換は自分でできるのでしょうか。有償交換の価格も合わせてご紹介します。

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

メンテナンス

スクリューバックを簡単に開ける方法は?ねじ込み式裏蓋を100均アイテムで開ける!

時計がストップしたら電池交換の必要があります。腕時計の裏蓋には3種類あり、ねじ込み式のスクリューバックを開けるには、ダイソーなどで販売されている専用の工具が必要です。この記事では、自分で簡単にスクリューバックを開ける方法を紹介します。

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

メンテナンス

ブライトリングのオーバーホール・メンテナンスのおすすめは?価格等の違いを比較!

ブライトリングは数年に一度オーバーホールをして時計をメンテナンスする事をメーカーが推奨しています。今回はブライトリングのオーバーホールにかかる金額やメンテナンスにおすすめの時計店の価格やサービスの違い、評判について調べてきました。

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

メンテナンス

ガーミンの修理期間や修理代はどれくらい?修理が遅いという噂を検証

GPS性能に定評があり、様々なスポーツに使用されていることも多いガーミンですが、修理に出すと遅いことや値段が高いといった意見もあります。この記事ではガーミンの修理代や修理期間、よく起こる不具合などを公式サイトや、口コミ、レビューなどから解説しました。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

メンテナンス

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたから金属の物に変えたいなど、腕時計のベルトを交換しようというキッカケは人それぞれでも、いざ自分でやるとなると不安な人もいるでしょう。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

メンテナンス

グランドセイコーの電池交換は自分でできる?業者に頼む場合の費用や期間はいくら?

グランドセイコーは日本を代表する有名ブランドですが、クオーツ式は電池交換が必要になります。店頭に持ち込む人やネットで依頼する人もいるでしょう。業者に頼む場合の期間や費用が気になる方は必見です。グランドセイコーの電池交換は自分でできるかを含めて解説します。

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

メンテナンス

100均・ダイソーのバネ棒外しは使える?実際に使用して調査してみた!

バネ棒外しは時計のベルトのサイズ調整や交換には無くてはならない必須アイテムですが、100均でお馴染みのダイソーでも販売していると話題になりました。今回は100均・ダイソーのバネ棒外しを実際に試してみて本当に使えるのか、どの商品が一番使えそうか調べてみました。

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

メンテナンス

【腕時計ベルト】弓カンの外し方を動画で解説!外す際の注意点も紹介!

腕時計のケースの下部分に付いている弓カンを外すことで、ラバーベルトやレザーベルトなどに交換することが可能です。この記事では、自分でできる弓カンの簡単な外し方を動画を元に解説していきます。なお、弓カンを外す際の注意点も紹介します。

関連するキーワード

メンテナンスの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード