×

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

お気に入りに追加

長年使用していると、腕時計のベルト・バンドが傷んでしまうことがあるでしょう。お店に依頼するのも一つの手ですが、実はベルトはセルフ交換もできるものなのです。こちらでは動画付きでの腕時計のベルト・バンド交換方法や、お店に頼むメリットもご紹介しています。

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

目次

  1. 腕時計のベルト(バンド)はどうやって交換すれば良い?
  2. 腕時計のベルト(バンド)の交換方法
  3. 腕時計のベルト(バンド)交換に必要な工具一覧
  4. 腕時計のベルト(バンド)を交換する際の注意点
  5. 腕時計のベルト(バンド)交換をお店に依頼するメリット
  6. 腕時計のベルト(バンド)交換のメリット
  7. 腕時計のベルト(バンド)を交換して長く楽しもう

腕時計のベルト(バンド)はどうやって交換すれば良い?

腕時計のベルト(バンド)はどうやって交換すれば良い?
carlosalvarenga

腕時計は精密機械ではすが、自分でベルトを交換することもできるのです。

しかし実際にベルト交換する機会はあまりないでしょうし、値段もどのくらいかかるかわかりません。

こちらではセルフ交換する方法を動画を交え紹介しており、またプロに任せるメリットも分かりますので、ぜひ参考にしてみてください。

腕時計のベルト(バンド)の交換方法

自分で交換をするのは不安かもしれませんが、動画を紹介するのでやってみてください

意外と簡単にできるはずです。

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

あわせて読みたい

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

時刻を知る目的の他に装身具の要素も高い腕時計ですが素材や形状、デザインも優れたタイプが出回っており美術品のような素晴らしい時計も存在します。普通のものはベルト交換できますがベルト交換できない時計もありデザインによってベルト交換できないタイプの腕時計もあります。

一般的な腕時計のベルトの交換方法(ラグ穴あり)

  1. ラグ穴にバネ棒外しを差し込む。
  2. バネ棒外しを押し込む。
  3. ベルトからバネ棒を取る。
  4. 新しいベルトにバネ棒をセットする。
  5. 片方の穴にバネ棒を差し込む。
  6. バネを押して反対の穴に入れる。
  7. ベルトを引っ張って確認する。

動画での手順を分かりやすくまとめました

一般的な腕時計のベルトの交換方法(ラグ穴なし)

  1. 腕時計とベルトの間にバネ棒外しを差し込む。
  2. バネ棒を下に押し込む。
  3. ベルトからバネ棒を取る。
  4. 新しいベルトにバネ棒をセットする。
  5. 片方の穴にバネ棒を差し込む。
  6. バネを押して反対の穴に入れる。
  7. ベルトを引っ張って確認する。

バネ棒は小さくて、なくしやすいのでわかる場所にきちんと置いておきましょう。

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

あわせて読みたい

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

腕時計に使われているバネ棒はベルトをつなぐための大切な部品ですが、壊れたときの対処法などが分からないという方もいるでしょう。そこで今回は、腕時計のバネ棒について、役割とサイズや壊れたときの対処法について紹介していきます。

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

あわせて読みたい

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

腕時計のベルト交換は、バネ棒外しという専用器具があれば簡単に自分でできます。バネ棒外しはホームセンターをはじめ、ヨドバシカメラやビッグカメラなどでも購入できる便利な工具です。専用のものを使わなければ傷や故障の原因にもなるため、おすすめ品や使い方をご紹介します。

腕時計メタル(金属)ベルトの交換方法

  1. 両サイドのピンを外す。
  2. 腕時計をテープで保護する。
  3. 裏蓋方向からベルト・ピンを差し込む。
  4. 新しいベルトのピンを片方ずつ入れる。
  5. ピンを内側に押し込む。
  6. ベルトが外れないか確認する。

ベルトがきちんとハマっていないと、身につけているときに取れてしまう可能性があるので、外れないかの確認をしましょう。

また、サイズが合っているかも確かめてみてください。

腕時計革ベルトの交換方法

  1. ラグあり|ラグ穴にクリップを差し込む。
  2. ラグあり|クリップを押しながらベルトを外す。
  3. ラグあり|バネ棒をベルトから外す。

ベルトを外すことができれば、あとは新しいベルトに交換するだけです。

  1. ラグなし|ドライバーを差し込む。
  2. ラグなし|バネ棒を押し込む。
  3. ラグなし|ベルトからバネ棒を外す。

バネ棒は小さいので失くさないように注意しましょう。

グランドセイコーを革ベルト仕様に交換したい!おすすめの革ベルト6選を紹介!

あわせて読みたい

グランドセイコーを革ベルト仕様に交換したい!おすすめの革ベルト6選を紹介!

半世紀以上にも渡って愛されてきたグランドセイコーはビジネスシーンで活用される事の多い時計ですが、革ベルトに変えてみるとまた違った表情を見せてくれるのでビジネス以外にも活用できます。今回は様々なシーンで使えるグランドセイコーに対応した革ベルトの紹介をしています。

腕時計NATOベルトの交換(取り付け)方法

  1. 既存のベルトを外す。
  2. NATOベルトの長い方を金具から外す。
  3. 12時側から潜らせて6時側の下から通す。
  4. 短い方の金具へ通す。

メタルや革のベルトからNATOベルトに換えると雰囲気が変わので、ぜひ挑戦してみてください。

腕時計のベルト(バンド)交換に必要な工具一覧

バネ棒外し

時計とベルトを繋ぐ根元や留め金部分にあるバネ棒を付け外しする。

クリップ

バネ棒外しの代用品として使用。

ゼムクリップの先端を広げるようにして使う。

ドライバー

バネ棒外しの代用品として使用。

先端が細いマイナスドライバーを使う。

腕時計をセルフ交換する場合は、バネ棒外しを用いて行います。

きちんとした工具を購入すると値段がどれくらいなのか分かりませんし、急を要する時にはゼムクリップやドライバーをバネ棒外しの代用品とすることも可能です。

腕時計のベルト(バンド)を交換する際の注意点

ベルト交換は時計の雰囲気が変わるので、ぜひやってみてほしいことですが、その際に注意すべきことがあることを覚えておいてください。

腕時計を傷つけないようにする

腕時計を傷つけないようにする
qimono

ベルト部分を交換するには時計本体との結合部分を外す必要がありますから、バネ棒を外す際などに腕時計本体やベルトを傷つけてしまう恐れがあります。

慎重にベルト交換に臨むことが大切ですが、慣れない作業や道具に手を滑らせてしまいそうだという方は、あらかじめ目立つ部分にマスキングテープなどを貼っておくと安心でしょう。

部品をなくさないようにする

部品をなくさないようにする

ベルト交換ではバネ棒など細かな部品を分解することになるため、交換する際に紛失してしまう恐れがあります。

パーツをなくさないためにも、作業にあたってはテーブル周りを片付けておく、毛足の長い絨毯の上では行わないといった対策をとっておくことが大切です。

バネ棒は飛ばないよう気を付ける

バネ棒は飛ばないよう気を付ける
Clker-Free-Vector-Images

バネ棒は急に支えがなくなるため、外した瞬間に飛んでいってしまうことがあります。

手で覆わずにバネ棒周りを空けていることで紛失しやすくなるため、バネ棒が飛ばないよう慎重に作業を進めるようにしてください。

対策として、作業する手元付近を箱などで囲っておくなどすると安心です。

腕時計のベルト(バンド)交換をお店に依頼するメリット

自分でべルトを交換できれば、料金も安く済むのですが、プロにやってもらうのではどんなメリットがあるのでしょうか

傷を付ける心配が減る

傷を付ける心配が減る
wir_sind_klein

ベルト交換をプロに依頼すれば、ベルトや腕時計本体を傷つける心配は限りなく0になるでしょう。

お値段は張りますが、経験のない素人が作業することに比べ安心感が違うため、特に大切にしている腕時計の場合はお店にベルト交換を任せてしまうのも一つの手です。

サイズもきっちり合わせてくれるので、楽ですね。

パーツが手に入りやすい

パーツが手に入りやすい

ベルトの一部のみ欠けてしまった場合、セルフ交換では欠けたパーツのみ交換することは困難ですし、パーツそのものを入手できない可能性が高いです。

値段は高くなりますが、お店に依頼すればパーツの仕入れから交換まで請け負ってくれますので、ベルトの一部分のみ破損している場合にはプロに任せてしまいましょう。

交換費用が安くつく可能性がある

交換費用が安くつく可能性がある

セルフ交換中バネ棒を無くしてしまったり腕時計本体に傷を付けてしまった場合、総合的に見て値段が高くなってしまうでしょう。

手先が器用でない方は、店舗に依頼するよりもセルフ交換する方がマイナスとなる可能性があることも考慮してベルト交換の手段を考えてみてください。

サイズの調整をしっかりしてもらえる

サイズの調整をしっかりしてもらえる
Pexels

セルフでベルト交換するとなると、入手したベルトをそのまま取り付けてしまうことになり、ベルトそのままでは長すぎる可能性があります。

自分でサイズ調整はむずかしいですが、プロに依頼すればベルトの穴あけなども綺麗に施してくれるでしょう。

腕時計の最適なベルトサイズは?確認方法・調整方法を紹介!初心者必見!

あわせて読みたい

腕時計の最適なベルトサイズは?確認方法・調整方法を紹介!初心者必見!

この記事では、腕時計の最適なベルトサイズを紹介するとともに、サイズの測り方やベルトの調整方法を解説します。また、記事の後半では、ベルトのサイズ調整をお店に頼む場合の価格相場や注意点などもまとめています。腕時計を長く使っていくためにも、ぜひ参考にしてください。

ベルトの種類の相談がしやすい

ベルトの種類の相談がしやすい

ベルト部分を購入後、時計本体には合わなかったという失敗談もあります。

腕時計とベルトは見た目の組み合わせはもちろん値段もそれぞれ違ってきますから、本体とベルトの兼ね合いをよく確認しておく必要があるのです。

その点、プロに任せれば見た目も規格も最適なベルトに交換してくれるという安心感があるといえるでしょう。

ベルト交換時に不具合も見つけてもらえる

ベルト交換時に不具合も見つけてもらえる
Free-Photos

腕時計は精密機械であるため、定期的にオーバーホール(内部点検)をしてもらう必要があります。

お店に持って行けばベルト交換と併せて不具合のチェックを依頼することも可能ですので、普段オーバーホールを忘れがちという方にとっては良い機会といえるでしょう。

腕時計のベルトの調整は初心者はどこがおすすめ?値段や専門店を紹介!

あわせて読みたい

腕時計のベルトの調整は初心者はどこがおすすめ?値段や専門店を紹介!

腕時計は老若男女問わずに持っているアイテムの一つ。腕時計のベルトは専門店や自分でも調整・調節することが可能です。腕時計のベルト調整・調節が初めての人に、自分に合ったベルトのサイズやおすすめのお店、専門店に頼んだ時の料金などまとめました。

腕時計のベルト(バンド)交換のメリット

腕時計のベルトを交換することは、雰囲気が変わるだけでなく、ほかにもメリットがあります

使用するシーンによって変えられる

使用するシーンによって変えられる
MillenaryWatches

腕時計はベルト部分を変えることでガラリと印象を変えることも可能です。

シックなベルトにすれば正装時やお洒落にも似合う雰囲気に、カジュアルライクなタイプにすればスポーツシーンにも合わせられることもあります。

何本も腕時計を揃えるより、ベルトを揃え都度交換していく方がお値段も安く済むといえるでしょう。

長期間腕時計を使用できる

長期間腕時計を使用できる

付け外しがありサイズが大きい分、腕時計本体よりもベルトの方がダメージを受けやすいといえます。

つまり時計の劣化はベルト部分から始まることも多いため、ベルトを交換することでより長く同じ腕時計を使用することができるともいえるのです。

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

あわせて読みたい

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

メンズ・レディース問わず、腕時計はベルトの素材や質感によって見た目やつけ心地が変わってきます。この記事では、素材別に腕時計のベルトの種類や特徴、ぴったりの長さに調整するやり方まで徹底解説。それぞれの種類のメリットやデメリットについても紹介しています。

腕時計のベルト(バンド)を交換して長く楽しもう

腕時計のベルト(バンド)を交換して長く楽しもう
rawpixel

腕時計のベルト交換は動画などを参考にしながら、セルフでも行えるのです。

またベルト交換は破損してしまった時だけではなく、お洒落用として、同じ時計を長く着けるためにも有用な手段ということも分かりました。

腕時計のベルト交換の際には、セルフ交換にするのかお店に頼むのか適宜使い分けるようにして長く時計を楽しんでください。

2020年11月11日調査

Rich-Watch編集部

この記事のライター

Rich-Watch編集部

Rich-Watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「Rich-Watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

腕時計の駒の詰め方は?ダイソーやヨドバシに工具が売ってる?調査してみた!

ベルト調整・交換

腕時計の駒の詰め方は?ダイソーやヨドバシに工具が売ってる?調査してみた!

腕時計のメタルバンドの長さが合わない、長すぎると感じたら駒の詰め方を参考に調整してみましょう。今回は腕時計の駒の詰め方について、注意点や工具を販売している量販店など徹底調査。簡単にできるので、工具を揃えて手持ちの腕時計で試してみましょう。

タイコノートのベルトに交換してみた!おすすめのベルトはどれ?

ベルト調整・交換

タイコノートのベルトに交換してみた!おすすめのベルトはどれ?

腕時計のベルトのフィット感が悪い、デザインに飽きたらタイコノートのベルトに交換してみませんか?この記事では、タイコノートのベルトの魅力や交換方法、おすすめのベルトについてご紹介しています。簡単にカスタマイズできるのでぜひ参考にしてみてください。

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

ベルト調整・交換

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

腕時計のベルト交換は、バネ棒外しという専用器具があれば簡単に自分でできます。バネ棒外しはホームセンターをはじめ、ヨドバシカメラやビッグカメラなどでも購入できる便利な工具です。専用のものを使わなければ傷や故障の原因にもなるため、おすすめ品や使い方をご紹介します。

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

ベルト調整・交換

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

腕時計のバックルには主に、Dバックルとピンバックルの2種類があります。この記事では、折りたたみ式の留め具であるDバックルの種類や特徴をピンバックルと比較しながら説明していきます。自分の腕時計にあったバックルを見つける参考にしてください。

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

時刻を知る目的の他に装身具の要素も高い腕時計ですが素材や形状、デザインも優れたタイプが出回っており美術品のような素晴らしい時計も存在します。普通のものはベルト交換できますがベルト交換できない時計もありデザインによってベルト交換できないタイプの腕時計もあります。

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

ベルト調整・交換

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

腕時計に使われているバネ棒はベルトをつなぐための大切な部品ですが、壊れたときの対処法などが分からないという方もいるでしょう。そこで今回は、腕時計のバネ棒について、役割とサイズや壊れたときの対処法について紹介していきます。

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

ベルト調整・交換

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

腕時計のベルトの外し方は仕組みさえ知ってしまえば以外と簡単にできます。しかし自分で時計を微調整したことがない人だと壊したり傷をつけそうで怖いと感じる人も多いと思います。今回は腕時計のベルトの外し方や仕組みなどを解説していきます。

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

ベルト調整・交換

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

新しく時計を購入したときなどに、自分でベルトを調整したいと思うことはありませんか。ただ自分でベルトを調整するのは、難しそうなので挑戦できないと考える人もいるでしょう。今回は初めての人でもできる、時計のベルトを自分で調整する方法を紹介します。

腕時計ベルト(バンド)を工具で調整する方法は?プロで任せるのもあり?

ベルト調整・交換

腕時計ベルト(バンド)を工具で調整する方法は?プロで任せるのもあり?

この記事は腕時計のベルトを調整する方法について記載しています。腕時計のベルトのタイプやコマの詰め方、必要な工具や目安となる料金などをご紹介しています。ベルト調整の初心者の方でも簡単に工具を使ってできる方法もありますので、ぜひ、参考にしてみてください。

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

ベルト調整・交換

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

メンズ・レディース問わず、腕時計はベルトの素材や質感によって見た目やつけ心地が変わってきます。この記事では、素材別に腕時計のベルトの種類や特徴、ぴったりの長さに調整するやり方まで徹底解説。それぞれの種類のメリットやデメリットについても紹介しています。

ベルト調整・交換の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード