バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

お気に入りに追加

腕時計のベルト交換は、バネ棒外しという専用器具があれば簡単に自分でできます。バネ棒外しはホームセンターをはじめ、ヨドバシカメラやビッグカメラなどでも購入できる便利な工具です。専用のものを使わなければ傷や故障の原因にもなるため、おすすめ品や使い方をご紹介します。

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

目次

  1. バネ棒外しのおすすめを紹介!使いやすさ&コスパで厳選
  2. バネ棒外しおすすめ3選!コスパや性能重視でチョイス
  3. バネ棒外しを使わないでベルト交換するリスク
  4. バネ棒外しは丈夫さと精密さだけでなくサイズも大切

バネ棒外しのおすすめを紹介!使いやすさ&コスパで厳選

バネ棒外しのおすすめを紹介!使いやすさ&コスパで厳選
出典: www.amazon.co.jp

バネ棒外しとは、腕時計のベルトを交換する時に必要な工具で、革ベルトやNATOベルト、メタルブレスなど、腕時計のベルトは多種多様です。

腕時計のベルトは、毎日つけ外しするため傷つきやすく、ファブリックや柔らかい革だと消耗品になってしまいます。

バネ棒外しさえあれば、ベルト交換は簡単にできるようになりますので、自分でベルト交換をするために必要不可欠となる、バネ棒外しについて調べてみました。

バネ棒外しおすすめ3選!コスパや性能重視でチョイス

通販でも簡単に手に入り、コスパも良いおすすめのバネ棒外しを3種選びました。

各商品のおすすめポイントをご紹介します。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

あわせて読みたい

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたなど、ベルト交換のきっかけは様々です。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。腕時計のベルト交換がわかりやすいよう、Youtube動画なども載せています。

Bergeonバネ棒外し6767-F

Bergeon
6767-F
2,200円 (税込)
楽天で詳細を見る
使いやすいと評判のバネ棒外し

Bergeonバネ棒外し6767-Fは通販サイトでも大変人気の高いバネ棒外しで、Y字側も逆側も、いずれも非常に細くなっています。

ロレックスなど、バネ棒の穴が非常に小さくバネ棒が細いタイプの時計にも使いやすい構造です。

価格(楽天) 2,200円
サイズ 約140mm
重さ 80g
30代 男性
30代 男性

使いやすすぎる!

評価:

全くバネ棒外しの先端が滑らず、一発でバネ棒が外せました!
もちろん時計を傷つけることも一切なく、ストレスフリーでベルト外しができるようになりました。
やっぱり多少高くても工具はちゃんとしたものを使わないとダメですね・・・・。

https://www.amazon.co.jp
40代 女性
40代 女性

工具は選ぶべきです

評価:

時計ベルト購入時に付いていたオマケのばね棒外しとの比較です。
こちらの方が先が細く溝も深く、本体も長いので遥かに外しやすいです。
おまけの方では30分程格闘しても外せなかったのですが、こちらで5分程で外せました。

https://www.amazon.co.jp
ダイソー(100均)の工具での腕時計ベルトの調整のやり方を解説

あわせて読みたい

ダイソー(100均)の工具での腕時計ベルトの調整のやり方を解説

腕時計のベルトは緩くてもキツくてもストレスになってしまいます。近くに時計店がなければ「辛抱の日々」となりますが、ダイソーなど100均ショップの工具を使えば誰でも簡単に調整できてしまいます。今回はダイソーの工具を使った腕時計のベルト調整を解説します。

明工舎製作所MKSバネ棒外し

明工舎製作所
バネ棒外し MKS 46000 F20281
1,320円 (税込)
楽天で詳細を見る
初めての方でも簡単に扱えると好評のバネ棒外し

明工舎製作所のバネ棒外しMKS 46000 F20281はI型部分もY字部分も大変細く作られているので、さまざまな時計で使えます。

取り外して別売のパーツと交換することも可能です。

初めてでも使いやすい工具という口コミが数多く見られますが、サイズに合わない時計も存在します。

Gショックをはじめ、セイコーのダイバーズウォッチには合わないという口コミもありました。

価格(楽天) 1,320円
サイズ I型: 幅 約0.8/Y型:幅 約 0.7 mm
20代 男性
20代 男性

はじめての交換でしたがこの工具で簡単にできました

評価:

はじめに、インターネットでベルト交換の方法、ばね棒の仕組みや付け外し方をメインに学び、いざ、この工具でベルト交換しましたが、とてもうまくいきました。
自分でやると、時計への愛着倍増ですね。

https://www.amazon.co.jp

Cenfill両つかみ式バネ棒外し

Cenfill
両つかみ式バネ棒外し
8,800円 (税込)
楽天で詳細を見る
棒タイプで交換が難しい人におすすめのバネ棒外し

両つかみ式バネ棒外しは有名ブランドの同タイプだと、3万円前後する器具です。

同タイプの器具はプロも使用するため、棒タイプではどうしてもうまくできない方におすすめです。 

先端部分が2.4mm~1.4mm幅で調整可能になっており、より繊細なロレックスやオメガ対応のモデルもあります。

同タイプと比較するとお値段はリーズナブルです。

価格(楽天) 8,800円
30代 男性
30代 男性

替え先は交換必須だが質感は悪くない

評価:

簡単だと評判の両つかみ式のこちらを購入してみました。
確かに工具の質感は悪くないし工作精度もなかなか高いですね。
ベルジョン純正の商品は3万もするので、こちらでも十分かと思います。
ただ他のレビュー等でも言われてた通り、いかんせん替え先自体の強度が弱すぎますね。

https://www.amazon.co.jp
30代 男性
30代 男性

BREITLING外せました!

評価:

BREITLINGのフラッシュフィットは遊びが無さすぎて、バネ棒の片側を抑えてずらす外し方ではラグにかかる負担がヤバい感じでした。
そこでこの両掴みを試してみたのですが、わずか数秒でものの見事に外れてくれました。
工具一つにしてはいい値段でしたが、絶大な効果があったので文句なしの商品です

https://www.amazon.co.jp
腕時計のこじ開けて行う電池交換での代用は?100均等のおすすめ工具も紹介!

あわせて読みたい

腕時計のこじ開けて行う電池交換での代用は?100均等のおすすめ工具も紹介!

腕時計の電池交換の費用を節約したい方は、自分でも簡単に電池交換ができます。この記事では、こじ開け式腕時計の電池交換を代用工具を使って電池交換をする方法を説明します。また、こじ開けタイプの腕時計の電池交換をする際の代用工具も紹介します。

バネ棒外しを使わないでベルト交換するリスク

バネ棒外しは、腕時計のベルトを交換しようと思わなければ出会う機会の少ない工具です。

そのため「別のもので代用できない?」と考える人もいます。

しかしバネ棒外しを使わず、自己流でベルト交換をすると、風防ガラスを傷つけたり、バネ棒が抜けなくなったりというトラブルが起きるかもしれません、

時計を傷つける可能性

時計を傷つける可能性
出典: www.photo-ac.com

腕時計のバネ棒外しを見てみると、眼鏡用の細いドライバーなどを代用できそうな気がしてきます。

しかし、実際にやってみると専用のバネ棒外しでなければうまく外せない、はめ替えられないというトラブルが起きかねません。

結果的に腕時計を傷つけてしまったら大変です。

Y字タイプの代用品はない

Y字タイプの代用品はない
Silberfuchs

バネ棒外しの中でも、特にY字タイプのものの代用になるものはありません

今はダイソーでも交換キットが手に入ります。

初めてという場合は、安価なものから使ってみて、より使いやすいものに交換してゆくと良いでしょう。

ダイソーのベルトにはバネ棒外し封入のものもありますが、万用ではありません。

バネ棒外しは丈夫さと精密さだけでなくサイズも大切

バネ棒外しは丈夫さと精密さだけでなくサイズも大切
PublicDomainPictures

腕時計のベルトは、専用のバネ棒外しがあれば簡単に交換できます。

逆に、バネ棒外しを使わないと故障や傷の原因になります。

時計のブランドによっても合うバネ棒外しのサイズが異なるので、丈夫さやコスパだけでなく、合うタイプを選ぶことが大切です。

2020年10月09日調査

Rich-Watch編集部

この記事のライター

Rich-Watch編集部

Rich-Watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「Rich-Watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

タイコノートのベルトに交換してみた!おすすめのベルトはどれ?

ベルト調整・交換

タイコノートのベルトに交換してみた!おすすめのベルトはどれ?

腕時計のベルトのフィット感が悪い、デザインに飽きたらタイコノートのベルトに交換してみませんか?この記事では、タイコノートのベルトの魅力や交換方法、おすすめのベルトについてご紹介しています。簡単にカスタマイズできるのでぜひ参考にしてみてください。

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

ベルト調整・交換

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

腕時計のバックルには主に、Dバックルとピンバックルの2種類があります。この記事では、折りたたみ式の留め具であるDバックルの種類や特徴をピンバックルと比較しながら説明していきます。自分の腕時計にあったバックルを見つける参考にしてください。

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

時刻を知る目的の他に装身具の要素も高い腕時計ですが素材や形状、デザインも優れたタイプが出回っており美術品のような素晴らしい時計も存在します。普通のものはベルト交換できますがベルト交換できない時計もありデザインによってベルト交換できないタイプの腕時計もあります。

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

ベルト調整・交換

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

腕時計に使われているバネ棒はベルトをつなぐための大切な部品ですが、壊れたときの対処法などが分からないという方もいるでしょう。そこで今回は、腕時計のバネ棒について、役割とサイズや壊れたときの対処法について紹介していきます。

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

ベルト調整・交換

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

腕時計のベルトの外し方は仕組みさえ知ってしまえば以外と簡単にできます。しかし自分で時計を微調整したことがない人だと壊したり傷をつけそうで怖いと感じる人も多いと思います。今回は腕時計のベルトの外し方や仕組みなどを解説していきます。

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

長年使用していると、腕時計のベルト・バンドが傷んでしまうことがあるでしょう。お店に依頼するのも一つの手ですが、実はベルトはセルフ交換もできるものなのです。こちらでは動画付きでの腕時計のベルト・バンド交換方法や、お店に頼むメリットもご紹介しています。

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

ベルト調整・交換

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

新しく時計を購入したときなどに、自分でベルトを調整したいと思うことはありませんか。ただ自分でベルトを調整するのは、難しそうなので挑戦できないと考える人もいるでしょう。今回は初めての人でもできる、時計のベルトを自分で調整する方法を紹介します。

腕時計ベルト(バンド)を工具で調整する方法は?プロで任せるのもあり?

ベルト調整・交換

腕時計ベルト(バンド)を工具で調整する方法は?プロで任せるのもあり?

この記事は腕時計のベルトを調整する方法について記載しています。腕時計のベルトのタイプやコマの詰め方、必要な工具や目安となる料金などをご紹介しています。ベルト調整の初心者の方でも簡単に工具を使ってできる方法もありますので、ぜひ、参考にしてみてください。

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

ベルト調整・交換

腕時計のベルトの種類・素材ごとのメリットデメリット!交換や調整方法も!

メンズ・レディース問わず、腕時計はベルトの素材や質感によって見た目やつけ心地が変わってきます。この記事では、素材別に腕時計のベルトの種類や特徴、ぴったりの長さに調整するやり方まで徹底解説。それぞれの種類のメリットやデメリットについても紹介しています。

腕時計のベルト(バンド)の修理はいくら?修理店とメーカーの料金も比較!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト(バンド)の修理はいくら?修理店とメーカーの料金も比較!

腕時計のベルトを修理するのにはどのくらい値段がかかるのでしょうか?毎日使っているお気に入りの腕時計は、どうしてもベルトが劣化します。この記事では、腕時計の革ベルトの交換方法や金属ベルトのピン値段、おすすめの修理店などを紹介します。

関連するキーワード

ベルト調整・交換の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード