腕時計の最適なベルトサイズは?確認方法・調整方法を紹介!初心者必見!

お気に入りに追加

この記事では、腕時計の最適なベルトサイズを紹介するとともに、サイズの測り方やベルトの調整方法を解説します。また、記事の後半では、ベルトのサイズ調整をお店に頼む場合の価格相場や注意点などもまとめています。腕時計を長く使っていくためにも、ぜひ参考にしてください。

腕時計の最適なベルトサイズは?確認方法・調整方法を紹介!初心者必見!

目次

  1. 腕時計のベルトサイズの理想は?最適なサイズ感に調整しよう
  2. 腕時計の最適なベルトサイズの目安は?
  3. 腕時計のベルトを交換する際のサイズの確認方法
  4. 腕時計のベルトサイズが合わない時の調整方法【革ベルト編】
  5. 腕時計のベルトサイズが合わない時の調整方法【金属ベルト編】
  6. 腕時計のベルトサイズをお店で調整してもらうには?
  7. 腕時計のベルトサイズを調整して快適に使用しよう

腕時計のベルトサイズの理想は?最適なサイズ感に調整しよう

ベルト

腕時計のベルトについて、「サイズがきつく感じるようになってきた」、あるいは「ゆるゆるな気がする」と思う方は多いのではないでしょうか。少しでも違和感があると、それがストレスにつながってしまいます。着用感やサイズ感が気にあるのであれば、ベルトの調整をしておきましょう。

メジャー
annca

 そこで今回は、腕時計の理想のベルトサイズの紹介と合わせて、ベルトの測り方や調整方法を解説します。調整方法については、ベルトの種類ごとにまとめているので、ぜひ参考にしてください。 

腕時計の最適なベルトサイズの目安は?

適正な長さの目安

腕時計全体

腕時計のベルトの長さは、手首に巻いたときに人差し指がバックル部分に無理なく入る程度が目安です。これよりも緩いと、重さで時計本体が下を向いてしまうことがあるため、時間を見る際のストレスになってしまいます。逆にきついと、手首が圧迫され、場合によっては跡が残ってしまうこともあるかもしれません。

締め具合の目安

スクエア腕時計

腕時計のベルトの締め具合は、ゆるくもきつくもないサイズ感が目安です。手首と腕時計との間に、程よいゆとりを残しておくようにしましょう。  手首と腕時計との間に余裕があると、腕時計の長持ちにつながります。ぴったり過ぎると手首にかいた汗を逃がせなくなるため、ベルトの種類によってはサビてしまいます。さらに、手首とぴったりサイズだと、常時負荷が加わるため、ベルトの寿命を縮めてしまいます。   

ぴったりサイズは注意

男の人腕時計

腕時計のサイズを調整する際、いきなりぴったりサイズにするのは避けましょう。というのも、ぴったりサイズにしてしまった場合、ベルトの種類によっては再調整ができないものもあるため変更がききません。 例えば革ベルトの場合だと、ベルトを切って調節するため、失敗するとベルト自体を交換しなければなりません。余計な出費につながってしまうため、ベルトサイズの調整は慎重に行うようにしましょう。  

月3,980円でROLEXなどの高級時計がレンタルできる?KARITOKEというサービスって何?

あわせて読みたい

月3,980円でROLEXなどの高級時計がレンタルできる?KARITOKEというサービスって何?

ROLEXは憧れの高級腕時計ですが、購入するとなるとやはり難易度は高いです。実はROLEXをはじめとした高級腕時計のレンタルができるKARITOKEというサービスがあります。KARITOKEはどのようなサービスなのか詳しく解説していきます。

腕時計のベルトを交換する際のサイズの確認方法

使用中の腕時計のサイズの測り方

ものさし

自分で使用中の腕時計のベルトを交換する場合、物差しなどを使って両方のベルトの長さ、および時計本体を入れた全体の長さを確認しておきます。ここではmm単位まで正確に把握するのが、正しいサイズの測り方です。 というのも、腕時計の着用感はmm単位で変わってくるからです。また、ベルトだけの長さは、左右均等に長さを調節する際に必要になります。  

自分の手首周りの測り方

手首

適切な腕時計のベルトサイズを把握するためには、自分の手首周りの太さを把握しておく必要があります。その際、メジャーがあればよいですが、紙テープなど2~3mm程度の細く長い紙でも測ることが可能です。 メジャーや紙テープを使った自分の手首周りの測り方は、以下の通りです。  

  1. 手を軽く握り、リラックスする
  2. 紙テープやメジャーを締め付けすぎない程度のゆるさで手首に巻く
  3. 紙テープの場合は、テープが一周した位置に印をつける
  4. サイズを読み取る

ベルトサイズの確認方法

鉛筆を持った女性

ここでは、腕時計のベルトサイズの測り方、確認方法を紹介します。革ベルト・金属ベルト・ウレタンベルトの3種類に分けてまとめているので、自分の持っている腕時計のベルトの種類にあった項目を確認するようにしてください。

革ベルトの場合

革腕時計

革ベルトの場合は、ベルトの裏側に数字が書かれていることがあります。書かれている場合は、その数字(mm)が正しいベルトサイズです。書かれていない場合には、ノギスなどの物差しを使い正確にベルト幅を把握しましょう。また、革ベルトの場合は、ベルトの厚も確認しておいてください。元のベルトよりも厚すぎるものだと、うまく交換できないことがあります。

金属ベルトの場合

女性の腕時計

金属ベルトの場合は、ベルトが取り付けられている部分の幅を測ります。なお、ベルトの取り付けられ方は、時計の種類によって異なります。そのため、どこから時計本体とベルトがつながっているかを正確に確認するようにしてください。

ウレタンベルトの場合

腕時計とキーボード

ウレタンベルトの場合は、元のベルトの幅をノギスなどの物差しを使って確認します。ただし、ウレタンベルトが用いられている腕時計時計には、純正のベルトにしか交換できないものも少なくありません。そのため、ベルトの交換を検討する場合は、腕時計を購入したお店やメーカーなどに問い合わせるようにしてください。

腕時計本体の幅と合ったベルトを選ぶ

腕時計

腕時計のベルトを交換する際は、腕時計本体の幅に合ったベルトを選ぶようにしてください。サイズ幅の小さいものは、腕時計に取り付けられる場合もありますが、使用中に外れてしまう危険性があります。また、仮に外れなかったとしても、ベルトを留めているピンが丸見えになり、不格好です。逆に大きなものは、革ベルトの場合を除きはまりません

腕時計のベルトサイズが合わない時の調整方法【革ベルト編】

用意する工具

道具
Miwa.T

革ベルトのサイズ調整の場合には、バネ棒外しという特殊な工具が必要になります。革ベルトは、時計本体と「バネ棒」でつながっており、これを本体から外すことでベルト交換が可能になります。ちなみに、バネ棒外しにはY型とI型の2種類があります。時計本体の横に穴がある場合はI型(穴に差し込んで外す)、ない場合はY型(バネ棒に引っ掛けて外す)を選んでください。

調整方法

腕時計修理店の選び方
jarmoluk

革ベルトの調節、交換方法は以下の通りとなっています。

  1. 腕時計本体の穴にバネ棒外しを差し込み、バネ棒を外す
  2. 反対側も同様にして、バネ棒を外す
  3. 新しいベルトにバネ棒を取り付け、時計本体に取り付ける
  4. ベルトが適切なサイズ感になるように微調整する

腕時計のベルトサイズが合わない時の調整方法【金属ベルト編】

・自分で調整が可能なベルトのタイプ

時計

金属ベルトの調整は、時計のブランドや種類によって異なります。ここでは、金属ベルトの固定方法として代表的な、ネジ止め式、ピン止め式、スライド式、板バネ式の4種類のベルトタイプを解説します。

暗闇に並ぶ金属バンドの腕時計
Glavo

 ちなみに現在は、ネジ止め式ピン止め式の2つが主流になっています。なお、これらのタイプに該当するものの中でも、自力で対処できないものがある点には注意しましょう。 

スライド式

金属バンドの腕時計
sekido

スライド式とは、金具をスライドさせてサイズ調整をするタイプのベルトのことを言います。なお、ここで取り上げているほかの3種類とは違い、ベルトの留め方の名称を指すものではありません。

ネジ止め式

ネジ
cytech

ネジ止め式とは、ベルトをネジで固定すタイプのベルトのことを指します。コマを一つ一つネジで止める仕組みになっているので、ベルトを交換・調整する際は、不要なコマのネジを外すことで好みの長さに合わせます。

ピン止め式

大阪のロレックス正規店でデイトナは購入できる?
danymena88

ピン止め式とは、ベルトをピンで固定するタイプのベルトのことを指します。ひとくちにピン止め式と言っても、丸ピンタイプ、板ピンタイプ、ワリピンタイプ、シーリングタイプなど、時計によってさまざまな種類のピンが採用されている点には注意しましょう。

板バネ式

竜頭

板バネ式とは、平たいバネ(板バネ)と外側のコマの摩擦によって固定するタイプのベルトのことを指します。平たいバネは、形が曲がってしまうと緩くなったりはまらなくなってしまったりするため、ここで取り上げている4つのタイプの中では、慣れないと難しいとされています。

スライド式の調整方法

用意する工具

様々な工具の並ぶイラスト
Westfrisco

スライド式ベルトの長さ調整に必要な工具は、マイナスドライバーです。工具はベルトの金欠き部分に差し込んで使用するため、ヘアピンや千枚通し、アイスピックなどの細くて長いものなどでも代用できます。

調整方法

虫眼鏡を覗く男性

スライド式ベルトの調整方法は、以下の通りです。

  1. ベルトの金具の切欠き部分にドライバーを差し込む
  2. てこの原理で金具のロックを解除する
  3. 金具をスライドさせ、サイズ感を調整する
  4. 再度金具をロックする

ネジ止め式の調整方法

工具

用意する工具

ネジ止め式のベルトのサイズ調整に必要となる工具は、ドライバーです。ただし、使えるドライバーのサイズや、プラス・マイナスなどの種類は、腕時計の種類によって異なります。そのため、自分の腕時計のサイズ調整に適したものを選んで行いましょう

調整方法

電池

ネジ止め式のベルトのサイズ調整の方法は、以下の通りです。

  1. ベルトサイドにあるネジ穴にドライバーを差し込み、ネジを外す
  2. 1. を繰り返し、好みのサイズ感になるように不要なコマをすべて取り外す
  3. ネジを再度止める

ピン止め式の調整方法

用意する工具

工具を持つ男性

ピン止め式腕時計のベルトサイズ調整の際に必要な工具は、ピン外し、プラハンマー、ペンチ、ピンセット、バンドホルダーの5つです。これらのうち前の3つは、ベルトを固定しているピンを引き抜くために必須なものです。残りの2つは、なくても作業自体をすることは可能ですが、細かい作業をスムーズに進めるために用意しておきましょう。

調整方法

対処方法
  1. 腕時計のベルトをバンドホルダーに固定する
  2. ピンにピン外しを当て、ハンマーで打ち抜く
  3. 出てきたピンをペンチで引き抜く
  4. 2~3を不要なコマの数だけ繰り返し、好みのサイズ感にする
  5. ピンの通り道をまっすぐに揃え、ピンを打ち込む

板バネ式の調整方法

用意する工具

工具

板バネ式腕時計のサイズ調節に必要な工具は、目打ちまたは千枚通し、ピン外し、プラハンマー、ペンチ、バンドホルダーの4つです。ほとんどの場合、目打ちまたは千枚通しさえあれば対処できますが、板バネ式が曲がっていたりなどしてうまくはまらなかった時のために、残りの工具も手元に置いておいてください。これらのほか、眼鏡クロスなどの柔らかい布があれば用意しておきましょう。

調整方法

ハンマー
PublicDomainPictures

板バネ式腕時計のベルトサイズ調整方法は、以下の通りです。板バネを抜く工程や再度差し込む工程は、ほとんどの場合手で行えますが、途中で止まってしまう場合には、プラハンマーやペンチなどなどを使い、板バネを歪めないような優しい力で引き抜いたり、叩いて押し込んだりするようにしてください。

  1. ベルト裏のアジャスト溝に目打ちを差し込み、矢印の方向に押し出す
  2. 出てきたコマを引き抜き、ベルトの連結を外す
  3. 1~2を不要なコマの数だけ繰り返し、好みのサイズ感にする
  4. 矢印とは反対の方向に板バネを戻す

腕時計のベルトサイズをお店で調整してもらうには?

呆れる女性

腕時計のベルトのサイズ調整ですが、なかには慣れなければ作業が難しい種類のベルトや、そもそも自分では対応できない種類のものもあります。そのため、取り掛かってみたものの、途中であきらめてしまったという方もいるのではないでしょうか。ここではそんな状況のために、ここでは腕時計のベルトサイズをお店で調整してもらう場合の価格相場などをまとめます。

調整をしてくれるお店

相談

腕時計のベルトサイズの調整は、腕時計・時計専門店や家電量販店に持っていけば対応してくれるところが多いです。まずは、自分の腕時計を買ったお店に行くか、問い合わせてみてください。なお、お店に行ってからの手間を減らしたい場合には、あらかじめ自分の手首周りのサイズを測っておきましょう。測り方は、この記事の中の「自分の手首周りの測り方」の項目を参考にしてください。

料金の相場

お金

腕時計のベルトサイズの調整をお店に頼む場合、500~2000円前後が価格相場となっています。腕時計がハイグレードになるにつれ、依頼価格は上がるので注意しましょう。なお、家電量販店などでは保証期間であれば、ベルトサイズの調整を無料で行ってくれる場合もあります。家電量販店で腕時計を購入した場合は、保証期間内かどうかを確認してみてください。

調整を断られる場合もある?

困った女性

腕時計のベルトサイズの調整をお店に頼む際ですが、残念ながら依頼しても断られてしまう場合もあります。具体的な例としては、手作りの一点もの、調整にマイナーすぎる専用の工具が必要なものなどが挙げられます。そのほか、契約時にお店が出す条件に同意できない場合にも断られてしまうので注意しましょう。

腕時計のベルトサイズを調整して快適に使用しよう

腕時計を見る女性

この記事では、腕時計のベルトサイズを自分で調整するための方法に焦点を当て、最適なサイズの目安や自分の手首周りの測り方、そして具体的な調整方法までをまとめました。腕時計のベルトを自分に合ったサイズに調整しておけば、快適に着用できると同時に、ベルトの持ちの長さにもつながります。正しい測り方をもとにして、自分に合ったサイズに調整しましょう。

月3,980円でROLEXなどの高級時計がレンタルできる?KARITOKEというサービスって何?

あわせて読みたい

月3,980円でROLEXなどの高級時計がレンタルできる?KARITOKEというサービスって何?

ROLEXは憧れの高級腕時計ですが、購入するとなるとやはり難易度は高いです。実はROLEXをはじめとした高級腕時計のレンタルができるKARITOKEというサービスがあります。KARITOKEはどのようなサービスなのか詳しく解説していきます。

kosinec

この記事のライター

kosinec

3年前からライターを始め、幅広い分野で執筆させていただいてます。 好きな分野は音楽、時計、文学、釣りなどです。 また食べ歩きも好きなので、少しメタボなのが心配事です。 そんな私なのでよろしくお願いします。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

MIL-SHOCKのベルトに変更する方法!G-SHOCKを元にカスタム手順を紹介!

ベルト調整・交換

MIL-SHOCKのベルトに変更する方法!G-SHOCKを元にカスタム手順を紹介!

発売してから不動の人気を確立し、マニアも存在するほどのG-SHOCKですが、海外モデルのMIL-SHOCK仕様のベルトに変更するのが現在の流行です。今回はG-SHOCKからMIL-SHOCKのベルトに変更する方法を見ていきます。

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

ベルト調整・交換

バネ棒外しのおすすめ3選!バネ棒外しなしでのベルト交換がダメな理由も紹介!

腕時計のベルト交換は、バネ棒外しという専用器具があれば簡単に自分でできます。バネ棒外しはホームセンターをはじめ、ヨドバシカメラやビッグカメラなどでも購入できる便利な工具です。専用のものを使わなければ傷や故障の原因にもなるため、おすすめ品や使い方をご紹介します。

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

ベルト調整・交換

腕時計のDバックルとは?バックルの種類やメリットなどを説明!

腕時計のバックルには主に、Dバックルとピンバックルの2種類があります。この記事では、折りたたみ式の留め具であるDバックルの種類や特徴をピンバックルと比較しながら説明していきます。自分の腕時計にあったバックルを見つける参考にしてください。

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

時刻を知る目的の他に装身具の要素も高い腕時計ですが素材や形状、デザインも優れたタイプが出回っており美術品のような素晴らしい時計も存在します。普通のものはベルト交換できますがベルト交換できない時計もありデザインによってベルト交換できないタイプの腕時計もあります。

オメガの革ベルトのオススメは?交換方法や交換時の値段も調査!

ベルト調整・交換

オメガの革ベルトのオススメは?交換方法や交換時の値段も調査!

オメガの革ベルトは渋さや高級感、落ち着いた雰囲気を醸し出すにはピッタリなアイテムです。しかし革ベルトは消耗品なため、定期的な交換は必須になります。この記事ではオメガの革モデルのおすすめ紹介を中心に、革ベルトの交換方法や価格相場を紹介します。ぜひ参考にどうぞ。

【動画解説】ハミルトンのベルトの交換方法を紹介!お店の場合の料金も!

ベルト調整・交換

【動画解説】ハミルトンのベルトの交換方法を紹介!お店の場合の料金も!

アメリカを代表する高級腕時計ブランド、ハミルトンのベルトを交換したい場合どうしたらいいか、お悩みの方もいるかと思います。この記事では、ハミルトンのベルト交換方法を解説します。さらに、ベルト交換に対応している店舗や料金も徹底調査しました。

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

ベルト調整・交換

腕時計のバネ棒とは?役割や種類・壊れた時の対処法を紹介!

腕時計に使われているバネ棒はベルトをつなぐための大切な部品です。ただし、あまり知られていないため、壊れたときの対処法などが分からないという方もいるでしょう。そこで今回は、腕時計のバネ棒について、役割とサイズや壊れたときの対処法について紹介していきます。

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

ベルト調整・交換

【腕時計】ベルトの外し方は簡単?付け方や交換方法も徹底解説!

腕時計のベルトの外し方は仕組みさえ知ってしまえば以外と簡単にできます。しかし自分で時計を微調整したことがない人だと壊したり傷をつけそうで怖いと感じる人も多いと思います。今回は腕時計のベルトの外し方や仕組みなどを解説していきます。

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

ベルト調整・交換

腕時計のベルト・バンドの交換方法は?やり方やお店に依頼するメリット!

長年使用していると、腕時計のベルト・バンドが傷んでしまうことがあるでしょう。お店に依頼するのも一つの手ですが、実はベルトはセルフ交換もできるものなのです。こちらでは動画付きでの腕時計のベルト・バンド交換方法や、お店に頼むメリットもご紹介しています。

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

ベルト調整・交換

腕時計のベルト調整を自分でやる方法を3つのSTEPで紹介!【動画解説あり】

新しく時計を購入したときなどに、自分でベルトを調整したいと思うことはありませんか。ただ自分でベルトを調整するのは、難しそうなので挑戦できないと考える人もいるでしょう。今回は初めての人でもできる、時計のベルトを自分で調整する方法を紹介します。

関連するキーワード

ベルト調整・交換の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード