時計の尾錠って何?尾錠の種類や簡単な交換方法も紹介!

お気に入りに追加

おしゃれに時計をつけるなら,尾錠にまでこだわってみませんか? あまり見られる部分ではなく気にされる方が少ないパーツですが, 尾錠は,時計やベルト用途に合わせて自分で交換することができます。 この記事では尾錠の種類・交換方法を紹介します。

時計の尾錠って何?尾錠の種類や簡単な交換方法も紹介!

目次

  1. 尾錠(びじょう)って何?工夫次第で腕時計がおしゃれに変身!
  2. 腕時計の尾錠の役割とは?各部品を説明
  3. 尾錠の種類とは?メリットとデメリットも紹介
  4. 【タイプ別に解説】尾錠の交換方法
  5. 尾錠を変えて腕時計のお洒落ポイントにしてみよう

尾錠(びじょう)って何?工夫次第で腕時計がおしゃれに変身!

尾錠(びじょう)って何?工夫次第で腕時計がおしゃれに変身!
出典: www.amazon.co.jp

尾錠とはベルトの留め具の名称です。

時計を購入したのち,劣化などの理由でベルトを交換することはあると思いますが、自分の好みに合わせて,尾錠もおしゃれに変身させることが可能なんです。

ベルト同様に尾錠にも種類があり実は種類が多いパーツで自分好みにアレンジすることが可能です。

腕時計の尾錠の役割とは?各部品を説明

腕時計の尾錠の役割とは?各部品を説明
出典: www.amazon.co.jp

腕時計における尾錠の役割とは何でしょうか。

尾錠について、もう少し詳しく説明していきます。

尾錠はベルトを固定する部品

尾錠はベルトを固定する部品
出典: www.amazon.co.jp

尾錠は腕時計の皮やファブリックのベルトを留める部品になります。

バックルと呼ぶこともあります。

ちなみにジーンズの背面につけられたベルトをを尾錠といいます(英語はシンチバック)。

尾錠の部品について

尾錠の部品について
出典: www.amazon.co.jp

尾錠は3つの部品でできています。

画像を交えながら解説していきます。

尾錠枠

尾錠枠
出典: www.amazon.co.jp

尾錠の外枠のことをいいます。

尾錠枠はバネ棒という金具の部品がついているのですが、この棒を固定するラグという穴が外側まで貫通しているものと、貫通していないものの2種類あります。

つく棒

つく棒
出典: www.amazon.co.jp

ベルトの穴に通す棒のことで、突棒と書きます。

穴が丸くないベルトの場合、突棒が通せずベルト交換できない場合があります。

バネ棒

バネ棒
出典: www.amazon.co.jp

バネ棒はベルトと尾錠を繋ぐ部分で、先端がスプリングになっていて内側に押して縮めることにより尾錠に取り付けることができます。

金属バンドの三折れ金具部分にもバネ棒が使われています。

太さや長さ、形状などの種類が多いので、交換する際はサイズなどをよく確認することが重要です。

尾錠の着脱方法について

尾錠の着脱方法について
出典: www.amazon.co.jp

尾錠はピンバックルとも呼ばれています。

着脱方法は、ズボンのベルトの要領で、腕に巻いベルトの先端を尾錠に通し、ベルト穴につく棒を通して着脱します。

尾錠の種類とは?メリットとデメリットも紹介

尾錠の種類とは?メリットとデメリットも紹介
athree23

ここからは尾錠の種類や、尾錠式の腕時計のメリットやデメリットをご紹介していきます。

尾錠の種類はバラエティが豊富

尾錠の種類はバラエティが豊富
出典: www.amazon.co.jp

尾錠はアンティークをはじめとして、さまざまなデザインがあり、価格も素材などにより数十円から千円以上するものまであります。

ベルトや文字盤の雰囲気に合わせて気軽に変えてみましょう。

バックルにはいくつかの種類がある

バックルにはいくつかの種類がある
出典: www.amazon.co.jp

腕時計の留め具には種類があります。

それにより腕時計の着脱方法が変わりますので、着脱のしやすさなどで腕時計を選ぶ際にもポイントとなってきます。

主にレザーベルトの腕時計には「尾錠式(ピンバックル)」と「Dバックル(フォールディングバックル)」があります。

ピンバックルとDバックルの比較

ピンバックルとDバックルの比較
出典: www.amazon.co.jp

ピンバックルは革ベルトをピンで固定しておくやり方で、腕時計の留め具として昔からある方式です。

Dバックルは開閉式の留め具でフォールディングバックルとも言われており、着脱に便利で最近増えている方式です。

Dバックルの「D」英語でディプロメント(広げる)の頭文字からきています。

ピンバックルのメリット・デメリット

ピンバックルのメリット・デメリット
472301

メリット

デメリット

手首に合わせてサイズを調整できる

ベルトが痛みやすい

デザインがスッキリしている

着脱が面倒・時間がかかる

価格が比較的安い

着脱時に誤って落としやすい

メリットとしては、ピンをつける穴の位置を変えれば、簡単に腕周りサイズを変更できること、パーツが小さく華奢なベルトに合わせやすいこと、交換用パーツが安価に手に入ることが挙げられます。

デメリットは留める時に金具とベルトの革が擦れて痛みやすいこと、着脱に手間がかかるので腕時計の着脱を頻繁にするかたには不便だと言えます。

Dバックルのメリット・デメリット

Dバックルのメリット・デメリット
Tumisu

メリット

デメリット

着脱が早い

デザインがゴツゴツしている

腕時計を落としにくい

価格が高め

ベルトが痛みにくい

金具が手首に当たる

サイズの変更がしにくい

メリットは何と言っても着脱がワンタッチでできることです。

ピンバックルのように金具がベルトに擦れることが少ないためにベルトの素材が痛みにくく、長持ちします。

デメリットは、金具がゴツゴツしていることや、金属部分が手首に当たる面積が大きいので、気になるかたも多いでしょう。

【タイプ別に解説】尾錠の交換方法

尾錠にははバネ棒を固定するラグという穴が外側まで貫通しているものと、貫通していないものの2種類あります。

この2タイプの尾錠の交換方法をご紹介していきます。

「バネ棒外し」という専用工具を使います。

穴がある尾錠の取り外し方

穴がある尾錠の取り外し方
出典: www.amazon.co.jp

尾錠の側面の穴にバネ棒外しの突きピンを押し込むと簡単に尾錠が外れます。

ベルトからバネ棒を抜くと、つく棒も外すことができて合計3つの金具に分かれます。

穴がない尾錠の取り外し方

穴がある尾錠の取り外し方
出典: www.amazon.co.jp

二又になっているバネ棒外しを使います。

尾錠とバンドの間に二又を差し込み、下に少し押し込むと尾錠が外れます。

尾錠の取り付け方

尾錠を交換するときは、まず尾錠(ラグ)幅・ベルト幅を確認して適切なサイズの尾錠を使いましょう。

幅を計測する工具もあり、お店だと腕時計の交換用パーツ売り場に備品として設置されていることもありますので、交換する腕時計を持って測ってみるとよいでしょう。

まずベルトにつく棒を挿し込んでセットし、その状態でベルトにバネ棒を通します。

バネ棒通しでバネ棒の先を下に押し込みながら尾錠を取り付けます。

もしわからなければ、腕時計販売店のスタッフに相談すると適切なサイズや交換方法を教えてくれます。

腕時計専門店などで尾錠を購入すれば、工賃無料で交換してくれるサービスもあります。

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

あわせて読みたい

腕時計のベルト交換が出来ないタイプとは?判別できる?交換方法も解説!

時刻を知る目的の他に装身具の要素も高い腕時計ですが素材や形状、デザインも優れたタイプが出回っており美術品のような素晴らしい時計も存在します。普通のものはベルト交換できますがベルト交換できない時計もありデザインによってベルト交換できないタイプの腕時計もあります。

尾錠を変えて腕時計のお洒落ポイントにしてみよう

右手に腕時計をつけるおしゃれな男性

尾錠の交換はそれほど技術を必要とせず、初心者の方でも気軽にできます。

交換用の尾錠はお洒落なデザインのものが比較安く手に入るので、気に入ったものを見つけたら購入してみましょう。

ベルトの交換の際に尾錠も一緒に交換してみてはいかがでしょうか。

araara

この記事のライター

araara

昔ホームセンター勤務で時計のコマ詰めしてました。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ステンレススチールの時計が高い4つの理由!ステンレスとスチールの違いも解説!

時計の基礎知識

ステンレススチールの時計が高い4つの理由!ステンレスとスチールの違いも解説!

時計の材質に使われているステンレススチールとはどのような素材なのでしょうか。ステンレススチールとスチールの成分や加工のしやすさ、硬さなどの特徴と時計に使用するメリットを解説するとともに、自宅でできるステンレススチール製時計のお手入れ方法も一緒に紹介します。

フラッシュフィットとは何?ロレックスやオメガの弓管で交換や加工はできる?

時計の基礎知識

フラッシュフィットとは何?ロレックスやオメガの弓管で交換や加工はできる?

フラッシュフィットはロレックスが独自に名付けた時計の部品です。この記事ではフラッシュフィットについての説明と、加工や自分での製作は可能かについて解説します。またフラッシュフィットの交換方法も説明していますので、交換時の参考にしてみてください。

1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは?答えを解説

時計の基礎知識

1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは?答えを解説

ポイ活で出題された「1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは?」という問題と、その答えを解説します。1735年にスイスの時計職人によって創業された世界最古のメーカーは4択の問題でした。答えのメーカーについて、その歴史も説明します。

浅岡 肇(独立時計師)の時計全まとめ!本やFacebookまで調査してみた!

時計の基礎知識

浅岡 肇(独立時計師)の時計全まとめ!本やFacebookまで調査してみた!

浅岡 肇氏は世界でも数少ない独立時計技師です。企業には属さず個人で腕時計を製作し、最高難度のトゥールビヨンを日本で初めて、しかも独学で制作に成功した人でもあります。代表的な作品や著書だけでなくFacebookも通して浅岡 肇氏の世界を調査してみました。

アンティークウォッチマン(アンティーウオッチマン)に偽物時計があるって本当?評価・口コミから調査!

時計の基礎知識

アンティークウォッチマン(アンティーウオッチマン)に偽物時計があるって本当?評価・口コミから調査!

アンティーウオッチマン(アンティークウォッチマン)は時計専門の委託通販マーケットです。今回は売買の仲介や価格交渉、修理受付などに対応するアンティーウオッチマン(アンティークウォッチマン)を特集しました。偽物があるの?との口コミもあるため徹底調査しています。

フライングトゥールビヨンの他モデルとの違いは?安い値段のモデル4選も紹介!

時計の基礎知識

フライングトゥールビヨンの他モデルとの違いは?安い値段のモデル4選も紹介!

腕時計のゼンマイ維持と脱進機に、一定した動きを与える事で精度を維持する機構があり、それをトゥールビヨンと呼びます。トゥールビヨンに視覚的な効果を与えるために考案されたのがフライングトゥールビヨンといいます。ここではフライングトゥールビヨンについて紹介します。

並行輸入品とは何?偽物?正規輸入品との違いやメリットデメリット、違法性まで解説!

時計の基礎知識

並行輸入品とは何?偽物?正規輸入品との違いやメリットデメリット、違法性まで解説!

ネットショップなどでよく見かける並行輸入品とは価格が安いのでコピー商品ではないかと思われがちですが実際は本物であることの方が多いです。この記事では、並行輸入品とは?についての解説やメリットデメリット、並行輸入品で購入するのがおすすめのモデルまでご紹介します。

ドンキホーテの時計が安い理由は偽物だから?ドンキで買うメリットデメリットを解説!

時計の基礎知識

ドンキホーテの時計が安い理由は偽物だから?ドンキで買うメリットデメリットを解説!

日本で有名なディスカウントショップ「ドンキホーテ」では、安い値段で時計を購入できます。安いからといって偽物ではありません。ドンキホーテは本物を販売し、アフターサービスも行っています。ドンキホーテで買える時計について、メリットやデメリットと共に解説します。

フィリップ デュフォーとはどんな人?時計のブランドや歴史を徹底解説!

時計の基礎知識

フィリップ デュフォーとはどんな人?時計のブランドや歴史を徹底解説!

フィリップ デュフォー氏は独立時計師として数々の精巧で複雑な腕時計を生み出してきました。そんな時計界の神ともいえる一流職人はどんな生い立ちを経てその地位を手に入れたのでしょうか?今回はフィリップ デュフォーの経歴や生み出した時計についてまとめました。

時の記念日(6月10日)とはどんな日?由来や意味、子供への伝え方も解説!

時計の基礎知識

時の記念日(6月10日)とはどんな日?由来や意味、子供への伝え方も解説!

6月10日は時の記念日です。時の記念日はどういった由来や意味がある日なのか、また、子供への伝え方や過ごし方、おすすめの本などもご紹介します。普段当たり前になっていて、あまり意識しない「時」の大切さについて考えてみましょう。

時計の基礎知識の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード