×

フィリップ・デュフォー(独立時計師)について解説!作品時計も紹介!

お気に入りに追加

時計師と呼ばれる時計作り専門の職人の中でも、フィリップ・デュフォーはとりわけ有名な存在といえます。ドイツやイギリスで経験を積んだ後、ついに自らの名を冠したブランドを設立しました。フィリップ・デュフォーの作品の特徴や職人としての気質を紹介します。

フィリップ・デュフォー(独立時計師)について解説!作品時計も紹介!

目次

  1. フィリップ・デュフォー(独立時計師)とは?作品時計も紹介!
  2. フィリップ・デュフォー(独立時計師)はどんな人?
  3. フィリップ・デュフォー(独立時計師)の時計作品
  4. フィリップ・デュフォーのオークションに出品された作品とは?
  5. フィリップ・デュフォーは精巧な技術を持った世界有数の時計師

フィリップ・デュフォー(独立時計師)とは?作品時計も紹介!

フィリップ・デュフォー(独立時計師)とは?作品時計も紹介!
Free-Photos

「グラン・プチ・ソネリ」をはじめとした革新的な腕時計を筆頭に、時計業界に輝かしい実績を残してきた時計師といえばフィリップ・デュフォーです。

時計が大量生産されるようになる以前の技術を受け継ぎ、現代に通じるレベルにまで成長させてきた時計師のなかでも、フィリップ・デュフォーは特別な存在といえます。

フィリップ・デュフォー(独立時計師)はどんな人?

一流の時計師であるだけでなく、ブランドまで設立したフィリップ・デュフォーは、世界的時計メーカーをいくつも抱えるスイス出身の人です。

スイスから欧州各国を巡って修行した彼の気質や沿革を解説します。

手首が細い人に似合う人気腕時計ブランド20選!男女別でモデルを紹介!

あわせて読みたい

手首が細い人に似合う人気腕時計ブランド20選!男女別でモデルを紹介!

男性女性とも、手首が細い人は、大型で分厚い腕時計をつけると違和感があり、似合わないと悩むかたも多いでしょう。今回は手首が細い人にも似合う人気の腕時計を、男性女性に分けてブランド別にモデルとともにご紹介します。手首が細い人は是非チェックしてみてください。

フィリップ・デュフォーの経歴

フィリップ・デュフォーの経歴
Adrian F

世界的に有名な時計師であるフィリップ・デュフォーですが、彼が成功するに至った道筋を振り返ると、時計に対する並々ならぬ情熱を感じ取れます。

時計製造技術の向上に寄与した彼の経歴を簡単に見ていきましょう。

北欧の腕時計ブランド全30モデル紹介!ブランド毎におすすめの時計と特徴を紹介!

あわせて読みたい

北欧の腕時計ブランド全30モデル紹介!ブランド毎におすすめの時計と特徴を紹介!

現在、北欧のブランドが注目を浴びています。食器やファブリック、家具だけにとどまらず、腕時計も大変人気です。北欧の腕時計の人気の秘密はシンプルで機能的だからかもしれません。そこで北欧の腕時計30ブランドのおすすめを全て紹介していきます。

1948年:スイス ジュウ渓谷のル・サンティエで生誕

1948年:スイス ジュウ渓谷のル・サンティエで生誕
hirotomo

現在では「時計の帝王」として知られるフィリップ・デュフォーは、スイスのジュウ渓谷にあるル・サンティエで産声を上げました

ロレックスやオメガといった国内でも有名な時計ブランドがいくつもあるスイスでの生誕が、フィリップ・デュフォーの時計職人としての下地を作るのに最適な環境だったといえます。

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

あわせて読みたい

腕時計のベルトを革から金属に交換する方法!自分でやる方法と店舗の場合を調査!

季節や気温、愛用の時計に着けている革のベルトが傷んできたなど、ベルト交換のきっかけは様々です。今回は腕時計の革ベルトから金属のベルトへと交換する方法を紹介しています。腕時計のベルト交換がわかりやすいよう、Youtube動画なども載せています。

1967年:高校卒業後、時計製造に専念

1967年:高校卒業後、時計製造に専念
MShades

フィリップ・デュフォーが時計職人を志し、修行に専念するのは高校を卒業した19歳のときです。

自社生産を貫くスタイルで有名なジャガー・ルクルトというスイスの時計会社に入社したフィリップ・デュフォーはその後、イギリスやドイツに渡り、時計製作の技術を磨くことになります。

腕時計は右手と左手どっちに付けるべき?あえて右手に付ける意味は?

あわせて読みたい

腕時計は右手と左手どっちに付けるべき?あえて右手に付ける意味は?

腕時計は右手・左手のどちらに着用すべきでしょうか。「利き腕の反対」がセオリーですが、腕時計の見やすさなどを考えると「右手・左手どっち本当?」と疑問も浮かんできます。今回は少し変わった視点から腕時計にフォーカスし「右手・左手どっちに着ける?」を追求してみます。

1978年:工房の立ち上げ

1978年:工房の立ち上げ

各国を巡ったフィリップ・デュフォーはスイスに戻り、1978年に工房を設立します。

そこで取り組んだアンティーク時計の修復は、彼の時計師としての技術をさらに向上させました。

「グラン・ソネリ」の開発

「グラン・ソネリ」の開発
blickpixel

フィリップ・デュフォーの名を世界的に有名にした一員として挙げられるのが「グラン・ソヌリ」です。

懐中時計のムーブメントとして製作されたこの機構は、時計師として独立したばかりのフィリップ・デュフォーを後押しすることになります。

クォーツ時計の寿命はどれくらいなの?寿命を伸ばす方法を解説!

あわせて読みたい

クォーツ時計の寿命はどれくらいなの?寿命を伸ばす方法を解説!

クォーツ時計の寿命をご存知ですか?一生使えると思っていたら、壊れてしまうことがよくあります。何が原因なのか修理は可能なのかチェックしてください。クォーツ時計の特徴や寿命の長さを確かめ、さらに長く使う方法や他の種類と比較をしながら、さらに知識を深めましょう。

フィリップ・デュフォー(独立時計師)の始まり

フィリップ・デュフォー(独立時計師)の始まり
DBduo Photography

フィリップ・デュフォーは一介の時計師としてだけでなく、現代ではブランドとしても定着しています。

成功のきっかけとなったは、「グラン・ソネリ」を改良して腕時計のムーブメントに用いた「グラン・プチ・ソネリ」です。

1992年:「グラン・プチ・ソネリ」を発表

1992年:「グラン・プチ・ソネリ」を発表
Fabrizio Russo Photography

時計師として知名度を高めていたフィリップ・デュフォーが1992年、満を持して自らの名のブランドを展開する際に発表したのが「グラン・プチ・ソネリ」です。

完璧さを追求するフィリップ・デュフォーのこだわりが詰まった時計といえます。

モレラートのベルトの人気おすすめ10選!評価・評判から防水、店舗まで紹介!

あわせて読みたい

モレラートのベルトの人気おすすめ10選!評価・評判から防水、店舗まで紹介!

モレラートはヨーロッパでトップシェアを誇ることで知られている、イタリアの腕時計ベルトの高級ブランドです。今回はそんなモレラートのベルトの中でも、特に高い人気を誇るおすすめ10選について紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

精巧なムーブメントと完璧な技術で人気に

精巧なムーブメントと完璧な技術で人気に
lexly87 aka Duc N. Ly

「グラン・プチ・ソネリ」が評価されているのは搭載されたムーブメントの質の高さが理由です。

確かな技術に裏打ちされた精巧なムーブメントは、フィリップ・デュフォーの完璧さへのこだわりの表れといえます。

フィリップ・デュフォー(独立時計師)の時計作品

フィリップ・デュフォー(独立時計師)の時計作品
llee_wu

機械によって大量生産される時計とは異なり、時計師が作り上げる時計は手作業による個性が生まれます。

「グラン・ソネリ」をはじめとしたフィリップ・デュフォーの作品は、製造に10カ月近くかかることもあるほど複雑な技巧を用いている点が特徴です。

フィリップ・デュフォーのこだわりが詰まった作品が持つ個性や、具体的なモデルに見られる特色を紹介します。  

フィリップ・デュフォーが作り上げる時計作品とは?

フィリップ・デュフォーが作り上げる時計作品とは?
cinz

時計とは時を刻むための機械であり、現代は数百円程度でその機能を果たす時計を購入することができます。

しかし、そんな時代であってもフィリップ・デュフォーの作品を求める人が後を絶ちません

フィリップ・デュフォーは時代の枠を超えて継承された技術と、最新のテクノロジーを組み合わせることによって、大量生産の時計とは一味違った魅力を時計に与えています。 

伝統と先端技術を駆使し丁寧に作られる時計作品

伝統と先端技術を駆使し丁寧に作られる時計作品
Marcus Q

日々進化する技術の潮流に乗り遅れることなく、フィリップ・デュフォーはコンピューターを用いて内部機構を設計するといった挑戦を行っています。

より質の高い時計を作るために必要な技術を納得するまで追究する姿勢が、フィリップ・デュフォーの代表作である「グラン・プチ・ソネリ」や「シンプリシティ」を生み出した源泉です。

フィリップ・デュフォーの代表的な時計作品

フィリップ・デュフォーの代表的な時計作品
p_a_h

フィリップデュフォーはムーブメントを自ら手作りした作品を世に送り出しているため、作品数は比較的少ないのが現状です。

どのモデルに対してもこだわりを持っており、個性が光る作品がいくつも見受けられます。

その中でもとりわけ有名なのが「グラン・プチ・ソネリ」「デュアリティ」「シンプリシティ」の3点です。 

「グラン・プチ・ソネリ」

「グラン・プチ・ソネリ」
Antiporda Productions

フィリップ・デュフォーの技術力の高さを象徴した作品として紹介せずにはいられないのが「グラン・プチ・ソネリ」です。

もともとは懐中時計のムーブメントとして採用された内部機構を腕時計のサイズにまで縮小したことが最大の功績とされています。

「デュアリティ」

「デュアリティ」
notelse

懐中時計に運用されていた技術を腕時計に持ち込んだ作品としては「デュアリティ」にも注目です。

「デュアリティ」にはマルチエスケープメントと呼ばれる技術が採用されています。

これはムーブメントが外圧を受けたときに生じる誤差を抑制するために、バランスホイールと呼ばれる部品を複数活用する技術です。

「シンプリシティ」

「シンプリシティ」
Double--M

2000年に発表された「シンプリシティ」は、その名の通り過剰な装飾を配したデザインが特徴の腕時計です。

「シンプリシティ」は整備の容易さをテーマに掲げており、世代を超えて使用されることを前提とした設計になっています。

しかしシンプルとはいってもムーブメントについてはフィリップ・デュフォーが自らの手で作り上げているため、品質については折り紙付きです。 

フィリップ・デュフォーの製作本数は年間15本程度

フィリップ・デュフォーの製作本数は年間15本程度
JacksonDavid

手作業による時計製作は集中力と繊細な技術を必要とするため、時計師の手による時計の販売台数は大量生産されるモデルに比べると格段に少ないのが実際のところです。

フィリップ・デュフォーについても同様で、2000年から2014年までは1年に約15本のペースで作品を生み出しています。

絶対数の少なさはフィリップ・デュフォー作品の希少性や価値を高める要因のひとつです。 

フィリップ・デュフォーのオークションに出品された作品とは?

製作本数が少ないフィリップ・デュフォーの作品を手に入れるには、オークション販売という方法があります。

一流の時計師が製作する時計ということもあって、見積もられた価格は10万ドル以上と高額です。

近年、フィリップ・デュフォーはシンプリシティシリーズの製作に力を注いでおり、200本まで展開しているのが確認されています。  

2016年11月3本のシンプリシティがオークションへ出品

2016年11月3本のシンプリシティがオークションへ出品
Nagarjun

近年確認されているフィリップ・デュフォー作品のオークションとしては2016年11月に開催されたシンプリシティのオークションが有名です。

細部にまでこだわるフィリップ・デュフォーの腕時計ということもあって、多くの人の耳目を集めました。

出品された作品は?

出品された作品は?
doggo

2016年11月に出品されたのはシンプリシティシリーズの3作品です。

オークションは2日間にわたって行われました。

3つのモデルはいずれも異なる特徴を備えており、それぞれ10万ドル以上の値が付いたとされています。

2016年11月28日:シンプリシティNo.61(クリスティーズ)

2016年11月28日:シンプリシティNo.61(クリスティーズ)

オークションの1日目に出品されたのが「シンプリシティNo. 61 37mmホワイトゴールド ギョーシェ文字盤」です。

ギョーシェ文字盤とは規則的なパターンでシルバーやゴールドを彫り込んだ装飾の方式です。

2016年11月29日:シンプリシティNo.11(フィリップス)

シンプリシティ No. 11

オークション2日目には2本の時計が出品されました。

先に出品されたのは「シンプリシティ No. 11 37mmローズゴールド ラッカーダイヤル」です。

前日のシルバーのケースのとは異なり、ラッカーダイヤルで耐久性をプラスしています。

2016年11月29日:シンプリシティNo.30(フィリップス)

2016年11月29日:シンプリシティNo.30(フィリップス)

最後にオークションで販売されたのは、「シンプリシティ No. 30 ギョーシェダイヤル 34 mmホワイトゴールド」です。

フィリップ・デュフォーがプロトタイプとして製作し、実際に身に着けていたシンプリシティシリーズの複製である点が、他のモデルとの差異として注目を集めました。

時計を手に入れる方法はオークションの入札のみ

時計を手に入れる方法はオークションの入札のみ
niconico0

フィリップ・デュフォーの腕時計を手に入れたいと思ったとき、現在考えられる方法としては公式に開催されるオークションのみです。

製作本数が1年で約15本と非常に希少なため、入手する方法が限られるのはある意味仕方がないといえます。

フィリップ・デュフォーは精巧な技術を持った世界有数の時計師

フィリップ・デュフォーは精巧な技術を持った世界有数の時計師
France1978

フィリップ・デュフォー氏は若い頃から積み重ねた修行と、欧州各地を巡った経験に裏打ちされた確かな技術が質の高い時計を生み出しています。

職人気質な時計へのこだわりと新しい技術を受け入れる姿勢が、現代でも高く評価される時計製作を支える要因です。

時計に関心がある人は、フィリップ・デュフォーをはじめとした時計師に対しても興味の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

2020年10月24日調査

Rich-Watch編集部

この記事のライター

Rich-Watch編集部

Rich-Watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「Rich-Watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

ジェラルドジェンタとはどんな人?歴史や代表時計作7選を振り返る!【2021年最新】

時計の基礎知識

ジェラルドジェンタとはどんな人?歴史や代表時計作7選を振り返る!【2021年最新】

時計デザイナーとして伝説的な存在のジェラルドジェンタ氏は、腕時計ファンの方ならよくご存じでしょう。数多くのブランド腕時計をデザインし「時計界のピカソ」と言われたジェラルドジェンタ氏の歴史や、氏がデザインした代表的な腕時計をご紹介します。

鈴木正文が選ぶ新作時計ベスト5!モデルごとの価格と口コミも調査!

時計の基礎知識

鈴木正文が選ぶ新作時計ベスト5!モデルごとの価格と口コミも調査!

鈴木正文氏は自分を主張するのは服装だけではなく、時計に要素があると考えています。服装と時計の関係性がどんどん縮まっていく中で、ポイントは希少価値ではないかと考えているようです。鈴木正文氏が考える希少価値のある時計はどんなものなのかをこの記事では紹介します。

医者は時計にお金をかけてはいけない?人気時計3選も解説!【2021年最新】

時計の基礎知識

医者は時計にお金をかけてはいけない?人気時計3選も解説!【2021年最新】

医者は脈を測ったり分刻みのスケジュールをこなしたりと腕時計が必需品です。しかし人の目があるうえ、さまざまな事情から時計にお金をかけるのはナンセンスとされています。今回は医者が時計にお金をかけない理由やおすすめの腕時計についてご紹介します。

腕時計スタンドの人気おすすめモデル11選!特徴や価格、口コミも!【2021年最新】

時計の基礎知識

腕時計スタンドの人気おすすめモデル11選!特徴や価格、口コミも!【2021年最新】

腕時計を外したらそのまま机の上に置きっぱなしにしていませんか?腕時計スタンドを使えば、腕時計が見た目もおしゃれな収納に大変身。この記事では持っている本数や使っている腕時計、欲しい機能に合わせて腕時計スタンドを11選セレクトしました。

サテン仕上げとはどんなもの?代表的な腕時計ブランドも紹介!

時計の基礎知識

サテン仕上げとはどんなもの?代表的な腕時計ブランドも紹介!

今では時計の一般的な研磨方法になっているサテン仕上げですがサテン仕上げとはそもそも何か、どういう研磨方法なのか、そして何が使われているか説明します。 また魅力やその仕上げをすることによるメリットやデメリットを紹介します。

冠さんの時計工房はどんな漫画?見所や舞台なども調査してみた!

時計の基礎知識

冠さんの時計工房はどんな漫画?見所や舞台なども調査してみた!

樋渡りんさんが描き下ろしている漫画「冠さんの時計工房」は時計修理を題材にした時計ファン注目の話題作です。今回は「冠さんの時計工房」の魅力や舞台となっている地域など徹底調査しました。「冠さんの時計工房」の見所もチェックしてみましょう。

時計修理技能士に修理は頼むべき3つの理由!時計修理技能士になる方法も紹介!

時計の基礎知識

時計修理技能士に修理は頼むべき3つの理由!時計修理技能士になる方法も紹介!

安全安心の時計修理に欠かせないのは腕のいい時計修理技能士です。今回は時計修理技能士の資格取得や試験内容、年収などを徹底解説します。また時計修理を専門の時計修理技能士に頼むべき理由についてもまとめたので参考にしてみてください。

機械式時計をとことん楽しむ!「僕と猫と時計と…徒然なるままに…」の魅力

時計の基礎知識

機械式時計をとことん楽しむ!「僕と猫と時計と…徒然なるままに…」の魅力

今回は腕時計ブログ「僕と猫と時計と…徒然なるままに…」を紹介します。「僕と猫と時計と…徒然なるままに…」は機械式時計やヴィンテージ時計好きの管理人が更新するブログです。時計修理についても詳しく掲載されていて、腕時計の楽しみ方が広がるブログとなっています。

わかりやすいレビューが満載!ブログ”青に惹かれて。”の魅力

時計の基礎知識

わかりやすいレビューが満載!ブログ”青に惹かれて。”の魅力

IWCやNOMOS、ORISなど青文字盤のデザインを中心に自身の時計観を綴るブログ「青に惹かれて。」について紹介します。「青に惹かれて。」はわかりやすい腕時計レビューが満載で、時計初心者から玄人まで共感しながら楽しめるブログとなっています。

人生とリンクする腕時計ブログ”映文計”とは?読みどころを紹介

時計の基礎知識

人生とリンクする腕時計ブログ”映文計”とは?読みどころを紹介

今回は腕時計ブログ「映文計」の紹介をします。自身の人生とリンクさせながら時計の流行を冷静に受け止める筆者の思いに共感できるブログとして大人気です。読みどころとともに「映文計」の魅力に迫っていきます。思わず自分の人生と腕時計をリンクしたくなるブログです。

関連するキーワード

時計の基礎知識の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード