AppleWatchはプールで使用しても大丈夫?4つのリスクや対処法を紹介!

お気に入りに追加

AppleWatchは機能性に優れているスマートウォッチとして有名です。プールで使用しても大丈夫なのか調べる人も多いでしょう。夏といえばやはりプールの時期ですが、実際にAppleWatchはプールでの使用は大丈夫なのか、リスクや対処法を含めて解説していきます。

AppleWatchはプールで使用しても大丈夫?4つのリスクや対処法を紹介!

目次

  1. AppleWatchはプールで使用しても大丈夫?
  2. AppleWatchはプールで使用しても大丈夫!
  3. AppleWatchをプールで使用しても大丈夫?4つのリスクを解説
  4. これで大丈夫!AppleWatchをプールで使うリスクを回避する対処法
  5. AppleWatchはプールで使用しても大丈夫!耐水性能を検証
  6. Apple Watchはプールで使っても大丈夫!ルールを守って楽しもう

AppleWatchはプールで使用しても大丈夫?

AppleWatchはプールで使用しても大丈夫?
danymena88

夏の季節になるとやはりプールや海に行って泳ぎたいと考える人も多いのですが、腕時計を着用しての水泳は可能か疑問に考えやすいです。

AppleWatchはプールでの使用は可能かご紹介しますので参考にしてください。

AppleWatchはプールで使用しても大丈夫!

夏の季節に友達や大切な人とプールに訪れる人は多いのですが、腕時計をしてプールに入っている人も中には数人見かけます

現在ではダイバーズウォッチも登場しており、水場に強い腕時計も存在するので、多くのシーンで使える腕時計が多く登場しているといっても過言ではありません。

AppleWatchは大丈夫かぜひチェックしてみてください。

AppleWatch5のNike(ナイキ)をレビュー!前モデルとの違いやメリットデメリットも解説!

あわせて読みたい

AppleWatch5のNike(ナイキ)をレビュー!前モデルとの違いやメリットデメリットも解説!

AppleWatch5のNike(ナイキ)モデルをご紹介します。人気であるAppleWatchのNike(ナイキ)モデルですが、前モデルとどこが違うのかを比較し、AppleWatch5Nike(ナイキ)のメリット・デメリットも解説しますのでチェックして下さい。

基本的にはプールで使用可能

基本的にはプールで使用可能
Survivor

結論からご紹介すると、AppleWatchを着用してのプールは大丈夫といえます。

もちろんプールごとに独自のルールが存在するため、許可が出るところもあれば許可が出ずに禁止されているところもあります。

そのため、基本的にはAppleWatch着用でのプールは大丈夫ですが、プールごとのルールは守らないといけないことを把握しておきましょう

AppleWatchの耐水性能

AppleWatchの耐水性能
raneko

AppleWatchは50mの耐水性能やIPX7等級の耐水性能が搭載されています

AppleWatchの第一世代などがIPX7等級になりますが、耐水性能があるもののあまり水につけるのはおすすめしません。

50mの耐水性能はマリンスポーツや水仕事はできますが、素潜りなどは極力避けたほうが良い耐水性能になります。

耐水ではあるが防水ではない

耐水ではあるが防水ではない
PublicDomainPictures

AppleWatchは耐水性能が搭載されていますが、防水性能ではありません。

ニュアンス的にはどちらも同じような意味合いですが、防水性能は水が浸水してくるのを防ぐ機能で、耐水は水によって変質や破損をしないことを指します

変質や破損はしないものの、水が入らないというわけではないので気をつける必要があります。

AppleWatch 耐水性能の注意点

AppleWatch 耐水性能の注意点
Clker-Free-Vector-Images
  • 落としたり衝撃を与えたりしない
  • 石鹸や石鹸水につけない
  • 香水や溶剤、油剤や毛髪染料などをつけない
  • 水圧が強い水に当てない
  • サウナやスチームルームは避ける

AppleWatchの公式サポートサイトでは、AppleWatchの耐水性能に対する注意事項として上記の5つの項目を挙げています。

注意事項からもおわかりいただけるように、水以外のものが付着すると壊れる可能性が高いです。

さらに水でも蒸気や強い水圧にも弱いので気をつけましょう。

AppleWatchシリーズの良い口コミと悪い口コミを紹介!【2020年最新版】

あわせて読みたい

AppleWatchシリーズの良い口コミと悪い口コミを紹介!【2020年最新版】

現在シリーズ5までリリースされているAppleWatchの口コミをまとめました。第5世代まで続いているAppleWatchですが、機能やデザインなどシリーズによって好みや評価も分かれるようです。今回はAppleWatchシリーズ3以降の口コミを紹介します。

AppleWatchの防水ロックの使い方を解説!解除する方法も紹介!

あわせて読みたい

AppleWatchの防水ロックの使い方を解説!解除する方法も紹介!

AppleWatchには便利な機能として防水ロック機能が搭載されています。耐水機能を備えているAppleWatchの、「水濡れによる誤認タップを防ぐ」はとても便利な機能です。今回は、AppleWatchの防水ロックの方法と、その解除方法をご紹介します。

AppleWatchをプールで使用しても大丈夫?4つのリスクを解説

AppleWatchの耐水性能は注意するべき項目が多いのですが、次はAppleWatchをプールで使うときの注意事項や使用の可否についてご紹介します。

プールでの使用は基本的には大丈夫ですが、あくまでも性能的に大丈夫という意味になります。

リスクも把握した上での使用が好ましいです。

1.プールやスポーツジムで禁止されていることが多い

1.プールやスポーツジムで禁止されていることが多い
Free-Photos

基本的にプールでの使用は可能ですが、公共のプールやスポーツジムでは禁止されているところが多いです。

もちろん許可しているところもありますが、さまざまな面を考慮して禁止にしているところがほとんどといえます。

そのためスポーツジムや公共のプールでは事前に確認するのが好ましいです。

2.ガラスが割れて、水中に破片が飛び散るリスク

2.ガラスが割れて、水中に破片が飛び散るリスク
kirahoffmann

公共のプールやスポーツジムでの使用にも注意を払う必要があります。

というのもAppleWatchに耐水性があったとしても、どこかにぶつけた衝撃でガラスが破損し、水中に飛び散ってしまうというケースも存在します。

そのため、プールで使用する場合はガラスが飛び散らないように気をつけてください。

3.金属なので人にぶつかると危ない

3.金属なので人にぶつかると危ない
Pavlofox

AppleWatchは金属にもなるためかなり丈夫です。

プールはやはり多くの人が訪れる場所でもあるため、混雑してしまうことも少なくありません。

金属のものを人にぶつけてしまうとやはり怪我をしてしまう可能性が高いので、許可が降りていたとしても気をつけるようにしましょう。

4.防水を売りにしている訳ではないので故障の可能性がある

4.防水を売りにしている訳ではないので故障の可能性がある
Open Grid Scheduler / Grid Engine

AppleWatchは機能性に長けている腕時計として注目されていますが、耐水性能を売りにしているというわけではありません。

汗や雨程度であれば濡れても大丈夫ではありますが、本格的に水場で使いたい場合はダイバーズウォッチがおすすめです。

これで大丈夫!AppleWatchをプールで使うリスクを回避する対処法

プールでAppleWatchを使うのは基本的には大丈夫とご紹介しましたが、リスクも合わせて把握しておくのが好ましいです。

リスクをより防ぐことができる方法も存在しますので、安全にAppleWatchを使いたいと考えている人は参考にしてください。

Apple Watch保護カバーを使う

Apple Watch保護カバーを使う
pestoverde

プールで破片が飛び散ってしまうと危険が高いのですが、ガラスが飛び散らないようにするためにも保護カバーを着けるようにするのはおすすめです。

衝撃にも強くなるだけでなく、傷もつきにくいのできれいな状態で愛用することができます。

AppleWatchのカバーケースは必要?おすすめランキング11選紹介!

あわせて読みたい

AppleWatchのカバーケースは必要?おすすめランキング11選紹介!

AppleWatchにカバーケースが必要かと悩んでいる方も多いでしょう。ぶつけたりして傷がついてしまうのが心配な方にAppleWatchのおすすめ人気カバーケースを11選と、カバーケースの選び方や、フィルム等おすすめの周辺グッズもご紹介します。

AppleWatchの購入の際に付属品などは必要?カバーやケースなど必要性を紹介!

あわせて読みたい

AppleWatchの購入の際に付属品などは必要?カバーやケースなど必要性を紹介!

AppleWatchは非常に便利でオシャレも楽しめるウェアラブル端末として人気ですが、AppleWatchを保護したり、もしもの時の為に必要な付属品が多数あります。今回この記事ではAppleWatchをもっと活用できるようになる付属品について紹介しています。

混雑しているプールで泳がない

混雑しているプールで泳がない
confused_me

極力人が多いプールでの使用は避けるのがおすすめです。

混雑している中で使ってしまい、気をつけていたつもりでも人に当たってしまったというケースは多く挙がっています。

自分は気をつけていたつもりでも、相手からぶつかって来るケースもあるので、極力混雑時には避けましょう。

スピーカーから排水する

スピーカーから排水する
raneko

AppleWatchを水場で使う場合はスイミングのワークアウトを開始しますが、ロックがかかる状態になります。

画面が乾いた状態になってからロックを解除し、デジタルクラウンを回してスピーカーから排水を行いましょう。

AppleWatchでイヤホン(ブルートゥース・ワイヤレス)とペアリングする方法!

あわせて読みたい

AppleWatchでイヤホン(ブルートゥース・ワイヤレス)とペアリングする方法!

AppleWatchを利用するにあたってイヤホン(ブルートゥース・ワイヤレス)は必須です。AppleWatchとワイヤレスイヤホンがあれば、電話の送受信だけでなく、音楽も楽しめます。この記事ではペアリングの方法、ワイヤレスイヤホンのおすすめなどを紹介します。

AppleWatchはプールで使用しても大丈夫!耐水性能を検証

AppleWatchはプールで使用しても大丈夫ですが、多くの方が耐水性能について気になるのではないでしょうか。

海外の人が実際にAppleWatchを着けた状態で1200mの水泳と10mの高さからダイブしたときの結果をネット上に挙げています。

AppleWatchの耐水性能について気になる人はチェックしてみてください。

1200m泳ぎ切れる

1200m泳ぎ切れる
12019

1200mを泳ぎ切るという点でもすごいのですが、AppleWatchを着用しての1200m水泳後も操作性に異常は全く見られなかったようです。

この点から考えてもAppleWatchは高い耐水性を兼ね備えているといっても過言ではありません。

10mの高さからダイブできる

10mの高さからダイブできる
Pexels

AppleWatchを着けて飛び込み台からプールに飛び込む人は少ないのですが、10mの高さからダイブしたとしてもAppleWatchは正常に動いています

AppleWatchは衝撃にもある程度強いといっても過言ではありません。

Apple Watchはプールで使っても大丈夫!ルールを守って楽しもう

Apple Watchはプールで使っても大丈夫!ルールを守って楽しもう
geralt

AppleWatchnプールでの使用は大丈夫ですが、使用する場合は保護カバーなどを使って安全面を高めるのが好ましいです。

保護カバーもリーズナブルな価格で手に入るので、プールでの使用を考えている人はぜひ購入してみてください。

rich-watch編集部

この記事のライター

rich-watch編集部

rich-watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「rich-watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

Apple Watch

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

AppleWatchをより便利に愛用したい方は、「モバイルSuica」がおすすめです。今回は「モバイルSuica」のメリットとデメリットを徹底解説します。また、AppleWatchでの「モバイルSuica」の使い方や設定方法も併せてチェックしてみましょう。

AppleWatchの中古で安いのは注意?中古販売の相場やおすすめの業者を紹介!

Apple Watch

AppleWatchの中古で安いのは注意?中古販売の相場やおすすめの業者を紹介!

AppleWatchは非常に高性能でおしゃれな腕時計として人気ですが、高額な事もあり中古品で安く手にいれようと考える人が多いです。今回はそんな人に向け、AppleWatchの中古品を購入する前に気をつけたいポイントや中古相場を調査してきましたのでご覧ください。

心電図(ECG)機能は日本で有効化されてる?使い方まで徹底解説【Apple Watch】

Apple Watch

心電図(ECG)機能は日本で有効化されてる?使い方まで徹底解説【Apple Watch】

Apple Watchの心電図(ECG)機能は世界中の多くの国で有効化されていますが、果たして日本国内で使用することはできるのでしょうか?この記事では、Apple Watchの心電図(ECG)機能は日本で使用できるかを徹底解説していきます。

Apple Watchの機能の違いを比較!最新機種から古いモデルまで!【2020年6月】

Apple Watch

Apple Watchの機能の違いを比較!最新機種から古いモデルまで!【2020年6月】

Apple Watchは2015年に第1世代が誕生されてから毎年、進化した新しモデルが発売されており、歴代モデルと比較すると少しだけ違いが見られます。この記事では、Apple Watchの歴代モデルの違いを比較してまとめたものを紹介します。

AppleWatchのCMの女優とナレーションは誰?迷惑行為でダサいと不評?

Apple Watch

AppleWatchのCMの女優とナレーションは誰?迷惑行為でダサいと不評?

テレビなどでよく見かけるAppleWatchのCMですが、特にSeries4と5は不評でダサいとの声が相次いでいます。この記事では、AppleWatchのCMの特徴について調べました。ダサいと言われる原因や使われている曲等についてもご紹介します。

NTTドコモでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、購入の流れも解説!

Apple Watch

NTTドコモでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、購入の流れも解説!

通信可能なAppleWatchはキャリア(通信事業者)選びも重要です。今回はNTTドコモでアップルウォッチをお得に買う方法や、購入の流れ、月額料金などのプランも解説します。品質・カバーエリアともに最大手のNTTドコモでAppleWatchをお得に使いましょう。

AppleWatchのApplePayの使い方は?iPhoneなしで使えない?デメリットも紹介!

Apple Watch

AppleWatchのApplePayの使い方は?iPhoneなしで使えない?デメリットも紹介!

ApplePayは、Appleが開発したキャッシュレスサービスのひとつです。AppleWatchと連携することで、より便利に使えるようになります。AppleWatchでApplePayを使う方法やiPhoneがどこまで必要なのか、不便な点などもご紹介します。

auでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、審査についても紹介!

Apple Watch

auでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、審査についても紹介!

日常生活に欠かせないAppleWatchをauで購入してみましょう。今回はauでAppleWatchを購入するメリットや値段などを詳しく解説していきます。また、プランや審査についても解説していくので、ぜひチェックしてみましょう。

AppleWatchの電話(通話)をかける、受ける方法!距離や出れない対処法も解説!

Apple Watch

AppleWatchの電話(通話)をかける、受ける方法!距離や出れない対処法も解説!

通話機能が便利なAppleWatchですが、電話のかけ方や受け方にも様々な操作があり、最初は少し戸惑ってしまいます。今回はAppleWatchの通話機能を特集し、電話のかけ方や受け方、直ぐに出ることができない場合の対応方法などを紹介します。

AppleWachをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金、キャンペーンも紹介!

Apple Watch

AppleWachをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金、キャンペーンも紹介!

日常生活をより快適にサポートしてくれるAppleWatchを手に入れたい方はますます多くなっています。そこで今回は、AppleWatchをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金について解説します。また、ソフトバンクならではのキャンペーン情報も紹介します。

関連するキーワード

Apple Watchの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード