Apple Watchの機能の違いを比較!最新機種から古いモデルまで!【2021最新】

お気に入りに追加

AppleWatchは2015年に誕生してから毎年進化した新しいモデルが発売されています。便利な機能が増えているので、これから購入するならばそれぞれの違いを比較してみましょう。この記事で、AppleWatchの歴代モデルの違いを比較して紹介します。

Apple Watchの機能の違いを比較!最新機種から古いモデルまで!【2021最新】

目次

  1. Apple Watch 機能の違いを比較!
  2. Apple Watch 機能の違いを比較【基本スペック】
  3. Apple Watch 機能の違いを比較【サイズ/素材】
  4. Apple Watch 機能の違いを比較【モデル推移】
  5. Apple Watch 機能の違いを比較【現行モデルの価格】
  6. Apple Watch 機能の違いを比較【発売日】
  7. Apple Watch 機能の進化を比較【その他項目】
  8. Apple Watch 機能の違いを比較してお得に購入しよう

Apple Watch 機能の違いを比較!

Apple Watch 機能の違いを比較!
出典: pixabay.com

Apple WatchはiPhoneと連携させることで通知機能が利用できたり健康管理が簡単にできます。

世界中の多くの人が愛用している大人気のスマートウォッチで、本格的にスポーツをしている人やダイエットを始めたいという人にも最適です。

この記事では、Apple Watchの歴代シリーズの機能や価格などの違いを表にまとめて紹介します。

Apple Watch 機能の違いを比較【基本スペック】

Series6

Series5

Series4

Series3

Series2

Series1

プロセッサ

S6

S5

S4

S3

S2

S1

転倒検出

×

×

×

バッテリー駆動時間

最大18時間

最大18時間

最大18時間

最大18時間

最大18時間

最大18時間

内蔵GPS

×

内蔵容量(GPSモデル)

32GB

32GB

16GB

8GB

8GB

8GB

内蔵容量(GPS+Cellular)

32GB

32GB

16GB

16GB

×

×

防水機能

50mの耐水性能

50mの耐水性能

50mの耐水性能

50mの耐水性能

50mの耐水性能

耐水性能

ApplePay(おサイフケータイ)

×

eSIM対応

×

×

心拍センサー

第2世代の光学式心拍センサー

第2世代の光学式心拍センサー

第2世代の光学式心拍センサー

光学式心拍センサー

×

×

デジタルクラウン

触覚的な反応を返すDigital Crown

触覚的な反応を返すDigital Crown

触覚的な反応を返すDigital Crown

Digital Crown

Digital Crown

Digital Crown

Bluetooth

5.0

5.0

5.0

4.2

4.0

4.0

ディスプレイ

感圧タッチ対応LTPO OLED

常時表示Retinaディスプレイ

感圧タッチ対応LTPO OLED

常時表示Retinaディスプレイ

感圧タッチ対応LTPO OLED

Retinaディスプレイ

第3世代の感圧タッチ対応OLED

Retinaディスプレイ

第2世代の感圧タッチ対応OLED

Retinaディスプレイ

感圧タッチ対応OLED

Retinaディスプレイ

Apple Watch Series1から6までの機能比較一覧を見てみると、新たな機能が加わったり容量が大きくなったり世代ごとの成長がわかります。

過去モデルの方が安価ということもありスペックはそれほど高くありませんが、新世代モデルは価格以上の優れた機能が搭載されています。

Apple Watch SERIES 1の機能

Apple Watch SERIES 1の機能
出典: www.photo-ac.com
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • 防水機能が搭載
  • Bluetooth 4.0
  • 心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ

AppleWatchのSeries1は、iPhoneの通知を受け取ったりワークアウトを管理するなどスマートウォッチとしての基本機能を使えます。

しかし、防水性能は水滴を防ぐ程度でApple Payも使えません。

スペックとしては最新機種と比べると大きく下がるので、価格が安くてもおすすめできません。

Apple Watch SERIES 2の機能

Apple Watch SERIES 2の機能
出典: pixabay.com
  • 内蔵GPS
  • 50m防水機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.0
  • 心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ

Apple Watch Series2は、単体でApple PayやGPS機能が使えるようになりました

Suicaが使えるので、iPhoneがなくても改札を通ったりコンビニやスーパーなどで会計ができます。

さらに、防水性能もSeries1よりアップしたことで、水泳やシャワーでも気兼ねなく使えます。

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

あわせて読みたい

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

AppleWatchをより便利に愛用したい方は、「モバイルSuica」がおすすめです。今回は「モバイルSuica」のメリットとデメリットを徹底解説します。また、AppleWatchでの「モバイルSuica」の使い方や設定方法も併せてチェックしてみましょう。

AppleWatchにSuicaをチャージする方法・チャージできない時の対処法を紹介!

あわせて読みたい

AppleWatchにSuicaをチャージする方法・チャージできない時の対処法を紹介!

AppleWatchだけでsuicaが使えるようになり鞄の中を探す手間がなくなりました。しかし中にはsuicaのチャージできない、そもそも仕方がいまいちわからないという人も多いはず。今回はAppleWatchでsuicaをチャージできる方法を紹介します。

Apple Watch SERIES 3の機能

Apple Watch SERIES 3の機能
出典: www.photo-ac.com
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 50m防水機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.2
  • 加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ
  • 気圧高度計
  • セルラーモデル追加

AppleWatch Series 3ではセルラーモデルが追加されました。

セルラーモデルを選べば、iPhoneがなくても通話や通知の受け取りができます。

また、GPSの精度アップに加えて気圧高度計も搭載され、アウトドア使用でもより便利になりました。

AppleWatch3の防水性能や機能は実際どう?防水と耐水の違いも解説

あわせて読みたい

AppleWatch3の防水性能や機能は実際どう?防水と耐水の違いも解説

AppleWatch3はその機能から運動中に付ける人も多い腕時計です。汗をかくと防水性能が気になると言う人も多いですが、今回はその疑問に答えるべくAppleWatch3の防水性能や機能を徹底的に調査しました。また防水と耐水の違いも詳しく解説しています。

Apple Watch Series 4の機能

Apple Watch Series 4の機能
出典: www.photo-ac.com
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 50m防水機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • 電気心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ
  • 気圧高度計
  • 転倒検知機能

AppleWatch Series4では転倒したときなど衝撃を検知するようになりました

緊急連絡先を登録しておくと、万が一のときでも安心です。

また、Bluetoothや心拍センサー、内蔵チップや容量もパワーアップしたことでサクサクとした快適な操作感を実現しています。

AppleWatchの3と4の違い8つ!どちらが買い?AppleWatch5とも比較してみた!

あわせて読みたい

AppleWatchの3と4の違い8つ!どちらが買い?AppleWatch5とも比較してみた!

世界的に人気のあるApple Watchですが、Serie3・4・5が発売されており各モデルの違いが分からないという人も多いようです。この記事では、Apple Watch Serie3・4・5の違いを比較してまとめたものを紹介します。

Apple Watch SERIES 5の機能

Apple Watch SERIES 5の機能
出典: pixabay.com
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 50m防水機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • 電気心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ
  • 気圧高度計
  • 転倒検出
  • 海外における緊急通報と緊急SOS
  • 常時表示ディスプレイ

Apple Watch Series 5では、新たに海外に滞在している間でも現地の機関に緊急通報ができる機能が追加されました。

セルラーモデルに限った機能ですが、海外旅行や出張でも安心して使えます。

また、ディスプレイは常時表示ができるので時計としてもより便利になりました。

AppleWatchが表示する5つの心拍・脈拍数の意味!おすすめのアプリも紹介!

あわせて読みたい

AppleWatchが表示する5つの心拍・脈拍数の意味!おすすめのアプリも紹介!

AppleWatchは多彩な機能が詰まっている腕時計ですが、心拍数や脈拍数が計測できるアプリも存在します。心拍数を知ることでワークアウトや日常生活を整えることができるので、AppleWatchが表示する5つの心拍数・脈拍数の意味やおすすめアプリを解説します。

AppleWatch SERIES 6の機能

  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 50m防水機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • 電気心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ
  • 気圧高度計
  • 転倒検出
  • 海外における緊急通報と緊急SOS
  • 常時表示ディスプレイ
  • 血中酸素濃度測定

AppleWatchのSeries6では、血中酸素濃度測定センサーが新しく搭載されました

より健康管理に特化した性能になり、快適に日常生活を送れる手助けをしてくれます。

内蔵チップも最新のものが搭載され、使い心地も抜群です。

AppleWatchSeries6がついに発売!SEとの機能の違いを比較

あわせて読みたい

AppleWatchSeries6がついに発売!SEとの機能の違いを比較

AppleWatchは世界中でも人気のスマートウォッチですが、ついに新作Series6の発売日発表が行われました。AppleWatchの新作ではSeries6とSEが登場するのでSeries6とSEの二つのモデルの機能性の違いをご紹介します。

Apple Watch 機能の違いを比較【サイズ/素材】

Series6

Series5

Series4

Series3

Series2

Series1

大きさ(コンパクト)

40mm

40mm

40mm

38mm

38mm

38mm

大きさ(大型)

44mm

44mm

44mm

42mm

42mm

42mm

表示領域(コンパクト)

759mm²

759mm²

759mm²

593mm²

593mm²

593mm²

表示領域(大きさ(大型)

977mm²

977mm²

977mm²

740mm²

740mm²

740mm²

薄さ

10.7mm

10.7mm

10.7mm

11.4mm

11.4mm

10.5mm

重さ(コンパクト・アルミニウム)

30.5g

30.1g

30.1g

26.7g

28.2g

25g

重さ(大型・アルミニウム)

36.5g

36.5g

34.9g

32.3g

34.2g

30g

素材

アルミニウム/ステンレス/

チタニウム/セラミック

アルミニウム/ステンレス/

チタニウム/セラミック

アルミニウム/ステンレス

アルミニウム/ステンレス/セラミック

アルミニウム/ステンレス/セラミック

アルミニウム

Series1から6までの歴代のApple Watchのモデル比較一覧を見てみると、サイズや重さ、素材などにも違いが見られます。

ここでは、AppleWatch各世代の素材やサイズ感の違いについて解説します。

Apple Watch SERIES 1のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 1のサイズ/素材
出典: unsplash.com

Apple Watch Series1のケースの大きさは幅が10.5mmで38mmと40mmの2種類が発売されいます。

素材はアルミニウムのみで、発売当時は軽い着け心地が話題となっていました。

Apple Watch SERIES 2のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 2のサイズ/素材
出典: pixabay.com

Apple Watch Series2のケースの大きさはSeries1と同じです。

厚みと重量がやや増えましたが、着用感としては問題ない程度なのでスポーツも楽しめます。

素材は耐久性が高いステンレス、軽い着け心地のセラミックやアルミニウムのラインナップで、素材の幅が広がりました。

Apple Watch SERIES 3のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 3のサイズ/素材
stux

Apple Watch Series3のケースの大きさはSeries1、2と同じです。

重さはSeries2よりもやや軽くなり、より腕に負担がかかりにくくなりました。

素材は耐久性が高いステンレス、軽い着け心地のセラミックとアルミニウムの3種類登場しています。

Apple Watch Series 4のサイズ/素材

Apple Watch Series 4のサイズ/素材

Apple Watch Series4からケースの大きさが幅が10.7mmで40mmと44mmの2種類が発売されました。

表示領域も広くなり、より見やすくかつ操作しやすいデバイスに進化しています。

素材は耐久性が高いステンレスと軽い着け心地アルミニウムのみです。

Apple Watch SERIES 5のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 5のサイズ/素材
newsong

Apple Watch Series5もSeries4に引き続き40mmと44mmケースが採用されています。

素材は耐久性が高いステンレス、軽い着け心地のセラミックやアルミニウムに加えて金属アレルギー反応が出にくいと言われているチタンが登場しました。

AppleWatch SERIES 6のサイズ/素材

AppleWatch SERIES 6のサイズ/素材
mojzagrebinfo

Apple Watch Series6もSeries4と5に引き続き40mmと44mmケースが採用されています。

素材はセラミックが除外され、アルミとステンレスとチタンの3種類あります。

Apple Watch 機能の違いを比較【モデル推移】

Series6

Series5

Series4

Series3

Series2

Series1

世代

第6世代

第5世代

第4世代

第3世代

第2世代

第1世代

現行・廃盤

×(廃盤)

×(廃盤)

×(廃盤)

×(廃盤)

Apple Watch

Apple Watch Sport

×

×

×

×

×

Apple Watch Nike+

×

Apple Watch Hermès

Apple Watch Edition

×

カラーバリエーション

シルバー/スペースグレイ/

ゴールド/ブルー/レッド

シルバー/スペースグレイ/

ゴールド

シルバー/スペースグレイ/

ゴールド

シルバー/スペースグレイ

シルバー/スペースグレイ

シルバー/スペースグレイ

AppleはWatchは、スポーツやNIKE、エルメスなど様々なタイプのモデルが発売されています。

また、カラーバリエーションもSeries1ではシルバーとグレーのみ増加しており、よりおしゃれなルックスに進化しています。

ここでは、AppleWatchのモデル推移やカラーの変遷について解説します。

Apple Watch SERIES 1のモデル

Apple Watch SERIES 1のモデル
jsks

Apple Watch Series1のモデルは、Apple Watch Nike+以外は「Sport」「Hermès」「Edition」が過去に発売されています。

カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2種類のみです。

Series1は2020年の時点ですでに廃盤となっており、手に入れるには中古品で購入する必要があります。

Apple Watch SERIES 2のモデル

Apple Watch SERIES 2のモデル
出典: www.photo-ac.com

Apple Watch Series 2のモデルは、Apple Watch Sportが廃止され「Nike+」「Hermès」「Edition」が過去に発売されています。

カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2種類のみです。

こちらも2021年の時点では廃盤なので、中古品で手に入れるしかありません。

Apple Watch SERIES 3のモデル

Apple Watch SERIES 3のモデル
出典: unsplash.com

Apple Watch Series3は、Apple Watch以外は「Nike+」「Hermès」「Edition」が過去に発売されています。

カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2種類です。

こちらは2020年時点でも公式ストアにて現行販売されています

Apple Watch Series 4のモデル

Apple Watch Series 4のサイズ/素材
ElisaRiva

AppleWatch Series4のモデルは、Apple Watch SportとEdition以外は「Nike+」「Hermès」が過去に発売されています。

カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーにゴールドが加わりました。

なお、Series4も2020年の時点では廃盤となっています

Apple Watch SERIES 5のモデル

Apple Watch SERIES 5のモデル
出典: pixabay.com

AppleWatch Series5は、AppleWatch以外は「Nike+」「Hermès」「Edition」が過去に発売されています。

カラーバリエーションは、Series4と同じくシルバーとスペースグレー、ゴールドの3種類です。

Series6の発売に伴い公式では販売終了、新品は家電量販店の在庫でしか購入できません。

AppleWatch SERIES 6のモデル

AppleWatch SERIES 6のモデル
ractapopulous

AppleWatch Series6でもNike、Hermes、Editionモデルが発売されています。

アルミニウムモデルのみですがカラー展開が5色に増え、カラフルなルックスを楽しめるようになりました。

Apple Watch 機能の違いを比較【現行モデルの価格】

モデル

ディスプレイサイズ

GPS

GPS+CELLULAR

Apple Watch Series 3 通常

38mm

19,800円~

30,800円~

Apple Watch Series 3 通常

42mm

32,800円~

45,800円~

Apple Watch Series 5 通常

40mm

42,800円~

53,800円~

Apple Watch Series 5 通常

44mm

45,800円~

56,800円~

Apple Watch Series 5 Nike+

40mm

42,800円~

53,800円~

Apple Watch Series 5 Nike+

44mm

45,800円~

56,800円~

Apple Watch Series 5 Hermès

40mm

133,800円~

Apple Watch Series 5 Hermès

44mm

138,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)

40mm

82,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)

44mm

87,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(セラミック)

40mm

133,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(セラミック)

44mm

138,800円~

Apple Watch Series 6 通常

40mm

42,800円~

53,800円~

Apple Watch Series 6 通常

44mm

45,800円~

56,800円~

Apple Watch Series 6 Nike+

40mm

42,800円~

53,800円~

Apple Watch Series 6 Nike+

44mm

45,800円~

56,800円~

Apple Watch Series 6 Hermès

40mm

133,800円~

Apple Watch Series 6 Hermès

44mm

138,800円~

Apple Watch Series 6 Edition(チタニウム)

40mm

82,800円~

 Apple Watch Series 6 Edition(チタニウム) 

44mm

87,800円~

Apple Watch Seriesの現行モデルの価格を比較できるよう一覧にしました。

ここでは、AppleWatch現行モデルの価格について解説します。

Apple Watch 3の価格

Apple Watch  3の価格
stevepb

現行モデルApple Watch Series 3の価格設定は通常モデルのGPSだと19,800円~32,800円前後となっており、GPS+CELLULARタイプだと30,800円~45,800円前後での販売となっています。

Series 3の定価はSeries 5が発売されたことにより、発売当時から定価が半額になったことで、多くの人がコスパが良いという理由で購入したようです。

AppleWatch3の価格が一番安く買えるのはどこ?価格表も掲載!

あわせて読みたい

AppleWatch3の価格が一番安く買えるのはどこ?価格表も掲載!

AppleWatch3は、バッテリー持ちがよく、使い勝手もいいことから人気が高いです。2020年7月現在ではシリーズ5まであるので、AppleWatch3もお手頃価格で購入することが可能です。どこのお店が一番安く買えるのか、価格表とともに解説します。

Apple Watch Series 5の価格

Apple Watch Series 5の価格
出典: pixabay.com

現行モデルApple Watch Series 5の価格設定は通常モデル、Nike+、Hermès、Editionごとに異なります。

それぞれ個別に価格設定をみてみましょう。

Nike+の価格

Nike+の価格
出典: pixabay.com

現行モデルApple Watch Series 5「Nike+」の価格設定は、GPSタイプだと42,800円~45,800円前後となっており、GPS+CELLULARタイプだと53,800円~56,800円前後となっています。

5万円以下でApple Watchが購入できてコスパが良いことから、若い人にも人気のあるモデルとなっています。

AppleWatchのNikeと通常モデルとの6つの違い!ナイキがおすすめな人はどんな人?

あわせて読みたい

AppleWatchのNikeと通常モデルとの6つの違い!ナイキがおすすめな人はどんな人?

AppleWatchには数々のモデルがあり違いもありますが、その中でもNikeモデルはスポーツを楽しみたい人にピッタリです。この記事では、Nikeモデルと通常のAppleWatchの6つの違いと口コミや評判を紹介します。

Hermèsの価格

Hermèsの価格

現行モデルApple Watch Series 5 Hermèsの価格設定は、GPS+CELLULARタイプだと133,800円~138,800円前後です。

Apple Watch Series 5「Hermès」に関しては、GPSモデルは発売されていません。

Editionの価格

Editionの価格
出典: www.photo-ac.com

現行モデルApple Watch Series 5「Edition」の価格設定は、GPS+CELLULARタイプだと82,800円~138,800円前後となっています。

pple Watch Series 5「Edition」に関しては、GPSタイプは発売されていません。

AppleWatch SERIES 6の価格

AppleWatch SERIES 6の価格
Frantisek_Krejci
  • 通常モデル:42,800円~
  • Nike+:42,800円~
  • Hermès:133,800円~(セルラーモデルのみ)
  • Edition(チタニウム) :82,800円~(セルラーモデルのみ)

AppleWatchのSeries6は、最も安いGPSモデルの40mmサイズで42,800円です。

通常モデルとNike+モデルは価格が同じなので、ベルトのデザインやNIKEアプリを使うかどうかで選びましょう。

HERMESモデルとEditionはGPSモデルがない点に注意が必要です。

AppleWatchの月額使用料金はいくら?料金がかからない方法もある?

あわせて読みたい

AppleWatchの月額使用料金はいくら?料金がかからない方法もある?

AppleWatch本体に月額使用料はかかりませんが、ペアリングさせるiPhonには通信料が必要です。そして通信料は契約する携帯電話会社のオプションサービスで、会社ごとに月額料金が異なります。AppleWatch使用料の参考にしてください。

Apple Watch 機能の違いを比較【発売日】

Series6

Series5

Series4

Series3

Series2

Series1

世代

第6世代

第5世代

第4世代

第3世代

第2世代

第1世代

発売日

2020年9月18日

2019年9月30日

2018年9月21日

2017年9月22日

2016年9月16日

2015年3月10日

Apple Watch Series 1から5の歴代のシリーズの発売日を一覧にしてみると、一年ごとに新作モデルが発売されてきたことが分かります。

そして、2020年9月に新モデルApple Watch Series6とSEが同時発売されました。

Apple Watch SERIES 1の発売日

Apple Watch SERIES 1の発売日
出典: pixabay.com

Apple Watch Series 1は2015年3月10日に発売され、現在が2020年なので5年前に初めてのApple Watchが誕生しました。

当時はスマホなしでApple Watchだけで健康管理やApple Payで決済ができたことから、画期的で世界中の多くの人が注目していました。

Apple Watch SERIES 2の発売日

Apple Watch SERIES 2の発売日
Alexas_Fotos

Apple Watch Series 2の発売日は2016年9月16日となっており、現在が2020年なので4年前に2世代のApple Watchが誕生しました。

Series 1にはなかったセラミックとステンレス素材が加わり、より選択技が広がりました。

Apple Watch SERIES 3の発売日

Apple Watch SERIES 3の発売日
出典: free-materials.com

Series 3は2017年9月22日発売となっており、現在が2020年なので3年前に3世代のApple Watchが誕生しました。

Series 2と比べると若干、重さが軽いのと気圧高度計が加わったモデルとなっています。

Apple Watch Series 4の発売日

Apple Watch Series 4の発売日
Amber_Avalona

Apple Watch Series 4の発売日は2018年9月21日となっており、現在が2020年なので2年前に4世代のApple Watchが誕生しました。

Series 3にはなかった転倒検出やケースの色が新たに追加されました。

Apple Watch SERIES 5の発売日

Apple Watch SERIES 5の発売日
Bich Tran Pexels

Apple Watch Series 5の発売日は2019年9月30日です。

Series 4にはなかったチタン素材が加わったことで、金属アレルギーの人でも気軽に身につけられるようになりました。

AppleWatch SERIES 6の発売日

AppleWatch SERIES 6の発売日
Memed_Nurrohmad

AppleWatch Series6の発売日は2020年9月18日で、廉価版であるAppleWatch SEと同時に発売されました。

スペックや使い心地も向上し、カラーバリエーションや血中酸素濃度測定機能の追加で話題を集めています。

AppleWatchで血圧測定できるのはいつ?測れるアプリなども調査!

あわせて読みたい

AppleWatchで血圧測定できるのはいつ?測れるアプリなども調査!

Apple社では、AppleWatchの進化とともにヘルスケア業界への進出が目覚ましく進んでいます。身に着けるAppleWatchなら、血圧も24時間計測可能です。実際にAppleWatchで血圧測定できるようになるのはいつか、アプリも一緒にご紹介します。

Apple Watch 機能の進化を比較【その他項目】

Apple Watch Series 1から5まで歴代のモデルを比較してみると、機能や価格など小さな変化ではありますが少しずつ進化しているのが分かります。

これから、Apple Watchの進化について具体的に解説していきます。

Apple Watch 機能の進化1:インフォグラフ文字盤が追加

Apple Watch 機能の進化1:インフォグラフ文字盤が追加
出典: www.kashi-mo.com

Apple Watchは、Series 4からインフォグラフ文字盤が追加されました。

画像のようにフルカラーのコンプリケーションやサブダイヤルを8つまで文字盤に表示させることが可能です。

AppleWatchのおすすめ文字盤アプリ4選を紹介!ブランドに変更する方法も

あわせて読みたい

AppleWatchのおすすめ文字盤アプリ4選を紹介!ブランドに変更する方法も

Apple Watchの好きな文字盤が純正の中からみつからない人におすすめなのが文字盤アプリです。導入から使い方やブランド時計の文字盤に変更する方法についての説明とあわせて、Apple Watchにおすすめな文字盤アプリを4つご紹介します。

【裏技】AppleWatchの文字盤をエルメスにしたい!画像をダウンロード方法を紹介!

あわせて読みたい

【裏技】AppleWatchの文字盤をエルメスにしたい!画像をダウンロード方法を紹介!

AppleWatchの文字盤をエルメスに変更する裏技を紹介していきます。アプリをダウンロードして画像を購入するだけのシンプルな方法なので、誰にでも挑戦しやすい内容になっています。AppleWatchの文字盤はエルメスの他にもあり、その一部もご紹介します。

Apple Watch 機能の進化2:転倒検知機能が増えた

Apple Watch 機能の進化2:転倒検知機能が増えた
planet_fox

Apple Watchは、Series 4から転倒検出が追加されました。

何かの拍子に転んでしまったり突然の発作などで転倒してしまった場合に、Apple Watchが検知して緊急連絡先に通報してくれる機能です。

Apple Watch 機能の進化3:海外における緊急通報ができるようになった

Apple Watch 機能の進化3:海外における緊急通報ができるようになった
出典: images.app.goo.gl

Apple Watchは、Series 4から海外での緊急通報が追加されました。

例えば、日本国外だとモバイル通信が使用できない状態なので、そんな状態の時に緊急事態が発生した場合にApple Watchが緊急通報してくれます。

Apple Watch 機能の進化4:コンパス機能が増えた

Apple Watch 機能の進化4:コンパス機能が増えた
Pexels

Apple WatchはSeries 5からコンパス機能が追加されました。

特に、登山やハイキングなどを頻繁にする人などにコンパスは便利で、途中で方向が分からなくなった場合もApple Watchのコンパス機能を使用すれば、無事に目的地までたどり着くことができます。

Apple Watch 機能の進化5:ボイスメモアプリに対応

Apple Watch 機能の進化5:ボイスメモアプリに対応
出典: support.apple.com

Apple WatchはSeries 5からボイスメモアプリが追加されました。

搭載されたボイスメモアプリを使うことで別途アプリをダウンロードしなくても音声を録音することができます。

Apple Watch 機能の進化6:純正アプリの計算機が搭載

Apple Watch 機能の進化6:純正アプリの計算機が搭載
出典: support.apple.com

Apple WatchはSeries 5から純正アプリの計算機が追加されました。

こちらの計算機はiPhoneにも搭載されており、同じ計算機がApple Watchでも利用できます。

わざわざスマホをバックから出さなくてもスマートウォッチだけで簡単に気軽に計算できて便利です

AppleWatch 機能の進化7:血中酸素を測定

AppleWatch 機能の進化7:血中酸素を測定
allinonemovie

Series6からは血中酸素濃度測定も可能となりました。

医療用ほどの精度ないものの、常に身につけているのでいつでも測定できるのが魅力です。

血中酸素濃度が測れるスマートウォッチのおすすめ4選!仕組みや価格、口コミで比較!

あわせて読みたい

血中酸素濃度が測れるスマートウォッチのおすすめ4選!仕組みや価格、口コミで比較!

スマートフォンの普及によって腕時計もその影響を受けスマートウォッチが現在流行、健康維持などに特化した機能が付いておりウケています。特に血液中の酸素量、血中酸素濃度を測定できるタイプが人気を博しています。ここでは血中酸素濃度が測れるスマートウォッチを見てみます。

AppleWatchは女性こそ買うべき13個の理由!レディースに人気の色も紹介!

あわせて読みたい

AppleWatchは女性こそ買うべき13個の理由!レディースに人気の色も紹介!

AppleWatchは男性に特に人気の高いガジェット製品ですが、女性こそ使ってほしい機能もたくさんあります。この記事では、女性におすすめのAppleWatchの機能やレディース向けベルトなどをご紹介。レディースに人気のベルト色や口コミまで幅広く解説しています。

Apple Watch 機能の違いを比較してお得に購入しよう

Apple Watch 機能の違いを比較してお得に購入しよう
www_slon_pics

Apple Watchは2015年に第1世代が発売されてから、少しずつ進化を遂げています。

また、Series3であれば2万円以下で購入できることから幅広い世代の人も使用するようになりました。

これからAppleWatchの購入を考えている人は、自分の要望にあったタイプのSeriesを購入するようにしましょう。

2020年12月4日調査

Rich-Watch編集部

この記事のライター

Rich-Watch編集部

Rich-Watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「Rich-Watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

Apple Watch

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

AppleWatchをより便利に愛用したい方は、「モバイルSuica」がおすすめです。今回は「モバイルSuica」のメリットとデメリットを徹底解説します。また、AppleWatchでの「モバイルSuica」の使い方や設定方法も併せてチェックしてみましょう。

AppleWatchの中古で安いのは注意?中古販売の相場やおすすめの業者を紹介!

Apple Watch

AppleWatchの中古で安いのは注意?中古販売の相場やおすすめの業者を紹介!

AppleWatchは非常に高性能でおしゃれな腕時計として人気ですが、高額な事もあり中古品で安く手にいれようと考える人が多いです。今回はそんな人に向け、AppleWatchの中古品を購入する前に気をつけたいポイントや中古相場を調査してきましたのでご覧ください。

AppleWatchの心電図(ECG)機能は日本で有効化されてる?使い方まで徹底解説

Apple Watch

AppleWatchの心電図(ECG)機能は日本で有効化されてる?使い方まで徹底解説

Apple Watchの心電図(ECG)機能は世界中の多くの国で有効化されていますが、果たして日本国内で使用することはできるのでしょうか?この記事では、Apple Watchの心電図(ECG)機能は日本で使用できるかを徹底解説していきます。

AppleWatchのCMの女優とナレーションは誰?迷惑行為でダサいと不評?

Apple Watch

AppleWatchのCMの女優とナレーションは誰?迷惑行為でダサいと不評?

最新の6が発売したAppleWatchですが、テレビCMがダサいと不評なのはなぜなのでしょうか?特に評判の悪いSeries4と5の謎、さらにはAppleWatchのCMの特徴・傾向について調べました。ダサい原因や使われている曲等についてもご紹介します。

NTTドコモでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、購入の流れも解説!

Apple Watch

NTTドコモでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、購入の流れも解説!

通信可能なAppleWatchはキャリア(通信事業者)選びも重要です。今回はNTTドコモでアップルウォッチをお得に買う方法や、購入の流れ、月額料金などのプランも解説します。品質・カバーエリアともに最大手のNTTドコモでAppleWatchをお得に使いましょう。

AppleWatchのApplePayの使い方は?iPhoneなしで使えない?デメリットも紹介!

Apple Watch

AppleWatchのApplePayの使い方は?iPhoneなしで使えない?デメリットも紹介!

ApplePayは、Appleが開発したキャッシュレスサービスのひとつです。AppleWatchと連携することで、より便利に使えるようになります。AppleWatchでApplePayを使う方法やiPhoneがどこまで必要なのか、不便な点などもご紹介します。

auでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、審査についても紹介!

Apple Watch

auでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、審査についても紹介!

日常生活に欠かせないAppleWatchをauで購入してみましょう。今回はauでAppleWatchを購入するメリットや値段などを詳しく解説していきます。また、プランや審査についても解説していくので、ぜひチェックしてみましょう。

AppleWatchの電話(通話)をかける、受ける方法!距離や出れない対処法も解説!

Apple Watch

AppleWatchの電話(通話)をかける、受ける方法!距離や出れない対処法も解説!

通話機能が便利なAppleWatchですが、電話のかけ方や受け方にも様々な操作があり、最初は少し戸惑ってしまいます。今回はAppleWatchの通話機能を特集し、電話のかけ方や受け方、直ぐに出ることができない場合の対応方法などを紹介します。

AppleWachをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金、キャンペーンも紹介!

Apple Watch

AppleWachをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金、キャンペーンも紹介!

日常生活をより快適にサポートしてくれるAppleWatchを手に入れたい方はますます多くなっています。そこで今回は、AppleWatchをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金について解説します。また、ソフトバンクならではのキャンペーン情報も紹介します。

AppleWatchで血圧測定できるのはいつ?測れるアプリなども調査!

Apple Watch

AppleWatchで血圧測定できるのはいつ?測れるアプリなども調査!

Apple社では、AppleWatchの進化とともにヘルスケア業界への進出が目覚ましく進んでいます。身に着けるAppleWatchなら、血圧も24時間計測可能です。実際にAppleWatchで血圧測定できるようになるのはいつか、アプリも一緒にご紹介します。

Apple Watchの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード