Apple Watchの機能の違いを比較!最新機種から古いモデルまで!【2020年6月】

お気に入りに追加

Apple Watchは2015年に第1世代が誕生されてから毎年、進化した新しモデルが発売されており、歴代モデルと比較すると少しだけ違いが見られます。この記事では、Apple Watchの歴代モデルの違いを比較してまとめたものを紹介します。

Apple Watchの機能の違いを比較!最新機種から古いモデルまで!【2020年6月】

目次

  1. Apple Watch 機能の違いを比較!
  2. Apple Watch 機能の違いを比較【基本スペック】
  3. Apple Watch 機能の違いを比較【サイズ/素材】
  4. Apple Watch 機能の違いを比較【モデル推移】
  5. Apple Watch 機能の違いを比較【現行モデルの価格】
  6. Apple Watch 機能の違いを比較【発売日】
  7. Apple Watch 機能の進化を比較【その他項目】
  8. Apple Watch 機能の違いを比較してお得に購入しよう

Apple Watch 機能の違いを比較!

Apple Watch 機能の違いを比較!
出典: pixabay.com

Apple Watchはスマホと連携させることとで通知機能が利用できたり健康管理が簡単にできることから世界中の多くの人が愛用している大人気のスマートウォッチで、本格的にスポーツをしている人やダイエットを始めたいという人にも最適です。

これから、Apple Watchの歴代シリーズの機能や価格などの違いを表にまとめて紹介します。

Apple Watch 機能の違いを比較【基本スペック】

Apple Watch 機能の違いを比較【基本スペック】
出典: www.google.com

Series 5

Series 4

Series3

Series2

Series1

プロセッサ

S5

S4

S3

S2

S1

転倒検出

×

×

×

バッテリー駆動時間

最大18時間

最大18時間

最大18時間

最大18時間

最大18時間

内蔵GPS

×

内蔵容量(GPSモデル)

32GB

16GB

8GB

8GB

8GB

内蔵容量(GPS+Cellular)

32GB

16GB

16GB

8GB

-

防水機能

50mの耐水性能

50mの耐水性能

50mの耐水性能

50mの耐水性能

耐水性能

ApplePay(おサイフケータイ)

×

eSIM対応

×

×

心拍センサー

第2世代の光学式心拍センサー

第2世代の光学式心拍センサー

光学式心拍センサー

×

×

デジタルクラウン

触覚的な反応を返すDigital Crown

触覚的な反応を返すDigital Crown

Digital Crown

Digital Crown

Digital Crown

Bluetooth

5.0

5.0

4,2

4,2

4,2

ディスプレイ

感圧タッチ対応LTPO OLED

常時表示Retinaディスプレイ

感圧タッチ対応LTPO OLED 

Retinaディスプレイ

第3世代の感圧タッチ対応OLED 

Retinaディスプレイ

第2世代の感圧タッチ対応OLED 

Retinaディスプレイ

感圧タッチ対応OLED 

Retinaディスプレイ

Apple Watch 1から5までの機能比較一覧を見てみると、新たな機能が加わったり容量が大きくなったりなど4世代の成長がわかります

過去モデルの方が価格が安いということもありスペックがそれほど高くはないのですが、新世代モデルは価格以上の優れた機能が搭載されているので世界中で多くの人が利用しています。

Apple Watch SERIES 1の機能

Apple Watch SERIES 1の機能
出典: www.photo-ac.com
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • 防水機能が搭載
  • Bluetooth 4.0
  • 心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ

Apple Watch Series 1では、Apple Payアプリに保存したクレジットカードでの決済が可能なのでお財布からクレジットカードを取り出さずに気軽にお会計ができます。

また、防水性機能が搭載されているので身につけたままシャワーを浴びたりもできるので、その都度外す必要がありません。

Apple Watch SERIES 2の機能

Apple Watch SERIES 2の機能
出典: pixabay.com
  • 内蔵GPS
  • 50m防水性機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.0
  • 心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ

Apple Watch Series 2では、Apple Payアプリに保存しておいたSuicaによる交通機関の利用やショッピングの支払い、もしくはApple Payアプリに保存したクレジットカードでコンビニやショップなどでお会計をすることができます。

Apple Watch SERIES 3の機能

Apple Watch SERIES 3の機能
出典: www.photo-ac.com
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 50m防水性機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.2
  • 加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ
  • 気圧高度計

Apple Watch Series 3ではApple Payアプリでの支払いはもちろん、気圧高度計などの機能も追加されたことで本格的に山登りをする人にとっても便利なスマートウォッチとなりました。

Apple Watch Series 4の機能

Apple Watch Series 4の機能
出典: www.photo-ac.com
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 50m防水性機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • 電気心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ
  • 気圧高度計

Apple Watch Series 4では内蔵のGPSが搭載されていたり電気心拍センサーなど健康管理に適している機能が搭載されているので、ダイエットや健康に気をつけている人にとっても便利なスマートウォッチとなっています。

Apple Watch SERIES 5の機能

Apple Watch SERIES 5の機能
出典: pixabay.com
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 50m防水性機能
  • Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 5.0
  • 電気心拍・加速度・環境光センサー
  • ジャイロスコープ
  • 気圧高度計
  • 転倒検出
  • 海外における緊急通報3と緊急SOS

Apple Watch Series 5では、新たに転倒検出や海外に滞在している間でも緊急通報が追加されたため、何かの拍子で転んでしまって気絶した時でも自動的に緊急連絡先に通報してくれ、周囲に人がいない状態でもApple Watchを着用していれば最悪の事態を避けることができます。

Apple Watch 機能の違いを比較【サイズ/素材】

Apple Watch 機能の違いを比較【サイズ/素材】
出典: pixabay.com

Series5

Series4

Series3

Series2

Series1

大きさ(コンパクト)

40mm

40mm

38mm

38mm

38mm

大きさ(大型)

44mm

44mm

42mm

42mm

42mm

表示領域(コンパクト)

759平方ミリメートル

759平方ミリメートル

593平方ミリメートル

593平方ミリメートル

593平方ミリメートル

表示領域(大きさ(大型)

977平方リメートル

977平方リメートル

740平方リメートル

740平方リメートル

740平方リメートル

薄さ

10.7mm

10.7mm

11.4mm

11.4mm

10.5mm

重さ(コンパクト・アルミニウム)

30.1g

30.1g

26.7g

28.2g

25g

重さ(大型・アルミニウム)

36.7g

36.7g

34.9g

34.2g

30g

素材

アルミニウム/ステンレス/

チタニウム/セラミック

アルミニウム/ステンレス

アルミニウム/ステンレス/セラミック

アルミニウム/ステンレス/セラミック

アルミニウム

Series1から5までの歴代のApple Watchのモデル比較一覧を見てみると、サイズや重さ、素材などに違いが見られます。

新世代モデルになるとチタン素材が使用されたケースが登場して、金属アレルギーの方でも安心して身につけられるようになりました。

Apple Watch SERIES 1のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 1のサイズ/素材
出典: unsplash.com

Apple Watch Series1のケースの大きさは幅が10.5mmで38mmと40mmの2種類が発売されており、表示領域が593平方ミリメートルから740平方ミリメートルとなっています。

素材に関してはアルミニウムだけとなっており、当時は軽い着け心地でスポーツをする際に最適だと評判となっていました。

Apple Watch SERIES 2のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 2のサイズ/素材
出典: pixabay.com

Apple Watch Series2のケースの大きさは幅が11.4mmで38mmと40mmの2種類が発売されており、表示領域が593平方ミリメートルから740平方ミリメートルとなっています。

素材に関しては耐久性が高いステンレス、軽い着け心地のセラミックやアルミニウムとなっており、素材の幅が広がったことがSerie1との違いです。

Apple Watch SERIES 3のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 3のサイズ/素材
stux

Apple Watch Series3のケースの大きさは幅が11.4mmで38mmと40mmの2種類が発売されており、表示領域が593平方ミリメートルから740平方ミリメートルとなっています。

素材に関しては耐久性が高いステンレス、軽い着け心地のセラミックやアルミニウムとなっており、素材の幅が広がったことがSeries1との違いです。

Apple Watch Series 4のサイズ/素材

Apple Watch Series 4のサイズ/素材

Apple Watch Series4のケースの大きさは幅が10.7mmで40mmと44mmの2種類が発売されており、表示領域が759平方ミリメートルから977平方ミリメートルとなっています。

素材に関しては耐久性が高いステンレス、軽い着け心地のセラミックやアルミニウムとなっており、素材の幅が広がったことがSeries1との違いです。

Apple Watch SERIES 5のサイズ/素材

【違い】Apple Watch SERIES 5のサイズ/素材
newsong

Apple Watch Series5のケースの大きさは幅が10.7mmで40mmと44mmの2種類が発売されており、表示領域が759平方ミリメートルから977平方ミリメートルとなっています。

素材に関しては耐久性が高いステンレス、軽い着け心地のセラミックやアルミニウム、そして金属アレルギー反応が出にくいと言われているチタンの4種類となっています。

Apple Watch 機能の違いを比較【モデル推移】

Apple Watch 機能の違いを比較【モデル推移】
出典: www.photo-ac.com

Series5

Series4

Series3

Series2

Series1

世代

第5世代

第4世代

第3世代

第2世代

第1世代

現行・廃盤

×(廃盤)

×(廃盤)

×(廃盤)

Apple Watch

Apple Watch Sport

×

×

×

×


Apple Watch Nike+

×

Apple Watch Hermès

Apple Watch Edition

×

カラーバリエーション

シルバー/スペースグレイ/

ゴールド

シルバー/スペースグレイ/

ゴールド

シルバー/スペースグレイ

シルバー/スペースグレイ

シルバー/スペースグレイ

Apple Watch Series1から5のモデル比較一覧を見てみると、スポーツやNIKE、エルメスなど様々なタイプのモデルが発売されていることが分かります。

また、カラーバリエーションもSeries1ではシルバーとグレーだったところ、Series4からゴールドカラーが加わり多くの女性も気軽に身につけられるようになりました。

Apple Watch SERIES 1のモデル

Apple Watch SERIES 1のモデル
jsks

Apple Watch Series 1のモデルは、Apple Watch Nike+以外は「Sport」「Hermès」「Edition」が過去に発売されており、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2種類となっていますが、2020年の時点では新モデルが続々発売されたことにより廃盤となっています。

Apple Watch SERIES 2のモデル

Apple Watch SERIES 2のモデル
出典: www.photo-ac.com

Apple Watch Series 2のモデルは、Apple Watch Sport以外は「Nike+」「Hermès」「Edition」が過去に発売されており、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2種類となっていますが、2020年の時点では新モデルが続々発売されたことにより廃盤となっています。

Apple Watch SERIES 3のモデル

Apple Watch SERIES 3のモデル
出典: unsplash.com

Apple Watch Series 3のモデルは、Apple Watch Sport以外は「Nike+」「Hermès」「Edition」が過去に発売されており、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2種類となっていますが、新モデルが続々発売されてはいますが2020年の時点では現行販売されています

Apple Watch Series 4のモデル

Apple Watch Series 4のサイズ/素材
ElisaRiva

Apple Watch Series 4のモデルは、Apple Watch SportとEdition以外は「Nike+」「Hermès」が過去に発売されており、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレー、そして女性にも人気なゴールドの3種類となっており、Series5が発売されたことにより2020年の時点では廃盤となっています

Apple Watch SERIES 5のモデル

Apple Watch SERIES 5のモデル
出典: pixabay.com

Apple Watch Series 5のモデルは、Apple Watch Sport以外は「Nike+」「Hermès」「Edition」が過去に発売されており、カラーバリエーションはシルバーとスペースグレー、そして女性にも人気なゴールドの3種類となっており、2020年の時点では現行販売されています

Apple Watch 機能の違いを比較【現行モデルの価格】

Apple Watch 機能の違いを比較【現行モデルの価格】
Peggy_Marco

モデル

ディスプレイサイズ

GPS

GPS+CELLULAR

Apple Watch Series 3 通常

38mm

19,800円~

30,800円~

Apple Watch Series 3 通常

42mm

32,800円~

45,800円~

Apple Watch Series 5 通常

40mm

42,800円~

53,800円~

Apple Watch Series 5 通常

44mm

45,800円~

56,800円~

Apple Watch Series 5 Nike+

40mm

42,800円~

53,800円~

Apple Watch Series 5 Nike+

44mm

45,800円~

56,800円~

Apple Watch Series 5 Hermès

40mm

133,800円~

Apple Watch Series 5 Hermès

44mm

138,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)

40mm

82,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)

44mm

87,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)

40mm

133,800円~

Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)

44mm

138,800円~

Apple Watch Seriesの現行モデルの価格を一覧にしてみたところ、Serie3は発売当時から定価がほぼ半額ぐらいになりコスパが抜群なことから多くの人から注目を浴びています。

Series 5になると転倒検出や海外にいても緊急連絡ができるという新しい機能が追加されていることから、10万円以上という価格設定で販売されています。

Apple Watch 3の価格

Apple Watch  3の価格
stevepb

現行モデルApple Watch Series 3の価格設定は通常モデルのGPSだと19,800円~32,800円前後となっており、GPS+CELLULARタイプだと30,800円~45,800円前後での販売となっています。

Series 3の定価はSeries 5が発売されたことにより、発売当時から定価が半額になったことで、多くの人がコスパが良いという理由で購入したようです。

Apple Watch Series 5の価格

Apple Watch Series 5の価格
出典: pixabay.com

現行モデルApple Watch Series 5の価格設定は「通常タイプ」「Nike+」「Hermès」「Edition」ごとに異なるので、それぞれ個別に価格設定をみていきましょう。

Nike+の価格

Nike+の価格
出典: pixabay.com

現行モデルApple Watch Series 5「Nike+」の価格設定は、GPSタイプだと42,800円~45,800円前後となっており、GPS+CELLULARタイプだと53,800円~56,800円前後となっています。

5万円以下でApple Watchが購入できてコスパが良いことから、若い人にも人気のあるモデルとなっています。

Hermèsの価格

Hermèsの価格

現行モデルApple Watch Series 5 Hermèsの価格設定は、GPS+CELLULARタイプだと133,800円~138,800円前後となっています。

Apple Watch Series 5「Hermès」に関しては、GPSタイプは発売されていません。

Editionの価格

Editionの価格
出典: www.photo-ac.com

現行モデルApple Watch Series 5「Edition」の価格設定は、GPS+CELLULARタイプだと82,800円~138,800円前後となっています。

pple Watch Series 5「Edition」に関しては、GPSタイプは発売されていません。

Apple Watch 機能の違いを比較【発売日】

Apple Watch 機能の違いを比較【発売日】
congerdesign

Series5

Series4

Series3

Series2

Series1

世代

第5世代

第4世代

第3世代

第2世代

第1世代

発売日

2019年9月30日

2018年9月21日

2017年9月22日

2016年9月16日

2015年3月10日

Apple Watch Series 1から5の歴代のシリーズの発売日を一覧にしてみると、一年ごとに新作モデルが発売されてきたことが分かります。

そして、2020年9月に新モデルApple Watch Series 6が発売される予定となっています。

Apple Watch SERIES 1の発売日

Apple Watch SERIES 1の発売日
出典: pixabay.com

Apple Watch Series 1は2015年3月10日に発売され、現在が2020年なので5年前に初めてのApple Watchが誕生しました。

当時はスマホなしでApple Watchだけで健康管理やApple Payで決済ができたことから、画期的で世界中の多くの人が注目していました。

Apple Watch SERIES 2の発売日

Apple Watch SERIES 2の発売日
Alexas_Fotos

Apple Watch Series 2の発売日は2016年9月16日となっており、現在が2020年なので4年前に2世代のApple Watchが誕生しました。

Series 1にはなかったセラミックとステンレス素材が加わり、より選択技が広がりました。

Apple Watch SERIES 3の発売日

Apple Watch SERIES 3の発売日
出典: free-materials.com

Series 3は2017年9月22日発売となっており、現在が2020年なので3年前に3世代のApple Watchが誕生しました。

Series 2と比べると若干、重さが軽いのと気圧高度計が加わったモデルとなっています。

Apple Watch Series 4の発売日

Apple Watch Series 4の発売日
Amber_Avalona

Apple Watch Series 4の発売日は2018年9月21日となっており、現在が2020年なので2年前に4世代のApple Watchが誕生しました。

Series 3にはなかった転倒検出やケースの色が新たに追加されました。

Apple Watch SERIES 5の発売日

Apple Watch SERIES 5の発売日
Bich Tran Pexels

Apple Watch Series 5の発売日は2019年9月30日となっており、現在が2020年なので1年前に5世代のApple Watchが誕生しました。

Series 4にはなかったチタン素材が加わったことで、金属アレルギーの人でも気軽に身につけられるようになりました。

Apple Watch 機能の進化を比較【その他項目】

Apple Watch 機能の進化を比較【その他項目】
出典: applewatchjournal.net

Apple Watch Series 1から5まで歴代のモデルを比較してみると、機能や価格など小さな変化ではありますが少しずつ進化しているのが分かります。

これから、Apple Watchの進化について具体的に解説していきます。

Apple Watch 機能の進化1:インフォグラフ文字盤が追加

Apple Watch 機能の進化1:インフォグラフ文字盤が追加
出典: www.kashi-mo.com

Apple Watchの進化の1つとして、Series 4からインフォグラフ文字盤が追加されたことです。

画像のようにフルカラーのコンプリケーションやサブダイヤルを8つまで文字盤に表示させることが可能となりました。

Apple Watch 機能の進化2:転倒検知機能が増えた

Apple Watch 機能の進化2:転倒検知機能が増えた
planet_fox

Apple Watchの進化の1つとして、Series 4から転倒検出が追加されたことがあげられます。

何かの拍子に転んでしまったり心臓発作などで転倒してしまった場合に、Apple Watchが検知して緊急連絡先に通報してくれる機能です。

Apple Watch 機能の進化3:海外における緊急通報ができるようになった

Apple Watch 機能の進化3:海外における緊急通報ができるようになった
出典: images.app.goo.gl

Apple Watchの進化の1つとして、Series 4から海外での緊急通報が追加されたことです。

例えば、日本国外だとモバイル通信が使用できない状態なので、そんな状態の時に緊急事態が発生した場合にApple Watchが緊急通報してくれます。

Apple Watch 機能の進化4:コンパス機能が増えた

Apple Watch 機能の進化4:コンパス機能が増えた
Pexels

Apple Watchの進化の1つとして、Series 5からコンパス機能が追加されたことです。

特に、登山やハイキングなどを頻繁にする人などにコンパスは便利で、途中で方向が分からなくなった場合もApple Watchのコンパス機能を使用すれば、無事に目的地までたどり着くことができます。

Apple Watch 機能の進化5:ボイスメモアプリに対応

Apple Watch 機能の進化5:ボイスメモアプリに対応
出典: support.apple.com

Apple Watchの進化の1つとして、Series 5からボイスメモアプリが追加されたことです。

Series 4まではAurora Recorderをインストールしないと音声メモは使用できませんでしたが、Series 5から搭載されたボイスメモアプリがあることで別途アプリをダウンロードしなくても音声を録音することができて便利です。

Apple Watch 機能の進化6:純正アプリの計算機が搭載

Apple Watch 機能の進化6:純正アプリの計算機が搭載
出典: support.apple.com

Apple Watchの進化の1つとして、Series 5から純正アプリの計算機が追加されたことです。

こちらの計算機はiPhoneにも搭載されており、同じ計算機がApple Watchでも利用することができるので、わざわざスマホをバックから出さなくてもスマートウォッチだけで簡単に気軽に計算することができます。

AppleWatchSeries6がついに発売!SEとの機能の違いを比較

あわせて読みたい

AppleWatchSeries6がついに発売!SEとの機能の違いを比較

AppleWatchは世界中でも人気のスマートウォッチですが、ついに新作Series6の発売日発表が行われました。AppleWatchの新作ではSeries6とSEが登場するのでSeries6とSEの二つのモデルの機能性の違いをご紹介します。

Apple Watch 機能の違いを比較してお得に購入しよう

Apple Watch 機能の違いを比較してお得に購入しよう
www_slon_pics

Apple Watchは2015年に第1世代が発売されてから、少しずつ進化を遂げており世界中の人々を魅了しているスマートウォッチで、Series3であれば2万円以下で購入できることから幅広い世代の人も使用するようになりました。

これからApple Watchの購入を考えている人は、自分の要望にあったタイプのSeriesを購入するようにしましょう。

(2020年7月14日調査)

rich-watch編集部

この記事のライター

rich-watch編集部

rich-watch編集部では、腕時計のノウハウを執筆しております。 「rich-watchを読んだおかげで、自分の求めた腕時計に出会えた」という方を1人でも多く増やすことをミッションとして活動しています。

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

Apple Watch

AppleWatchで"モバイルSuica"を利用した利点と注意点11選!使い方や設定も解説!

AppleWatchをより便利に愛用したい方は、「モバイルSuica」がおすすめです。今回は「モバイルSuica」のメリットとデメリットを徹底解説します。また、AppleWatchでの「モバイルSuica」の使い方や設定方法も併せてチェックしてみましょう。

AppleWatchの中古で安いのは注意?中古販売の相場やおすすめの業者を紹介!

Apple Watch

AppleWatchの中古で安いのは注意?中古販売の相場やおすすめの業者を紹介!

AppleWatchは非常に高性能でおしゃれな腕時計として人気ですが、高額な事もあり中古品で安く手にいれようと考える人が多いです。今回はそんな人に向け、AppleWatchの中古品を購入する前に気をつけたいポイントや中古相場を調査してきましたのでご覧ください。

心電図(ECG)機能は日本で有効化されてる?使い方まで徹底解説【Apple Watch】

Apple Watch

心電図(ECG)機能は日本で有効化されてる?使い方まで徹底解説【Apple Watch】

Apple Watchの心電図(ECG)機能は世界中の多くの国で有効化されていますが、果たして日本国内で使用することはできるのでしょうか?この記事では、Apple Watchの心電図(ECG)機能は日本で使用できるかを徹底解説していきます。

AppleWatchのCMの女優とナレーションは誰?迷惑行為でダサいと不評?

Apple Watch

AppleWatchのCMの女優とナレーションは誰?迷惑行為でダサいと不評?

最新の6が発売したAppleWatchですが、テレビCMがダサいと不評なのはなぜなのでしょうか?特に評判の悪いSeries4と5の謎、さらにはAppleWatchのCMの特徴・傾向について調べました。ダサい原因や使われている曲等についてもご紹介します。

NTTドコモでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、購入の流れも解説!

Apple Watch

NTTドコモでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、購入の流れも解説!

通信可能なAppleWatchはキャリア(通信事業者)選びも重要です。今回はNTTドコモでアップルウォッチをお得に買う方法や、購入の流れ、月額料金などのプランも解説します。品質・カバーエリアともに最大手のNTTドコモでAppleWatchをお得に使いましょう。

AppleWatchのApplePayの使い方は?iPhoneなしで使えない?デメリットも紹介!

Apple Watch

AppleWatchのApplePayの使い方は?iPhoneなしで使えない?デメリットも紹介!

ApplePayは、Appleが開発したキャッシュレスサービスのひとつです。AppleWatchと連携することで、より便利に使えるようになります。AppleWatchでApplePayを使う方法やiPhoneがどこまで必要なのか、不便な点などもご紹介します。

auでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、審査についても紹介!

Apple Watch

auでAppleWatchをお得に買おう!値段やプラン、審査についても紹介!

日常生活に欠かせないAppleWatchをauで購入してみましょう。今回はauでAppleWatchを購入するメリットや値段などを詳しく解説していきます。また、プランや審査についても解説していくので、ぜひチェックしてみましょう。

AppleWatchの電話(通話)をかける、受ける方法!距離や出れない対処法も解説!

Apple Watch

AppleWatchの電話(通話)をかける、受ける方法!距離や出れない対処法も解説!

通話機能が便利なAppleWatchですが、電話のかけ方や受け方にも様々な操作があり、最初は少し戸惑ってしまいます。今回はAppleWatchの通話機能を特集し、電話のかけ方や受け方、直ぐに出ることができない場合の対応方法などを紹介します。

AppleWachをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金、キャンペーンも紹介!

Apple Watch

AppleWachをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金、キャンペーンも紹介!

日常生活をより快適にサポートしてくれるAppleWatchを手に入れたい方はますます多くなっています。そこで今回は、AppleWatchをソフトバンクで買う場合の契約や分割料金について解説します。また、ソフトバンクならではのキャンペーン情報も紹介します。

AppleWatchで血圧測定できるのはいつ?測れるアプリなども調査!

Apple Watch

AppleWatchで血圧測定できるのはいつ?測れるアプリなども調査!

Apple社では、AppleWatchの進化とともにヘルスケア業界への進出が目覚ましく進んでいます。身に着けるAppleWatchなら、血圧も24時間計測可能です。実際にAppleWatchで血圧測定できるようになるのはいつか、アプリも一緒にご紹介します。

Apple Watchの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード